ログイン | 無料ユーザー登録


キングダム
三国志の死因


はじめての三国志

menu

はじめての蜀

秦宓(しんふく)とはどんな人?口先プロフェッショナルの人生


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

三国時代の戦いというと、戦場に赴いた武将が馬に跨り、

槍と剣を奮って火花を散らしながら戦うというようなイメージをお持ちの方が多いと思います。

しかし、実際には交渉や詐術等、いわゆる弁舌の戦いも存在しました。

秦宓(しんふく)もそうした者たちの一人でした。

今回は、三国時代に蜀に属した秦宓(しんふく)について御紹介します。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:馬融vs鄭玄的中率100%占いから逃れた鄭玄の知略とは?

関連記事:【出身州別】三国志キャラの性格診断 第四回:幽州(ゆうしゅう)、益州(えきしゅう)、交州(こうしゅう)編


正史:仕官先に困る秦宓

 

蜀・秦宓伝によれば、秦宓(しんふく)は字は子勅(しちょく)であり、若くして学問に優れていました。

そのため、仕官の誘いが数多く寄せられていました。

しかし、秦宓(しんふく)は仮病を使い、仕官を断り続けていました。

彼の生年は正確なところが明らかではありませんが、後漢末期から登場していると考えられます。

乱世真っ只中では、仕官するにも主君を決めかねていたのかもしれません。

呂布(りょふ)のような明らかに不義な人物もいくらでもいましたので、

本人が優れていただけあって仕官先には随分困ったでしょう。


正史:蜀に仕えた秦宓

 

その後、劉備(りゅうび)が益州を平定した後、広漢太守夏侯簒(かこうさん)の誘いを固辞し、

劉備(りゅうび)のもとに仕えることとなりました。

劉備(りゅうび)が蜀を治め、魏との戦いを続けている中、

関羽(かんう)が呉によって討ち取られてしまいます。

義弟を殺され、怒り狂う劉備(りゅうび)は、呉を討とうとする旨を重臣に打ち明けました。

ここで、秦宓(しんふく)は劉備(りゅうび)に反対したため、投獄されてしまいます。

 

劉備(りゅうび)が亡くなった後、二二五年に孔明(こうめい)によって抜擢されると、別駕となり、

さらに左中郎将・長水校尉に昇進するなど、頭角を示しました。大司農の時に死去しました。

 

波動の時代を生きた先人たちから学ぶ『ビジネス三国志

 

演義:劉璋に仕える秦宓

 

三国志演義では正史とは異なり、秦宓(しんふく)は劉璋(りゅうしょう)に仕えていました。

当時赤壁の戦いを経て勢力を延ばしていた劉備(りゅうび)は、

自身の基盤となる国を得るために益州を手にすることを孔明(こうめい)に勧められていましたが、

演義では仁義の人である劉備(りゅうび)は、首を縦に振りませんでした。

 

結局、劉備(りゅうび)は、劉璋(りゅうしょう)が援軍と物資の要請に対して、

老兵や僅かな兵糧しか送らなかったのを口実に、益州を手にするべく進軍します。

この時、馬超(ばちょう)が味方となり、

彼は益州の劉璋(りゅうしょう)の城の前まで来ると、警告を発します。

劉璋(りゅうしょう)は驚きのあまり、昏倒してしまいました。

しかし、その後意識を取り戻すと、降伏を考えました。


演義:使者に激怒する秦宓

 

翌日、劉備(りゅうび)の使いとして、簡雍(かんよう)が訪ねてきました。

簡雍(かんよう)といえば、

詳細は省きますが劉備(りゅうび)の家臣の中でも変わり者として知られています。

ただ、単なる変わり者ではなく、相応の知もあるため使者となったのでしょう。

この時、簡雍(かんよう)は、迎えに上がる劉璋(りゅうしょう)らに対して、

車に乗ったまま、傲然とあたりを睨みまわしていました。

それを見た、秦宓(しんふく)は大喝しました。

秦宓(しんふく)「無礼者!いかに志に達したとはいえ、礼を弁えよ!」

簡雍(かんよう)は慌てて車を降り、謝罪と挨拶をしました。

簡雍(かんよう)は、益州を手に入れた気になっていたため、礼を欠き失態を演じてしまいました。

その後、益州は劉備(りゅうび)の手に渡りましたが、

秦宓(しんふく)は降伏する立場であっても堂々としていました。


  

 

演義:劉備を漢中王に薦める孔明、秦宓達

 

曹操(そうそう)死後、曹丕(そうひ)が実権を握ると、魏は献帝(けんてい)に対して簒奪を行い、

そっくりそのまま権力を奪ってしまいます。

これを聞いた劉備(りゅうび)は、漢の献帝(けんてい)が滅せられたと考え、

終日声をあげて泣き続けました。漢の再興のために戦っていた劉備(りゅうび)でしたが、

献帝(けんてい)亡き今、漢は完全に滅んでしまったのです。

 

しかし、孔明(こうめい)は言います。

 

孔明(こうめい)「我が君は漢の正統な血筋です。我が君こそは、今帝位につくべき人物です。」

 

劉備(りゅうび)「それでは、曹丕(そうひ)とやっていることは変わらないではないか。

正統に引継いだ訳でもなく、無断で名乗るのは、天に唾する不義な行いでしかないぞ。」

 

この時、秦宓(しんふく)も劉備(りゅうび)が蜀の皇帝の位につくことを薦めました。

その他の文武官も同様に進言しました。結局、劉備(りゅうび)は帝位を名乗ることとしました。

 

演義:関羽の死

 

その後、関羽(かんう)は呉との戦いでその命を落としてしまいます。

怒りに震える劉備(りゅうび)は皆に言います。

 

劉備(りゅうび)「朕と関羽(かんう)、張飛(ちょうひ)との桃園の誓いは皆周知のことであると思うが、

不幸にして関羽(かんう)は呉の孫権(そんけん)に殺された。

もしも仇を討たねば、誓いに背くこととなる。

東呉を討ってこの怨みを濯ごうと思う。」

 

それに対して、趙雲(ちょううん)が諫め、また孔明(こうめい)もこれに反対しました。

仇討という『私事』と、国賊を討つという『大義』は並び立ちません。

しかし、その後張飛(ちょうひ)が駆け付けて、自分達だけでも仇討をしようと申しでます。

劉備(りゅうび)は張飛(ちょうひ)とともに呉を討つ決意をするのでした。

 

演義:劉備の怒りに触れる秦宓

 

明くる日、劉備(りゅうび)は出陣の準備をしていると、秦宓(しんふく)が奏上しました。

秦宓(しんふく)「陛下は、大国の君主としての身分を捨て、私事に捉われております。

どうか、今一度ご考慮くださいますよう願い上げます。」

 

劉備(りゅうび)「関羽(かんう)とは一心同体じゃ。大義を忘れる事は出来ぬ。」

秦宓(しんふく)「私の申すことをお聞き届け下さらねば、返事があるやもしれません。」

 

いるはずの無い死者からの返事が聞こえるということは即ち、

劉備(りゅうび)も死者となることを意味し、諫言を聞かなければ死ぬことを暗に伝えます。

それを聞くと、劉備(りゅうび)は怒ります。

 

劉備(りゅうび)「私が出陣するという時に、なぜそのような不吉な事を言う!こいつの首を切れ!」

 

演義:劉備に逆らって投獄されてしまう秦宓

 

しかし、秦宓(しんふく)は全くうろたえず、逆にそれを聞いて笑い始めます。

 

秦宓(しんふく)「私の命等惜しくは御座いません。ただ折角蜀の礎を築いておきながら、

それが無になることが口惜しいので御座います。」

 

周囲の者は、秦宓(しんふく)のために命乞いをしました。

 

劉備(りゅうび)「こいつを獄中に閉じ込めよ。仇を討ちの後に始末をつける。」

こうして、秦宓(しんふく)は投獄されてしまいました。

 

演義:孔明が助命を乞う

 

孔明(こうめい)はその話を聞くと、急いで助命を乞う上奏文をしたためました。

 

「臣は呉賊が奸計によって関羽(かんう)が亡くなったこと、悲しみのあまり忘れることはできません。

しかし、この咎は呉孫権(そんけん)ではなく、魏曹操(そうそう)にあります。

魏を除けば、呉は自ずから賓服するでしょう。

願わくば、秦宓(しんふく)が金石の言を聞き入れて、後の事を策されることを願います。」

 

しかし、劉備(りゅうび)はこの書面を見るや地面にたたきつけ、出陣してしまいました。

劉備(りゅうび)の没後、孔明(こうめい)により獄から出された彼は政務に付きました。

 

その後の秦宓

 

演義では、この後関羽(かんう)のことで仲違いしていた呉との和睦の話が出ます。

その最中に呉の張温(ちょうおん)が蜀に赴きました。

舌の立つ張温(ちょうおん)は、宴の場で秦宓(しんふく)をやり込めようとしますが、

逆に秦宓(しんふく)の弁舌に言いくるめられてしまうというエピソードが入ります。

彼の弁舌は相当に卓越したものだったのでしょう。

 

三国志ライターFMの独り言

 

秦宓(しんふく)は史実からは、非常に弁舌に立つ様子が見られます。

しかし、弁舌そのものが彼の全てではなく、

弁舌を持って何かをやり通そうとする信念が彼の真価だと考えられます。

信念と言っても仕官が遅かった彼にはどんな目的があったのか、

というところは正確には分かりません。

これは私の想像ですが、乱世の中で自信が世の中の為に何をするべきかを

考え続けていたのではないでしょうか。

そう考えると、乱世を治めるために蜀を建国しようという彼の姿が見えてきます。

蜀のために劉備(りゅうび)を命がけで引き止めたことからも、

物怖じせずにいたその姿からは彼の信念を感じますね。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【正史三国志】呉書を参考に孫権が皇帝へ登るまでの歴史をご紹介

関連記事:潘濬(はんしゅん)とはどんな人?劉備から孫権に主を代えるも孫権に忠義を尽くした硬骨漢

 

日々の生活を工夫で楽しくする『三国志式ライフハック


 

FM

FM

投稿者の記事一覧

三国志は、大昔の出来事ですが、物語をいろいろな視点や切り口で見ていくと、新しくて面白い発見があるのが好きです。

人物像や対人関係、出来事、時代背景、逸話等々、古い話とはいえ、学ぶべきところはたくさんあります。

埃をかぶせておくにはもったいない、賢人たちの誇りがあります。

関連記事

  1. 桃園の誓012 蜀が好きな皆さんへ!五分で分かる桃園の三兄弟の逸話を紹介
  2. 成廉、魏越、呂布 呂布の配下、八健将(はちけんしょう)とはどんな人たち?
  3. 関羽と張飛と劉備 なぜ関羽は神様になったのか?忠義神武霊佑仁勇威顕関聖大帝
  4. 関羽の死 糜芳(びほう)とはどんな人?古参の武将でありながら関羽を裏切り呉…
  5. 銅雀台の建造記念パーティーを行う曹操 こんなに豪華!三国志演義の銅雀台の宴を再現してみるよ【前半】
  6. 龐統 84話:龐統登場と同時に左遷(笑)
  7. 水魚の交わり 知ってた?三国志由来のことばBest5
  8. 管仲 諸葛孔明が目指した軍師・管仲は、結構性格が悪い

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. キングダム
  2. 井伊直政
  3. 空城も計 孔明

おすすめ記事

  1. 【孔明涙目】パイセンの命令は絶対!『劉備軍』が想像以上に体育会系だった 孔明
  2. 朱然(しゅぜん)ってどんな人?名将亡き後、呉の重鎮として孫家を支え続けた将軍 朱然
  3. やる気ゼロ!三国志の軍隊が弱すぎた理由 兵士と禰衡
  4. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第19話 「罪と罰」の見どころ紹介 おんな城主 直虎
  5. 夏侯惇の性格は正史三国志と三国志演義では全然違う!その理由とは? 夏侯惇
  6. 藺相如(りんしょうじょ)とはどんな人?三大天の一人!趙の名宰相であり廉頗のかけがえのない親友(1/3) 藺相如(りんしょうじょ)

三國志雑学

  1. 関帝廟 関羽
  2. 司馬師と司馬懿は晋建国の功労者
  3. 関羽に手紙を送る陸遜
  4. 後継者争いで喧嘩する曹丕と曹植
  5. 曹純


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 劉璋にアドバイスをする張松
  2. 解煩督 呉
  3. 朝まで三国志 劉備
  4. 村人 ショッピング
  5. 援軍に向かう陳表軍

おすすめ記事

ボロボロになった馬超 馬超はメンタルが弱い?馬超孟起のメンタルが弱かった理由 戦国時代の伊賀・甲賀は明治維新を先取りした先進地域だった! 羌瘣 キングダム621話最新ネタバレ予想「龐煖が恋のキューピッドになる?」 魏延の謀反を察する孫権 魏延は忠誠心溢れる将?それとも不忠の将?不忠のイメージはどこから始まった おんな城主 直虎 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第30話「潰されざる者」の見どころをご紹介 辮髪(べんぱつ) 遊牧民の衝撃の髪型 辮髪(べんぱつ)って何? 董卓を倒す呂布 菫卓が死んだ後、長安はどうなったの? 曹叡から寵愛を受ける秦朗 秦朗(しんろう)の人たらし術がハンパない!秦宜禄のバカ息子の意外な才能

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“西遊記"

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"
PAGE TOP