三国志平話
if三国志




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

三国志細かすぎる知識シリーズ皆が持っていた手版

凌統




聖徳太子

 

聖徳太子(しょうとくたいし)が手に持っている細長いしゃもじのような板は(しゃく)と言います。

読み仮名は本当はコツですが、日本ではコツは骨に通じて縁起が悪いとして

シャクと読み替えるようになりました。

あれも中国から伝わったのですが、三国志の話ではあんまり見ませんよね?

じゃあ、三国志の時代には笏はないのかというと実はちゃんとあるのです。

今回は細かすぎて需要がない三国志と笏について解説します。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:三国志時代に奴隷や奴婢はいたの?三国志の暗部に迫る

関連記事:三国志偏差値を一気に上昇させる!マニアックなコアファン向け参考文献

 

 

そもそも笏って何ですの?

笏

 

笏は全て君主の前で事務を奏上する時に用いられました。

元々、笏とは、メモ帳の代わりであり臣下は笏に命令を記述したり、

その日、やらないといけない事を書いていたのです。

笏はそういうものですから、余程、記憶力が高い人以外には、

必需品だったのです。

 

笏はメモ帳として、では筆はどうしたのでしょう?

笏

 

実は筆は耳に挟んでいたそうです。

競馬場の親父が鉛筆を耳に挟むようなものですね。

 

晋の時代には、笏の上に皮袋を付けて中に筆を入れるという

筆携帯型の笏もあったのだそうです。

 

馬謖

 

笏の語源は、君主の命令や、その日の仕事を(たちま)ちの間に書きつける

(こつ)が、笏に転じたとも言われています。

周の時代には、家の中でも父母に仕える時には大帯に笏を差して

父母に言われた用事を書き留めて漏れがないようにしました。

 

三国志の人々が一見、笏を持っていないように見えるのは、

帯の背中に差していて見えないだけかも知れません。

 

 

身分によって材質が違う笏

像

 

笏は上は天子から士まで等級によって材質に違いがありました。

天子が使う笏は珠玉、諸侯の笏は象牙(ぞうげ)、大夫は竹の両側を(さめ)のヒゲで飾り

士は竹製ですが、周辺を象牙で縁取りしてよいとされました。

しかし、象牙は削って使えるとしても、天子の珠玉は一度書いたら、

もう削れないような気がします。

玉璽

 

もしかすると、天子の笏は儀礼的なモノだったかも知れません。

笏は長さが二尺六寸ですから78センチ、幅は一番広い中央で三寸

9センチだと記録されています。

 

■古代中国の暮らしぶりがよくわかる■

古代中国の暮らし図鑑  

漢晋の時代には手版と呼ばれた笏

凌統

 

漢晋の時代には、笏は手版(しゅはん)と呼ばれるようになりました。

この時代には長官に拝謁(はいえつ)する時に使っていました。

三国志の話にも、呉の凌統(りょうとう)が一万余りの精兵を率いて山越の割拠する

県内を通過する時に手版を手に県長を訪問し(うやうや)しく一礼したとあります。

 

手版を奉じる作法は両手で鼻の先に手版を捧げ持つので、

自然に背中が丸まり敬虔(けいけん)な姿勢になるのです。

趙高

 

後漢の末に、仲常侍の唐衡(とうこう)の弟に唐玹(とうげん)という人物がいて、

兄の威光で虎牙都尉(こがとい)に任命され傍若無人に振る舞い京兆尹(けいちょういん)廷篤(えんとく)

手版も持たずに挨拶無しで門を通過しようとしました。

しかし、京兆尹の功曹の趙息(ちょうそく)は強直の士で、唐玹を叱りつけて

無理やりに手版を持たせて廷篤に拝謁させています。

 

京兆尹も県長も長官に違いはありませんから、

当時は県や郡を通過する時には、長官を訪問して手版を捧げるという

礼儀のあった事が知れるのです。

 

手版は武器?夏侯纂の頬をぶった秦宓

夏侯纂の頬をぶった秦宓

 

県長に対して礼儀を示す手版ですが、同時にこれを投げ捨てるのは

憤りなどを示す意思表示になりました。

後漢の范滂(はんぼう)が清流派官僚として名高い陳蕃(ちんばん)に会った時、恭しく手版を捧げて

礼を尽くしたのに、引き留めもしないので立腹した范滂は手版を投げ捨てて

官を退いたという話があります。

項羽に反抗する陳平

 

また、呉の使者としてやってきた傲岸な張温を博識でやり込めた秦宓(しんふく)は、

広漢太守の夏侯纂(かこうさん)の知遇を受けて、仲父(ちゅうほ)(叔父さん)と尊称されました。

しかし、秦宓はそう呼ばれるのを嫌がり、病気で寝ているときに、

折詰弁当(おりづめべんとう)を持って見舞いにやってきた夏侯纂が仲父と呼ぶのを

「私を仲父と呼ぶのは止めて下さい」と言いながら持っていた簿()

夏侯纂の頬をペシペシ叩いたと言われています。

 

そもそも、秦宓は少々、傍若無人な所のある人物で、

この時も、見舞いに来た上役の夏侯纂を見ても寝たままで体も起こさない

という態度ですから、簿で夏侯纂の頬をペシペシする程度はやりそうです。

杜預

 

ここで出ている簿は手版のようなものであると西晋の杜預(どよ)が記録しているので

簿は手版、笏と同じものと考えていいかと思います。

 

三国志ライターkawausoの独り言

三国志ライターkawausoの独り言

 

非常に細かすぎる三国志の時代の人々の持ち物、手版について解説しました。

こんな知識、どこで使えばいいのか困るかも知れませんが、

創作の三国志小説に反映させれば、少しリアリティが上がるのではないでしょうか?

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【三国志問題】リアルな武装率ってどれ位あった?

関連記事:厳畯は魯粛の後任だった!知られざる実話

 

日本古代史を分かりやすく解説「邪馬台国入門はじめての邪馬台国

 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 三国志時代のセキュリティはどうなっていたの?何でもかんでも機密保…
  2. 【衝撃の事実】鳥巣襲撃戦後にとった曹操の行動が結構エグかった
  3. 孔明 軍師 軍師ってどんな職業なの? <三国志豆知識>
  4. 呉民衆の意見に耳を傾ける顧雍(こよう) 孫呉の二代目丞相・顧雍に迫る!正史三国志・呉書からみた丞相の実績…
  5. 袁紹は董卓のおかげで群雄として名乗りを上げることができた!?
  6. 賈詡はどうして李傕・郭汜に長安を襲わせたの?
  7. 愛妻家の魏の将軍、郭淮 郭淮の行動が司馬懿政権を崩壊させたかも知れないってほんと!?
  8. 【はじさん砲】劉備は全然いい人なんかじゃなかった

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 愛馬に乗り敵を粉砕する張遼
  2. 李元昊
  3. 周瑜の魅力
  4. 若かりし劉備 チャライ★
  5. キングダムと三国志 信と曹操のはてな(疑問)

おすすめ記事

  1. 【ネオ三国志】第3話:徐州の牧・劉備と兗州の騒乱
  2. 三国志|前半戦のまとめその3(長坂の戦いまで) 長坂の戦い 張飛
  3. 【お知らせ】「耳で聞いて覚える三国志」の朗読を再開しました
  4. スパムアカウント凍結のお知らせ(12月27日実施)
  5. 【三国志の疑問】女性を巡る男の戦いはどこまで真実なの?史実と演義を比較
  6. 蒙恬(もうてん)はどんな性格なの?真面目さの照れ隠しの軽い性格

三國志雑学

  1. 五虎大将軍の趙雲
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 三国夢幻演義バナー 龍の少年
  2. 張松
  3. 陸遜
  4. 騎馬兵 騎馬軍団

おすすめ記事

亡くなる孫堅 孫堅が早死しなければ、袁術が天下統一をした?元海賊狩りから異例の出世をした漢に迫る! 五虎大将軍の馬超 馬超は悪人なのか、それとも義に生きる英雄なのか? キングダム 514話 ネタバレ予想:王翦の進路変更の理由とは? 曹操、思い出したくないあの場面を知育パズルにされる(華容道) 合肥の戦いの満寵 村上義清(むらかみよしきよ)とはどんな人?武田家キラーとしてその名を馳せた戦国武将 象さんが最初に日本に来たのはいつ?【はじ三ヒストリア】 45話:象対蟻か?袁紹vs曹操 キングダム577話最新ネタバレ予想王賁は王翦の子じゃないの?

はじさん企画

“if三国志" “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP