キングダム
コメント機能リリース


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【史記】には解説書が3つ三家注って何?

司馬遷(しばせん)




陳寿

 

陳寿(ちんじゅ)が著した『三国志』の内容は

簡潔というかあまりにも簡素ですから、

陳寿の記した文字だけを追って

三国時代を理解するのは

現代の私たちにとっては難しいものです。

 

そんな私たちを助けてくれるのが

東晋時代に裴松之(はいしょうし)が付した『三国志』の注。

裴松之

 

この注が『三国志』だけではなく、

『史記』や『漢書』、そして『後漢書』にも

後世の学者によって付けられています。

 

その中でも特筆すべきは、

『史記』には3種類の注が付けられているということです。

 

この『史記』に付された3種類の注は

総称して「三家注(さんかちゅう)」と呼ばれています。

 

今回は、この『史記』三家注とは何なのかを

簡単に解説していきたいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:誇りを失ってもなお『史記』を書いた司馬遷の執念

関連記事:【戦国四君物語】史記から見てみた魏の信陵君ってどんな人

 

 

『史記』に最初に付された注

司馬遷

 

司馬遷(しばせん)によって編まれた

神話時代から前漢武帝(ぶてい)までを描いた歴史書『史記』は、

司馬遷による歴史的人物の褒貶(ほうへん)が織り交ぜられており、

その内容は時の権力者の怒りを買いかねない内容でした。

 

そのため、司馬遷は死後、

『史記』を娘に託して人の目に触れないようにしました。

 

ところが、司馬遷の孫にあたる楊惲(ようき)

これを埋もれさせては惜しいと

前漢の宣帝の時代に世に出したのです。

 

その後、『史記』はたくさんの人に読まれ、

歴史を学ぶ人々の一助となりました。

 

後漢の班固(はんこ)は『史記』の内容の不備を正すべく、

『漢書』を著していますが、

その体裁は『史記』に従っているところも少なくありません。

 

その後、西晋時代には陳寿によって『三国志』が編まれ、

そして南朝宋の時代には范曄によって『後漢書』が整理されるなど、

漢民族の歴史を補完しようという動きが活発になります。

 

そうした中で、

経書だけではなく、

歴史書にも注をつけようという動きが起こります。

 

まず、その注を付されたのは

内容があまりにも簡素すぎると言われていた『三国志』。

そして、『三国志』に注を付した裴松之の息子である

南朝宋の裴駰(はいいん)も『史記』に注を付します。

 

『史記』は『三国志』のように言葉足らずというよりも

時代が下って理解できない事柄が増えてきたことと、

その内容が煩雑であるために注釈を必要とすると

裴駰は考えたようですね。

 

こうして著された『史記集解(しきしっかい)』は

後に三家注の一端を担うことになります。

 

裴駰は経書や地方史、そして経書の注などと

『史記』の本文を照らし合わせ、

更にほぼ同時代に活躍した学者・徐広の『史記音義』を参考にしながら

そのわかりづらい言葉の意味を明らかにしようとしたのでした。

 

 

唐代に編まれた2つの『史記』注

レポート300ページ

 

裴駰が集解を編んでから

さらに時代は下って乱世が終わり、

中国大陸が再び統一されて唐代に入ると、

再び歴史書に注を付けることが

学者の間でブームになります。

 

その中でも有名なのは、

顔師古(がんしこ)による『漢書』注、

章懐太子(しょうかいたいし)李賢(りけん)による『後漢書』注、

そして、司馬貞(しばてい)による『史記索隠(しきさくいん)』と

張守節(ちょうしゅせつ)による『史記正義』あたりでしょうか。

 

初唐の司馬貞の『史記索隠』はその名の通り、

『史記』に隠された真実を模索するために

編まれた注釈書であり、

文字の発音や意味、地理や人物を

(つまび)らかにしようとして編まれたものです。

 

そして、少し時代が下った頃、

唐の絶頂期を生きた張守節によって編まれた『史記正義』もまた、

文字の音や込められた意味を明らかにし、

『史記』の真理に近づこうとする内容になっています。

 

ますます『史記』の時代から遠のき、

さらには裴駰の『史記集解』の時代までもが遠い昔になってしまったため、

司馬貞も張守節もよりわかりやすい注が必要だと考えて筆を振るったのでしょう。

 

リアリズムと悪の教科書
君主論

 

3つの注釈書が合体!

曹操と許褚

 

これ以後も『史記』注と呼べるものは

たくさん編まれていきますが、

『史記』を読むうえで絶対に目を通しておきたい注とされたのは

やはり裴駰による『史記集解』・司馬貞の『史記索隠』・張守節による『史記正義』、

以上の3つの注釈書でした。

 

学者たちは『史記』を読むのに、

『史記』そのものとは別に

3種類の違う注を机に並べて読んでいたといいます。

 

しかし、

もともとは別々に刊行されていたこれらの本も、

時代が下るにつれて合体させられ、

1冊の本として刊行されるようになります。

 

そうすれば、机の上もすっきりする上に

読み比べるのも楽チンになりますからね。

 

三国志ライターchopsticksの独り言

三国志ライターchopsticksの独り言

 

最終的に『史記』の本文とも合体した三家注は、

『史記』を学ぶ上で欠かせない注釈書として

現代においてもたくさんの学生たちの学習をサポートし続けています。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:裴松之(はいしょうし)の神編集!異論反論ブチ込みまくりで三国志が激アツに!

関連記事:【二人の歴史家】姜維の評価をした孫盛と裴松之が下した剣閣戦の評価

 

関羽の弔い合戦「夷陵の戦い」を分析
夷陵の戦い

 

 

chopsticks

chopsticks

投稿者の記事一覧

清朝考証学を勉強中。
銭大昕の史学考証が専門。
片田舎で隠者さながらの晴耕雨読の日々を満喫中。

好きな歴史人物:
諸葛亮、陶淵明、銭大昕

何か一言:
皆さんのお役に立てるような情報を発信できればと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 天才軍師・郭嘉の息子も天才軍師だったの!?
  2. 于禁 宛城の戦いで曹操に称賛された于禁という武将の性格を知ってみよう
  3. 3000人の配下で孔明の庵を包囲する武闘派な劉備 【素朴な疑問】三顧の礼はどうして凄いのか?
  4. カイ良、カイ越、蔡瑁に初めて会う劉表 劉表の評価が高いのは三人の名士のおかげだった!荊州経営を支えた名…
  5. 関羽は神様 関帝廟のご利益ってなに?神様の名前は「関聖帝君」
  6. 諸葛瑾と幼い頃の孔明 夷陵の戦いを回避しようとしていた?孔明に比べて目立たない外交人・…
  7. 騎兵を率いる夏侯尚 夏侯尚とはどんな人?曹丕の親友でもあり数々の功績を残した夏侯尚
  8. 孔明 なんじゃこりゃ?とツッコみたくなる三国志時代の職業別ユニフォーム…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 岳飛(南宋の軍人)
  2. 張魯
  3. 大久保利通 幕末
  4. 魏三国時代の兵器(魏軍合体ロボ) 曹操
  5. 孔明の遺言を聞きに成都から五丈原まで走った李福
  6. 幻の1940年の東京五輪 いだてん
  7. 被害妄想で怯える韓馥

おすすめ記事

  1. 十常侍ってなんぞや?
  2. 劉備が諸葛孔明に託した遺言には裏切りを防ぐための作戦だった? 亡くなる劉備に遺言を聞く諸葛亮と趙雲
  3. 【第二回 放置少女】これはやりすぎじゃね?新しく加わった黄月英はネコだった!?
  4. 【キングダム】かわいいと話題の楊端和(ようたんわ)の強さは異常!男を惑わす小悪魔に迫る! 艶麗な楊端和
  5. 102話:成長した張飛、計略で張郃を撃ち破る
  6. 大発明!耕しながら戦う曹操のフロンティアスピリット 鱸魚を釣る左慈

三國志雑学

  1. 陸遜
  2. 環夫人
  3. 呉の孫権


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 岳王廟 wikipedia
  2. 黄巾賊を撃退する太史慈
  3. 夷陵の戦いで負ける劉備
  4. キングダム
  5. 周瑜
  6. 楊儀と魏延
  7. 劉禅を説得する張嶷

おすすめ記事

明智光秀 麒麟がくる 【明智光秀の都市伝説】実は死んでいない明智光秀 幕末 帝国議会 五代友厚は大阪再生の立役者だった! 項羽 背水の陣は韓信だけではなかった!項羽が使った悲愴の決意を示した行動とは? 司馬懿 司馬尚(しばしょう)とはどんな人?趙の新三大天でもある最期の一人 呂範 呂範とはどんな人?周瑜や呂蒙に匹敵する名将の逸話も紹介 【キングダム549話】「3つの誤算」ネタバレ&レビュー 李姫 二世だって優秀さ!魏皇帝の妻・甄氏(しんし)の壮絶な人生と向き合って果てた生涯に心が震える シリア 関羽 三国志で複雑なシリア内戦をザックリ解説

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP