ログイン | 無料ユーザー登録


キングダム
三国志の死因


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【冷気骨に徹る】秋風五丈原、そんなに寒かったの?

孔明のテントがある野外のシーン


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

(しょく)丞相(じょうしょう)諸葛亮(しょかつりょう)は西暦234年8月に北伐(ほくばつ)の陣中で亡くなりました。享年54。

三国志演義(さんごくしえんぎ)吉川英治(よしかわえいじ)氏の小説『三国志』では、

死期をさとった諸葛亮が五丈原の陣営を見て回るシーンがあり、

「秋風は面を吹いて、冷気骨に徹る(とお)ものがあった」という描写があります。

 

詩人・土井晩翠(つちいばんすい)の「星落秋風五丈原(ほしおつしゅうふうごじょうげん)」には

「令風霜の威もすごく」とあり、とても寒そうです。

旧暦の8月なら、今の9月頃ではないでしょうか?

そんなに寒かったのでしょうか。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:五丈原の戦いの裏側で活躍した魏の満寵とは?前編

関連記事:びっくり!五丈原の戦いの戦費、現在で換算すると、なんと○○円!


諸葛亮の命日

諸葛亮の命日

 

正史三国志には命日の記述はありませんが、三国志演義では8月23日とされています。

西暦234年の8月23日は、現在の暦に換算すると10月3日だそうです。

五丈原は陝西省宝鶏市(郝昭が守っていた陳倉城があった場所)から東に40kmほどの場所です。

ということで2017年10月3日の宝鶏市の気温を調べてみたところ、

最高気温は15℃、最低気温は11℃でした。秋らしい気温です。

 

このくらいの気温だと、朝晩はそろそろウールのコートが欲しいところです。

軍装の冬支度が始まっていなければちょっと寒そうですね。

五丈原は台地で、宝鶏市街より120mほど標高が高いようですし、

吹きっさらしですから、もっと寒かったことでしょう。

ましてや丞相はご病気でしたので、冷気骨に徹るという感覚はさもありなんというところです。


土井晩翠の描写は行き過ぎ……

土井晩翠の描写は行き過ぎ

 

それにしても、土井晩翠の「星落秋風五丈原」の「令風霜の威もすごく」は

若干おおげさではないでしょうかね?

気象庁の霜注意報の基準を見ると、最低気温4℃以下とあります。

宝鶏市の過去七年間の記録を見ると、10月3日の最低気温として一番低かったのは10℃、

最低気温の平均は13.1℃でした。

五丈原が台地であることや、地球温暖化が進んでいることを鑑みても、

「霜の威もすごく」ってこたぁなかったんじゃないでしょうか。

 

吉川英治さんの『三国志』の五丈原の巻では、

秋風五丈原の項目の最初の一文はこうなっています。

 

魏の兵が大勢して仔馬のごとく草原に寝ころんでいた。

一年中で一番季節のよい涼秋八月の夜を楽しんでいるのだった。

 

そうですよね、秋の気持ちいい季節なんです。

諸葛亮の閲兵のシーンでも、「白露は(わだち)にこぼれ、

秋風は面を吹いて、冷気骨に徹るものがあった」とあり、

寒さの表現は露であって霜ではありません。このくらいが正解なのではないでしょうか。

 

よかミカンが贈る「黒三国志入門」
よかミカンのブラック三国志入門


寒すぎ描写の効果

寒すぎ描写の効果

 

私はときどき五丈原で一兵卒になって丞相閲兵(えっぺい)を受けています(妄想)。

丞相が通りかかるのなんか一瞬なのに、二時間も前から整列させられます。

合服のぺらぺらの軍服で二時間じっとしているのは寒いです。

こんなことをさせるんなら綿入れを支給しろ、ってぶうたれながら待っています。

 

大量の水っ鼻が出てきますが、ごそごそと鼻をかんだりずるずるとすすったりすると怒られるから

ビシッと立ったまま垂れ流しです。鼻水は首を伝って垂れ、胸までグショグショです。

気化熱でさらに体温を奪われます。肺炎になったらどうしてくれるんだ。ぶつぶつ。

そんな時、やっと丞相がおみえになりました。

 

私はそれまで丞相なんか間近に見たことはなかったんです。

四輪車に座っている丞相は、私のような若くて健康で力に溢れた人間とは違っていました。

早くお部屋に戻って暖かくして寝たほうがいいよ、って感じです。

私はじっとしているから寒いものの、かがみ跳躍二十回もすればすぐぽかぽかになります。

丞相はそうではありません。

そんな人が、この寒空に閲兵しているわけです。

 

その印象は寒さの記憶とともに魂に刻まれます。

その時の印象だけで、自分は以後の三十年を戦ってしまいそうな気がします。

そしてそれは寒ければ寒いほど甚だしくなることでしょう。

五丈原をドラマチックに盛り上げるには、土井晩翠の寒すぎ描写も正解かもしれません。


  

 

三国志ライター よかミカンの独り言

三国志ライター よかミカンの独り言

 

もしも五丈原に霜が降りていれば、私はきっと三十年後には

剣閣(けんかく)で泣きながら石に斬り付けているだろうと思います。

そして最期には成都城内で粉々になっているはずです。

霜の五丈原には人をそこまで連れて行ってしまう力があります。

土井晩翠の「星落秋風五丈原」は軍歌にされていますが、さもありなんという気がいたします。

 

ちょっと盛り上げすぎかな、という気もいたします。

「楽しみて淫せず、哀しみて(やぶ)らず」という程度で勘弁していただきたいです。

五丈原は、そんなに寒くなかったんです。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:天下の奇才!?諸葛孔明とはどのような人物だったのか

関連記事:【そうか!】蜀の次世代武将達に孔明が与えた任務が深い

 

世界よ、これが黄巾賊だ
黄巾賊

 

よかミカン

よかミカン

投稿者の記事一覧

三国志好きが高じて会社を辞めて中国に留学したことのある夢見がちな成人です。

個人のサイトで三国志のおバカ小説を書いております。

三国志小説『ショッケンひにほゆ』

【劉備も関羽も張飛も出てこない! 三国志 蜀の北伐最前線おバカ日記】

何か一言:
皆様にたくさん三国志を読んで頂きたいという思いから わざとうさんくさい記事ばかりを書いています。

妄想は妄想、偏見は偏見、とはっきり分かるように書くことが私の良心です。

読んで下さった方が こんなわけないだろうと思ってつい三国志を読み返してしまうような記事を書きたいです!

関連記事

  1. 実は孔明は墨者(ぼくしゃ)だった!?意外すぎる6つの理由
  2. はじめての三国志 画像準備中 趙直(ちょうちょく)とはどんな人?夢占いで人の運命を占った蜀の天…
  3. 司馬昭 司馬昭ってチョー有能?それとも親の七光りだったの!?
  4. 株式会社三国志で働く劉備と孔明 【シミルボン】びっくり!三国志の時代の役人は役所に五日間缶詰だっ…
  5. 劉寵と袁術 マイナーですまん!袁術に滅ぼされた陳王 劉寵(りゅうちょう)
  6. 北伐する孔明 【実はドヤ顔】諸葛亮が唯一勝利した第三次北伐を解説
  7. 曹植を暗殺しようとした曹丕を止める卞皇后 陳寿は曹丕をどんな評価していたの?プラスもあればマイナスあり!?…
  8. もうやってられない! 三国志の時代ではどのような理由で主を変えて…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 夏侯玄
  2. 大和朝廷を建国したカムヤマト
  3. 魏の旗をバックに戦争をする郭淮は魏の将軍
  4. 兀突骨
  5. 病気になった兵士

おすすめ記事

  1. 李靖(りせい)とはどんな人?曹操と孔明の二人から学んだ初唐の名将 李靖(りせい)曹操と孔明に憧れる
  2. 三国志の時代の庶民の家はどんな建物をしていたの? 庶民、村人の家
  3. 1940年、幻の東京オリンピックとは?なんで中止になったの? 幻の1940年の東京五輪 いだてん
  4. レッドクリフ超え!魯粛(ろしゅく)の知られざる逸話 魯粛と袁術
  5. 魯粛から「食わせ者」の本当の意味を知ろう!! 魯粛
  6. 「古代エジプトのグライダー」ニセモノ説は冤罪だった【HMR流◯転裁判】 古代エジプトのグライダー

三國志雑学

  1. 環夫人
  2. 曹仁
  3. 日本に目指さした孫権
  4. 楽進の矢でが命を落とす成廉
  5. 五斗米道の教祖・張魯


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 曹操軍の輸送車を襲う趙雲
  2. 劉備 結婚
  3. 諸葛瑾
  4. 帯来洞主(南蛮族)

おすすめ記事

蔣琬(しょうえん) 蒋琬の子孫はどのような人物たちだったのか!? 亡くなる袁紹 袁紹の死因はメンタルの弱さにあった?河北の支配者・袁紹の死因を考察 陳寿(晋) 【正史と政治】張巡は歴史書で英雄に祀り上げられた 劉禅に気に入られる黄皓 黄皓は陪臣だったの?黄皓と劉禅、姜維や陳寿との関係に迫る! キングダム598話ネタバレ予想vol2「次に飛信隊に死者が出る戦場は?」 孔明と龐統の両軍師 63話:去りゆく徐庶が、紹介した大軍師、臥龍、鳳雛って誰のこと? 爽やかな荀彧 第17話:袁術くん「メタ認知」を荀彧から学ぶ 徳川家康 明智光秀は天海となって徳川幕府に参加していた!その理由とは?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP