はじめての列子
if三国志




はじめての三国志

menu

キングダムのネタバレ考察

キングダムネタバレ予想「エンポ爺は助からない!?」




壁

 

大人気春秋戦国時代漫画キングダム、572話では、道連れクソヤローことブネン様が

キタリの剣で刺し貫かれるという形で出番終了となりました。

まだ、ロゾ大王様が残っていますが、(へき)かダントか、どちらかの刃にかかるのは、

間違いないので、ここについては割愛(かつあい)します。

今回は、橑陽(りょうよう)攻めにおけるエンポ(じじい)死亡説を予想してみようと思います。

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:キングダムネタバレ最新572話「カタリの仇」レビュー解説

関連記事:キングダムネタバレ最新予想 バジオウは本当に死んだのか?

 

 

キングダムネタバレ予想 バジオウの代わり

キングダムネタバレ予想 バジオウの代わり

 

バジオウは生きている事が確定しました。

たった一コマですが、馬に乗るバジオウが571話に描かれていたのです。

しかし、あれだけの重傷を負って、シレっと生きているとは驚異(きょうい)の体力、

同時に「主要キャラは早々死なないわけね、ケッ」という感想を持つ方もいるでしょう。

ですが、ここでバジオウを活かしておくのは、実は新しい悲劇の伏線かも知れません。

つまり、バジオウの代わりに死ぬキャラが、まだ出てくる可能性があるという事で

現在、その可能性が濃厚なのがエンポ(じじい)です。

 

 

キングダムネタバレ予想 まさかという時にキャラが死ぬ

キングダムネタバレ予想 まさかという時にキャラが死ぬ

 

キングダム関連のスレを見ていると、ようやく橑陽編が終わった、

本編の朱海平原に話を戻そうぜーというカキコミが多いです。

kawausoも、痛々しい牙一族の廉価版のような犬戎族編については、

色々なキャラクターがシナリオの都合で馬鹿に見えてしまうので、

よい所で区切りをつけるべきだと思っていました。

 

それがいよいよ終わりそうですが、

だからこそ、ここで味方の主要キャラが突然に死ぬ事で

読者に大きな衝撃を与える事が出来るのです。

 

【キングダムを100倍楽しむ歴史雑学】
キングダムを100倍楽しむ

 

キングダムネタバレ予想 最後の罠を食い止めてエンポ爺死す

 

一つ気になるのは、いかにロゾ大王様が色ボケ大王としても、

ほぼ、本拠地を空にして外に討って出るのが不可解という事です。

だって、そうでしょう?

もし、見張りに残している兵士が心変わりを起こして

人質に取っている犬戎族の女子供、老人を救出してしまえば、

その時点でロゾ大王の天下は終了になるじゃないですか?

 

幾らなんでも、ロゾ大王はそこまでバカではない筈です。

あてにならない人間の心などに頼らず人質を奪われそうになると、

自動的に発動する(わな)があるのではないでしょうか?

 

キングダムネタバレ予想 人質を救出と思った矢先、罠が発動

楊端和

 

尻尾をつけたゴツイ萌えキャラ、青鬼、赤鬼を先頭にめぼしい残敵を掃討した

エンポ爺と猿手族、彼らが橑陽城の最奥で見つけたのは、

奴隷(どれい)同然にこき使われる犬戎族(けんじゅうぞく)の兵士の家族でした。

 

エンポ爺「おびえんでもええ、助けにきてやったぞい」

 

何故か硬い表情で、こちらにエンポ爺が近づく事を拒む人質

その意味が分からないままにエンポ爺が牢に一歩入った途端に罠が発動し、

天井が落ちてくるのです。

 

その時、場面が転換し壁に致命傷を受けたロゾがニヤリと笑います。

 

「これで勝ったと思うなよ、橑陽城には罠が仕掛けてある、

死ぬのはワシだけではない、犬戎そのものが滅ぶ・・」

 

その瞬間、楊端和の脳裏にエンポ爺の姿がよぎります。

 

キングダムネタバレ予想 ワシに惚れるなよマンタンワ、エンポ爺逝く

ワシに惚れるなよマンタンワ、エンポ爺逝く

 

巨大な牢には、多くの犬戎族の人質が詰め込まれています。

エンポ爺と赤鬼、青鬼は、落ちてくる天井を必死で支え、

一人でも多くの人質を逃がそうとします。

ほかの猿手族は残敵の掃討で牢まで降りてきていません。

 

そして、ようやく全ての人質を牢から逃がした後、

エンポ爺は赤鬼、青鬼に逃げる事を命じます。

しかし、今、二人が抜ければ、エンポ爺の体力では

落ちてくる天井を支えつつ逃げる事は出来ません。

二人は、逃げる事を拒否して、エンポ爺と共に死ぬ事を決意します。

 

「バカ者、これ以上マンタンワを泣かせるつもりか

死ぬのはワシが最後でいいんじゃ!」

 

赤鬼と青鬼は、涙を呑みながら牢から脱出、エンポ爺は落ちてくる天井に

押し潰されて壮絶な最期を迎えるのです。

 

キングダム(春秋戦国時代)ライターkawausoの独り言

キングダム(春秋戦国時代)ライターkawausoの独り言

 

「フッフ、何となく、最初からこうなるような気はしとったわ

男はバカじゃのぅ、、マンタンワよ、ワシに惚れて泣くなよ」

 

この言葉を最後に死んでしまうエンポ爺、

惚れた楊端和の為に橑陽城を奪い取り、最後の最期で死んだ猿手族のエンポ爺に

キングダムファンは、思わぬ感涙にむせぶ、

こんなドンデン返しな終わりじゃあないでしょうか?

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:キングダムネタバレ571話「デッドライン」レビュー解説

関連記事:【キングダムネタバレ予想】フィゴ王ダントがロゾを瞬殺する?!

 

キングダムネタバレ予想 Youtubeネタバレ考察動画

 

【キングダムのネタバレ記事は毎週木曜午前1時更新】
キングダムネタバレ考察

 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 【キングダム554話】「壁軍の攻防」ネタバレ&レビュー…
  2. キングダム 515話 ネタバレ予想:司馬尚は、いつ三大天になるの…
  3. キングダム 511話 ネタバレ予想:王翦はどこへ消えたのか?
  4. 【キングダム559話】「右翼の行方」ネタバレ&レビュー…
  5. キングダム578話最新ネタバレ「明日までに」レビュー解説
  6. 【ネタバレ注意】キングダム543話 「主戦場」 レビュー&今後予…
  7. キングダム 519話 ネタバレ予想:強力な山の民の戦闘力
  8. キングダム579話最新ネタバレ予想「飛信隊の覚醒スイッチは○○だ…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 劉備と張松(ちょうしょう)
  2. 曹操&袁紹花嫁泥棒
  3. 裏切りそうな悪い顔をしている明智光秀
  4. 夏侯惇
  5. 孔子の弟子であり文学が得意な子夏
  6. 伊藤博文

おすすめ記事

  1. 登山家・馬謖の山登りにはちゃんと意味があった! 山頂に陣を敷いた馬謖
  2. 王騎将軍は二人いた!キングダムのカリスマの真実
  3. 織田信長はチンギスハンのように世界の覇権を取ることができた? チンギス・ハン
  4. 【キングダムで人気】藺相如(りんそうじょ)は中国史上最強の度胸の持ち主だった?
  5. 呉のA級戦犯?孫皓を皇帝にした呉の重臣「万彧・濮陽興・張布」 孫皓と張俊
  6. 臥龍は起つ気まんまんだった!?三顧の礼のやらせ劇を詩から読み解くよ

三國志雑学

  1. 魔王曹操
  2. 周瑜、孔明、劉備、曹操 それぞれの列伝・正史三国志
  3. 三国志の主人公・劉備
  4. 君たちはどう生きるか?劉禅
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 劉備と孫権
  2. 魏延と孔明

おすすめ記事

47話:曹操軍、新兵器 発石車で石弓隊を撃破! 【秦の最強武将・白起】無敵の白起将軍の残念な最後 五代友厚 幕末 五代友厚と大久保利通、互いを認め合った2人の逸話 蜀の劉琦 72話:劉琦の恩返し、劉備江夏城へ入る 【はじめての孫子】第5回:戦わずして人の兵を屈するは、善の善なる者なり 太史慈 太史慈と劉備はあの有名人を助けたら人生が変わった!? 周瑜、陸遜 周瑜の遺言が名文すぎて泣ける周瑜爆ageキャンペーン 【ネタバレ注意】キングダム540話 消耗戦 レビュー&今後予想

はじさん企画

“if三国志" “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP