編集長日記
HMR

はじめての三国志

menu

はじめての変

諸葛誕(しょかつたん)ってどんな人?魏の「狗」も名声を得ていた魏の諸葛一族

この記事の所要時間: 221




諸葛誕

諸葛誕、字は公休は魏に仕えた武将です。

生年は不明ですが、息子の諸葛靚(しょかつせい)が司馬懿(しばい)

孫の司馬炎(しばえん)と幼馴染だったり、

死亡前年の257年には次の司空まで二番手という年次だった事から、

はとこの諸葛瑾・諸葛亮より一世代程度若い人だったのでしょう。

はとこではなく彼らの父親である諸葛圭の末子、諸葛均の弟という説も残ります。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【三国志あるある】懐かしい!と思った人は40代!昭和では当たり前だった三国志事情




蜀漢はその竜を得、呉はその虎を得、魏はその狗を得たり

諸葛一族

 

諸葛誕の説話で良く知られるのが、「蜀漢はその竜(諸葛亮)を得、

呉はその虎(諸葛瑾)を得、魏はその狗(諸葛誕)を得たり」という一文です。

順序や使われている文字から「じゃあ大したことないんじゃない」と思われがちですが、

この場合の狗という字は賛辞に当たります。魏でもかなり評価の高い人物でした。

 

魏の中央政府で行政官として働き(蜀・呉の親族のおかげで出世は遅かったそうです)、

夏侯尚の息子の夏侯玄と仲が良く、司馬懿と敵対する曹爽の派閥に属していました。

 

明帝(曹叡)の代には「少々軽いところがけしからん」と免職されたりしましたが、

曹芳(廃位されたので諡は無し)の代には中央官僚に返り咲きます。

この頃より昭武将軍に任命されるなど武官としても働きます。

 

関連記事:諸葛瑾(しょかつきん)ってどんな人?偉大な孔明の兄はどうやって乱世を生き抜いたの?

関連記事:古代中国のコペルニクスは孔明だった?彼はなぜ天文学を学んだの?

関連記事:諸葛孔明の弟、諸葛均ってどんな人だったの?




曹爽は司馬懿との権力争いに敗れ死亡

司馬懿

 

やがて曹爽は司馬懿との権力争いに敗れ死亡、

夏侯玄も左遷されます(司馬師の代に三族誅滅)が、諸葛誕はその後も司馬懿の下で働く事となりました。

これは娘が司馬懿の息子に嫁ぎ姻戚関係にあった事が影響したようです。

 

都督(軍司令官)の1人となり、司馬懿の没後も司馬師の下で働きました。

252年には東興(現在の安徽省合肥市巣湖のほとり)の戦いで

呉の諸葛恪と戦い敗北、豫州(洛陽や許昌の一帯)方面担当と転属になりますが、

この後の呉国とのゴタゴタでは再び魏軍の前面で戦う事となりました。

この戦いで功績を挙げて征東大将軍となります。

 

関連記事:司馬懿(しばい)ってどんな人?実は列伝が無い孔明のライバル

関連記事:司馬懿が三国志演義に初登場するのはどのタイミングなの?

関連記事:邪馬台国が魏と外交出来たのは司馬懿のおかげ?

 

司馬氏を恐れる諸葛誕

司馬懿

 

一見魏の重鎮となった諸葛誕でしたが、

夏侯玄など自分の周囲の高官たちが次々に滅ぼされていく様子から司馬氏を恐れるようになり、

対呉国の最前線である寿春(現在の安徽省六安市)にて10万人も軍兵を増強したり、

私兵も大勢蓄えるようになりました。

 

司馬氏側も司馬師の跡を司馬昭が継ぎ、諸葛誕のこうした動きに注意するようになり、

征東大将軍から司空(国家の土木工事を司るがこの頃は名誉職)へ昇進させる事で、

諸葛誕が寿春で蓄えた兵力と分離させようとします。

これに対し諸葛誕は「自分はまだ司空になる年次ではない、これは罠だろう」と反発、

反乱を起こして呉と結びました。

 

関連記事:三国志の英雄たちの詩を調べたら司馬懿ヒドすぎワロタwww

関連記事:【三国時代】英雄の地位はどの位?

関連記事:丞相、校尉、都督……? 三国時代の役職(官職)が分かりづらい!

 

反乱を起こす諸葛誕と対峙する司馬昭

司馬昭

 

司馬昭は26万もの大軍を率いて寿春を包囲します。呉の援軍が来たり、

諸葛誕側の兵も強く善戦しますが次第に劣勢となり、包囲網により城内が飢えに苦しみます。

【次のページに続きます】




ページ:

1

2

関連記事

  1. 王莽(おうもう)史上初、帝位を簒奪した男 
  2. 壮絶、血を吐きまくる三国志武将ランキング
  3. 【蜀の運命を決めた人物】呉の大都督となった阿蒙ちゃんの決断が歴史…
  4. 費禕(ひい)ってどんな人?諸葛亮亡き後の蜀を支えた四相の1人
  5. 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第2部
  6. みんな大好きウ◯チの話!三国志時代のトイレ事情
  7. 【日中変人学者対決】孔融VS藤原頼長
  8. 孫権の妻たちは意外と知られてない?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 実は面倒くさい性格?関羽のクレーマー事案を紹介
  2. 公孫瓚特集:悔しかったら雨を降らせてみろ・その2
  3. 三国志ファンの後漢(五感)をふるわさす三国志フェス2015に参戦しよう!
  4. 【そもそも論】どうして袁紹や袁術には力があったの?
  5. もう一人の夏候、夏候淵(かこうえん)はどうして地味なの?
  6. 曹植の存在が曹丕を歪めた?何で曹丕はあんな性格になっちゃったの?

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志の書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

三国志の生みの親であり歴史家の矜持を悩ます歴史書編纂の裏事情 魏を裏切った王平と夏候覇は何で蜀で出世できたの?【三国志に学ぶ人生設計】 信陵君(しんりょうくん)はどんな人?生まれ故郷を救うために舞い戻ってきた戦国四君 10話:実は、最初から作戦に失敗していた黄巾賊 【第4回 幻想少女】凌統が外される!?強力なイケメン武将がレギュラー入り!! 井の頭自然文化園の象「はな子」にまつわる光と影&三国志時代の英雄は猛獣をどう扱っていたの? 小早川隆景(こばやかわ たかかげ)とはどんな人?毛利を支えた三本の矢 献帝死亡説を利用した?劉備が漢中王に即位したのは孔明と法正の入れ知恵の可能性が浮上!

おすすめ記事

  1. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース23記事【6/26〜7/2】
  2. 卑しい身分から、曹操の正妃へ卞夫人 Part.1
  3. 曹彰(そうしょう)とはどんな人?勉強嫌いだが、武を磨いて将来を期待された曹操の4男
  4. 【蜀の建国~滅亡まで】蜀の国を背負って戦い続けた丞相【孔明編】
  5. 英雄たちの武器~青龍偃月刀と蛇矛を徹底分析
  6. 夏侯惇は軍人としては優秀だったの?正史三国志から夏侯惇を分析
  7. 三国志乱舞 – スクエニが贈る本格三国志RPG -とはどんなアプリゲーム?
  8. 霊帝は近衛軍創設の為に売官で資金を造った?実は優秀な皇帝の真実

はじさん企画

帝政ローマ
広告募集
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP