三国志平話
濡須口の戦い




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

郭淮の行動が司馬懿政権を崩壊させたかも知れないってほんと!?

愛妻家の魏の将軍、郭淮
この記事の所要時間: 311



 

三国志後期における()の名将・郭淮(かくわい)

郭淮孔明(こうめい)の北伐戦が開始された時から蜀軍と戦いに参加します。

そして郭淮司馬懿(しばい)の部下として対蜀戦で活躍し、

孔明の策略を読み切って蜀軍を防いだ実績を持ちます。

郭淮は司馬懿の部下として働いた事もあり、仲は良好でしたが、

ある事件がきっかけで郭淮の奥さんが逮捕されることになります。

この時郭淮は奥さんを守るために司馬懿と敵対する決意を固めます。

どうして郭淮の奥さんは捕まることになったのか。

そして郭淮が司馬懿と本当に敵対したのか調べてみましたのでご覧下さい

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:夏侯覇は郭淮とチョー仲が悪かったから蜀へ逃げたってホント!?

関連記事:郭淮(かくわい)ってどんな人?蜀軍との戦いに明け暮れた魏の重鎮の司令官

 

 

王凌を反乱の罪で逮捕し王凌一族を殺害

司馬懿

 

司馬懿は曹爽(そうそう)政権との争いに勝利し、魏の政権の権力を握ることに成功します。

司馬懿は魏の政権の権力を握ると自らの近親者と自分に味方してくれるであろう人々へ

高位の位を与えていきます。

魏の王凌(おうりょう)は司馬懿のやりたい放題のやり方に激怒し、

皇帝を代える計画を実行するべく動いていました。

しかし王凌の計画は司馬懿に知られてしまい、王凌は逮捕されてしまいます。

王凌は逮捕されると司馬懿に殺害されてしまうだろうと考え、毒を飲んで自殺。

司馬懿は王凌が自殺したことを知ると王凌の一族をすべて殺害し、この事件を解決するのでした。

後にこの事件を「王凌の乱」と呼ばれる事になります。

そしてこの王凌の乱は思わぬところに飛び火することになります。

 

 

魏の名将・郭淮の奥さんが逮捕!!

 

魏の西方で蜀軍の攻撃を防ぎ続けてきた郭淮。

郭淮は奥さんと仲がよく、子供を5人も授かります。

しかしいきなり郭淮の奥さんは逮捕されてしまうのです。

郭淮の奥さんは特に罪を犯したわけではありませんが、

役人が郭淮の奥さんを強制的に逮捕してしまうのでした。

どうして郭淮の奥さんは逮捕されたのでしょうか。

 

北伐の真実に迫る

北伐  

郭淮の奥さんは王凌の妹だった

影

 

郭淮の奥さんは王凌の妹さんでした。

そして王凌はクーデターを企てた罪によって逮捕され、彼の一族は尽く処刑されていくのでした。

郭淮の奥さんは王凌の妹だったため逮捕されてしまうのです。

さて郭淮の奥さんは異民族や部下達に人気があり、奥さんが捕まったことを知ると

異民族の族長や郭淮の部下達が連名で「奥さんを救ってくれないでしょうか。」と請願書を提出。

郭淮は彼らの請願書を見ても動くことはありませんでした。

 

五人の子供達の必死の懇願を受けて動く!!

 

郭淮の奥さんは身柄を首都へ向けて移されることになります。

この時郭淮の子供たちは頭を地面に叩きつけて郭淮へ

「今私たちの母が何の罪もないのに連行されようとしています。

どうか父上には私達の母を救っていただきたく存じます」と説得します。

 

郭淮は子供たちの必死の懇願を受け、奥さんを救出するため騎兵を出陣させます。

郭淮の兵士たちは役人の後を追って奥さんを奪い返すことに成功。

こうして郭淮の奥さんは郭淮の元へ帰還することになります。

そして郭淮は司馬懿に敵対することになるのです。

 

司馬懿への挑戦状

司馬懿への挑戦状

 

郭淮は奥さんを連れ戻すことに成功すると司馬懿へ手紙を書きます。

郭淮は司馬懿へ

「今五人の子供達が母を救って欲しいと言ってきました。

彼らは母がいなくなれば我らは死を迎えたのと同じになりますと言って説得してきました。

私も子供達が居なくなればここにいない事になります。

そのため私は妻を救うために役人を蹴散らして救助してしまいました。

魏の政権の法律上私がしている事が間違っているなら直ぐに罪を受けるつもりです。

しかし法律上今回の事が間違っていないのであれば、許していただきたく思います」と手紙を送ります。

 

司馬懿は郭淮の手紙を読んでちょっと苦笑いしながら郭淮の行動を許すことにしたそうです。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レンの独り言

 

郭淮は司馬懿と敵対する覚悟を持って手紙を送ったんだと思われます。

どうしてそのように思うのか。

司馬懿が政権のトップであることを郭淮が知っているにも関わらず、

罪人(郭淮の奥さん)を奪い返したからです。

もし司馬懿が彼を許さなければ郭淮の一族は罪人を奪い返した罪で、

すべて殺害されてしまったでしょう。

 

郭淮は手紙で五人の子供が死んだら私も存在しませんと言っているので、

もし司馬懿に許してもらうことが叶わなければ、

司馬懿と敵対する覚悟を持っていただろうと考えられると思います。

郭淮は司馬懿と単独で戦っても勝てないことを知っているので、

夏侯覇のように蜀と結ぶもしくは降伏して司馬懿と戦っていたかもしれません。

このように考えれば郭淮の出方一つで

司馬懿の政権が崩壊していた可能性もあったのではないのでしょうか。

 

参考文献 ちくま学芸文庫 正史三国志魏書等

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【北伐】幻の「長安挟撃作戦」魏延はすでに演習済みだった?

関連記事:蜀軍キラーとして名を挙げることになった陳泰の戦いに痺れる!

 

【記事の見落としゼロ】はじ三配信スケジュール
配信スケジュール

 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 【袁術の戦いを振り返る】徐州・豫州の戦いには人間ドラマが盛り沢山…
  2. 世界一お粗末! 菫承の曹操暗殺計画。間男の恨みでぶち壊しに!
  3. 赤壁の戦いで孔明が東南の風を吹かしたじゃん?あれマジらしいよ?
  4. 李典と楽進の仲って本当に悪かったの!?
  5. 三国志時代の大晦日が楽しそう!プレゼント交換、友達と夕食や夜更か…
  6. 三国最強であった魏はなぜ滅びることになったの?【曹操編】
  7. 実は面倒くさい性格?関羽のクレーマー事案を紹介
  8. 英雄たちの武器~青龍偃月刀と蛇矛を徹底分析

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 真田丸 武田信玄

おすすめ記事

  1. 『うしおととら』の獣の槍の元ネタは孫子の時代にあった?古代中国の名剣・干将と莫邪
  2. 論語を覚えるには暗唱が大事!ノーベル賞受賞者も実践した素読とは?
  3. キングダム ネタバレ予想537話「休載祭り決定!なんてこったい、今後を大予想」
  4. 坂本龍馬が注目した横井小楠の政治とは? 横井小楠
  5. 45話:象対蟻か?袁紹vs曹操
  6. 三国インフィニティ(三国INFINITY)とはどんなアプリゲーム?

三國志雑学

  1. 劉備とサンタクロース
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 横井小楠

おすすめ記事

【西郷どん】実は大久保利通は囲碁が下手だった? 【取り扱い注意!!】はじさんの中の人、kawausoがリアルに登場 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第20話 「罪と罰」の見どころ紹介 【孔門十哲】宰我(さいが)とはどんな人?孔子に一番叱られた弟子 キングダムと三国志 信と曹操のはてな(疑問) 【キングダム】離眼の紀彗(きすい)は、実在しない痛いキャラだった? 曹操敗れる|幾重にも張り巡らされる孔明の罠 典韋の性格は義侠心溢れ頼れるアニキだった!! 【はじめての孫子】第12回:卒を視ること嬰児の如し、故にこれと深谿に赴むくべし。

おすすめ記事

  1. 鎌倉時代の農業はどんなもの?生産性の向上と飢饉の時代
  2. 智謀が凄すぎて信用がならなかった真田昌幸の前半生に迫る!!
  3. 94話:成都を陥落させ李厳を得る劉備軍
  4. 堀田正睦vs孝明天皇、地味な老中首座の実力とは?
  5. 【三国志×位置ゲー】スマートフォンゲームアプリ『見つけて!三国志』iOS版 配信開始!
  6. 【キングダム551話】「兵糧の底」ネタバレ&レビュー
  7. 【はじめての三国志市場】今ならポイント10倍 楽天ブックス 漫画まとめ読み
  8. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十一話「さらば愛しき人よ」の見どころ紹介

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP