kawauso編集長のぼやきVol.24「楽天」

2018年9月19日


 

はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

kawauso編集長

 

あー皆さんこんばんわ kawauso編集長です。

今、良い事がなくて落ち込んでいる人はいませんか?

今回は編集長が落ち込んだ時の事を話します。

 

はじ三編集長のすねすね愚痴記事

 

関連記事:kawauso編集長のぼやきVol.23「ウォーキングコンビニ」

関連記事:kawauso編集長のぼやきVol.22「今見たいテレビ」

 

 

 

監修者

ishihara masamitsu(石原 昌光)kawauso編集長

kawauso 編集長(石原 昌光)

「はじめての三国志」にライターとして参画後、歴史に関する深い知識を活かし活動する編集者・ライター。現在は、日本史から世界史まで幅広いジャンルの記事を1万本以上手がける編集長に。故郷沖縄の歴史に関する勉強会を開催するなどして地域を盛り上げる活動にも精力的に取り組んでいる。FM局FMコザやFMうるまにてラジオパーソナリティを務める他、紙媒体やwebメディアでの掲載多数。大手ゲーム事業の企画立案・監修やセミナーの講師を務めるなど活躍中。

コンテンツ制作責任者

おとぼけ

おとぼけ(田畑 雄貴)

PC関連プロダクトデザイン企業のEC運営を担当。並行してインテリア・雑貨のECを立ち上げ後、2014年2月「GMOインターネット株式会社」を通じて事業売却。その後、「はじめての三国志」を創設。戦略設計から実行までの知見を得るためにBtoBプラットフォーム会社、SEOコンサルティング会社にてWEBディレクターとして従事。現在はコンテンツ制作責任者として「わかるたのしさ」を実感して頂けることを大切にコンテンツ制作を行っている。キーワード設計からコンテンツ編集までを取り仕切るディレクションを担当。


【誤植・誤字脱字の報告】 バナー 誤字脱字 報告 330 x 100



【レポート・論文で引用する場合の留意事項】 はじめての三国志レポート引用について



落ち込みは感情の津波

黄河

 

生きていると色々、ショックな事があります。

恋人に振られたとか実は二股掛けられていたとか

車が事故ったとか故障したとか、

仕事が上手くいかないとかね。

 

まあ、ある程度年齢が行くと、

一つのショックな事では落ち込まないけど

それが二つ、三つ続くと、これは落ち込むもんだよね。

 

そういう場合には、どうするかというと、

これは動かない方がいい

落ち込みは、自分を否定する負の感情を呼び起こし

繰り返しダメ想念が津波のように襲い掛かってくる。

この時に、何かを仕出かすと傷口は大きくなる。

 

 

 



人は元々、楽天的に出来ている

光武帝

 

でも、じっとしているとダメ想念の津波は次第に小さくなる

不思議なもので、自分をダメだダメだと否定している間に

そのダメ想念津波に慣れてしまう

 

そして、あれほど、自己嫌悪(じこけんお)していたのが、

「ま、そんな事言っても死ぬわけじゃなし」と開き直ってしまう

こうなると、ダメ想念津波は起こらなくなり、

自分だけが落ち込んでいただけで、外の世界では、

何の変哲(へんてつ)もない日常が流れている事に気が付く

 

こうなればしめたもので、失恋関係は気持ちの整理の問題

事故とか、何とかは手続きと事務処理の問題になる

(交通事故は程度にもよるけど・・)

そうすると、あれ、思っていたより簡単じゃないかと気が楽になる。

実は、それだけの事なんだよね。

 

【はじさん編集部】編集長kawausoの奮闘日記も絶賛公開中!

はじめての三国志編集長kawauso日記  

 

 

編集長の友人

編集長の友人

 

編集長の友人には、車の免許取ってから20年で10回以上事故にあったヤツがいる

それも、助手席が全損とか、一歩間違うと死んでたんじゃないかという事故、

これだけやって人身事故がないのが凄いけど、

あまりに多く交通事故をやるものだから、そいつは事故にすごく慣れている

保険屋並と言っていいくらいだった。

 

こいつにしても一瞬は落ち込み、ダメ想念が襲ってくるんだけど

頻繁(ひんぱん)に事故っているから、ダメ想念と同時に事故処理の計算も出来ていて

立ち直るのが早くなっている。

 

もっとも、こいつの真似して10回以上、事故ろうとは思わないけどね

 

 

起きた事は戻らないが、ダメ想念はジッとしていると慣れる

はじめての三国志編集部

 

落ち込んだ時に襲ってくるダメ想念は破壊力抜群だから(あらが)わないで、

あーはいはい、俺って駄目だよねとスルーしておく

その間に、ダメ耐性がついてきて、津波に対抗できるようになるから、

そこから気持ちの整理や、後処理のやるべき事をやっていく

そんな感じかな、、落ち込んでいる人、ダメ想念は何度かやってくる間に慣れるよ

辛抱してちょ!

 

んじゃ、また来週~

 

※編集長のぼやき、次回の更新は9月26日の予定です。

 

はじ三編集長のすねすね愚痴記事

 

関連記事:kawauso編集長のぼやきVol.21「陰謀論」

関連記事:kawauso編集長のぼやきVol.20「風雲児たち」

 

kawauso編集長のぼやき

 

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
kawauso

kawauso

台湾より南、フィリピンよりは北の南の島出身、「はじめての三国志」の創業メンバーで古すぎる株。もう、葉っぱがボロボロなので抜く事は困難。本当は三国志より幕末が好きというのは公然のヒミツ。三国志は正史から入ったので、実は演義を書く方がずっと神経を使う天邪鬼。

-kawauso編集長ぼやき