呂布特集
姜維特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【芸は身を助く】曹植が邯鄲淳に一発芸を披露、王位継承者に近づく

曹植




曹植

 

社会人の皆さん、日々のお勤めご苦労様です。

突然ですが皆さんは「一発芸」をやったことがありますか?

ほらほら、忘年会とか新年会とか、何かの宴席で…。

あ、思い出したくないですし、考えたくない…?

 

そんな社会人にとっての苦行・一発芸。

固辞すれば場の雰囲気が悪くなり、かといってやってみても、

ウケずに皆からしらーっとした目で見られる…。

あぁ、吐きそ。

 

でも、中には酒で変にテンションがぶち上がり、

自ら一発芸をしにステージに飛び出しちゃう!

という猛者もいるんですよね、これが。

 

そんな彼らはスベってもどこか得意げ。

…そのメンタル、うらやましいっす。

でも実は、そんな鋼のメンタルを持つ奴が三国時代にもいたのだとか…!

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:ギャップに驚き!禰衡だけでは無かった!Mr.天然、曹植の裸踊り

関連記事:神は関羽だけではない!魏の曹植の天才ぶりを作詩と共に紹介

 

 

博学のスーパーじいちゃん・邯鄲淳

邯鄲淳

 

魏の曹操(そうそう)が荊州をゲットしたとき、

人材コレクター・曹操はかねてから気になっていたある人物を招き寄せます。

儒教はもちろん文才にも長け、その上文字にも明るく、

書の心得まであったという邯鄲淳(かんたんじゅん)というおじいちゃんです。

 

父・曹操が邯鄲淳を招聘(しょうへい)したことを聞きつけた後継者第一候補の曹丕(そうひ)は、

父に「俺、邯鄲淳欲しい~」とおねだり。

曹丕もまた、邯鄲淳のことがずっと気になっていたのです。

 

しかし、なんと弟・曹植(そうしょく)まで「パパ、僕に邯鄲淳ちょうだい!」と言い始めたからさぁ大変。

曹操は邯鄲淳を曹丕曹植どちらにやろうか悩み、

ひとまず曹植に邯鄲淳を会わせてやることにしたのでした。

 

 

あの悲劇の王子がまさかの暴挙…!

マッチョ曹植

 

曹植はウキウキしながら邯鄲淳が臨淄(りんし)に来るのを待ちました。

いよいよ邯鄲淳が曹植の元に到着すると、曹植は喜んで部屋に招いて座らせます。

 

曹植「…」

邯鄲淳「…」

なぜか言葉を発しない曹植と邯鄲淳の2人。

両者の間にとてつもなく微妙な空気がただよいます。

 

やはり年の差がありすぎて、

お互いにどう接すればいいのかがわからなかったのでしょうか…?

すると突然、気まずい雰囲気に居たたまれなくなったのか、

曹植が従者にあるものを持ってくるように命じました。

 

あるものとは、水。

しかし、飲むための水ではありません。

曹植は水を用意させると、おもむろに服を全て脱ぎ捨て全てをさらけ出し

何とその水で体をゴシゴシ洗い始めたのです!

 

これだけでも「え!?」って感じですが、曹植の暴走は止まりません。

なんと今度はおしろいをペタペタつけて顔を真っ白にし、

さらに自分の頭の冠をはぎ取って髪を振り乱し、

蛮族風アレンジを加えた珍妙奇天烈なリズミカルダンスを披露。

曹操

 

その上ダンスをしながらボールや剣を器用にジャグリングして見せ、

その後謎の漫談をペラペラとしゃべり倒してキメ顔でこう言ったのです。

「邯鄲淳先生、いかがでしたか?」

 

日々の生活を工夫で楽しくする『三国志式ライフハック

三国志式ライフハック  

意外とウケた…?

曹植

 

評価を求められた邯鄲淳先生でしたが、無表情で沈黙を貫きます。

その様子を見た曹植は目が覚めたのでしょうか。

いそいそと服を着て居住まいを整え、

天地開闢(てんちかいびゃく)の話をし始めたのでした。

 

これには流石の邯鄲淳も乗っかってくれたようで、

その後2人の話は弾んだようです。

邯鄲淳はその後食事をして日が暮れる頃に帰っていったのですが、

知り合いに向かって曹植のことを「天の人」だと話したそうです。

 

それは、曹植と交わした議論が面白かったからかでしょうか?

それとも、あの曹植渾身の一発芸を見たからでしょうか…?

実は、この邯鄲淳というスーパーじいちゃんは

笑林(しょうりん)』という笑話集を作ったことでも有名な人物

 

もしかしたら曹植は笑いの心得のある人には笑いが受けるだろうと思って

「身体を張った渾身(こんしん)のギャグで笑わせて距離を縮めよう!」と考えたのかもしれません。

結局それがウケたのかウケなかったのか、邯鄲淳本人に聞いてみたいものですね。

 

悲劇の幕開けはここからだった…

曹丕と曹植

 

邯鄲淳が曹植を褒め称えたという話は父・曹操の耳にも届きました。

これを受けて曹操は、曹植を後継者にしようかな?と考え始めます。

 

しかし、このことを良く思わない者がありました。

後継者第一候補の曹丕です。

 

三国志ライターchopsticksの独り言

三国志ライターchopsticksの独り言

 

もし曹植が裸芸に走らなければ…

いえ、邯鄲淳が曹植を褒め称えなければ、

曹丕が曹植を目の敵にすることも無かったかもしれません。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:曹植は軟弱ではなかった?皇帝の弟の悲しくも華麗な生涯

関連記事:もし曹植が魏の初代皇帝になったらどうなったの?【if三国志】

 

袁術のトホホな逸話
袁術祭り

 

chopsticks

chopsticks

投稿者の記事一覧

清朝考証学を勉強中。
銭大昕の史学考証が専門。
片田舎で隠者さながらの晴耕雨読の日々を満喫中。

好きな歴史人物:
諸葛亮、陶淵明、銭大昕

何か一言:
皆さんのお役に立てるような情報を発信できればと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 袁紹と曹操 千数百年経っても面白い!?三国時代笑い話
  2. 馬騰 馬騰|北方異民族と戦う西の豪傑達にもっと光をを与えてみた
  3. 【故郷を愛した英雄】曹操は故郷が大好きで仕方がなかった
  4. 五斗米道の教祖・張魯 劉備は張魯のおかげで三国志の英雄になれた!?
  5. 黄巾賊を撃退する太史慈 【出身州別】三国志キャラの性格診断 第三回:青州(せいしゅう)、…
  6. 嬴政(始皇帝) 【超レアな儀式】真の皇帝にしか許されない封禅の儀式って何?
  7. 【真田丸特集】有能なのに歴史の影に埋もれてしまった真田信之と程昱…
  8. 魏延の謀反を察する孫権 魏延と黄忠は中途採用組で出世を果たした勝ち組だった!?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 降伏する劉禅
  2. 孫権に煽られて憤死する陸遜
  3. 法正
  4. 袁家をイジメる董卓
  5. 王翦

おすすめ記事

  1. 【古墳時代】初代神武天皇から26代継体天皇まで一挙紹介
  2. クーデターが遅すぎた?司馬懿の晩年が満身創痍な件 司馬懿
  3. 第2話:三国夢幻演義 龍の少年「龍の目覚め」配信中 三国夢幻演義バナー 龍の少年
  4. 陳勝・呉広の乱とは何?秦国を滅ぼすきっかけを作った二人組 陳勝・呉広
  5. 馬鹿の語源はキングダムの趙高の実験から生まれた? 胡亥
  6. どうやったら蜀は魏を滅ぼして天下統一を果たせたの?【ろひもと理穂の考察】 劉備と曹操

三國志雑学

  1. 孫策 頬
  2. 後悔する孫権
  3. 君たちはどう生きるか?劉禅
  4. 殺害される姜維と鍾会
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 愛馬に乗り敵を粉砕する張遼
  2. 卑弥呼
  3. 徳川慶喜(幕末)
  4. 蜀の姜維
  5. 石亭の戦いで曹休が反応してドキッとする周魴(しゅうほう)
  6. 龐統
  7. 南蛮胴を身に着けた織田信長

おすすめ記事

抜き出た曹操 31話:献帝を手にいれて、群雄から抜きん出た曹操 陸遜 陸遜はなんで改名をしたの?陸議と魏書では記載されているイケメン陸遜の改名に迫る 後宮にいる美女の階級事情 後宮に入っても安泰じゃない?女の園の階級闘争とは 楽進 【俺たちだって五虎将だ!】魏の五虎将たち~楽進・于禁篇~ 島津久光の性格は頑固で融通が利かない?いい迷惑な薩摩藩父 大和朝廷を建国したカムヤマト 邪馬台国最期の戦い(後編)邪馬台国滅亡と神武降臨(神武天皇) 孟嘗君 【戦国四君の食客の名言】人間関係を達観した馮驩の名言 五斗米道(はじめての三国志) もうひとつの宗教団体、五斗米道(ごとべいどう)ってどんな宗教だったの?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP