よかミカンの三国志入門
濡須口の戦い




はじめての三国志

menu

西郷どん

堀田正睦vs孝明天皇、地味な老中首座の実力とは?




(画:堀田正睦 Wikipedia)

 

ペリー来航後、当時老中だった阿部正弘(あべまさひろ)は、

国難を乗り切るために譜代大名だけでなく外様大名(とざまだいみょう)や朝廷など

これまで政治に参加できなかった人々から意見を求めました。

阿部正弘は様々な人から意見を求めましたが、

その中で阿部正弘の意見に近い人がいました。その人物は堀田正睦(ほったまさよし)です。

 

堀田正睦は現在の千葉県の佐倉藩の藩主で、欧米に対抗するためには

開国しなければならないという点で、阿部正弘と意見が一致していたことから

老中に就任することができました。

 

阿部正弘が急死すると、堀田は老中首座になりますが、

2018年の大河ドラマ『西郷どん』では徳川斉昭に叱責されるところをよく見ると思います。

阿部正弘は意見の対立している徳川斉昭(とくがわなりあき)井伊直弼(いいなおすけ)をうまくまとめることができましたが、

堀田正睦はできなかったという点で頼りないと感じるかもしれません。

この記事では堀田正睦の実際の人物像について取り上げたいと思います。

 

西郷どん全記事一覧はこちら

関連記事:高杉晋作の名言脳に刺さる言葉を紹介

関連記事:阿部正弘はペリーを撃退していた?日米和親条約の奇跡

 

 

蘭学が大好きな佐倉藩主堀田正睦

 

堀田正睦は1824年に佐倉藩(さくらはん)11万石の藩主になりました。

佐倉藩は下総国(しもうさのくに)で、現在の千葉県にあります。

堀田が藩主になった頃の佐倉藩は荒れ果てていて、

藩政改革が喫緊の課題となっていました。

 

堀田の藩政改革は倹約や武芸だけでなく、蘭学(らんがく)も奨励しました。

後に、蘭学では西の長崎、東の佐倉と言われるほど、蘭学で有名な藩に発展させました。

堀田が老中に就任すると蘭学好きの老中と言われるようになりました。

ちなみに、佐倉藩にあった医学塾「順天堂(じゅんてんどう)」は

現在の順天堂大学の前身であると伝えられています。

 

 

失脚を乗り越え阿部の後を受け老中首座となる

 

堀田正睦は開国のときの老中として大河ドラマで登場し、有名になっていますが、

開国前に一度老中に就任したことがあります。

水野忠邦(みずのただくに)の天保の改革の時で、歴史の授業ではわずか2年で行き詰まったと勉強したと思います。

堀田も老中でしたが、天保の改革が行き詰まる原因となった上知令(じょうちれい)で反発を受け、失脚しました。

 

ペリーが浦賀に来航したときの老中は阿部正弘でした。

阿部は開国という難局を乗り切るために様々な身分から広く意見を求めました。

多くの意見の中で、阿部の意見に賛同し、老中になることができました。

 

欧米に対抗するために軍事力を増強する必要がありますが、

同時に開国しなければ欧米に対抗できないという点で、

阿部と堀田の意見が一致していたと考えられます。

阿部正弘は急死しますが、その後を受けて堀田は老中首座になりました。

 

条約締結のために賄賂6万両持って上洛、工作は成功しかけるが…

 

堀田正睦は6万両を持って朝廷の支持を得ようとしました。

賄賂(わいろ)が本当に必要なのか気になると思います。賄賂は法律違反で、

問題ありと感じるかもしれませんが、江戸時代は工作活動として必要不可欠でした。

なぜ、賄賂が必要なのか。京都の公家は政治から遠ざかっていて貧乏でした。

 

幕末のドラマや映画から京都の公家は貧乏という印象はないと思いますが、

実態はかなり苦しかったと言われています。苦しい生活を送っていたことから、

多くの公家は賄賂を渡されると動いていました。

 

堀田正睦は京都の公家を賄賂で動かしていましたが、

井伊直弼と対立していた一橋派の徳川斉昭も京都の公家に賄賂を送っていました。

徳川斉昭の親戚にあたる鷹司政通(たかつかさまさみち)に賄賂を送り、

井伊直弼・堀田正睦ら南紀派を牽制していました。

 

しかし、賄賂で動かない人物もいました。その人物は孝明天皇(こうめいてんのう)です。

堀田は京都の公家や天皇に欧米のことを話しても全然話が通じず、

6万両持って上洛しましたが、工作は失敗しました。

 

悲惨…京から戻る途中で井伊直弼に罷免され降格処分に

 

堀田正睦は上洛して工作活動しますが、失敗に終わり江戸に戻りました。

江戸に戻る途中で、井伊直弼が大老に就任しました。

井伊直弼が大老に就任すると、堀田は老中を罷免(ひめん)されました。

堀田は一橋派であったことが罷免の原因になりました。

 

桜田門外の変後に復活するが報復人事で蟄居を命じられる

 

井伊直弼が桜田門外(さくらだもんがい)の変で暗殺されました。

井伊の暗殺後、堀田は老中に復帰しますが、南紀派を支持していたということで、

安政の大獄に対する報復人事として老中を罷免されました。

佐倉藩で蟄居処分となり、1864年に死亡しました。

 

幕末ライターオフィス樋口の独り言

 

堀田正睦は大河ドラマで徳川斉昭に叱責されたり、

朝廷での賄賂を渡す工作に失敗したりするなど頼りない人物という印象を受けるかもしれません。

佐倉藩の藩政改革に成功していることを考えると、もっと評価されてもよいと思います。

 

西郷どん:全記事一覧はこちら

関連記事:橋本左内の本「啓発録」をサクッと解説!西郷隆盛も認めた天才の名言とは?

関連記事:近藤勇の刀「長曽弥虎徹」は実在する? 新選組局長の愛した名刀とは?

 

国難を背負ったイケメン首相の生涯に迫る
阿部正弘

 

オフィス樋口

オフィス樋口

投稿者の記事一覧

自己紹介:フリーランスで予備校の講師をしています。
歴史が好きで、予備校では主に日本史を指導しています。
センター試験の点数を40点台から80点台に伸ばした実績があります。

好きな歴史人物:徳川慶喜(理由:多趣味であることが共通しているから)

関連記事

  1. 幕末軍服姿の西郷どん 西郷隆盛 西郷星と火星大接近!西郷どんが141年ぶりに帰って来た?
  2. ペリーの性格とは?熊親父とは正反対なエンジニア
  3. 幕末 帝国議会 江藤新平と大久保利通、明治時代の権力闘争
  4. 横井小楠 坂本龍馬が注目した横井小楠の政治とは?
  5. 徳川慶喜 幕末 江戸幕府最後の将軍・徳川慶喜の身長は何センチあったの?
  6. 西郷隆盛は本当に「ごわす」「おいどん」と鹿児島弁を言ってたの?
  7. 明治天皇 中央集権国家を目指した版籍奉還とは?【前半】
  8. 幕末 西郷糸子 西郷糸子はどんな人?西郷どんの3番目の妻は冗談好きのしっかり者

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 袁術

おすすめ記事

  1. 被らないのは裸で歩くようなもの?中国人が被っていた冠は何?
  2. 天皇の先生になった小泉信三、象徴天皇とは何か「はじ三ヒストリア」
  3. ペリー来日youは何しにニッポンへ?
  4. 【朝まで三国志2017】秋告知(5)開催日時が決定したよ
  5. キングダム582話ネタバレ予想vol2玉鳳隊と飛信隊の関係は史実?
  6. 楊戯(ようぎ)とはどんな人?季漢輔臣賛を記して蜀の臣下を褒め称えた政治家

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

徐栄(じょえい)とはどんな人?曹操と孫堅を破った董卓軍の隠れた名将 趙雲の墓は存在するの?中国の三国志観光スポット旅行 関羽もメロメロ(死語)武神の心を掴んだ杜夫人は人妻! バナー はじめての三国志コミュニティ300×250 【お知らせ】はじめての三国志コミュニティに参加しよう! 西郷どんの師、赤山靱負(あかやまゆきえ)が切腹になるのは見せしめ? 後継者争いは出来レース?曹丕が皇帝に就くことは生まれる前から決まっていた 幕末軍服姿の西郷どん 西郷隆盛 明治維新とはどんな改革?近代国家を目指した政治改革を分かりやすく解説 口は災いの元だと痛感できる廖立(りょうりつ)のエピソード

おすすめ記事

  1. 人心を得られなかった小覇王孫策の無残な最期
  2. 譙周(しょうしゅう)とはどんな人?劉禅に降伏するのが得策であると説いた政治家 劉禅に降伏を勧める譙周(しょうしゅう)
  3. 徐晃にとって曹操は人使いの荒いブラック社長?
  4. 30話:曹操軍を支えた最強の青州兵
  5. 郭嘉(かくか)の死因は結核だった?【はじさん臨終図巻】
  6. 司馬懿は何で諸葛亮宛に黄権を好評した手紙を送ったの?
  7. 高麗(こうらい)ってどんな国?アンゴルモア元寇合戦記が100倍面白くなる
  8. 文聘(ぶんぺい)とはどんな人?魏延とも打ち合いをした魏の武将

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP