キングダム
濡須口の戦い




はじめての三国志

menu

春秋時代

【孔門十哲】子夏(しか)のどのあたりが文学に長けていたの?

この記事の所要時間: 342





儒教

 

孔子十哲(こうしじってつ)の中で文学(ぶんがく)の才ありと称される子夏(しか)

 

文学といえば詩や小説なんかが得意だったのかな?

と思ってしまいますが、

その当時の文学はそういった文芸のことを指し示す言葉ではありませんでした。

 

文学とはすなわち知識!

 

知識が豊富な人が

「君は文学の才があるね」と言われていたのです。

 

どうやら博識(はくしき)であったらしい子夏。

 

彼はなぜ博識であると称されたのでしょうか?

 

彼に関するエピソードをいくつかピックアップして

その謎を解き明かしていきたいと思います。

 

関連記事:知らないと損をする!孔子に学ぶ健康法が参考になりすぎる!

関連記事:孔子・孟子・筍子?儒教(儒家)ってどんな思想?

 

 

『詩経』を読むなら子夏と

『詩経』を読むなら子夏

 

五経の1つに数えられる『詩経(しきょう)』は、

孔子によって編まれた詩集であると言われています。

 

孔子はその当時の民草が口ずさんでいた民謡から宮廷行事の歌、

そして朝廷の祭祀(さいし)の際に謳われた歌に至るまではば広く集め、

その中でも選りすぐりの300篇ほどの歌の歌詞を

1つの書物としてまとめたのでした。

 

音楽を愛した孔子は、

曲を奏でることも大切にしていましたが、

それと同じかそれ以上に

その歌詞を大切なものであると考えていました。

 

そんな孔子は度々弟子たちと歌詞について言葉を交わしているのですが、

その中には子夏の姿もありました。

 

「巧笑(せん)たり、美目(はん)たり、

()以て(らん)を為す」

という笑顔の口元が愛らしく目元が美しい女性がおしろいを塗るという

詩の意味について、子夏は孔子に教えを乞います。

 

これに対して孔子は

「絵でいえば白い粉で後仕上げをするというようなものだ」と答えます。

 

すると子夏は何かにピンときたらしく、

「相手に対する思いを礼で表現して後仕上げするということでしょうか?」

と即座に聞き返します。

 

孔子は子夏の言葉に大変感心し、

「私を啓発(けいはつ)してくれるのは子夏だ。

ようやく詩をともに語るにふさわしい者を得たよ」

と大絶賛したのでした。(『論語』八佾(はちいつ)篇)

 

自分さえ気づくことができなかった詩の解釈を(ひらめ)いた弟子・子夏に対し、

孔子は一際輝いた目を向けたことでしょう。

 

 

孔子の言葉がわからない…そんなときは子夏に聞こう!

 

ある弟子が仁について尋ねたところ、

「人を愛することだ」という返答を得ました。

 

しかし、あまりにも抽象的(ちゅうしょうてき)で理解できない様子の弟子。

その様子を見た孔子は

「正しい人を(よこしま)な人の上につければ、

邪な人を改心させることができる」

と付け加えます。

 

しかし、かえってチンプンカンプンになってしまった弟子は仕方なく退出し、

子夏に孔子の言葉について尋ねます。

 

孔子の言葉を聞いた子夏は次のように答えました。

「実が詰まった言葉だね。

かつて(しゅん)皐陶(こうよう)抜擢(ばってき)した際には、

仁ではない者が遠ざかっていった。

(いん)湯王(とうおう)が天下を得たときにも、

大勢の臣下の中で伊尹(いいん)を抜擢したから

仁ではない者たちが遠ざかっていったのだ。」(『論語』顔淵(がんえん)篇)

 

抽象的でわかりにくい孔子の言葉に肉付けして

見事わかりやすく解説してみせた子夏。

 

瞬時に具体例を挙げて説明する子夏は、

まさに弟子たちにとって生き字引のような存在であったことでしょう。

 

孔子の愉快な弟子たち『はじめての孔門十哲』
孔門十哲

 

けっこう悲観的な子夏

けっこう悲観的な子夏

 

博識で弟子たちからも頼りにされていた子夏ですが、

けっこう悲観的な側面もあったようです。

 

『礼記』によると、

子夏は子どもを失くしてしまったことにより、

悲しみのあまり失明してしまったのだとか。

 

その後子夏は不幸な我が身を嘆きながら

家で泣き暮らしていたのですが、

ある日、子夏を心配した同門の曾子(そうし)が訪ねてきます。

 

曾子に対してもやはり

「なぜ自分だけがこんなに不幸なんだろう…」

と漏らす子夏。

 

すると曾子は次のように叱咤したのでした。

 

「不幸なのはあなただけではない!

同じく子を失った妻や、兄弟を失った子たちを

ずっと放っておくとは何事だ!」

 

一気に目が覚めるような思いをした子夏は

「私が間違っていた…」と反省したのでした。

 

一時は悲劇のヒーローになり下がっていましたが、

学友の言葉で目を覚ますことができた子夏。

 

持つべきものはやはり友ですね。

 

三国志ライターchopsticksの独り言

三国志ライターchopsticksの独り言

 

ちょっぴり、いえ、かなり打たれ弱い子夏ですが、

孔子が発する少ない言葉から多くのことを得る力は

他の弟子たちと比べても相当優れていたようです。

 

そんな彼は()の国で文侯(ぶんこう)の師として教鞭を振るい、

さらには後に兵法家として名を馳せた呉起(ごき)などにも

孔子の言葉を伝えたと言います。

 

子夏に教わった者たちはきっと幸せだったことでしょう。

 

あの小難しい孔子の言葉を

具体的にわかりやすく教えてもらえたのでしょうから。

 

関連記事:易姓革命!?禅譲か?簒奪か?王莽のはかない夢

関連記事:【なんだそりゃ?】注さらに注!ラビリンスな注釈の歴史

 

登場人物全員が悪!悪人のお祭り騒ぎ!
李傕・郭汜祭り

 

 

chopsticks

chopsticks

投稿者の記事一覧

清朝考証学を勉強中。
銭大昕の史学考証が専門。
片田舎で隠者さながらの晴耕雨読の日々を満喫中。

好きな歴史人物:
諸葛亮、陶淵明、銭大昕

何か一言:
皆さんのお役に立てるような情報を発信できればと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 【春秋時代ミステリー】春秋時代に残るホラー話
  2. 【孔門十哲】冉伯牛(ぜんはくぎゅう)とはどんな人?ハンセン病に侵…
  3. 【晋の文公亡命旅行がすごい】中国大陸を横断していた亡命生活
  4. 【刀匠干将・莫耶】二人が作った剣、実は三国志にも関わり合いがあっ…
  5. 【孔門十哲】閔子騫(びんしけん)とはどんな人?いじめてくる継母も…
  6. 【孔門十哲】子貢(しこう)とはどんな人?弁舌なら孔子にも負けない…
  7. 【春秋時代の覇者から学ぶ】桓公・勾践・呉起から学ぶ!明日から使え…
  8. 漫画では猟師の潁考叔!本当は気合いの入った戦士だった

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 【閲覧注意】血煙上がる『三国志』きれいなお花を咲かせた将軍たち
  2. 【お知らせ】はじめての三国志メモリーズに龐徳を追加しました
  3. 【匡亭の戦い】曹操が黄巾百万を降した奇跡が袁術の関東統一のチャンスを失ってしまう
  4. 張遼の墓は存在するの?中国の三国志観光スポット旅行
  5. 【俺たちだって五虎将だ!】魏の五虎将たち~楽進・于禁篇~
  6. 孫権の後を継ぐのは私なんだから! 孫家のドロドロした後継者問題

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

【経営者必見】三国志と戦国に学ぶ人を活かす経営術 劉備が親孝行でお茶を買う?中国茶の種類を紹介 費禕(ひい)ってどんな人?諸葛亮亡き後の蜀を支えた四相の1人 これなら誰でも騙される!越王句践の凄まじいゴマすりを紹介。 曹操軍の食料担当にはなりたくない!!その理由とは? 十常侍に学ぶ正しい謝罪!真土下座の花道【ビジネス三国志】 【はじさん書評倶楽部】堀江貴文「多動力」を読む 記録が乏しい孫堅の妻たち

おすすめ記事

  1. 【衝撃の事実】劉備と同郷の簡雍(かんよう)がいなければ三国志がなかったかも!?
  2. 四部分類って何?中国で醸成された目録学をご紹介
  3. 北条早雲の目には応仁の乱はどのように写っていたのか?
  4. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース26記事【1/1〜1/8】
  5. 【第2回 幻想少女】我が陣営のエース・関羽雲長を紹介します!
  6. 井伊直弼は井伊直虎の子孫なのか?大河をまたいで続く井伊家
  7. 蘇秦(そしん)とはどんな人?秦の圧力を跳ね返す為、六国を結び付けた合従論者 Part.1
  8. 月刊はじめての三国志2018年4月号 (桃園出版 三国舎)を出版しました

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"
PAGE TOP