コメント機能リリース
馬超




はじめての三国志

menu

はじめての変

【龍と犬とロバ】魏呉蜀で活躍した諸葛一族

諸葛誕



 

諸葛亮孔明

 

蜀の天才軍師諸葛亮孔明(しょかつりょうこうめい)

三国志』を知っている人でその存在を知らない人はいないはず。

 

そんな諸葛亮は三人兄弟。

長男が諸葛瑾(しょかつきん)、次男は諸葛亮、三男は諸葛均(しょかつきん)です。

長男の諸葛瑾が呉の重鎮であることも、『三国志』ファンなら常識でしょう。

 

三男の諸葛均は諸葛亮と長らく生活を共にし、

正史『三国志』では諸葛亮と共に蜀に仕えたとされています。

蜀でも呉でも活躍している諸葛兄弟ですが、なんと諸葛一族は魏にもいたのです!

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:蜀は龍を。呉は虎を。魏は狗をで知られる諸葛誕の一族が一番優秀だった!?

関連記事:魏の諸葛誕が反乱に失敗した原因ってなに?

 

 

諸葛亮のご先祖様

諸葛亮のご先祖様

 

ところで、諸葛一族の系譜はどこから始まっているのでしょう。

諸葛亮のご先祖様は諸葛豊(しょかつほう)であるとされています

諸葛豊は前漢で活躍した人物でした。

 

大変厳しく真っ直ぐな性格であることで有名で、元帝(げんてい)に見出されて

司隷校尉に任命された際には、朝廷内の重役たちのお目付け役として

悪事を働いた大臣がどんな人であろうと遠慮せずに弾劾し、

その職務の本分を果たしていました。

この厳しさは諸葛亮にしっかり受け継がれていますね。

 

 

正義の心が仇となった諸葛豊

心が仇となった諸葛豊

 

しかし、そんな諸葛豊の完璧主義は、彼を不幸に陥れることになってしまいます。

ある時、元帝の外戚・許章(きょしょう)が賓客と共に罪を犯したということが諸葛豊の耳に入ります。

 

諸葛豊はさっそく許章を取り調べようとしたのですが、

許章は元帝の元に走り、泣きついたのでした。

諸葛豊もすぐに後を追いかけ、元帝に許章を引き渡すように願い出るのですが、

身内を手荒くあしらわれた元帝は大激怒。

 

これには諸葛豊も動揺しましたが、

自分の信念を曲げることのできなかった諸葛豊は、

官を辞したいと申し出ます。

しかし、元帝は許してくれません。

 

結局、司隷校尉として仕官し続けますが、

元帝は自分の言葉を取り上げてくれません。

更に、諸葛豊が春と夏にしか仕事をしていないと重鎮たちが口々に漏らしたことで、

元帝は諸葛豊を城門校尉に左遷しました。

 

それでも、人の悪事を許せなかった諸葛豊は

光祿勳(こうろくくん)周堪(しゅうかん)光祿大夫(こうろくたいふ)張猛(ちょうもう)の悪事を告発。

ところが、元帝は諸葛豊が仕返しのために

両者を告発したのだと受け取ってしまいます。

 

元帝は年老いた諸葛豊を罰することも忍びないので、

諸葛豊の官位を剥奪し庶民に落としたのでした。

諸葛豊は無位無官となり、自分の家で息を引き取りました。

 

人に話したくなる三国志の一騎打ち特集
一騎打ち

 

魏にも諸葛一族がいた!

諸葛誕

 

そんな諸葛豊の子孫である諸葛兄弟は呉と蜀でそれぞれ目の覚めるような活躍を果たしました。

しかし、諸葛一族は魏にもいたのです。

その名は諸葛誕(しょかつたん)。諸葛亮の従弟であるとされています。

 

東晋時代に編まれた説話集『世説新語』では、

龍にたとえられた諸葛亮、虎にたとえられた諸葛瑾とともに、

狗(犬)であるとたとえられています。

諸葛亮・諸葛瑾と比べるとやや劣るように思われますが、

諸葛誕はその勇敢さを讃えられているのです

 

絵に描いた餅

曹叡

 

諸葛誕は魏の中央の名のある官職を歴任し、

似たような経歴を持つ人たちと共に「四聰八達」と称せられていました。

ところが、天狗になっている諸葛誕を見て、

諸葛誕を中央にのさばらせておいてはいけないと言い出す者が現れます。

 

これを受けて、明帝(めいてい)

「そのような名声は絵に描いた餅のように食べることができず、

腹を満たすことはできないのだぞ」

と諸葛誕を批判し、官を剥奪してしまったのでした。

 

諸葛誕の乱

諸葛誕の乱

 

その後、明帝が崩御して曹爽(そうそう)が実権を握るようになると、

諸葛誕も再び中央に召し上げられました。

しかし、曹爽司馬懿(しばい)によって失脚させられてしまいます。

 

再び路頭に迷うかと思われた諸葛誕でしたが、

実は司馬懿とは姻戚関係にあったため、

そのまま司馬懿に用いられることになったのでした。

 

ラッキーな諸葛誕でしたが、曹爽の一族と親密な関係にあったことや、

かつての同僚たちが滅ぼされていったことから、次は自分が殺されるのでは?

と疑心暗鬼に陥っていってしまいました。

 

ある時、諸葛誕は三公のひとつである司空に任命されます。

この大出世に通常であれば舞い上がるところですが、

疑心暗鬼を生じていた諸葛誕は、これを罠だと勘違いしてしまいます。

鐘会

 

自分の命が狙われていると勘違いした諸葛誕は反乱軍を起こしたのでした。

呉からの援軍も得て善戦するものの、援軍が撃退されてしまったり、

計略にかかり魏に寝返る者が現れたりで、戦局はどんどん魏に傾いていってしまいます。

 

食料不足に陥った諸葛誕の反乱軍からは、投降者が続出。

窮鼠猫を噛むというわけではありませんが、やけくそになった諸葛誕は城から出て敵に突っ込みます。

 

しかし、諸葛誕はあっけなく討ち取られてしまったのでした。

その後、諸葛誕の首は洛陽に送られていったのだそうです。

そんな諸葛誕でしたが、数百人の兵たちが諸葛誕の死後も降伏せず殉死したのだとか

諸葛誕もそれなりに人望はかなり厚かったようですね。

 

三国それぞれで名を馳せた諸葛一族。

その子孫たちは案外私たちのそばにもいるかもしれませんよ。

 

※この記事は、はじめての三国志に投稿された記事を再構成したものです。

元記事:諸葛誕(しょかつたん)ってどんな人?魏の「狗」も名声を得ていた魏の諸葛一族

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:諸葛瑾は呉の黒幕!孫権さえ手が出せなかったってホント?

関連記事:呉の諸葛恪が目指した政治は孔明のパクリだった!?

 

覇を競う乱世に新たな秩序を打ち立てた曹操の生涯
曹操孟徳

 

はじめての三国志 編集部

はじめての三国志 編集部

投稿者の記事一覧

三国志の世界観や登場人物を『楽しく・ゆるく・わかりやすく』をモットーに紹介するプラットフォームメディアです。

https://hajimete-sangokushi.com/

関連記事

  1. 【衝撃の事実】董允がいたからこそ蜀は滅亡から逃れた!
  2. 現実主義曹操 根拠のない夢を信じないリアリスト曹操
  3. 郭嘉が亡くなり悲しむ曹操 衝撃の事実!魏には2人の郭嘉が存在した!?
  4. 袁紹と曹操 官渡の戦いで袁紹が勝っていたら三国志はどうなっていたの?
  5. 王政君お怒り!玉磁なげる 秦の始皇帝が造り出した伝国の玉璽
  6. 【今さら聞けない】妖怪三国志ってなに?お父さんも子供も夢中の新世…
  7. 李靖(りせい)曹操と孔明に憧れる 李靖(りせい)とはどんな人?曹操と孔明の二人から学んだ初唐の名将…
  8. 簒奪する王莽 王莽(おうもう)ってどんな人?中国史で最初に帝位を譲りうけた人物…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 西郷従道 幕末
  2. 法正
  3. おんな城主 直虎
  4. 諦める公孫サン(公孫瓚)
  5. 読者の声バナー(はじめての三国志)
  6. 宴会マナーと酒(古代中国)
  7. 親バカな諸葛孔明
  8. 司馬懿と魏延
  9. 羅貫中

おすすめ記事

  1. キングダム最新ネタバレ609話vol2「堯雲vs王賁勝敗を決める5ポイント」 キングダム54巻amazon
  2. 三国志ならともかく戦国時代は興味がないから大河ドラマを見ないあなたへ。こうすれば真田丸も楽しめる! 真田丸 真田幸村
  3. もはや「意地」の領域?田豊・沮授の進言を却下し続ける袁紹が凄すぎる 袁紹を説得しようとする沮授
  4. 40話:義将関羽が曹操に出した降伏の3つの条件 関羽 3つの条件
  5. 月刊はじめての三国志2018年5月号 (桃園出版 三国舎)を出版しました
  6. 劉備の経歴を調べたら実は貧乏ではない!挙兵までの劉備の姿を暴け! 土いじりをする劉備

三國志雑学

  1. 劉備 髀肉の嘆 ゆるキャラ
  2. 連幹の計 呂布 貂蝉
  3. 趙雲 三尖刀


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 歴代皇帝の墓を暴こうとする韓遂の兵士
  2. 明智光秀が剣を持って戦っているシーン
  3. 関羽を捕縛する馬忠
  4. 孔明君のジャングル探検
  5. 愛妻家の魏の将軍、郭淮
  6. 曹操 詩
  7. 蜀馬に乗って戦場を駆け抜ける馬超

おすすめ記事

愛妻家の魏の将軍、郭淮 郭淮の行動が司馬懿政権を崩壊させたかも知れないってほんと!? キングダム 【ネタバレ注意】キングダム538話レビュー「まさか、あのお馴染みキャラが死ぬの?」 徐晃と許チョ 太史慈vs許褚どっちが強いか今夜比べてみた!? 赤壁の戦いで敗北する曹操 もし赤壁の戦いで曹操が死んだら歴史はどうなっていたの? 腐れ儒者気質な孔融 孔融(こうゆう)とはどんな人?孔子の子孫だが、曹操を批判して身を亡ぼした学者 二刀流の劉備 夷陵の戦いに至るまでの経緯は?夷陵の戦いまでの蜀の動きと経緯 【光武帝の伝説の戦い】劉秀の評判がこんなにも高い秘密はここにあった! 司馬懿対孔明 司馬懿仲達はどんな人?諸葛亮孔明と戦略勝負を繰り広げた西晋の高祖宣帝

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP