三国志平話
はじめての漢王朝




はじめての三国志

menu

はじめての呉

凌統(りょうとう)ってどんな人?本当は甘寧と仲直りしてないよ

凌統

甘寧と凌統

 

凌統(りょうとう)と言えば、呉将の凌操(りょうそう)の息子で、

甘寧(かんねい)との因縁で有名です。

 

しかし、それ以外の事で凌統が知られている事は少ないと思います。

甘寧と関わる事で呉将ではメジャーな扱いの凌統の意外な意外な人生を追います。

 

 

凌統、父の後を継いで16歳で呉に仕官

photo credit: eclipse luna via photopin (license)

photo credit: eclipse luna via photopin (license)

 

凌統は字を公績(こうせき)といい、西暦189年、楊州呉郡、余杭県に生まれます。

父の凌操は名将でしたが、205年に孫権(そんけん)が父の仇討ちとして、

江夏の黄祖(こうそ)を攻めた際に、黄祖の将だった甘寧(かんねい)に射殺されました。

※これには異説もあります。

 

それにより、父に代わり、16歳で父の軍勢を引き継いで呉将に加わります。

西暦206年、凌統は異民族討伐に従軍しますが上司だった督の

陳勤(ちんきん)が嫌な男で酒宴で好き勝手に振舞いました。

 

凌統は、我慢している皆に代わり、面と向かい陳勤を注意しました。

しかし、それが陳勤の気分を害したようです。

 

陳勤のターゲットは、凌統個人になりました。

ネチネチと繰り返される凌統や、亡き父、凌操への暴言と悪口、

それでも凌統は「酒の席の事だから」と涙を流しながら必死に我慢します。

まだ、16歳なのに、かなり強い自制心の持ち主のようです。

帰り道まで続く罵詈雑言に凌統キレる

 

ようやく不愉快な酒宴を終えた凌統ですが、悪酔いしている陳勤は、

さらに帰る凌統を追いかけてまで罵倒します。

 

それには、さすがに凌統の堪忍袋の緒が切れました。

凌統は振り返ると、陳勤を刀で斬りつけたのです。

陳勤は、大けがを負い、その傷が元で数日後に死にました。

 

ただ、凌統が陳勤を殺した様子は誰も見ていませんでした。

しかし、責任を感じた凌統は、この上は敵陣に突っ込んで死のうと決意し

自ら異民族に猛攻を仕掛けますが、返って大勝利して手柄を立てます。

 

関連記事:老将・黄蓋(こうがい)は異民族討伐のプロだった

関連記事:羌・鮮卑・烏桓だけではない!南の異民族を徹底紹介

関連記事:沙摩柯(しゃまか)武蛮族の王|甘寧を討ち取り呉を恐怖に陥れる

 

死ねなかった凌統は孫権に自首するが・・

遅れて来た孫権 英雄

 

凌統は、結局、孫権(そんけん)に自ら陳勤を斬ったと自首しました。

本来なら上官を斬るのは法に照らして厳罰ですが、

孫権は、陳勤の態度が日頃から悪く、よい噂が無い事、

そして、凌統が抜群の武功を立てる名将である事、

孫権の酒癖も相当悪く、凌統がキレる気持ちも分からんでもないなぁ 

などから、凌統を許し、「手柄を立てて罪を償え」と激励します。

 

関連記事:何でこんなに孫権は地味なの?

関連記事:陳寿が語る孫権像

 

ページ:

1

2 3

関連記事

  1. 【軍師連盟】司馬懿が起こしたクーデターは博打だったの?
  2. 関羽と周倉 【出身州別】三国志キャラの性格診断 第一回:司隷(しれい)、豫州…
  3. 三国志時代の字体とは?現代でも通じるの?
  4. このマンガがすごい!呉に光を当てた『江南行』『みんなの呉』『赤壁…
  5. 梁習(りょうしゅう)とはどんな人?曹操も惚れた不安定な幷州を安定…
  6. 龐統 蜀建国の功労者龐統の最期が悲しすぎる
  7. スピリチュアルにハマる光武帝 光武帝はとんでもないスピリチュアマニアだった!?劉秀の意外な一面…
  8. 孔明による出師の表 【蜀漢の年表】劉備と孔明が支えた季漢の歴史を超分かりやすく解説

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. セミナリオ(教会)
  2. 曹丕
  3. 幕末 大砲発射
  4. 始皇帝

おすすめ記事

  1. 【三国志トランプ】ジョーカーが諸葛亮と司馬懿である理由とは? 司馬懿と諸葛亮孔明がライトアップされて驚く
  2. もしも劉璋が有能だったら三国志でどのように動く?
  3. 三国志時代の兵士はどうやったら憧れの騎馬兵になれたの?当時の馬事情を徹底紹介! 騎馬兵にあこがれる歩兵
  4. 31話:献帝を手にいれて、群雄から抜きん出た曹操 抜き出た曹操
  5. 三国志の猛将に絡まれちゃった!!貴方ならどうする?身を守る究極の方法を伝授します!
  6. 能ある鷹は爪を隠す!『三国志』に見る韜晦の計

三國志雑学

  1. 宋姫
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 榎本武揚

おすすめ記事

曹操を好きになってはいけない6つの理由 呉をもっと知りたい貴方へ!これで呉の性格が分かる!呉のトリセツ紹介 カオスの極み!五胡十六国時代!原因はあの人にあった… 【キングダム】「信の強さはホンモノ?」休載スペシャル 皇帝に就任した曹丕 【魏の歴史事件簿】曹魏の4代皇帝曹髦の時代起きた事件をざっくりご紹介!? 【角栄ブームを斬る】田中角栄の裏の顔!原発利権で国土を汚したダーティーな男 【これだけ読めば大体わかる】山崎賢人主演!キングダム実写化の内容を大胆予想! 勝海舟はどんな人?西郷どんの親友、幕末ちょい悪親父の波乱の人生

はじさん企画

“if三国志" “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP