長州藩はどうしてああなってしまったのか?3つの理由


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

長州藩

 

幕末(ばくまつ)において、ひときわ異質な光を放っている藩が長州藩(ちょうしゅうはん)です。

御所(ごしょ)に大砲を打ち込んだり、率先して攘夷(じょうい)を実行して外国船を砲撃したり

幕末を1クラスに例えると完全なトラブルメーカーな長州藩ですが、

一体、どうして、ああなってしまったのでしょうか?

ざっくりと、その理由について解説してみます。

 

西郷どん:全記事一覧はこちら

関連記事:【悲報】天皇に振られた長州藩、八・一八の政変はどうして起きた?

関連記事:幕末にサソリ固め!来島又兵衛の壮絶なアラフィフ人生


源頼朝のブレーン大江広元を祖にする長州藩

大江広元

(画像:大江広元 Wikipedia)

 

長州藩の祖である毛利元就(もうりもとなり)の先祖は、鎌倉幕府の初代将軍、源頼朝(みなもとのよりとも)のブレーンで

朝廷に仕えていた大江広元(おおえのひろもと)の4男、大江季光(おおえすえみつ)だそうです。

 

しかし、鎌倉幕府の成立に尽力した大江氏も、季光の時代に執権(しっけん)北条氏に逆らい

敗北してしまい、季光の4男の経光以外の一族がことごとく滅びます。

ただ、同族の長井氏の尽力で経光は越後(えちご)安芸(あき)の守護職を安堵(あんど)されました。

こうして、経光は長男には越後の所領を譲り四男の時親(ときおや)に安芸の所領を譲ります。

 

ところが時親の時代に建武(けんむ)の新政が起こり、鎌倉幕府にも後醍醐天皇(ごだいごてんのう)方にも

与しなかった時親は領地を没収されてしまいました。

その後、時親の曾孫(ひまご)にあたる毛利元春(もうりもとはる)が北朝方の今川貞世(いまがわさだよ)に味方して、

南朝討伐に功績を挙げ、安芸の吉田郡山城(よしだこおりやまじょう)に落ち着きました。

これが、戦国毛利氏の始まりという事になります。


理由1毛利元就時代から皇室と結びついていた

毛利元就Wikipedia

(画像:毛利元就 Wikipedia)

 

戦国初期の毛利氏は、国内の内紛と山名氏、大内氏、尼子(あまご)氏のような

強力な戦国大名に挟まれた弱小大名でした。

しかし毛利元就(もうりもとなり)が登場すると時勢を読んで、大内氏と尼子氏を滅ぼしていき、

安芸、周防(すおう)長門(ながと)備中(びっちゅう)備後(びんご)因幡(いなば)伯耆(ほうき)出雲(いづも)隠岐(おき)石見(いわみ)

山陰、中国地方、十ヵ国を領有し120万石の強大な大名に成長します。

 

さらに毛利氏は、先祖の大江広元の頃から、朝廷とのパイプがあり、

元就は戦乱で凋落し即位の儀式も行えない正親町天皇(おおぎまちてんのう)の為に、

銅銭二千貫文を献金して無事に即位させる事が出来ました。

 

このように毛利氏は先祖からの繋がりで朝廷と太いパイプがありました。

ですが、この事が後々の暴走の伏線になります。

 

理由2西軍の総大将になり幕府とパイプが築けなかった

豊臣秀吉

 

毛利元就の死後、後を継いだ孫の輝元(てるもと)羽柴秀吉(はしばひでよし)に攻められて窮地に落ちますが

そこで本能寺の変(ほんのうじのへん)が勃発、秀吉は慌ただしく毛利氏と和睦して明智光秀(あけちみつひで)を討ち

輝元は織田政権の後継者になった秀吉に従い領地を保障されました。

 

ところが秀吉が死ぬと五大老だった毛利輝元は西軍の総大将にされてしまい

関ケ原の合戦に敗北、120万石あった領地は大幅に削られ周防と長門の二か国、

36万石になってしまいます。

 

その後、毛利氏は外様大名として、それなりに丁重に扱われますが、

賊軍の総大将だった事もあり、薩摩の島津氏(しまづ)のように将軍家と縁組するような

チャンスは訪れませんでした。

 

幕末には、外様大名もある程度、国政に参加する機会が与えられ、

薩摩、土佐、宇和島、越前のような雄藩から大名が参加して

参与会議も開かれますが毛利氏はその中には加わっていません。

 

考えてみると参与会議に出ているのは、篤姫(あつひめ)徳川家定(とくがわいえさだ)輿入(こしい)れして

徳川と縁続きの島津、譜代(ふだい)大名の松平春嶽(まつだいらしゅんがく)、関ケ原で東軍だった土佐の山内氏

宇和島の伊達宗城(だてむねなり)は養子で幕臣旗本の家から出ています。

 

いずれも徳川となんらかの縁続きで、長州にはないアドバンテージがあり

その負目(おいめ)が長州藩をして、増々朝廷に接近させたと考えられます。

 

【維新を阻止しようとした男たちの秘話】
ガンバレ徳川


理由3公家と直接交流する事で心理的な距離が近づいた

公家と直接交流する事で心理的な距離が近づいた

 

幕府に近づけない以上、勢い長州藩はパイプのある朝廷に傾倒(けいとう)する事になります。

多くの長州藩士が京都に向かい、それまで国政に関与した事のない若い公家に

尊皇攘夷思想(そんのうじょういしそう)を吹き込む事になりました。

 

それでも初期は、同藩の穏健派の長井雅樂(ながいうた)が提唱する公武合体論と親和性の高い

航海遠略策(こうかいえんりゃくさく)を引っ提げて朝廷に接近した長州藩でしたが、

さらに過激に幕府に政治改革を迫り攘夷派と見られた島津久光(しまづひさみつ)が上洛して、

(ちまた)の尊王攘夷派の人気をさらうと、勢い長州藩は、より過激な即時攘夷を唱え

求心力を取り戻すしかありませんでした。

久坂玄瑞

 

ここで筋金入りの倒幕派、吉田松陰(よしだしょういん)の弟子である久坂玄瑞(くさかげんずい)高杉晋作(たかすぎしんさく)が暗躍し

長州藩は航海遠略策を公式に撤廃し、長井雅樂は切腹、

本格的な尊皇攘夷に突っ走り始めます。

 

この時、長州藩士は京都に押し込まれ何も知らない若い公家達に、

熱心に尊皇攘夷思想を吹き込みました。

これで260年ぶりに政治に目覚めた少壮の公家達は朝廷に新設された

国事御用掛(こくじごようがかり)などの政庁で過激な議論を吐くようになり、

穏健派の公家を抑え込みます。

京都

 

1863年の8月18日には、薩摩藩と会津藩(あいづはん)が組んで、長州藩を追い払う

八・一八の政変を起こしますが、どこまでも長州藩に同調する攘夷派の公家、

三条実美(さんじょうさねとみ)三条西季知(さんじょうにしともすえ)四条隆謌(しじょうたかうた)、、壬生基修(みぶもとおさ)東久世通禧(ひがしくぜみちとみ)

錦小路頼徳(にしきこうじよりのり)澤宣嘉(さわのぶよし)は外出禁止の禁を破って

長州藩兵に守られて山口に落ちていきます。

 

七名もの公卿(くぎょう)が長州藩士に同調して都落ちするようなケースは

他の藩では見られません。

つまり長州藩士は政治的にも精神的にも若手の公家に結びついてしまい、

それが明治維新まで繋がる原動力になったのです。


  

 

幕末ライターkawausoの独り言

幕末ライターkawausoの独り言

 

このように長州藩は当初から正親町天皇に献金して即位させるなど

朝廷との結びつきが強く、江戸時代以降は西軍の総大将を引き受けた事で

徳川幕府との仲が悪く、薩摩のように幕府とも朝廷とも等距離という政治は

出来ない状態になりました。

それが幕末に過剰な程の朝廷寄り、反幕府、尊王攘夷に長州が傾いた

大きな原因になったという事は出来るかと思います。

 

西郷どん:全記事一覧はこちら

関連記事:桂小五郎が新選組から逃げる方便「ウンコしたい!」がいっそ清々しい

関連記事:吉田松陰の名言を解説「諸君狂いたまえの意味とは?」

 

【攘夷魂!テロに走ったサムライ達】
俺達尊攘派


 

関連記事

  1. 江戸城
  2. 島津斉彬
  3. まだ漢王朝で消耗しているの? お金と札
  4. 幕末 大砲発射

コメント

  • コメント (1)

  • トラックバックは利用できません。

    • 小山良昌
    • 2019年 8月 30日

    ただ残念なことに、毛利家に対する最も大切な、基本的な認識が落ちています。
    それは、大江広元の遠祖は、平安時代初期の平城天皇の御子である阿保親王であることです。
    すなわち、毛利家の遠祖は皇族で、江戸時代の毛利家は、300諸侯中の唯一の皇族系大名であったことです。
    従って、毛利家の家臣は基本的には勤王志士として活躍し、幕府を倒して明治維新を成し遂げたのです。
                                 小山良昌

CAPTCHA



はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“ながら三国志音声コンテンツ"

“if三国志"

“つながるはじめての三国志"

“赤壁の戦い"

袁術祭り

春秋戦国時代

PAGE TOP