キングダム576話最新ネタバレ予想王翦の行動を桓騎の一言から予測


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

キングダム575話は、久しぶりに朱海平原(しゅかいへいげん)(ぎょう)の様子が描かれました。

桓騎(かんき)軍は食糧不足がより深刻になり、大喰らいが多そうなゼノウ一家がこれ以上食糧を減らすなら、補給隊を襲うと言い出しています。

一方の朱海平原では、信が亜光(あこう)将軍の負傷を王翦(おうせん)に伝えたにも関わらず、何の指示もないままに、10日目の戦いが始まった事に

愚痴(ぐち)をこぼしていました。

王翦は、どこに消えたのか?今回は、それを桓騎のセリフから考えます。

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事: キングダムネタバレ最新575話「総大将の不在」レビュー記事

関連記事:キングダムネタバレ予想575話vol3王翦はどこで何をしているのか?

 


 

キングダム576話最新ネタバレ予想 桓騎の一言がカギでは?

 

キングダム575話でkawausoは、桓騎のセリフが引っ掛かりました。

 

「しかし、王翦の下の奴ら、もたついてるな早くしろよ、ノロマめ」

 

この王翦の下の奴らとは、一体誰を意味するのでしょうか?

普通に考えると王翦が総大将ですから、王翦の指揮下にある人間はすべて王翦の下の奴らという事になります。

ですが、それだと桓騎も含まれる事になるので、それは成り立たないでしょう。

 

だとすると、鄴を攻めている桓騎軍以外の将軍達の事でしょうか?

もたつくという意味から考えると、さっさと趙軍を潰して鄴の包囲に加われそういう事でしょうか?

 


 

キングダム576話最新ネタバレ予想 王翦はどこに行った?

そして、桓騎のセリフには、もうひとつ謎が残されています。

 

「しかし、王翦の下の奴ら、もたついてるな早くしろよ、ノロマめ」

 

そうです、もたついている奴らの中には王翦が含まれていないのです。

もし、含まれているなら王翦と下の奴らのノロマめとなる筈ですよね?

そうならないという事は、間違いなく王翦は、もう朱海平原にはいません。

 

そして、桓騎は王翦が朱海平原にいない事を知っていて、

さらには、王翦が何かを行っている事を承知していて、それに比較して

王翦の下の連中の動きが遅いと言っているのです。

 

桓騎は王翦の勝ちを確信していると考えていいでしょう。

そうでないなら野盗崩れで忠誠心に難がある部下を持つ桓騎が余裕綽々(よゆうしゃくしゃく)で、

とぼしい食糧に耐える事など想像しにくいからです。

 

【キングダムのネタバレ記事は毎週木曜午前1時更新】
キングダムネタバレ考察

 

キングダム576話最新ネタバレ予想 王翦は朱海平原以外で戦いに終止符を打つ

 

王翦は、飛信隊を右翼の援軍に送った時に、こんな事を言いました。

 

「以後、右翼に援軍は送らぬ」

 

これを信は、独力で趙軍の左翼を倒せという意味だと理解しましたが、そもそも、それ自体が勘違いかも知れないでしょう。

つまり、右翼に援軍を送らないとは、王翦自体がすでに本陣にいないので、そちらの情報を聞く立場にはない、だから援軍を送れない

そんな身も蓋も無い突き放した意味ではないでしょうか?

 

もっと突き詰めてしまえば、王翦は左翼の蒙恬(もうてん)に対しても右翼の王賁(おうほん)、信に対しても本軍の援助なしに自力で倒せ、そう言っているのです。

 

「その力量がないなら、大将軍には成れんし、わしの部下にも必要ない」

 

王翦が仮面の下から冷徹な目で、そう言いそうじゃないですか?


 

キングダム576話最新ネタバレ予想 李牧も消えている?

 

動向が分からないと言えば、李牧(りぼく)も登場していません。

馬南慈(ばなんじ)に亜光の陣形の弱点を伝えて、それっきり出てきていないのです。

あくまでも予想ですが、すでに李牧も本陣を引き払って不在なのではないでしょうか?

 

李牧はどこに?それは王翦と同じ所、すなわち閼与(あつよ)だと思われます。

王翦の狙いは、李牧により仕掛けられた兵糧攻めをひっくり返すたった一つの方法列尾(れつび)以外に補給路が秦に通じる閼与を陥落させる事です。

そして、李牧もまた、王翦の狙いが李牧の定めた戦いのルールを覆す事だと、すぐに気づいたと考えられます。

こうして考えると、舜水樹が列尾に向かったのも合点がいきますね。

李牧が王翦を破り閼与を守り抜けば、そこで秦軍の時間切れは決定、あとは、総崩れになり列尾に退却してくる秦軍を潰せばいいからです。


  

 

 

キングダム576話最新ネタバレ予想 閼与を落とす意味

 

どうして、王翦は閼与を狙っているのか?かつて、閼与を秦と趙が争った事もありますが、実は閼与は鄴よりも高地でそこから鄴に向かい

河が流れている事が現在の地図からも確認できます。

こちらの河を利用すれば秦は不便な陸路を通る事なく、閼与からは水運を利用して物資も兵も運べるのです。

ですので閼与陥落の衝撃は、鄴陥落に勝るとも劣らないダメージになるでしょう。

朱海平原は、事実上はフェイクで本当は閼与を秦趙のどこが握るかが重要なんだぜというのが、王翦の大ドンデン返しの正体ではないかと推測します。

 

キングダム(春秋戦国時代)ライターkawausoの独り言

 

桓騎は王翦が勝てない戦はしないのを知っているので、閼与で王翦が李牧を退けるのを確信しています。

だから、朱海平原や橑陽(りょうよう)で戦っている信や王賁や楊端和(ようたんわ)に対して、王翦のスケジュールに遅れずにきっちり趙軍をシメて来い、

もたついてんな、早くしろよノロマめ、、こんな心理状態になっていると推測します。

 

次回記事:キングダム576話ネタバレ考察vol2楊端和は今後どう動く?

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:キングダムネタバレ大予想575話vol2舜水樹は李牧を裏切る!その理由

関連記事:キングダム休載ネタバレ予想575話「王賁vs堯雲、亜花錦vs馬南慈」W一騎打ちか!

 

 

キングダム576話最新ネタバレ Youtube動画

 

キングダムを100倍楽しむ

 


 

関連記事

  1. キングダム54巻amazon
  2. キングダム53巻
  3. 蘇秦(そしん)は合従連衡を行った
  4. キングダム55巻

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“カレンダーの世界史"

“鉄と日本の二千年史"

“ながら三国志音声コンテンツ"

“if三国志"

PAGE TOP