袁術祭り
李傕祭り




はじめての三国志

menu

はじめての魏

諸葛誕(しょかつたん)ってどんな人?魏の「狗」も名声を得ていた魏の諸葛一族

この記事の所要時間: 220




諸葛誕

諸葛誕、字は公休は魏に仕えた武将です。

生年は不明ですが、息子の諸葛靚(しょかつせい)が司馬懿(しばい)

孫の司馬炎(しばえん)と幼馴染だったり、

死亡前年の257年には次の司空まで二番手という年次だった事から、

はとこの諸葛瑾・諸葛亮より一世代程度若い人だったのでしょう。

はとこではなく彼らの父親である諸葛圭の末子、諸葛均の弟という説も残ります。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【三国志あるある】懐かしい!と思った人は40代!昭和では当たり前だった三国志事情




蜀漢はその竜を得、呉はその虎を得、魏はその狗を得たり

諸葛一族

 

諸葛誕の説話で良く知られるのが、「蜀漢はその竜(諸葛亮)を得、

呉はその虎(諸葛瑾)を得、魏はその狗(諸葛誕)を得たり」という一文です。

順序や使われている文字から「じゃあ大したことないんじゃない」と思われがちですが、

この場合の狗という字は賛辞に当たります。魏でもかなり評価の高い人物でした。

 

魏の中央政府で行政官として働き(蜀・呉の親族のおかげで出世は遅かったそうです)、

夏侯尚の息子の夏侯玄と仲が良く、司馬懿と敵対する曹爽の派閥に属していました。

 

明帝(曹叡)の代には「少々軽いところがけしからん」と免職されたりしましたが、

曹芳(廃位されたので諡は無し)の代には中央官僚に返り咲きます。

この頃より昭武将軍に任命されるなど武官としても働きます。

 

関連記事:諸葛瑾(しょかつきん)ってどんな人?偉大な孔明の兄はどうやって乱世を生き抜いたの?

関連記事:古代中国のコペルニクスは孔明だった?彼はなぜ天文学を学んだの?

関連記事:諸葛孔明の弟、諸葛均ってどんな人だったの?




曹爽は司馬懿との権力争いに敗れ死亡

司馬懿

 

やがて曹爽は司馬懿との権力争いに敗れ死亡、

夏侯玄も左遷されます(司馬師の代に三族誅滅)が、諸葛誕はその後も司馬懿の下で働く事となりました。

これは娘が司馬懿の息子に嫁ぎ姻戚関係にあった事が影響したようです。

 

都督(軍司令官)の1人となり、司馬懿の没後も司馬師の下で働きました。

252年には東興(現在の安徽省合肥市巣湖のほとり)の戦いで

呉の諸葛恪と戦い敗北、豫州(洛陽や許昌の一帯)方面担当と転属になりますが、

この後の呉国とのゴタゴタでは再び魏軍の前面で戦う事となりました。

この戦いで功績を挙げて征東大将軍となります。

 

関連記事:司馬懿(しばい)ってどんな人?実は列伝が無い孔明のライバル

関連記事:司馬懿が三国志演義に初登場するのはどのタイミングなの?

関連記事:邪馬台国が魏と外交出来たのは司馬懿のおかげ?

 

司馬氏を恐れる諸葛誕

司馬懿

 

一見魏の重鎮となった諸葛誕でしたが、

夏侯玄など自分の周囲の高官たちが次々に滅ぼされていく様子から司馬氏を恐れるようになり、

対呉国の最前線である寿春(現在の安徽省六安市)にて10万人も軍兵を増強したり、

私兵も大勢蓄えるようになりました。

 

司馬氏側も司馬師の跡を司馬昭が継ぎ、諸葛誕のこうした動きに注意するようになり、

征東大将軍から司空(国家の土木工事を司るがこの頃は名誉職)へ昇進させる事で、

諸葛誕が寿春で蓄えた兵力と分離させようとします。

これに対し諸葛誕は「自分はまだ司空になる年次ではない、これは罠だろう」と反発、

反乱を起こして呉と結びました。

 

関連記事:三国志の英雄たちの詩を調べたら司馬懿ヒドすぎワロタwww

関連記事:【三国時代】英雄の地位はどの位?

関連記事:丞相、校尉、都督……? 三国時代の役職(官職)が分かりづらい!

 

反乱を起こす諸葛誕と対峙する司馬昭

司馬昭

 

司馬昭は26万もの大軍を率いて寿春を包囲します。呉の援軍が来たり、

諸葛誕側の兵も強く善戦しますが次第に劣勢となり、包囲網により城内が飢えに苦しみます。

【次のページに続きます】




ページ:

1

2

関連記事

  1. 伏皇后問題が荀彧の死の原因か!我が子房・荀彧の死因に迫る!
  2. 文聘(ぶんぺい)とはどんな人?魏延とも打ち合いをした魏の武将
  3. 趙雲は何で桃園義兄弟ではないのか?
  4. 劉備入蜀の立役者、龐統の全戦歴
  5. 【管鮑の交わりとは何?】管仲と鮑叔の友情を描いた故事
  6. さよなら2015年!年忘れだよ♪三国武将の名言・珍言語録
  7. 三国志の結末(最後)ってどうなるの?
  8. 【シミルボン】三国志、冬の暖房、炉炭で暖まろう!

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 許劭(きょしょう)とはどんな人?三国志時代のインフルエンサー
  2. 時空を超える関羽、琉球の民話に登場
  3. なんで重耳は生まれた国から逃げなければならなくなったの?
  4. 劉繇(りゅうよう)が凄い!袁術の宿敵?そこそこ頑張った英傑の生涯
  5. キングダムでお馴染みの秦の函谷関ってホントに難攻不落だった?函谷関に隠された秘密
  6. 美濃大返し炸裂!織田家の覇権をかけた柴田勝家(アゴ)と羽柴秀吉(サル)の戦い

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

程昱(ていいく)は曹操の軍師となる前は一体何をやっていたの? 北方謙三の『三国志』のココが凄い!男の生ざまをガンガン感じたいならこの小説も超絶オススメ! 周公旦(しゅうこうたん)とはどんな人?周王朝の基礎を固めた功臣 三国志ライターkawausoが魏を斬る!蜀が中華統一をする方法 5話:頓挫する王莽の新と、後漢王朝の復活 【衝撃の事実】国士無双と言われた韓信に子孫がいた? 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース16記事【9/5〜9/11】 【シミルボン】三国志の真実、劉備が孔明に飛び付いた理由はこれだ!

おすすめ記事

  1. 三国史を英訳すると素敵すぎる!インターナショナル中国文学!
  2. 魏冄(ぎぜん)とはどんな人?政治・軍事両方で大活躍した秦の名宰相
  3. 【江陵攻防戦】名将・曹仁が見せた粘り腰が周瑜に致命的な一撃を加える
  4. 営業マン必見!諸葛亮孔明から学ぶ営業術。これがビジネス三国志だ!
  5. 三国志|前半戦のまとめその3(長坂の戦いまで)
  6. 強力な曹操の脅威に呉・魯粛と蜀・孔明の思惑が一致
  7. 夏侯惇の死後、一族はどうなったの?忙しかった夏侯惇はイクメンではなかった?
  8. 簫何(しょうか)とはどんな人?内政なら私にお任せ!影で劉邦を支え続けた漢の三傑の一人

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
PAGE TOP