ログイン | 無料ユーザー登録


キングダム
三国志の死因


はじめての三国志

menu

はじめての変

関羽と織田信長が同じ時代にタイムスリップしたらどうなる?【if三国志】




 

三国志(さんごくし)の武将と日本の戦国時代の武将が同じ時代に登場したらいったいどうなるだろう?

というIfは想像してみるとなかなか面白いものです。

 

今回は三国志を代表する義の武人・関羽(かんう)

戦国時代の革命児・織田信長(おだのぶなが)を同じ時代にタイムスリップさせてみましょう。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:関羽を倒さなかった黄忠に、よかミカンが異議アリ?

関連記事:周倉(しゅうそう)と関羽はどんな関係だったの?三国志の上司と部下事情

 

 

旧石器時代にタイムスリップ

 

それでは思い切って旧石器時代(きゅうせっきじだい)までタイムスリップさせてみましょう。

およそ2万5千年前です。

 

この頃の日本は本州・九州・四国が陸続きで、冬には津軽海峡(つがるかいきょう)が凍り付き北海道まで徒歩で渡れました。

北海道と樺太(からふと)も陸続きで、さらに大陸とも繋がっています。

朝鮮半島も水路の先といった距離感です。

 

ちなみに現生人類とは別の人類・旧人類も別に存在しています。

我々ホモサピエンス・サピエンスとは異なるクロマニヨン人などですね。

 

 

敵か味方か!?

 

タイムスリップした関羽と織田信長は敵対するのでしょうか?

それとも主君・家臣の関係になるのでしょうか?

 

残念ながらこの時代の人間たちは戦争をしていなかったようです。

稲作も普及しておらず定住化していません。

土地や領土という感覚がないのです。

身分差もなかったようですね。

 

問題はそれよりも食糧確保です。

今では絶滅したマンモスなどの大型哺乳類を狩猟するために転々と移住する生活になります。

2万年前が最終氷河期のピークですから、

この過酷な自然環境の中で生存するだけでも大変です。

敵か味方かとか言ってる場合じゃありません。

 

伝説の企画 朝まで三国志 最強のワルは誰だ

朝まで三国志1  

 

国風文化の時代にタイムスリップ

 

それでは、二人の時代の間をとって国風文化あたりがいいのでしょうか。

清少納言(せいしょうなごん)紫式部(むらさきしきぶ)が活躍した頃ですね。

ちょうど二人ともバツイチなので、その夫として対立するという構図が面白いかもしれません。

 

「をかし」という知的な面白さを創造し追求した清少納言の相手に革新的な織田信長はぴったりです。

ただ清少納言の性格はキツそうですから夫婦円満とはいかないかもしれません。

波乱含みですね。

 

一方で「もののあはれ」という無常観を表現した紫式部の相手には関羽がぴったりかもしれません。

本居宣長(もとおり のりなが)も、もののあはれを知ることは人の心を知ることに等しいと言っています。

義を重んじる関羽と共感する部分がきっとありそうです。

 

どちらが幸せな家庭を築くのかという勝負であれば、

関羽&紫式部に軍配が上がりそうですね。

 

戦争してほしい?

 

いやそうじゃなくて戦争してくれないと盛り上がらないんだけど……

という方は、「乱闘三国-戦国武将が大乱入」というゲームアプリがありますので、

そちらで楽しんでみてください。

織田信長と関羽が、敵対した場合、共闘した場合、

どんな感じになるのか体験できるのではないでしょうか。

 

曹操と織田信長は共通点がたくさんありますので、織田信長と関羽の相性も良いと思います。

ただ織田信長に曹操ほどの包容力があったかというと難しいでしょう。

出会い方によっては互いに強く意識し合うライバル関係になっていたかもしれませんね。

 

三国志ライターろひもと理穂の独り言

 

実際のところ時代が違ったとしても戦人同士であれば接触してもそれほどの化学反応は起きないと思います。

ですから戦争したらどっちが強いかということより、

タイムスリップした時代の文化と融合するとどちらが勝者となるのかを考えた方が楽しいですね。

 

それこそこのグローバルな競争社会である現代にタイムスリップして、

どちらがいかに充実した価値ある人生を過ごすのか想像してみるのも面白いと思います。

ビジネスシーンでは織田信長に分がありそうですね。

 

 

宇宙ビジネスで人類統一の野望を持って、

アメリカ・ロシア・中国などを手玉に取ってのし上がるかもしれません。

連日大ニュースです。

そうは言っても関羽も商売の神様ですからね。大逆転劇もあるかも。

思いもよらない展開になりそうですね。

もちろんビジネスだけで人生の価値は決まりませんが。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:孫堅時代に陸遜がタイムスリップをしたら孫堅にどんな助言をする?【if三国志】

関連記事:関羽はお金の神様?風水における関羽像について

 

伝説の企画 朝まで三国志 最強のワルは誰だ

朝まで三国志1  

ろひもと理穂

ろひもと理穂

投稿者の記事一覧

三国志は北方謙三先生の作品が一番好きです。

自分でも袁術主役で小説を執筆しています。ぜひこちらも気軽に読んでください!

好きな歴史人物:

曹操、蒲生氏郷

何か一言:

袁術は凄いひとだったかもしれませんよー!!

関連記事

  1. 九品官人法を作った陳羣 陳羣(ちんぐん)って九品官人法以外の実績ってあるの?
  2. 孟嘗君 孟嘗君(もうしょうくん)とはどんな人?戦国七雄に絶大な影響力を及…
  3. あるポンコツのせいで崔琰は死刑になってしまったってほんと!?
  4. 徐庶 徐庶くんはマザコンだった?劉備と孔明を引きあわせた立役者
  5. 曹叡から寵愛を受ける秦朗 秦朗(しんろう)の人たらし術がハンパない!秦宜禄のバカ息子の意外…
  6. 献帝(けんてい)とはどんな人?後漢のラストエンペラーの青年期
  7. 孟達に猛烈なラブコールを送る曹丕 曹丕、それはちょっとやり過ぎじゃね?孟達への溺愛っぷりがヤバイ!…
  8. 亡くなる袁紹 曹操の北伐~袁氏の滅亡~

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 関羽と関索
  2. 郭嘉
  3. 河上彦斎
  4. 読者の声バナー(はじめての三国志)
  5. 孔明もコペルニクスに似ていた
  6. 孔子の弟子であり文学が得意な子夏
  7. おんな城主 直虎

おすすめ記事

  1. キングダム578話最新ネタバレ予想vol2朱海平原の戦いはフェイクだった キングダム52巻
  2. 曹操と劉備はどうしてライバル扱いなの?【三国志の素朴な疑問】 曹操と劉備
  3. 荊州はどれだけ重要な土地だったの?関羽の死から始まる蜀の崩壊を考察 父・関羽とともに亡くなる関平
  4. 【9月の見どころ】9/23公開予定:【三国志平話】関羽が昔の恩義で 曹操を見逃す名シーンがない!? 関羽
  5. コンテンツ品質向上に向けてアンケートご協力のお願い はじめての三国志
  6. 【三国夢幻演義 龍の少年】深いい解説その2「龍の目覚め」 三国夢幻演義バナー 龍の少年

三國志雑学

  1. 三国志 象兵
  2. 孔明 耳で聞いて覚える三国志
  3. 曹丕を生む卞夫人と曹操
  4. 呂布に殺害される丁原(ていげん)


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 許攸 兵糧のありか教えますひひひ
  2. 于禁と兵士
  3. 徳川家を守った篤姫
  4. 劉禅と孔明
  5. 陸遜
  6. 皇帝になった徳川慶喜

おすすめ記事

悩む司馬炎 能力か血統か?司馬炎VS賈充VS杜預、三つ巴お家騒動 月刊はじめての三国志2017年9月号 (桃園出版 三国舎)の販売を開始しました kawauso編集長のぼやきVol.27「真似は大事」 史上最高の天才将軍 韓信(かんしん)は性格にかなり問題あり? 海上での戦い 劉備と曹操 【素朴な疑問】三国志に海上での戦いってあったの? 三国志を楽しむならキングダムや春秋戦国時代のことも知っておくべき! 超ネガティブな戦国武将・毛利隆元の偉大なる父を持ってしまった苦悩とは! 【シミルボン】人間の発想怖過ぎる!血も凍る三国志時代の処刑方法

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP