キングダム
濡須口の戦い




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

魏の重鎮・郭淮と蜀の大将軍姜維どっちが強いでしょう??

魏の旗をバックに戦争をする郭淮は魏の将軍




姜維

 

三国志の後半になると物語は佳境に入り、

武将達も三国志の前半や中期に比べると少し見劣りします。

しかし物語の内容は前半・中期に比べれば

物語終盤だけあってかなり面白くなっています。

 

この三国志後半の名将の一人に数えられる

魏の重鎮・郭淮(かくわい)と蜀の姜維(きょうい)

二人は幾度も魏の西方をめぐって戦いを重ねてきますが、

一体どちらが強いのでしょうか。

今回はどちらが強いのか紹介したいと思います。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:姜維が母よりも蜀選んだ理由に全三国志好きが泣いた!

関連記事:郭淮(かくわい)ってどんな人?蜀軍との戦いに明け暮れた魏の重鎮の司令官

 

 

郭淮姜維の経歴紹介

 

郭淮姜維のことを少しでも知らなければこのお話を読んでも面白くないので、

ここでは郭淮と姜維のことを知らない人に彼らの経歴を紹介したいと思います。

 

郭淮は最初から魏の重鎮として活躍していたわけでなく、

コツコツと武功を重ねながら、

戦の経験を積んで魏の重鎮として重きをなすことになります。

 

彼は夏侯淵(かこうえん)の部下として漢中攻防戦から戦に出て、

孔明(こうめい)の北伐戦を防ぐための戦いにも幾度か参加。

そして郭淮は三国志の後期になると

経験豊富な歴戦の武将として蜀の攻撃から魏の西方を守る将軍へと成長を遂げます。

姜維と孔明

 

蜀の姜維もまた郭淮と同じように叩き上げの将軍です。

姜維は元々魏の人でしたが、

第一回目の諸葛孔明(しょかつこうめい)の北伐戦で蜀へ降伏。

 

その後姜維は孔明の元でビシバシ鍛えられ、

孔明死後蜀軍の中で重きをなしていきます。

姜維は丞相・()の死後、

蜀の軍事を一手に担って魏を倒すための北伐を続けていくのです。

 

魏の郭淮と蜀の姜維の経歴をざっくと紹介しました。

では郭淮と姜維は一体どちらが強いのでしょうか。

 

 

郭淮と姜維は戦った事があるの??

郭淮と姜維は戦った事があるの??

 

郭淮と姜維の強さを比較する前に

二人の将軍は戦ったことがあるのでしょうか。

 

結論から言いますと二人は幾度が戦ったことがあります。

そのためここでは二人の強さを戦いの勝敗から比べてみたいと思います。

 

【未来を拓く問題解決策】楽しみながら自分を変える方法
袁術くんの成長日記

 

240年 第一回郭淮VS姜維の戦い

 

240年姜維は魏の西方の土地・隴西(ろうせい)を奪うべく出陣。

郭淮は姜維が出陣してくるとの報告が入ると自ら軍勢を率いて、

姜維率いる蜀軍を迎撃するべく出陣。

二人は隴西近辺で戦いを行うことになります。

 

そして郭淮が姜維率いる軍勢を撃退することに成功。

姜維は軍勢を率いて退却していくのでした。

こうして郭淮vs姜維の戦いの初戦は郭淮の勝利で終わります

 

247年 郭淮vs姜維の戦い

247年郭淮vs姜維の戦い

 

247年姜維は魏に付き従っていた羌族が大規模な反乱を起こし、

蜀へ援軍を求めてきたので、

自ら軍勢を率いて出陣。

 

郭淮は羌族が蜀軍を援軍として迎え入れようしている事を知って、

夏侯覇(かこうは)と共に軍勢を率いて迎撃に出ます。

 

郭淮はこの時、夏侯覇を姜維率いる蜀軍と戦わせ、

自らは姜維の軍勢を挟み撃ちにする作戦を決行。

姜維は郭淮の軍勢が接近してくることを知ると

急いで軍勢をまとめて撤退していくのでした。

 

そしてこの戦いも郭淮の勝利となります

 

結果・・・・郭淮と姜維どっちが強い??

郭淮と姜維どっちが強い??

 

さて郭淮と姜維は248年にも戦っていますが、

この時は郭淮の作戦に姜維がはまってしまい益州へ撤退していきます。

 

郭淮と姜維の戦いはすべて郭淮が勝利で戦を終えているので

今更語ることはないと思いますが、

敢えて言います。

 

姜維よりも郭淮の方が強いのではないのでしょうか

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レンの独り言

 

姜維よりも郭淮の方が強い結果で今回は終わりました。

姜維の敗因は一体何なのでしょうか。

それはレンの憶測ですが、

やはり戦の経験値が足りなかったのではないのでしょうか。

 

郭淮は夏侯淵司馬懿(しばい)の元で

ふたりの将軍の戦のやり方をしっかりと学ぶことができました。

しかし姜維はあまり戦が得意ではない諸葛孔明だけからしか

(孔明の他にも魏延らから聞いていたかもしれませんが・・・・)学ぶ事ができませんでした。

 

もし姜維が趙雲関羽らから戦のやり方を見て学ぶことができれば、

郭淮よりも強くなっていたかもしれません。

そう考える蜀の重鎮達が早々にいなくなってしまったのが悔やまれますね。

 

参考文献 【ちくま学芸文庫正史三国志蜀・魏書】等

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:郭淮の行動が司馬懿政権を崩壊させたかも知れないってほんと!?

関連記事:姜維の妻や子供は姜維の死後どうなったの?

 

北伐の真実に迫る

北伐  

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 洛陽の最速王は誰だ!意外に速い!三国時代の馬車ってどんなの?
  2. 闕宣(けっせん)とはどんな人?勢力は小さくても強かった自称皇帝闕…
  3. 羌・鮮卑・烏桓だけではない!南の異民族を徹底紹介
  4. 三国志の英雄が未来の人間からパクるという怪現象
  5. 千数百年経っても面白い!?三国時代笑い話
  6. 銅雀台の建造記念パーティーを行う曹操 【典韋vs許褚】曹操護衛隊隊長のナンバーワン決定戦!!
  7. 周瑜 周郎 三国時代の音楽ってどんな感じだったの?
  8. 陳宮は何故曹操を裏切ったのか?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 政(始皇帝)
  2. 黄月英
  3. 豊臣秀吉 戦国時代

おすすめ記事

  1. キングダム 龐煖(ほうけん)は、実はインテリ男子だった?武神は実在したの?
  2. 楊貴妃(ようきひ)とはどんな人?玄宗皇帝を夢中にさせた世界三大美女
  3. 科挙の参考書に載った諸葛亮のヘタうま名文 孔明による出師の表
  4. 三国志で言えば荀彧や賈詡の助言『人気ブロガ―のブログで人生改善』
  5. 三国志では欠かせない攻城と防御の13のテクニック
  6. 資本論には何が書いてあるの?【前編】 カール・マルクス

三國志雑学

  1. 夏侯惇
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 桂小五郎(木戸孝允)
  2. 天下三分の計

おすすめ記事

えっ?三蔵法師にも、猪八戒にも沙悟浄にも前世があった!? 生姜を買ってくる左慈と曹操 三国時代の空には仙人たちが舞っていた!? 大山巌 大山巌とはどんな人?明治の軍人の名言なども紹介 善悪関係なし!6人の君主を渡り天寿を全うした軍師賈詡の生涯! キレる劉備になだめる黄権 口は災いの元だと痛感できる廖立(りょうりつ)のエピソード 馬に乗って戦う若き織田信長 明智光秀は悪人だったのか? 読者の声(10月7日~10月13日) 劉備と孫権 【一触即発】益州の争奪をめぐって劉備と孫権が対立しそうだった

おすすめ記事

  1. 【三国志と節税】ふるさと納税で得しよう 曹操
  2. 公孫瓚の易京城はどんな城? 三国志大学で勉強する公孫瓚
  3. 明智光秀の逸話を紹介! 明智光秀と煕子(麒麟がくる)
  4. キングダムでお馴染みの秦の函谷関ってホントに難攻不落だった?函谷関に隠された秘密
  5. 司馬懿は何で諸葛亮宛に黄権を好評した手紙を送ったの?
  6. 月刊はじめての三国志2018年11月号 (桃園出版 三国舎)を出版しました
  7. 【if三国志】赤壁の戦い前に呉が魏に降伏していたらどうなったの? 呉の孫権
  8. 【初心者向け】kawausoの大三国志 ズボラ戦記

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP