ログイン | 無料ユーザー登録


if三国志
三国志の死因


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

魏の重鎮・郭淮と蜀の大将軍姜維どっちが強いでしょう??

魏の旗をバックに戦争をする郭淮は魏の将軍




姜維

 

三国志の後半になると物語は佳境に入り、

武将達も三国志の前半や中期に比べると少し見劣りします。

しかし物語の内容は前半・中期に比べれば

物語終盤だけあってかなり面白くなっています。

 

この三国志後半の名将の一人に数えられる

魏の重鎮・郭淮(かくわい)と蜀の姜維(きょうい)

二人は幾度も魏の西方をめぐって戦いを重ねてきますが、

一体どちらが強いのでしょうか。

今回はどちらが強いのか紹介したいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:姜維が母よりも蜀選んだ理由に全三国志好きが泣いた!

関連記事:郭淮(かくわい)ってどんな人?蜀軍との戦いに明け暮れた魏の重鎮の司令官

 

 

郭淮姜維の経歴紹介

 

郭淮姜維のことを少しでも知らなければこのお話を読んでも面白くないので、

ここでは郭淮と姜維のことを知らない人に彼らの経歴を紹介したいと思います。

 

郭淮は最初から魏の重鎮として活躍していたわけでなく、

コツコツと武功を重ねながら、

戦の経験を積んで魏の重鎮として重きをなすことになります。

 

彼は夏侯淵(かこうえん)の部下として漢中攻防戦から戦に出て、

孔明(こうめい)の北伐戦を防ぐための戦いにも幾度か参加。

そして郭淮は三国志の後期になると

経験豊富な歴戦の武将として蜀の攻撃から魏の西方を守る将軍へと成長を遂げます。

姜維と孔明

 

蜀の姜維もまた郭淮と同じように叩き上げの将軍です。

姜維は元々魏の人でしたが、

第一回目の諸葛孔明(しょかつこうめい)の北伐戦で蜀へ降伏。

 

その後姜維は孔明の元でビシバシ鍛えられ、

孔明死後蜀軍の中で重きをなしていきます。

姜維は丞相()の死後、

蜀の軍事を一手に担って魏を倒すための北伐を続けていくのです。

 

魏の郭淮と蜀の姜維の経歴をざっくと紹介しました。

では郭淮と姜維は一体どちらが強いのでしょうか。

 

 

郭淮と姜維は戦った事があるの??

郭淮と姜維は戦った事があるの??

 

郭淮と姜維の強さを比較する前に

二人の将軍は戦ったことがあるのでしょうか。

 

結論から言いますと二人は幾度が戦ったことがあります。

そのためここでは二人の強さを戦いの勝敗から比べてみたいと思います。

 

【未来を拓く問題解決策】楽しみながら自分を変える方法
袁術くんの成長日記

 

240年 第一回郭淮VS姜維の戦い

 

240年姜維は魏の西方の土地・隴西(ろうせい)を奪うべく出陣。

郭淮は姜維が出陣してくるとの報告が入ると自ら軍勢を率いて、

姜維率いる蜀軍を迎撃するべく出陣。

二人は隴西近辺で戦いを行うことになります。

 

そして郭淮が姜維率いる軍勢を撃退することに成功。

姜維は軍勢を率いて退却していくのでした。

こうして郭淮vs姜維の戦いの初戦は郭淮の勝利で終わります

 

247年 郭淮vs姜維の戦い

247年郭淮vs姜維の戦い

 

247年姜維は魏に付き従っていた羌族が大規模な反乱を起こし、

蜀へ援軍を求めてきたので、

自ら軍勢を率いて出陣。

 

郭淮は羌族が蜀軍を援軍として迎え入れようしている事を知って、

夏侯覇(かこうは)と共に軍勢を率いて迎撃に出ます。

 

郭淮はこの時、夏侯覇を姜維率いる蜀軍と戦わせ、

自らは姜維の軍勢を挟み撃ちにする作戦を決行。

姜維は郭淮の軍勢が接近してくることを知ると

急いで軍勢をまとめて撤退していくのでした。

 

そしてこの戦いも郭淮の勝利となります

 

結果・・・・郭淮と姜維どっちが強い??

郭淮と姜維どっちが強い??

 

さて郭淮と姜維は248年にも戦っていますが、

この時は郭淮の作戦に姜維がはまってしまい益州へ撤退していきます。

 

郭淮と姜維の戦いはすべて郭淮が勝利で戦を終えているので

今更語ることはないと思いますが、

敢えて言います。

 

姜維よりも郭淮の方が強いのではないのでしょうか

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レンの独り言

 

姜維よりも郭淮の方が強い結果で今回は終わりました。

姜維の敗因は一体何なのでしょうか。

それはレンの憶測ですが、

やはり戦の経験値が足りなかったのではないのでしょうか。

 

郭淮は夏侯淵司馬懿(しばい)の元で

ふたりの将軍の戦のやり方をしっかりと学ぶことができました。

しかし姜維はあまり戦が得意ではない諸葛孔明だけからしか

(孔明の他にも魏延らから聞いていたかもしれませんが・・・・)学ぶ事ができませんでした。

 

もし姜維が趙雲関羽らから戦のやり方を見て学ぶことができれば、

郭淮よりも強くなっていたかもしれません。

そう考える蜀の重鎮達が早々にいなくなってしまったのが悔やまれますね。

 

参考文献 【ちくま学芸文庫正史三国志蜀・魏書】等

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:郭淮の行動が司馬懿政権を崩壊させたかも知れないってほんと!?

関連記事:姜維の妻や子供は姜維の死後どうなったの?

 

北伐の真実に迫る

北伐  

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 四書五経とはぶっちゃけ何?読んだら何になるの?
  2. 【真田丸】NHK大河ドラマ決定記念!家康と劉備の黒歴史の共通点。…
  3. 赤壁の戦いで敗北する曹操 曹操、思い出したくないあの場面を知育パズルにされる(華容道)
  4. 李カク、献帝 劉備の人肉食は何故美談になったのか?よかミカンが考察
  5. 黄巾賊 黄巾の乱から増える戦死者、三国志時代が人口減少を招いたの?
  6. 顔良と関羽 袁紹の敗北は関羽のせいだった?
  7. 曹操も劉備もハマってた?三国時代の大人気ゲーム『六博』ってどんな…
  8. 名推理!三国志時代にも名裁判官が存在した!?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 水滸伝って何? 書類や本
  2. キングダム
  3. 勉強する呂蒙
  4. スウェーデンで海外ロケの撮影をしている田畑政治と金栗四三 いだてん
  5. そろばんを叩く関羽
  6. 皇帝に就任した曹丕

おすすめ記事

  1. 尹賞とはどんな人?姜維と一緒に蜀を支えた出世頭!? 皇帝・劉禅が住んでいる宮殿や成都を警備する伊賞
  2. 【キングダム558話】「人外の武」ネタバレ&レビュー
  3. 皇帝に即位した袁術とは何者か?早すぎた改革者に迫る 袁術
  4. 【第二回 放置少女】これはやりすぎじゃね?新しく加わった黄月英はネコだった!?
  5. 井伊直弼の家系図は豪華絢爛! 井伊直政
  6. 張緝(ちょうしゅう)とはどんな人?ドケチで自らの権力を誇っていたけど才能はピカイチな張既の息子

三國志雑学

  1. 晋の陳寿
  2. 黄月英
  3. 山頂に陣を敷いた馬謖


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 李典
  2. 後継者を決めずにダラダラする袁紹
  3. 孔明 劉備の剣とハンコ
  4. 陸遜の部下の兵士
  5. 廃仏毀釈

おすすめ記事

秦国六大将軍、胡傷(こしょう)は王翦の師匠だった!? 劉邦と劉備 劉備と劉邦 徳川家を守った篤姫 大奥の規模はどの位あったの? 袁家をイジメる董卓 三国志の英雄で上司にするなら誰にしたい!? 袁紹と曹操 千数百年経っても面白い!?三国時代笑い話 二世は辛いよ!やられキャラの張虎と楽綝の生涯を紹介! はじめての三国志 画像準備中 孟宗とはどんな人?孟宗竹(もうそうちく)の由来は呉の親孝行ものであるこの人から! 孔明 郭嘉 周瑜 【三国志の3大軍師を比較】孔明、周瑜、郭嘉の●●●ランキング!

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP