キングダム
はじめての三国志コミュニティ




はじめての三国志

menu

kawauso編集長ぼやき

kawauso編集長のぼやきVol.13「好きな漫画家」

この記事の所要時間: 420





kawauso

 

あー、一週間のご無沙汰です。

はじめての三国志のkawauso編集長ですぞ。

読者ちゃんは好きな漫画家とかいますか?

今回は編集長の好きな漫画家について書きます。

 

関連記事:kawauso編集長のぼやきVol.12「三国志演義は凄い」

関連記事:kawauso編集長のぼやきVol.11「食いあわせ」

 

 

編集長の作風に影響を与えた桜玉吉

桜玉吉

 

編集長が尊敬してやまない漫画家、

それは、手塚治虫(てづかおさむ)でも赤塚不二夫(あかつかふじお)でも、

高橋留美子(たかはしるみこ)でもありません。

 

また荒木飛呂彦(あらきひろひこ)でもないです。

荒木飛呂彦はjojoが好きなだけで

漫画家本人にどうこうはありません。

 

編集長の好きな漫画家は桜玉吉(さくらたまきち)です。

 

「さくらたまきち?誰?それ?」

 

そうでしょう、今、バリバリ活躍している人なら

いざ知らず、全体で見れば過去の人ですから

まあ、当然の反応です。

特に30代以下の人はピンとこないでしょう。

 

 

自分の人生を漫画にする

黒田レン

 

桜玉吉は元々イラストレーターとしてキャリアを始め

その頃、爆発的に普及してきたファミコンを取り扱う

ファミコン通信に、しあわせのかたちという

2ページの変則ギャグ漫画を連載しました。

 

1986年頃だと思います。

今から32年前の事で、kawausoは11歳でした。

その頃からのごひいきなのです。

参ったか、この野郎!

 

そのしあわせのかたちは、当初、ファミコンゲームを

パロディー化したギャグでしたが、

次第に登場キャラから、おまえ、こいつ、べるのの

3人組がメインキャラ化して、ゲーム風味を少し加えた

ストーリーギャグマンガに変化しました。

 

ところが、それは桜玉吉当人の方向性と違っており

実験的な意味で、社会や日常への憤りを漫画に書きつけた

「しあわせのそねみ」を一度だけ掲載します。

 

ところが、あまりに普段のほのぼの系とは違う

殺伐とした漫画に、抗議が殺到し

結局、普段の漫画に戻す事になります。

 

ただ、この頃から三人組は次第に登場しなくなり

桜玉吉と編集者、周辺の人々をいじくる

私小説風の漫画へとシフトしていくのです。

 

よかミカンが贈る「黒三国志入門」
よかミカンのブラック三国志入門

 

衝撃の出会い 幽玄漫玉日記

kawauso

 

編集長は20歳になった頃から、ゲームへの情熱を失い

ひたすら本を読む社会人になっていきました。

それに伴いファミ通も購読しなくなったので、

桜玉吉の漫画からも疎遠(そえん)になっていました。

 

ところが2000年頃、コミックビームという

マイナーな月刊漫画誌をパラパラめくっていると、

そこで、桜玉吉を見つけてしまったのです。

 

あの後、桜玉吉は、ファミ通から分離した

漫画部門、アスキーコミックスに移籍していき、

そこから出た月刊コミックビームに移籍して

日常生活ギャグ漫画を連載していたのでした。

 

その作風は、サインペンで漫画を描くような

いわゆる漫画家とは、色が違うものでしたが、

ひたすらに自分と自分の周辺の人物を

ギャグ化して、茶化して、パロディにしていく手腕には

卓越したものがあり、飽くまで編集長の目線では

日常生活風日記漫画の最高峰です。

書物

 

という事で、編集長は、一も二もなく、

すでに既刊の桜玉吉、防衛漫玉日記、

そして、続刊の幽玄漫玉日記をせっせと買い集める

という事になります。

 

史上最大の誰得企画 o村沖縄旅行風俗EA(いーえー)大作戦

沖縄

 

幽玄漫玉日記(ゆうげんまんたまにっき)とは、桜玉吉の著作でも最長(全6巻!)の漫画で

仕事の能率化を図る為に、仕事を法人化し(有)玉屋(たまや)を起こした

漫画家、桜玉吉と編集者、広瀬(ひろせ)、編集長o村、玉吉の思い人ぱそみちゃん

等の登場人物が繰り広げる日記風のギャグ漫画です。

 

その中でも出色の出来は、アスキーの社員研修旅行で沖縄に行き

風俗で五発を自慢するテカテカした編集長o村にいたく感銘(かんめい)を受けた玉吉が

翌年のアスキー沖縄研修旅行に極秘でついていきo村をストーキング

最終的にo村が那覇の風俗街に消えていくまでを克明に描いたルポ風漫画です。

しかし、ルポと言ってもクライアントはいないので

 

1極秘なので取材費が下りない自腹取材

2漫画にしてもo村が外聞を気にして没にするかも知れない危険

3途中でバレたら全てが水の泡

4o村の行動を見失ってもそこでおしまい

5読者がそんなストーカー漫画を求めているか不明

 

 

このような多くのリスクを乗り越えた傑作に仕上がっており

かようにくだらない事の為に多忙なスケジュールをこなし

前倒ししてまで暇を造ってまで自腹取材を敢行した桜玉吉の誰得ぶりもあいまって

幽玄漫玉日記史上、いや、ルポ漫画史上に残る名作になった神回です。

 

もちろん、「どうせo村も知った上のヤラセだろww」

という冷やかな声もあったでしょうがkawausoは信じます。

さくらたまきちは、そんな人じゃありません。

 

このような誰得(ダレトク)企画を一生懸命やる所が、

桜玉吉の素晴らしさとプロフェッショナルであり、

編集長も大いに参考にしている所です。

ふざけた事なんだから、余計に一生懸命にしないと

いけないんですよ。

 

心の病で10年の活動休止 そして再始動

兵士

 

そんな桜玉吉ですが、私生活での離婚、

十数ページの漫画をあげるのに百枚近く推敲(すいこう)する完璧主義

自分を掘り下げる作業の絶望的な苦痛に

2001年頃から心の調子を崩しがちになり

ついに月間連載を断念、部屋に引きこもり

連載はファミ通の4コマ漫画など数本の単発作業という

危機的な状況に追い込まれます。

 

でも、そこから10年、2011年の東日本大震災の後から

何かスイッチが入り、復活、

2015年からは、週刊文春で4コマ漫画、

日々我人間(ヒビワレニンゲン)を連載し、2016年には単行本化

徐々に漫画家としての活動を再開してきました。

kawauso

 

kawausoが、生涯で唯一、ファンレターを書いたのが、

この桜玉吉です。

どうして、こんなに桜玉吉の漫画が好きなのか?

説明は難しいのですが、

結局、文芸活動というのは、人生を表現する事なので、

kawausoは、桜玉吉の生き方が好きなのでしょう。

 

無理をせずに自然体で、理不尽に襲ってくるトラブルと

取っ組み合いをしながら、折り合いをつけて、

どこかに楽しみを見つけて、たんたんと毎日を送る

 

他人目線で見ていても、なかなか悲惨な事を

それでも、なんだかおかしみがある漫画に変えてしまう

そんな卓越したユーモアセンスなのかも知れません。

 

編集長も編集長になるまでは、色々あったのですが、

それを面白く読者ちゃんに提供できるように

頑張りますよ、、じゃあ、また来週~

 

 

※次回のkawauso編集長のぼやきは7月11日の予定です

 

関連記事:kawauso編集長のぼやきVol.9「煮詰まる・・」

関連記事:kawauso編集長のぼやきVol.7「記事では書けないネタ」

 

【未来を拓く問題解決策】楽しみながら自分を変える方法
袁術くんの成長日記

 

 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. kawauso編集長のぼやきVol.4「三国志はオモチャだ!」
  2. kawauso編集長のぼやきVol.26「倒れない編集長」
  3. kawauso編集長のぼやきVol.16「はじ三に小難しい記事が…
  4. kawauso編集長のぼやきVol.14「三国志冬の時代」
  5. kawauso編集長のぼやきVol.28「ラヂオの時間」
  6. kawauso編集長のぼやきVol.10「クロスワード」
  7. kawauso編集長のぼやきVol.21「陰謀論」
  8. kawauso編集長のぼやきVol.20「風雲児たち」

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 孫策の独立理由に疑問!袁術は孫策に対して本当にケチだったの?
  2. 三国時代の英雄たちの心にも息づく孔子が説いた五常とは?
  3. 劉表(りゅうひょう)とはどんな人?肥沃な土地と膨大な兵力を保持しながら、華々しい活躍をしないで終わった荊州牧
  4. 三国時代にも「ザ・たっち」は存在した?後漢時代に存在した双子についての記録が凄い!
  5. 関羽のワガママ死は孫権の無節操が原因だった?
  6. 曹髦(そうぼう)とはどんな人?曹植に匹敵する才能を持ち、曹操に見劣りしない武略を持っていた為に、殺害されてしまった皇帝

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

全員主役級!三国志を日本で映画化するならキャスティングはこれだ! 三国志の時代を彩った烈女たちの生涯を紹介! 潼関の戦いに参加した異民族、阿貴と千万とはどんな人? 【シミルボン】孔明も騙した?蜀に似合わないテキトー人間 何祇の人生 陶謙はどうして劉備を後継者にしたの?三国志の素朴な疑問に答える 魏王朝から禅譲後に晋の領内で進撃の○○が出現した!? 西郷園(その)はどんな人?実は吉二郎の再婚相手だった女性 張良(ちょうりょう)とはどんな人?高祖劉邦の右腕として活躍した天才軍師(2/3)

おすすめ記事

  1. 「虎穴に入らずんば虎子を得ず」のことわざを作り出した班超って一体何者?
  2. 【匈奴にも名言は存在していた】冒頓単于の名言「地は国の本なり」
  3. LINE 三国志ブレイブとはどんなアプリゲーム?
  4. 中華統一後の始皇帝は大手企業の社長並みの仕事ぶりだった!?彼が行った統一事業を紹介
  5. キングダム強さランキング、誰が強いか議論で決めようぜ!
  6. 曹操が絶望詩人と化した兗州争奪戦を地図で紹介
  7. 晩年の馬超が精神的にも燃え尽きていた事実が判明
  8. 井上馨の汚職事件から考える日本の政治とカネ!

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"
PAGE TOP