法正特集
if三国志




はじめての三国志

menu

kawauso編集長ぼやき

kawauso編集長のぼやきVol.5「kawausoのアイデア」

kawausoとおとぼけ



kawausoとおとぼけ

 

あー、、Gwも関係なく働いているkawausoです。

今回は、kawausoが常々考えているアイデアについて書きます。

 

こう見えてもkawausoは歴史オタクで一番関心があるのは幕末

調べていて面白いのは、昭和初期の日本です。

昔、探偵小説もどきの作品も書いていたので、昭和戦前期を

随分調べていて、戦後とその風景が酷似している点と

大きく違う点がクッキリ出ているのが楽しいものでした。

 

例えば、自動車の停め方一つにしても

今は道路に横付けだけど、戦前期の写真を見ると、

道路に縦に付けていたりする。

ちょっと見ると日本じゃあない雰囲気なのね。

日本に似た異世界みたいで書いていて楽しいわけ

 

※編集長のぼやきは毎週水曜日の更新です。

はじ三編集長のすねすね愚痴記事

前回記事: kawauso編集長のぼやきVol.4「三国志はオモチャだ!」

関連記事:kawauso編集長のぼやきVol.3「諦めるとは」

 

 

昭和戦前の小説を書いて苦戦した事・・

kawauso

 

でも、昭和戦前期の小説を書くのは大変なのよ。

アイデアがどうこうではなくて、時代考証(じだいこうしょう)が大変。

当時は、どんなモノを食べていたのか?

どんな衣服を着ていたのか?

学校の制度は、今とどこが同じでどこが違うのか?

道路事情はどうなっていたのか?

当時施行されていた法律は?

賃金の単位は、出回っている紙幣や硬貨は?

ほとんど他国を調べるレベルにその辺りを調べるのが大変

それだけで、何か月も掛かったのよ。

まあ、書くには書いたんだけど、

 

それで分かった、どうして昭和戦前期を舞台にした

小説が少ないのかという事が、、

調べるのがメンドくさいんだよ、

メンドくさいから数が少なく

それゆえに大当たりする小説がなく需要もない。

 

 

戦国と幕末は小説を書くのにベスト

織田信長

 

逆に戦国時代や幕末は小説を書くのにはベストな環境だ。

沢山の作品が出たし、ヒット作も山のようにある。

ヒットが出ると便乗して関連書籍が多く出現するから、

資料集めも非常に容易になる。

 

そうなると、二匹目のどじょうを求めて、

同じジャンルの二番煎じが山のように出てきて、

良くも悪くもジャンルとして普遍化(ふへんか)するわけ

だから戦国時代を舞台にした小説は

飛鳥時代(あすかじだい)や鎌倉時代を舞台にした小説よりも、

何倍も書きやすい。

面白い面白くないは別としてね

 

■古代中国の暮らしぶりがよくわかる■

古代中国の暮らし図鑑

 

三国志小説スタートアップキットを造りたい

kawausoと曹操

 

でも、三国志ってメジャーな割には資料集めが楽じゃない。

すべて調べたわけじゃないから、

どこかに「三国志小説を書こう」という書籍があるかも知れないけど

編集長はお目にかかった事がない。

曹操号

 

実は、編集長は三国志の輜重に興味があって、

名もなき輜重隊を主人公にした小説を書きたいと常々思うけど

その資料を集めるのがとても大変だ。

その筋の大家の本を買えば書けるかも知れないけど

あーいう本は一冊でウン万円もするからね。

アマチュアで「三国志小説を書いてみよう」という人には、

敷居(しきい)が高すぎると思う・・

もし、「この1冊で三国志を舞台にした小説が書ける」という本を

出版できたら、それこそバカ売れするんじゃないかな・・

kawausoが、古代中国の暮らし図鑑とかの記事を書いているのも

ゆくゆくは、それを集めて

「三国志小説スタートアップキット」を作成して、

1000円位で売り出して、大儲けしたいんだよ。

 

三国志世界に残された知識の不平等を解消したい

スーパー郭嘉

 

日本各地の大学なんかでは、研究結果を、

リポジトリという形でPDF化してインターネットで無料で公開してたりする。

歴史なんかもかなりの数あって絶対に市販されなさそうな

マニアックな研究もあり、編集長も重宝しているけど

知識は惜しんだらダメで、どんどん開放していくことで、

その知識に触れる事ができる人口をどんどん増やすといいんだよ。

 

そしたら、吉川英治(よしかわえいじ)なんか(かす)む位のものすごい三国志小説の書き手が

誕生するかも知れないし、そうなれば、三国志業界も活性化する。

一人で三国志知識を独り占めして悦に浸るよりは、

遥かにプラスが多くなると思うんだな・・

kawauso

 

ま、kawausoが書かなくても、誰かが出してくれるなら

大歓迎なんだけどねーーー

んじゃあ、また来週~!

 

※kawauso編集長のぼやき、次回は5月16日の更新です

 

関連記事:kawauso編集長のぼやきVol.1「情報受け身社会」

関連記事:kawauso編集長のぼやきVol.2「サービス精神」

 

はじ三編集長のすねすね愚痴記事
kawauso編集長のぼやき

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. kawauso編集長のぼやきVol.9「煮詰まる・・」
  2. kawauso編集長のぼやきVol.2「サービス精神」
  3. kawauso編集長のぼやきVol.14「三国志冬の時代」
  4. kawauso編集長のぼやきVol.30「環境マネジメント」
  5. kawauso編集長のぼやきVol.23「ウォーキングコンビニ」…
  6. kawauso編集長のぼやきVol.13「好きな漫画家」
  7. kawauso編集長のぼやきVol.27「真似は大事」
  8. kawauso編集長のぼやきVol.12「三国志演義は凄い」

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 曹操様お守りします
  2. 項羽
  3. 張遼・楽進・李典

おすすめ記事

  1. 【超レアな儀式】真の皇帝にしか許されない封禅の儀式って何? 嬴政(始皇帝)
  2. 前原一誠が越後で行ったびっくりの善政とは? 前原一誠
  3. 孫晧(そんこう)とはどんな人?呉のラストエンペラー「暴君」の名をほしいままにしたが、実は…
  4. どうして蜀は人材難に陥ったのか? 過労死する諸葛孔明
  5. 赤壁の敗戦の原因は腸チフスだった?多くの魏将の生命を奪った伝染病とは? 疫病が流行った村
  6. あまりにも短命すぎた後漢の皇帝達14選

三國志雑学

  1. 孔明
  2. 鼎(かなえ)
  3. 袁術と袁紹の喧嘩
  4. 張飛にお酒はだめだよ
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 蜀の姜維
  2. おんな城主 直虎
  3. 徐盛(じょせい)呉の将軍
  4. 前原一誠
  5. 劉虞
  6. 汗血馬を手に入れる李広利
  7. 魏延からの提案を却下する孔明

おすすめ記事

美女を集めた曹叡 132話:もうやりたい放題!曹叡の乱心で魏の暗黒時代へ突入 羅貫中と関羽 関羽の実績が少ない理由は美髯公の性格が最悪だったから? キングダム595話ネタバレ予想vol2羌瘣を救い那貴が大活躍 魯粛 稀代の豪傑 魯粛(ろしゅく)|演義と正史では大違い? 三国志で一番の悪酔い君主は誰だ?【酒乱ランキング】 田横(でんおう)ってどんな人?不撓不屈の精神で正義を模索した王の生涯 袁術大助かり!漢の時代に盛んになった養蜂を分かりやすく解説 弩(ど)を発射させる蜀兵士達 【科学面や発明品から知る三国志】三国時代の発明品ってどんなものがあったの?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP