よかミカンの三国志入門
潼関の戦い特集




はじめての三国志

menu

kawauso編集長ぼやき

kawauso編集長のぼやきVol.17「編集長として大事にしている事」




kawauso

 

あー一週間のご無沙汰でした編集長です。

今回はkawausoが編集作業をしている上で

大事にしている事を書きます。

 

関連記事:kawauso編集長のぼやきVol.16「はじ三に小難しい記事が載る理由?」

関連記事:kawauso編集長のぼやきVol.15「怖いもの」

 

 

一番大事な事は面白い記事を一定数挙げる事

曹操

 

kawausoは、はじめての三国志編集長として、

6人のライターの記事納入に責任を持っています。

自分でも30記事書いていますが、

残りの70記事はライターさんの記事チェックと

入稿作業を受けています。

 

 

その上で一番大事にしているのは面白い記事を

毎月一定数挙げる事です。

 

 

はじ三を卒業文集にしない為に

書籍

 

編集長はライターさんに向けて、

厳しいダメ出しをする立場にあります。

中身に乏しい記事、内容に矛盾がある記事、

結論が乱暴な記事、このような記事は

容赦なく再提出を指示するようにしています。

 

中には付き合いが3年になるようなライターさんもいて

言いにくい事もありますが言います。

 

はじ三は卒業文集を造っているのではありません。

卒業文集なら、クラスメイト全員が

「全員で頑張って一冊造ったよね」の連帯感と満足感が

最優先でクオリティ等は考えません。

 

でも、同じ感覚ではじ三の記事を納品していては

読者は減少する一方でしょう。

自己満足を排するには、編集長からライターまで

なかよしこよしを止める事です。

 

日々の生活を工夫で楽しくする『三国志式ライフハック

三国志式ライフハック  

参考にするのはドリフのネタ作り

 

編集長が一番の理想にしているのは、

ドリフターズのネタ作り現場です。

舞台では愉快な事をしているドリフも

ネタ出し段階では、いかりやの厳しいダメ出しがあり

部外者は同室するのが耐えられない緊張感が

あったのだそうです。

 

だから、メンバーは例外なくいかりやが嫌いでした。

全員集合のコントが強圧的ないかりやと、

その裏をかいていかりやを出し抜くドリフメンバーで

構成されていたのも、現実の力関係が、

ギャグに転化したものだったわけです。

 

ただ、いかりやはメンバーが憎くて、

厳しいダメ出しをしていたわけではありません。

 

「お前らなら、もっと面白いものが出せんだろ?

何を手を抜いてんだよ!」

 

メンバーの才能を信じればこそ、

厳しいダメだしがあり、メンバーも

そこから逃げずに立ちむかい続けた

それがお化け番組と呼ばれたドリフの視聴率に

反映されたのです。

 

もし、いかりやが仲良しこよし第一で、

わきあいあいとネタを造っていれば、

ドリフはあっという間に忘れ去られたでしょう。

 

ライター陣に憎まれても面白い記事が挙がればよし

kawauso

 

編集長は記事を依頼し買い取る側ですから、

kawausoが一番厳しい人間になるべきです。

その結果、面白い記事が出来れば、

ライターさんに憎まれても嫌われても構わないわけです。

共有すべきは、仲間意識ではなく、

目的意識であり、妥協なくプロとして、

果てしない高見を目指す事だと編集長は考えます。

 

もちろん、記事を読んで頂ける読者ちゃんには、

面白おかしい編集長として振る舞いますのでご心配なく

 

本日は、この辺で、また来週~!

 

※次回の編集長のぼやきは8月8日に掲載予定です

 

関連記事:kawauso編集長のぼやきVol.14「三国志冬の時代」

関連記事:kawauso編集長のぼやきVol.13「好きな漫画家」

 

はじ三編集長のすねすね愚痴記事
kawauso編集長のぼやき

 

 

 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. kawauso編集長のぼやきVol.23「ウォーキングコンビニ」…
  2. kawauso編集長のぼやきVol.10「クロスワード」
  3. kawauso編集長のぼやきVol.20「風雲児たち」
  4. kawauso編集長のぼやきVol.31「モノマネの本質」
  5. kawauso編集長のぼやきVol.25「ナラティブ」
  6. kawauso編集長のぼやきVol.15「怖いもの」
  7. kawauso編集長のぼやきVol.8「専門家には敬意を持つ」
  8. kawauso編集長のぼやきVol.21「陰謀論」

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 幕末大勢で一人に襲いかかる新選組
  2. 呉の小覇王・孫策

おすすめ記事

  1. 武田軍の西上作戦はなぜ失敗してしまったのか?武田信玄の病が関係していた?
  2. スケベには回避不能?董卓を滅ぼした貂蝉の連環の計
  3. 寂しい、5日に1日しか帰宅できない三国志時代の武将達
  4. 蒼天航路のココが凄い!三国志を読むならこの漫画!新たな世界観で描かれた新三国志が超絶オススメ!
  5. 【衝撃】韓遂と馬超が賈詡の離間の計で仲違いしたはウソ?
  6. 【秦の次世代を期待された二人】蒙恬と扶蘇の無念な最期

三國志雑学

  1. 三国志ライター よかミカンさん
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

古代ローマ人の末裔が中国のある村に住んでいる!? 6倍の敵に対して一歩も退かずに渡り合った名将・高橋紹運がヤバイ! えっ?三蔵法師にも、猪八戒にも沙悟浄にも前世があった!? 島津斉彬は辞世の句を残しているの? 孔明はニートなのに、どうして劉備が飛び付いたの?ーー誰も教えてくれないキャリアアドバイス 53話:体制を立てなおした劉備に曹操が襲いかかる 【ネタバレ注意】キングダム546話「大炎の地」ネタバレ&レビュー 十面埋伏の計とはどんな作戦?倉亭の戦いで程昱が発案した最強の伏兵

おすすめ記事

  1. 張郃(ちょうこう)ってどんな人?3度も死にそうになるが、何度も甦った魏の猛将
  2. 歴史の影に女あり!絶世の美女たち
  3. 明智光秀のイメージどうして三日天下に終わった? 燃える本能寺
  4. 龐統の意外な才能!人を育てて人物評価を得意としていた軍師
  5. キングダムネタバレ最新575話「総大将の不在」レビュー記事
  6. あけましておめでとうございます、2015年も「はじめての三国志」をよろしくです
  7. ペリー来日youは何しにニッポンへ?
  8. 赤兎馬(せきとば)が活躍できたのは武霊王のおかげ

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP