呂布特集
コメント機能リリース


はじめての三国志

menu

kawauso編集長ぼやき

kawauso編集長のぼやきVol.9「煮詰まる・・」




kawausoとおとぼけ

 

あー一週間のご無沙汰(ぶさた)でした編集長です。

ライターさん、というか物書きをする人なら、

煮詰(につ)まるという感覚は分かってもらえるかと思う。

 

大方、アイデアは出ていて後は書くだけなんだけど

何かが足りなくて、筆が進まない状態

アイデアがないんじゃなくて、なにかが足りなくて

ギアが入らない嫌な状態の事です。

 

はじ三編集長のすねすね愚痴記事

関連記事:kawauso編集長のぼやきVol.8「専門家には敬意を持つ」

関連記事:kawauso編集長のぼやきVol.7「記事では書けないネタ」

 

 

本当は煮詰まるとは結論間近の意味

孫悟空

 

なんかに煮詰まるというのは本来、

物事が結論に近づくと言う意味らしく

飽和状態(ほうわじょうたい)を意味するのではないらしいね。

 

十分に食材に火が通り、完成間近が元の意味

後は食べるだけと考えれば納得ではある。

姜維

 

でも、煮詰まるって飽和状態のほうが

ピッタリ来るような気がするんだよね。

鍋に具材がびっちり詰まって煮え

どこにも動かない感じ、あれが煮詰まるイメージに

相応(ふさわ)しいんじゃないかと・・

 

 

煮詰まったらどうする?

kawausoとおとぼけ

 

編集長は、記事を一気呵成(いっきかせい)に書くタイプで、

気が向かないので寝かしておく方法は取りません。

色々あって、一週間も置いてしまうと

色々とアラが見えるようになり、

最初から書き直す事が多いです。

 

少し長い記事になると、

4~5時間はパソコンの前から動かず

飯も食わないし外出もしません。

 

それで最後まで完成すればいいんですが

途中で煮詰まると困った事になるのです。

 

大体ね、煮詰まる時は決まっていて、

記事の中に余分な部分が一部あるか、

そうでないと、一部足りない場合です。

 

心では納得していても脳が納得していない状態で

放置しておくと完成しないパターンです。

 

はじ三ユーチューバー目指すってよ
袁術祭り

 

足りない時は歩き多ければ見直し、それでダメなら

劉表

 

足りない時は、思い切って机を離れ

歩きに行ってきます。

すると帰ってくるまでには足りない部分が何か、

大体分かります。

 

多い時は、無心になって記事を何度も読み返します。

そうすると、あ!と思う所があり、

そこを修正すると納得がいきます。

 

それでも煮詰まったらどうするか?

もう捨てます、それは捨てるべきネタです。

 

記事は80%完成くらいがいい

kawauso

 

4年記事を書いていると、記事は80%完成がちょうどいい

そういう気がしてきた。

100を目指すと、記事に予防線を張りだして

読んでいても遊びがなく、つまんないんだよね。

読者が突っ込める甘い部分を残す80%がいい。

 

というわけで、このぼやきも80%です。

なんかモヤモヤしたものを感じたなら大成功

 

んじゃ、また来週~

 

※次回の編集長のぼやきは6月13日更新です。

 

関連記事:【はじさん編集部】第3話 大三国志スキルカイトルで一攫千金の巻!

関連記事:【はじめての三国志】配信スケジュール一覧

 

日々の生活を工夫で楽しくする『三国志式ライフハック

三国志式ライフハック  

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. kawauso編集長のぼやきVol.12「三国志演義は凄い」
  2. kawauso編集長のぼやきVol.18「はじ三が有料記事出すっ…
  3. kawauso編集長のぼやきVol.3「諦めるとは」
  4. kawauso編集長のぼやきVol.22「今見たいテレビ」
  5. kawauso編集長のぼやきVol.27「真似は大事」
  6. kawauso編集長のぼやきVol.13「好きな漫画家」
  7. kawauso編集長のぼやきVol.25「ナラティブ」
  8. kawauso編集長のぼやきVol.24「楽天」

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 司馬懿
  2. 皇帝いっぱい
  3. 本当は蜀と同名を結びたい孫権
  4. 田中角栄
  5. 孔融と禰衡
  6. 江藤新平 幕末

おすすめ記事

  1. はじめての三国志 facebook はじめました。
  2. 諸葛亮の出師の表って、一体何が書いてあるの? 孔明による出師の表
  3. 【はじめてのセンゴク】播磨における予想外の展開と上月城の悲しい最後 豊臣秀吉 戦国時代
  4. 袁燿とはどんな人?袁術の息子で正史と三国志演義で全然違う生涯を送った袁燿 袁術と一緒にはちみつを楽しむ袁燿(えんよう)
  5. 諸葛亮の住まいはどっち?襄陽古隆中VS南陽臥竜崗 孔明
  6. 松本清張も注目!邪馬台国(やまたいこく)はどこにあったの?

三國志雑学

  1. 孔明
  2. 袁術と劉繇
  3. 亡くなる周瑜
  4. 司馬懿と魏延
  5. 曹操を見捨てない丁氏と卞氏


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 金栗四三 いだてん
  2. 黒田官兵衛
  3. 山頂に陣を敷いた馬謖
  4. 順調に将軍まで出世する陳武
  5. はじめての三国志 画像準備中
  6. オリンピックを誘致する田畑政治 いだてん
  7. 魏延
  8. 孫権に煽られて憤死する陸遜

おすすめ記事

孫策に攻撃される黄祖 黄祖(こうそ)とはどんな人?正当防衛なのに孫家に恨まれ続けて殺された人 月刊はじめての三国志2017年9月号 (桃園出版 三国舎)の販売を開始しました 熱血曹操 若かりし曹操は熱血漢 皇帝になった徳川慶喜 西郷どんと最強ライバル徳川慶喜との関係は? 袁術と袁紹の喧嘩 【そもそも論】どうして袁紹や袁術には力があったの? 蜀馬に乗って戦場を駆け抜ける馬超 馬超には愛馬がいたの?西方の雄・馬超の愛馬に名前をつけてみた お互いに歌を交わす趙雲と劉備 三国サラリーマン趙雲?史実の趙雲は劉備の死後に出世した? おんな城主 直虎 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第37話「武田が来たりて火を放つ」の見どころ紹介

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集陸遜"
PAGE TOP