ワラビを食べて餓死!?伯夷・叔斉ってどんな兄弟?


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

伯夷・叔斉

 

司馬遷(しばせん)が著した『史記』は

武帝(ぶてい)に屈辱を受けたことによる

激情から成った大作として名高い歴史書です。

 

そんな『史記』には

至るところに司馬遷の思いが込められています。

その中でも有名なのは

列伝の筆頭に据えられている人物が、

伯夷(はくい)叔斉(しゅくせい)という兄弟であるということ。

 

司馬遷はなぜ彼らを列伝の筆頭に置いたのでしょうか?

司馬遷の心を紐解くために、

伯夷・叔斉とはどのような人物であったのかを

紹介したいと思います。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:周公旦(しゅうこうたん)とはどんな人?周王朝の基礎を固めた功臣

関連記事:六鞱(りくとう)とはどんな本?太公望が武王にマジギレ?

 


 

孤竹国の王子様

 

殷の時代に生まれた伯夷・叔斉は孤竹国という小さな国の王子でした。

実は彼らは3人兄弟で、

伯夷は長男で叔斉は三男、

そして次男に仲馮という人物がいたそうです。

 

仲睦まじい兄弟だったようですが、

ある時彼らの父親は

三男の叔斉を王とするように

という遺言を残して亡くなってしまいます。

 

こういった場合、

血みどろの兄弟喧嘩(きょうだいげんか)が勃発して

結局家が滅茶苦茶になるのがお約束パターンですが、

本来王位継承権を持つはずの長男・伯夷は

弟を王に立てることをあっさり認めたのでした。

 

というわけでめでたしめでたしの

ハッピーエンドかと思われましたが、

今度は「お兄ちゃんを差し置いて

王になんてなれないよ!

とブラザーコンプレックス全開の叔斉が王位を固辞します。

 

自分がいたのでは、

弟の決断が鈍ってしまう…。

そう考えた伯夷は国を捨てて他国に逃亡。

 

ところが叔斉、

なんと王位を捨てて兄の後を追いかけるという

兄ラブぶりを発揮します。

 

これにより王位継承者候補2人がいなくなって

困ってしまった孤竹国では、

次男・仲馮(ちゅうひょう)が王に立てられることになったのでした。

 


 

周の文王に仕えたい!しかし…

(画:周文王 Wikipedia)

 

2人で身を寄せ合いながら

広大な大地を彷徨うことになった伯夷・叔斉ですが、

後に周の文王(ぶんおう)と称される姫昌(きしょう)

素晴らしい人物であるとの噂を聞いて

周の地に向かうことにします。

 

しかし、2人がようやく周にたどり着いたときには

既に文王は亡くなっており、

息子の武王(ぶおう)が殷の紂王(ちゅうおう)を滅ぼさんと鼻息を荒くしていたのでした。

 

このことを知った伯夷・叔斉は怒りに震え、

今まさに殷に出征しようとしている

武王の馬車をドンドン叩きながら

「父が死んでそれほど時間が経っていないのに

喪にも服さず戦争を起こすなんて親不孝です!

主君の紂王を討つなんて仁の道に背くことです!」

と猛抗議。

 

2人は危うく殺されるところでしたが、

周の軍師である太公望(たいこうぼう)呂尚(りょしょう)

彼らは正しい!手出しをするな!

と叫んだために無罪放免されたのでした。

 

しかし、2人の決死の直談判も虚しく、

結局殷王朝は滅ぼされ周の時代が始まります。

2人はこのことを嘆いて

山西省の西南部にある首陽山に

隠れて暮らしはじめたのでした。

 

関羽の弔い合戦「夷陵の戦い」を分析
夷陵の戦い

 

ワラビだけを食べて暮らす

ワラビだけを食べて暮らし腹を空かす兵士

 

伯夷・叔斉兄弟は殷を滅ぼした周を恨み、

不仁の周王朝の飯など食べられない!」と言って

山でワラビだけを食べて過ごしたと言います。

 

とてもヘルシーでベジタリアンの鑑とも言える彼らですが、

そんな偏った食生活をしていたら

栄養失調になること請け合い。

 

殷の紂王の暴力を戦争という暴力で

解決した気になっている周について非難する詩を

死の間際に遺し、

2人の仲睦まじい兄弟は息を引き取ったのでした。


 

司馬遷のメッセージ

司馬遷のメッセージ

 

正義が行われない世を恨んで

死んでいった伯夷・叔斉に対し、

司馬遷は深い共感を覚えたといいます。

 

正しいことが正しいこととして認められず、

むしろ正しいことを貫こうとすればするほど

自分の首が締まっていく…。

 

理不尽な理由によって

罪と汚名を着せられた司馬遷は

そのような理不尽な世の中を

恨む気持ちが特に強かったのでしょう。

 

司馬遷が伯夷・叔斉を『史記』の列伝の筆頭に掲げた背景には

読者にも世の理不尽に憤りを持ってほしい、

後生に世の理不尽を正してほしいという願いが込められていたのです。


  

 

 

三国志ライターchopsticksの独り言

三国志ライターchopsticksの独り言

 

暴君・紂王をやっつけた武王は

正義の人というイメージが強いですが、

伯夷・叔斉の言うように

暴力で暴力を解決したという点では

紂王と大差なかったのかもしれません。

 

結局周王朝の凋落の原因も

殷王朝の滅亡原因と似ていますし、

2人の言葉は真理を突いていたといえるでしょう。

 

もし武王が伯夷・叔斉の言葉を聞き入れていたとしたら、

中国の歴史はどのようなものになっていたのでしょうか?

想像してみると面白いかもしれませんね。

 

関連記事:殷の紂王(ちゅうおう)とはどんな人?悪逆非道の限りを尽くした殷朝最後の帝辛

関連記事:【曹操が慕った偉大な王様】天下の三分の二を所有するも王へ登らなかった周の文王ってどんな人?

 

孔子の愉快な弟子たち『はじめての孔門十哲』
孔門十哲

 


 

関連記事

  1. はじめての三国志 画像準備中
  2. ダムが完成した蜀
  3. はじめての三国志 画像準備中

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“光武帝

“三国志データベース"

“三国志人物事典

鍾会の乱

八王の乱

“はじめての三国志公式LINEアカウント"




PAGE TOP