呂布特集
if三国志




はじめての三国志

menu

キングダムのネタバレ考察

キングダムネタバレ予想 壁は大将軍になるのか?




壁

 

犬戎族(けんじゅうぞく)のボス、ロゾを幸運にも討ち取る事が出来た(へき)将軍

これでキタリの武者(むしゃ)ぶりも果たせたし、兵糧庫を焼かれたチョンボも帳消しです。

さらに、敵の総帥を討ったわけですから、信や羌瘣(きょうかい)に差をつけられ続け、

このままフィードアウトするかと思われた壁の運命も大きく変わるかも知れません。

まさか、このまま大将軍に昇進とかもあるのでしょうか?

 

三国志ネタバレ予想は毎週土曜日午前1時の配信です

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:キングダムネタバレ最新573話「祝!壁がロゾ王討った?」レビュー

関連記事:キングダムネタバレ最新予想「エンポ爺は助からない!?」

 

 

キングダムネタバレ最新予想 壁は本当にロゾを討ったのか?

壁は本当にロゾを討ったのか?

 

フィゴ王ダントとの共闘でしたがロゾがダントに気を取られている隙に

壁がロゾの側頭部をザックリ半分ほど斬ってしまいました。

それも、いささか飛び上がり、オラアァ!と信が憑依(ひょうい)したような痛烈な一撃

いかに超回復能力がある異民族兵とはいえ、頭部の半分程度まで刃が刺されば

これは即死認定で間違いないでしょう。

 

化け物じみた運動能力があるロゾなので、最後の大暴れはやりそうですが

それでも、もう1分と動く余裕はないと見ました。

つまり、来週になって「なーんちゃって」はなく壁の大手柄です。

 

 

キングダムネタバレ最新予想 論功行賞

キングダムネタバレ最新予想 論功行賞

 

まだ、(ぎょう)攻略戦が終わっていないので気が早い話ですが、

戦争が終われば論功行賞があり、そこで手柄に応じて褒賞と昇進人事があります。

信は岳嬰(がくえい)を斬っていますから、現時点で大将軍への昇進は間違いないです。

蒙恬(もうてん)も左翼を立て直した功績で王賁(おうほん)も、窮地(きゅうち)に陥った亜光(あこう)軍を救った事で

大将軍候補という事になるかも知れません。

 

しかし、彼らの手柄はそれぞれ、敵の一将軍を斬ったに過ぎないので

犬戎族の王を斬った壁の手柄には及ばない事になります。

これまでの慣例なら壁は二千人将から大将軍になってもオカしくないでしょう。

 

【キングダムのネタバレ記事は毎週木曜午前1時更新】
キングダムネタバレ考察

 

キングダムネタバレ最新予想 壁の勝利は本筋には関係ない?

李斯

 

これで壁が大将軍だー!と言いたい所ですが、不安要素もあります。

それは、犬戎族との戦いはそもそも想定外である上に、

回避しようと思えば出来た戦いであるからです。

 

元々、舜水樹(しゅんすいじゅ)捕虜虐待(ほりょぎゃくたい)により頭に血が上った楊端和(ようたんわ)が誘導に乗ってしまい

深い入りしたのが橑陽(りょうよう)の戦いなのです。

本来なら挑発に乗らず、公孫龍(こうそんりゅう)舜水樹の軍勢が朱海平原に合流するのを

牽制(けんせい)していればいいだけの戦いを、味方が半分になるような大激戦の末に

勝利したのであり、秦からすれば「余計な事をしてくれた」でしょう。

 

これで負けていれば、少なくとも壁は三族皆殺しになる所です。

そして、勝ったとしても「だから何だ?」になる可能性もあります。

 

キングダムネタバレ最新予想 山の民の顔を立てる可能性も

楊端和

 

余計な戦争に秦の正規兵を巻き込んで半壊させた事を考えれば、

勝利した事を踏まえて不問が精いっぱいという気もしますが、

おさまらないのは山の民でしょう。

 

秦の為に多くの味方を失いしかも論功行賞の褒美もないとなれば

激怒して大暴動を起こすかも知れません。

そこは避けたいので、渋々、論功行賞は行いそうです。

 

ですので楊端和は、その損害の大きさを加味して大将軍昇進

壁将軍は、二千人将から五千人将に昇格するあたりで

手打ちになるのではないでしょうか?

 

キングダムネタバレ最新予想 どうして壁に手柄を立てさせた?

kawauso

 

一つ分からないのは、どうして今頃になって壁に大手柄を立てさせたかです。

このままいけば壁は、身分差から信や羌瘣の部隊に入らない限りは、

漫画に出なくなり、懐かしキャラになる筈です。

それを敢えて、手柄を立てさせ信や羌瘣の身分についていけるようにさせる。

これは、やはりどこかで壁を華々しく戦わせ、壁死を実現させるつもり・・

そのようにも推測できないでしょうか?

 

キングダム(春秋戦国時代)ライターkawausoの独り言

キングダム(春秋戦国時代)ライターkawausoの独り言

 

本来なら、王弟謀反編で死ぬ筈だった壁を活かした作者、

しかし、だからって最後まで活かしておくよーという保証はありません。

むしろ、大方の予想を裏切り理不尽な死を迎えさせる方が

ファンの心を掴む事は、王騎(おうき)の死で実証済みです。

ここぞという所で主要キャラを殺し、漫画人気のブースターにする

そういう事も十分にあり得るのだと思います。

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:キングダムネタバレ572話「カタリの仇」レビュー解説

関連記事:キングダムネタバレ予想 バジオウは本当に死んだのか?

 

【キングダムを100倍楽しむ歴史雑学】
キングダムを100倍楽しむ

 

 

キングダムネタバレ最新予想Youtube動画

 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. キングダム ネタバレ予想537話「休載祭り決定!なんてこったい、…
  2. キングダム595話ネタバレ予想vol2羌瘣を救い那貴が大活躍
  3. キングダム53巻 キングダム588話ネタバレ雑学「王賁の槍術って本当に存在するの?…
  4. キングダム598話ネタバレ予想vol2「次に飛信隊に死者が出る戦…
  5. 李牧 キングダム 510話 ネタバレ予想:李牧が王翦に仕掛けた罠とは何…
  6. キングダム593話ネタバレ雑学「趙峩龍の隔砂陣は本当にある?」
  7. キングダム 532話 ネタバレ予想:信が麻紘軍を率いて李牧と激突…
  8. キングダム598話ネタバレ予想ガチリアルに漫画の流れを予想する

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 読者の声バナー(はじめての三国志)
  2. 楊貴妃
  3. 李典
  4. 劉備とサンタクロース
  5. 于禁を虐める曹丕

おすすめ記事

  1. 話題の水素水問題は三国志時代にもあった?健康になる水信仰
  2. 村田新八とはどんな人?「西郷どん」でアコーディオンを弾いた薩摩藩士 村田新八
  3. 【三国志平話】俺って凄いだろ?赤壁の戦いで諸葛亮が嫌な人に変身 孔明
  4. 夏侯惇は軍人としては優秀だったの?正史三国志から夏侯惇を分析 夏侯惇と呂布
  5. 四書五経とはぶっちゃけ何?読んだら何になるの?
  6. 孫権の本拠地である建業は始皇帝の嫉妬によって街の名前が変わった?

三國志雑学

  1. 若かりし劉備
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 周瑜と孫策
  2. 五虎大将軍の関羽
  3. 孔明と劉備、関羽、張飛
  4. 長安(俯瞰で見た漢の時代の大都市)
  5. 羌瘣
  6. 幕末 帝国議会

おすすめ記事

曹操から逃げ回る劉備 【三国志ミステリー】劉備はなぜ奥さんを何度も捨てて逃げたの? 奮闘する黄蓋 黄蓋が赤壁の戦いに出陣したから大勝利できた!その理由とは? 亡くなる周瑜 【江陵攻防戦】名将・曹仁が見せた粘り腰が周瑜に致命的な一撃を加える 【三国志の華佗を越える名医の名言】扁鵲が死人を生き返らせた時に用いた名言 司馬懿の遺言はどのような内容だったの?司馬懿は曹丕が大好きだった? キングダムネタバレ568話「絶望の崖を飛び越えろ」レビュー解説 三国志ライター黒田レン 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第七話「検地がやってきた」の見どころ紹介 初心者にも分かる!陸遜と諸葛亮孔明の関係性

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP