キングダム
潼関の戦い特集




はじめての三国志

menu

はじめての呉

諸葛瑾(しょかつきん)ってどんな人?偉大な孔明の兄はどうやって乱世を生き抜いたの?




諸葛瑾2

 

諸葛瑾(しょかつきん)のイメージは三国志演義の影響で、天才軍師、

諸葛孔明(しょかつこうめい)の兄という形でほぼ固定されていると思います。

 

決して平凡な武将ではない諸葛瑾ですが弟の偉大さに、その人生は霞んでしまいがち

ですので、はじさんでは、呉の瑾ちゃんの人生にスポットライトを当てたいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【龍と犬とロバ】魏呉蜀で活躍した諸葛一族

関連記事:【元祖妖怪ウォッチ】孫権や諸葛恪、朱桓が目撃した妖怪を徹底分析!

 

 

若き日の諸葛瑾の姿

ƒeƒ“ƒvƒŒ[ƒg

 

諸葛瑾子瑜(しょかつきん・しゆ)は、西暦174年、徐州琅邪国陽都県で、

諸葛珪(しょかつけい)の息子として生まれます。

 

弟の諸葛亮から見ると7歳上で、孔明が物心付く頃には勉学の為に

洛陽に上っていたようです。

「毛詩」「尚書」「左氏春秋」を治めて、実母に孝行を尽くし、実母の死後は、

継母にも孝行を尽くしたという若い頃から出来た人でした。

 

後漢の戦乱を逃れて揚州へ

諸葛瑾3

 

諸葛瑾が14歳頃に病気がちだった父、諸葛珪が死にました。

まだ仕官もしていない諸葛瑾に弟達の面倒を見る力はないので

諸葛珪の家族は父の弟の諸葛玄(しょかつげん)に率いられる事になります。

 

諸葛玄に率いられた孔明達は戦乱を逃れて荊州に行き、

一方の諸葛瑾は、父の後妻である継母と共に楊州へと逃れていきます。

こうして、二人の兄弟は離ればなれになりました。

 

【呉のマイナー武将列伝】
呉の武将

 

諸葛瑾、孫権に見出される

遅れて来た孫権 英雄

 

西暦200年頃、26歳の諸葛瑾は曲阿という所にいました。

そこで知遇を得た人がたまたま、孫権の姉の婿である弘咨(こうし)という人物で、

弘咨は、諸葛瑾を非凡な人材であるとして孫権(そんけん)に推挙しました。

 

諸葛瑾

 

孫権も諸葛瑾を一目みて、なんだこいつまるで驢馬みたいな顔だな

その顔相のただならぬ雰囲気を見て、当時、新たに加わった魯粛(ろしゅく)

同様に賓客として扱いました。

 

関連記事:沢山の人材を発掘した呉の孫権

関連記事:遅れてきた呉の英雄・孫権の才能とは?

関連記事:稀代の豪傑 魯粛(ろしゅく)|演義と正史では大違い?

 

諸葛瑾って何が凄いの?人間観察力

張昭 VS 孫権

 

何かと弟、孔明と比較され存在が霞みがちな諸葛瑾ですが、

彼には、天才孔明でも及ばない才能がありました。

 

その第一が人間観察力です、諸葛瑾が仕えた孫権は名君ですが、

気が短く、負けん気が強いという癖のある人物でした。

 

忠臣たるものは、当然、君主の過ちには諫言しないといけませんが、

孫権は諫言されるとヘソを曲げて、その家臣と距離を置いてしまうという

頑固な所がありました。

 

重臣の張昭(ちょうしょう)のように自宅を燃やされようが

動じない人なら何でもないでしょうが

普通の家臣は、そんな毎回、孫権に遠ざけられては出世にも響きます。

 

そこで、諸葛瑾は正面切って諫言せず、それとなく分かるようなたとえ話などを

駆使して分かってもらうように努めていました。

賢い孫権ですから、諸葛瑾の遠回しな諫言を察知して素直に態度を改めたのです。

 

関連記事:孫権VS張昭、その激しい君臣喧嘩の勝敗は?

 

諸葛瑾に救われた、虞翻、朱治、殷模

諸葛瑾に救われた、虞翻、朱治、殷模

 

諸葛瑾は自分ばかりではなく、孫権に嫌われた人物についても、さりげなく弁護し

孫権の怒りを解いています、呉郡太守の朱治(しゅち)、校尉の殷模(いんも)、

そして、毒舌と直言で知られ酒乱の孫権の酒を拒否して斬られかけた虞翻(ぐほん)

に至っては、熱心にその有能さを孫権に説いて救いました。

 

人の好き嫌いが激しい虞翻ですが、この時の恩を忘れず諸葛瑾には

生涯、好感を持ち続けています。

 

また、孫権も穏やかで裏表のない諸葛瑾を気に入り「瑾!瑾!」と呼び捨てして

親愛の情を示していました。

今風に言えば、瑾ちゃん!瑾ちゃん!という感じかも知れません。

 

 

諸葛瑾って何が凄いの?忠義に厚い

孫権の提案

 

弟である諸葛亮孔明が、呉を赤壁の戦いに引き込む為に尋ねてきた時の事です。

孔明が非凡な人物であると知った、孫権は諸葛瑾に

「何とか君の弟を呉に引き抜けないものだろうか?」と相談します。

 

すると、諸葛瑾は首を横に振りいいました。

 

「私が殿を裏切る事がないように、弟も劉備を裏切る事はないでしょう」

孫権はこの言葉に感動し諸葛瑾に絶大な信頼を置くようになります。

 

後に、劉備(りゅうび)が義弟関羽(かんう)の仇討ちの為に、

呉討伐の軍を起した事があります。

前線を守る陸遜(りくそん)に、「諸葛瑾は孔明の弟だから内通の疑いはないだろうか?」

と疑惑の目を向ける武将がいました。

 

陸遜は「そのような事はあり得ぬ」と否定したものの心配になり、

孫権に手紙を出しますが、孫権は即座に答えました。

 

「私が諸葛瑾を裏切らないように、彼も私を裏切りはしない

陸遜、君にもそれを信じてもらいたい」

 

陸遜は孫権の諸葛瑾を信じる気持ちの厚いのに感服して、二度と疑う

素振りをみせなくなります。

 

関連記事:100年に1人の逸材|陸遜(りくそん)の生涯をたどる

関連記事:陸遜(りくそん)は孫権配下の前は何をしていたの?

 

諸葛瑾の何が凄いの?損害を出さぬ用兵

ƒeƒ“ƒvƒŒ[ƒg

 

劉備夷陵の戦いで敗北した後、その隙を突いて曹丕(そうひ)が呉に進攻します。

使者で文官のイメージがある諸葛瑾ですが、実は後年、大将軍に上る歴とした武官で、

魏の夏候尚(かこうしょう)に包囲された朱然(しゅぜん)の守る江陵城の救援に向かいます。

 

この時、諸葛瑾は、思いきった攻撃をせず、魏が長江の中州に造った

浮橋を攻撃してダメージを与え、中州まで進軍しますが夏候尚に火計を掛けられると

損害が出ない間に、さっさと退却しました。

 

孫権は報告を聞いて、臨機応変さが欠ける諸葛瑾の用兵に不満を持ちますが

後に、諸葛瑾が再び、浮橋を攻撃して夏候尚軍を退却に追いやると、

諸葛瑾が後日の反撃の為に兵力を失わなかったのだと悟り、賞賛します。

 

諸葛瑾は、武官ですが決して戦争が上手というわけではありません。

なので逆に細心の注意を払い、損害が出ないような用兵を心掛けました。

 

彼は236年の合肥の合戦、西暦241年の芍陂(しゃくは)の役でも、

戦況が芳しくないとみるや、兵を引いて損害を出さない撤兵を見せています。

 

関連記事:実は冷血を演じたツンデレ曹丕、その理由とは?

関連記事:曹操と孫権の合肥を巡る戦いが何度も行われていた Part1

関連記事:奮戦する張遼、孫権を二度も追い詰める

 

諸葛瑾の何が凄いの? 驢馬顔

ƒeƒ“ƒvƒŒ[ƒg

 

諸葛瑾は、顔が細長く馬面だった事でも知られています。

恐らく目も離れていたのか、驢馬のような顔だと言われていました。

孫権は一度、からかい半分で驢馬の顔に墨で諸葛瑾子瑜と書いて大笑いします。

 

諸葛瑾は平気な顔でしたが、側に控えていた幼い息子の諸葛恪(しょかつ・かく)は怒り、

朱墨で諸葛瑾子瑜に「之驢」と書き足して諸葛瑾のロバにしました。

 

孫権は諸葛恪が利発なのに驚き、文字の通りこの驢馬を諸葛瑾に与えたそうです。

しかし、諸葛瑾は幼くして利発すぎる息子が、やがて一族を滅ぼしはしないかと

心配していたようで、残念な事にそれは現実になります。

 

関連記事:張飛に怒鳴られて落馬して死んだ武将、曹丕の粋な計らい等、三国志を彩る変わった武将たち

関連記事:諸葛恪(しょかつ かく)ってどんな人?|頭が良すぎて諸葛一族を滅ぼす

 

諸葛瑾の何が凄いの?徳に適う生き方

諸葛一族

 

諸葛瑾が大将軍になった頃、二人の息子、諸葛恪と諸葛融(しょかつゆう)は、

それぞれ一軍を率いる立場であり、蜀では弟、孔明が丞相として君臨し、

魏には同族の諸葛誕(しょかつ・たん)が重臣として勢力を奮っていました。

 

世の人々は、諸葛一族の隆盛を称えましたが、諸葛瑾は少しも奢り高ぶる事はなく

終始、穏やかで質素な振舞いを通しました。

 

西暦241年、諸葛瑾は68年の生涯を閉じますが、葬儀では普段着での埋葬を望み

豪華な副葬品を入れる事もありませんでした。

諸葛瑾は、相続争いの元になるからと正妻と死別してからは再婚せず、

妾との間に出来た子供も決して取り立てなかったのです。

 

世の人々は諸葛瑾を才能では弟に劣るが、徳に適う振舞いでは、決して

負けてはいないと、その素晴らしい生き方を称えました。

 

三国志ライターkawausoの独り言

kawauso 三国志

 

諸葛瑾は若い頃に生き別れた孔明と、蜀と呉で敵同士になった為に

公私の別を厳しくして、馴れ馴れしくならないようにしていたようです。

 

それでも、二度目の呉蜀同盟の後は手紙のやり取りを通し双方の近況を伝えあい

当時、子供のない孔明に息子、諸葛喬(しょかつ・きょう)を養子に出したりしています。

孔明も実子、諸葛瞻(しょかつ・せん)が8歳の時に諸葛瑾に手紙を送り

「まだ子供なのに早熟すぎて大人物になれないのではないかと心配です」

と親馬鹿な手紙を送っています。

 

孔明にとっても、兄の諸葛瑾は心を許せる数少ない肉親だったのかも知れないですね。

今日も三国志の話題をご馳走様でした。

 

耳で聞いて覚える三国志

 

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:諸葛孔明のお兄ちゃん「諸葛瑾」は政治家ではなく軍の仕事をメインとしていた!

関連記事:三国志の時代を震えさせる怨霊たち!特に呉には怨霊系の話が多い!

 

赤壁の戦いを斬る!赤壁の戦いの真実
赤壁の戦い

 




kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 鄧芝(とうし)ってどんな人?ザ・セルフ釜ゆで 孫権を心服させた名…
  2. 孫策、旧勢力に恨まれ無念の死を遂げる
  3. 日中交渉は卑弥呼と魏だけではない!?
  4. 三国志を否定するのは呉の張昭?三国間の不毛な争いを終わらせようと…
  5. やり過ぎー!!!元祖、曹操オタクは陸遜の孫だった!?陸雲(りくう…
  6. 諸葛恪(しょかつ かく)ってどんな人?頭が良すぎて諸葛一族を滅ぼ…
  7. 忠義の士・陸遜に迫る!陸遜は呉でクーデターを起こすことはできたの…
  8. 太史慈(たいしじ)ってどんな人?孫策とマジで一騎打ちした勇将

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 西郷従道 幕末
  2. はじめての三国志

おすすめ記事

  1. 【燕の名将・楽毅の名言】古の君子は交わりを断つとも悪声を出さず
  2. 戦国策【西周】強国の利害を利用して競わせるの巻
  3. 平原君(へいげんくん)ってどんな人?欠点多いけど結果オーライ!人間臭い趙の英傑
  4. 【天下分け目の最終戦】広武山の戦いで勝ったほうが天下の覇者になる重要な戦
  5. 【司馬の八達】超厳しい父親に育てられた俊英・司馬朗の提案を聞かなかったばっかりに・・・・
  6. 衝撃!徐州大虐殺には袁紹が参加?父を見殺しにした曹操

三國志雑学

  1. 呉の孫権は皇帝
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【新事実】漢の時代の市場はヤンキーの溜まり場だった! 【大三国志 攻略10】まさに戦国乱世、怒涛の戦乱の波を無事に乗り切れるのか!? 中国雑技団の前身!?三国時代の大道芸 【9月の見どころ】9/24公開予定:【三国志平話】高鳴る鼓動!呂布と曹豹、運命の出逢い 五虎大将軍の馬超 新人・馬超が劉備と馴れ馴れしく口をきいていた!? 沙摩柯(しゃまか)とはどんな人?武蛮族の王が甘寧を討ち取り呉を恐怖に陥れる 夏侯惇は本当に自分の目玉を食べたの? 曹操から超警戒されていた司馬仲達の綱渡り人生

おすすめ記事

  1. 【濡須口の戦い功労者列伝】なんども挽回したタフな将軍徐盛
  2. ええっ!成功事例もあった孔明の女物の衣服を贈る計略
  3. 妻が13人もいた曹操が一番愛した女性は誰だったの?
  4. 馬援(ばえん)とはどんな人?趙の三大天の一人趙奢を先祖に持ち子孫に馬超
  5. [ビジネス三国志]自分用のキャッチコピーを造り人脈を広げる
  6. 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.2
  7. 【はじさん砲】劉備は全然いい人なんかじゃなかった
  8. 漢字はいつ生まれてどのように変化を遂げていったのか?

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP