はじめての列子
麒麟がくる特集




はじめての三国志

menu

kawauso編集長ぼやき

kawauso編集長のぼやきVol.4「三国志はオモチャだ!」




あー、どうもkawauso編集長です。

はじめての三国志を長らく読んでいる人には周知かも知れないけど

kawausoは、仕事を始めた頃は三国志に詳しくなかった。

あらすじとして、全体の流れは知っていたけど、

細かい事はまるで分からない状態から、本を片手に執筆を始めた。

実際は幕末(ばくまつ)の方がずっと好きです。

でも、今考えるとそれが良かったんだな。

 

はじ三編集長のすねすね愚痴記事

前回記事:kawauso編集長のぼやきVol.3「諦めるとは」

関連記事:kawauso編集長のぼやきVol.2「サービス精神」

 

 

原典崇拝は減点主義

 

よく知らないから、三国志はこうあるべきだ!という固定観念にハマらないで済んだ。

筑摩書房(ちくましょぼう)の正史三国志とにらめっこして、これは演義、これは正史、こっちは魏書(ぎしょ)

江表伝(こうひょうでん)魏略(ぎりゃく)なんてピンセットで摘まむように区別して記事を書いていたら、

正直楽しくもないし、1年も続かなかっただろう。

 

それは学者のする事でkawausoのする事じゃないです。

なんでかって言われても、そんな真面目な話全然楽しくない。

 

自分が楽しくない記事を書いて、読者を楽しませるのは、

至難の業だと思うし、そんな袋小路(ふくろこうじ)に自分を追い詰めたくない。

真面目な三国志なら、幾らでも学者が書いたものがあるから

それを読んだらいいんだよ。

 

 

三国志はkawausoのオモチャ

 

誤解を恐れずに言えば三国志は、kawausoのオモチャです。

崇め(あが)(たてまつ)り、その権威とやらにひれ伏すつもりはない。

いじくっていじくって、あーとも言える、こーとも言えると

無限に記事を産み出してハマる方が楽しい。

 

ハマるというのは、その対象の底が見えない事だと思う。

ゲームでいえば、その全容を理解するまでが面白い

夢中になって、その世界の全てを知ろうとする。

恋愛と同じだよね、相手の全てを知りたいと願う

そして、おおかた理解すると飽きる・・

 

三国志は、広大な奥行きと底知れない世界観の広がりを持つ

ゲームみたいなもんだな。

オープンワールドで、どこからでも進められるのに

「最初はここから進めないとダメ!」

何て言われたら、つまんないでしょうよ。

好きに進めようよ、元々、そんな(しば)りだって、

後付けで誰かが決めたものなんだから

 

伝説の企画 朝まで三国志 最強の軍師は誰だ

朝まで三国志2  

はじ三を乗り越え、新しい三国志を作り出して欲しい

 

kawausoは、はじめての三国志は、三国志を知りたい人の

間口を広げる役に立てばいいと考えているよ。

己惚(うぬぼ)れのようだけど、4年間の活動の中で、

吉川英治(よしかわえいじ)でも、横山光輝でも、蒼天航路(そうてんこうろ)でもなく、

はじめての三国志から、三国志に興味を持った人たちが

続々と出現している。

 

そういう人たちが、はじめての三国志を踏み台にして

さらに新しい三国志を産み出してくれたら素晴らしいと思う。

 

「はじさんなんか、ガキっぽいよね」

 

「もっと面白い三国志を産み出そう」

 

「はじ三が、早々と放棄して批判している

原典ゴリゴリでも面白い三国志を書いてみせる」

 

そんな風にdisられるなら、むしろ大歓迎だ。

逆に委縮(いしゅく)されてしまう方が困るよ。

 

それでも横綱相撲を取ってみせる

 

こうして新しい世代が頑張って、新しい三国志を産み出して

間口を広げてくれるなら、三国志業界全体が活性化する。

それは歓迎すべきことだし、はじ三を見てくれて、

kawausoにご飯を食べさせてくれる読者への恩返しになると思う。

 

もちろん、はじ三は負けねえよ。

ライバルとして、一番の横綱相撲(よこづなすもう)を取ってみせる

何故なら、kawausoもまだ、オモチャの三国志に

まったく飽きていないからだ。

じゃあ、そういう事でまた来週~!!

 

関連記事:kawauso編集長のぼやきVol.1「情報受け身社会」

関連記事:【はじさん編集部】編集長kawauso日記 第1話 KDPを出版せよ!

 

はじ三編集長のすねすね愚痴記事
kawauso編集長のぼやき

 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. kawauso編集長のぼやきVol.22「今見たいテレビ」
  2. はじめての三国志編集長kawauso 【最終話】kawauso編集長のぼやきVol.33「北京でサービ…
  3. kawauso編集長のぼやきVol.31「モノマネの本質」
  4. kawauso編集長のぼやきVol.26「倒れない編集長」
  5. kawauso編集長のぼやきVol.23「ウォーキングコンビニ」…
  6. kawauso編集長のぼやきVol.9「煮詰まる・・」
  7. kawauso編集長のぼやきVol.29「好きだからこそ」
  8. kawauso編集長のぼやきVol.25「ナラティブ」

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 陸遜
  2. すっぱーーーーー 許褚 ゆるキャラ
  3. 孔融と禰衡

おすすめ記事

  1. あるポンコツのせいで崔琰は死刑になってしまったってほんと!?
  2. 【三國志曹操伝 ONLINE プレイ攻略2】兗州攻略とあの名将たちが仲間に!!面白すぎて仕事放棄中!!
  3. 【故郷を愛した英雄】曹操は故郷が大好きで仕方がなかった
  4. はじめてのプロ野球(三国志風)まだまだいるぞ!日本球界の若きホープ
  5. 呉と倭は外交交渉をしていたの?日本を目指した衛温と諸葛直
  6. もし曹操が劉備と入れ替わったらどうなる?【三国志もしもシリーズ】

三國志雑学

  1. 孔子の弟子であり文学が得意な子夏
  2. 劉禅 韓非子
  3. 五虎大将軍の関羽
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 田畑政治 いだてん
  2. 宋姫
  3. 曹操と劉備

おすすめ記事

【9月の見どころ】9月に公開予定:孔子と10人の弟子 魏延への嫌がらせ人事に込められた諸葛亮の愛 大喬と小喬 三国時代のトレンドファッションは? 19話:超豪華!反董卓軍の英雄達 【キングダム】昌平君と媧燐は生き別れの姉弟?そこから導かれる悲しい最後 逃げる劉備追う曹操 曹操の迅速な機動力VS劉備の逃げ足の速さ 呂蒙 【蜀の運命を決めた人物】呉の大都督となった阿蒙ちゃんの決断が歴史を変えた!? 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第26話「誰がために城はある」の見どころ紹介

はじさん企画

“if三国志" “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP