よかミカンの三国志入門
朝まで三国志悪




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【史記】には解説書が3つ三家注って何?

この記事の所要時間: 343




陳寿

 

陳寿(ちんじゅ)が著した『三国志』の内容は

簡潔というかあまりにも簡素ですから、

陳寿の記した文字だけを追って

三国時代を理解するのは

現代の私たちにとっては難しいものです。

 

そんな私たちを助けてくれるのが

東晋時代に裴松之(はいしょうし)が付した『三国志』の注。

裴松之

 

この注が『三国志』だけではなく、

『史記』や『漢書』、そして『後漢書』にも

後世の学者によって付けられています。

 

その中でも特筆すべきは、

『史記』には3種類の注が付けられているということです。

 

この『史記』に付された3種類の注は

総称して「三家注(さんかちゅう)」と呼ばれています。

 

今回は、この『史記』三家注とは何なのかを

簡単に解説していきたいと思います。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:誇りを失ってもなお『史記』を書いた司馬遷の執念

関連記事:【戦国四君物語】史記から見てみた魏の信陵君ってどんな人

 

 

『史記』に最初に付された注

司馬遷

 

司馬遷(しばせん)によって編まれた

神話時代から前漢武帝(ぶてい)までを描いた歴史書『史記』は、

司馬遷による歴史的人物の褒貶(ほうへん)が織り交ぜられており、

その内容は時の権力者の怒りを買いかねない内容でした。

 

そのため、司馬遷は死後、

『史記』を娘に託して人の目に触れないようにしました。

 

ところが、司馬遷の孫にあたる楊惲(ようき)

これを埋もれさせては惜しいと

前漢の宣帝の時代に世に出したのです。

 

その後、『史記』はたくさんの人に読まれ、

歴史を学ぶ人々の一助となりました。

 

後漢の班固(はんこ)は『史記』の内容の不備を正すべく、

『漢書』を著していますが、

その体裁は『史記』に従っているところも少なくありません。

 

その後、西晋時代には陳寿によって『三国志』が編まれ、

そして南朝宋の時代には范曄によって『後漢書』が整理されるなど、

漢民族の歴史を補完しようという動きが活発になります。

 

そうした中で、

経書だけではなく、

歴史書にも注をつけようという動きが起こります。

 

まず、その注を付されたのは

内容があまりにも簡素すぎると言われていた『三国志』。

そして、『三国志』に注を付した裴松之の息子である

南朝宋の裴駰(はいいん)も『史記』に注を付します。

 

『史記』は『三国志』のように言葉足らずというよりも

時代が下って理解できない事柄が増えてきたことと、

その内容が煩雑であるために注釈を必要とすると

裴駰は考えたようですね。

 

こうして著された『史記集解(しきしっかい)』は

後に三家注の一端を担うことになります。

 

裴駰は経書や地方史、そして経書の注などと

『史記』の本文を照らし合わせ、

更にほぼ同時代に活躍した学者・徐広の『史記音義』を参考にしながら

そのわかりづらい言葉の意味を明らかにしようとしたのでした。

 

 

唐代に編まれた2つの『史記』注

レポート300ページ

 

裴駰が集解を編んでから

さらに時代は下って乱世が終わり、

中国大陸が再び統一されて唐代に入ると、

再び歴史書に注を付けることが

学者の間でブームになります。

 

その中でも有名なのは、

顔師古(がんしこ)による『漢書』注、

章懐太子(しょうかいたいし)李賢(りけん)による『後漢書』注、

そして、司馬貞(しばてい)による『史記索隠(しきさくいん)』と

張守節(ちょうしゅせつ)による『史記正義』あたりでしょうか。

 

初唐の司馬貞の『史記索隠』はその名の通り、

『史記』に隠された真実を模索するために

編まれた注釈書であり、

文字の発音や意味、地理や人物を

(つまび)らかにしようとして編まれたものです。

 

そして、少し時代が下った頃、

唐の絶頂期を生きた張守節によって編まれた『史記正義』もまた、

文字の音や込められた意味を明らかにし、

『史記』の真理に近づこうとする内容になっています。

 

ますます『史記』の時代から遠のき、

さらには裴駰の『史記集解』の時代までもが遠い昔になってしまったため、

司馬貞も張守節もよりわかりやすい注が必要だと考えて筆を振るったのでしょう。

 

リアリズムと悪の教科書
君主論

 

3つの注釈書が合体!

曹操と許褚

 

これ以後も『史記』注と呼べるものは

たくさん編まれていきますが、

『史記』を読むうえで絶対に目を通しておきたい注とされたのは

やはり裴駰による『史記集解』・司馬貞の『史記索隠』・張守節による『史記正義』、

以上の3つの注釈書でした。

 

学者たちは『史記』を読むのに、

『史記』そのものとは別に

3種類の違う注を机に並べて読んでいたといいます。

 

しかし、

もともとは別々に刊行されていたこれらの本も、

時代が下るにつれて合体させられ、

1冊の本として刊行されるようになります。

 

そうすれば、机の上もすっきりする上に

読み比べるのも楽チンになりますからね。

 

三国志ライターchopsticksの独り言

三国志ライターchopsticksの独り言

 

最終的に『史記』の本文とも合体した三家注は、

『史記』を学ぶ上で欠かせない注釈書として

現代においてもたくさんの学生たちの学習をサポートし続けています。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:裴松之(はいしょうし)の神編集!異論反論ブチ込みまくりで三国志が激アツに!

関連記事:【二人の歴史家】姜維の評価をした孫盛と裴松之が下した剣閣戦の評価

 

関羽の弔い合戦「夷陵の戦い」を分析
夷陵の戦い

 

 

chopsticks

chopsticks

投稿者の記事一覧

清朝考証学を勉強中。
銭大昕の史学考証が専門。
片田舎で隠者さながらの晴耕雨読の日々を満喫中。

好きな歴史人物:
諸葛亮、陶淵明、銭大昕

何か一言:
皆さんのお役に立てるような情報を発信できればと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 【はじめての孫子】第9回:其の疾きことは風の如く、其の徐なること…
  2. 誇りを失ってもなお『史記』を書いた司馬遷の執念
  3. 【真田丸特集】徳川三傑・本多忠勝と蜀の五虎将軍・張飛を対比してみ…
  4. 体裁に騙されるな!陳寿が劉備以外を貶していた件
  5. 絶対ダメ!三国時代に流行していたドラッグ!?漢方薬を違法ドラッグ…
  6. 諸葛瞻の名前にはパパ孔明の悲壮な決意が込められていた!
  7. 【素朴な疑問】馬謖って失敗ばかり強調されるけど手柄とかないの?
  8. 【曹操死す】卞皇后の一番辛くて長い日々

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 三国志の時代の城の機能について図解解説
  2. 末っ子は努力が足りない!?馬謖の素性を探る
  3. iOS向けゲームアプリ『みんなの三国志@ボーシム研』が配信開始! 簡単操作の本格シミュレーション
  4. 賈詡に学ぶベストな転職の方法
  5. 【ビッグニュース】朝まで三国志 2017 開催のお知らせ
  6. 【人生相談・お悩み募集】あなたの悩みをズバッと解決

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【はじめてのスキッパーキ】船乗り犬?それとも牧羊犬?意外に謎の多い犬種だった?【第2話】 何から読めばいいの?三国志入門向けの小説と漫画を紹介! キングダム最新刊43巻発売決定!43巻の見どころとネタバレ予想! 衛青(えいせい)とはどんな人?前漢時代最強を誇っていた匈奴を打ち破って漢の領土を回復させた武人 独裁なんて無理!三国志の群雄は雇われ社長 リアルな正史三国志の特徴って?ってか正史三国志は需要あるの? 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第38話「井伊を共に去りぬ」の見どころ紹介 色仕掛けだって立派な兵法、連環の計発動!!

おすすめ記事

  1. 【ネオ三国志】第8話:新たな人材と張繡軍との再戦【蒼天航路】
  2. 実はガラクタ疑惑も諸葛亮が発明した木牛流馬とは?
  3. 郭嘉の先見の明が凄すぎる!?孫策が暗殺されることを予想して進言した天才軍師
  4. 6/14 はじめての三国志 Ustream番組「はじさんチャンネル」生配信決定
  5. 朝まで三国志2017 三国志の最強軍師は誰だ! 第6部
  6. 張飛の男気人生に痺れる!これぞ三国一!一騎当万の豪傑
  7. 岩倉具視の性格や出身は?ヤモリと呼ばれた男の生涯
  8. 龐統の死後、その一族はどうなったの?魏に降った一族たちの数奇な運命

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"
PAGE TOP