ボク皇帝の子孫です!人の名声を利用する借屍還魂とは?


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

孫子の兵法

 

『三国志』で描かれる数々の戦では、

智謀家たちによる見事な駆け引きが繰り広げられます。

その駆け引きの源泉は兵法であると知り、

兵法の世界にのめり込んだという人も

少なくないのではないでしょうか。

 

兵法書として最も有名なのは『孫子(そんし)』だと思いますが、

実は中国では『孫子』よりも有名な兵法書があります。

それは、南朝宋の檀道済(たんどうせい)による『兵法三十六計』です。

 

『南斉書』に見える

「三十六計逃げるに如かず」の語源となったその書は、

正直なところ文章がそれほど上手ではなく、

戦術とは言い難いものが含まれているということで

人々に読まれなくなってしまった兵法書だったのですが、

日常生活において使える計略が多いということで

近年見直されるようになったとのこと。

 

実はそんな三十六計の中には、

それが計略であると知ってか知らずか

三国時代に活躍したあの人たちも

ちゃっかり用いていたものがあります。

それが「(しかばね)を借りて(たましい)(かえ)す」の計です。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【兵法書・六鞱(りくとう)】いにしえのカッチョイイ名言をビジネスに応用しよう!

関連記事:蜀討伐戦の驚きの真実!鄧艾は孫子の兵法書を応用していた!

 


 

借屍還魂って何?

借屍還魂って何?

 

『兵法三十六計』は

大まかに勝戦計・敵戦計・攻戦計・混戦計・併戦計・敗戦計

の6つの計略に分けられ、

それぞれに6つずつ細かい計略が記されている書物です。

 

「屍を借りて魂を還す」すなわち「借屍還魂」とは、

一筋縄ではいかない敵を相手取って戦う際に有効な

攻戦計の1つとして挙げられている戦法です

 

死んだ人や他人の大義名分を持ち出して、

自分の目的を達成する計略であると言われています。

 

この計略の名前は、

ある仙人が幽体離脱(ゆうたいりだつ)している間に

師匠が死んでしまったと勘違いした弟子に

体を焼かれて戻れなくなった際、

他の人の死体に魂を宿して復活したという話に

由来しているのだそうです。

 


 

自分にゆかりのあるっぽい人を使って自分をより大きく見せる

剣を持った劉備

 

なんとなく具体性に欠けるため、

幅広い解釈がなされる「借屍還魂」ですが、

戦の場でゲットした敵軍の捕虜を

味方として使うということだけではなく、

民衆心理を動かすことも「借屍還魂」であると

捉えられることがあります

 

三国時代でいえば、

孫堅(そんけん)が『孫子』を著した孫武(そんぶ)の子孫であると自称したり、

劉備(りゅうび)が自分は前漢景帝(けいてい)末裔(まつえい)だと自称したり

といったことが挙げられるでしょう。

名字が同じだという理由で

有名人を自分の先祖だと言ってみるということは

よくあった話だそう。

 

しかし、そのおかげで

孫堅も劉備も人から一目置かれる存在になれたわけです。

特に劉備は

漢王朝の血を引く者ということで、

漢王朝再興を謳って

自ら皇帝になることに成功しています。

 

もし劉備が前漢景帝の末裔を名乗っていなかったら

臣下のほとんどは付いてきてくれなかったはず。

人々の心を動かしたのは、

劉備の仁徳というよりも、

漢王朝の末裔というネームバリューだったのではないでしょうか。

 

関羽の弔い合戦「夷陵の戦い」を分析
夷陵の戦い


 

王朝末期の皇帝を傀儡化して自分のすごさをアピール

献帝

 

呉も蜀も自分の祖先をでっち上げて

わいわいやっていたのですが、

魏の曹操(そうそう)はそういった方法をとりませんでした。

 

このように言うと

曹操は実力によってのし上がった

と思われる人も多いかもしれませんが、

実は曹操も「借屍還魂」の計略を

別の形で使っていたと言われています

曹操がどのように

「借屍還魂」の計を使っていたのでしょうか?

 

曹操は後漢最後の皇帝となる献帝(けんてい)を自分の手元に置き、

献帝を傀儡のように操って

自分の思い通りに政治を動かしていました。

「曹操の命令なんて聞かない!」という者も

献帝の名を出されては従うしかありません。

 

そんなわけで曹操は

自ら皇帝に立ってどうこうするようなことはなく、

最期の時まで献帝の威を借りて

実質的に天下に君臨することに成功したというわけです。

 

しかし、皮肉なことに曹操が礎を築いた魏も

司馬昭(しばしょう)によって献帝と同じ憂き目を

味わうことになってしまいます。

因果応報(いんがおうほう)と言うべきなのでしょうね。


  

 

 

三国志ライターchopsticksの独り言

三国志ライターchopsticksの独り言

 

三国時代に覇権を争っていた英傑たちは

どいつもこいつも「虎の威を借る狐」だったわけです。

しかし、後に「三十六計」に組み込まれるような計略を

時代に先んじて用いて成功をおさめていたという点では、

やはり三人とも優れた人物だったのでしょう。

 

なりふり構わない感じがする「借屍還魂」ですが、

実は現代を生き抜く上でも役に立つ計略なのかもしれませんよ。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:諸葛亮孔明が残した兵法書はどれなの?便宜十六策の中身を一部紹介

関連記事:曹操って孫子の兵法書を編集した人だけど兵法を使って戦ったことあるの?

 

伝説の企画 朝まで三国志 最強のワルは誰だ

朝まで三国志1  

 

 

関連記事

  1. 的蘆に乗って逃げる劉備
  2. 後継者を決めずにダラダラする袁紹
  3. 蜀の皇帝に即位した劉備
  4. 顔良と関羽
  5. 病気がちな孔明
  6. 種子島を目指す衛温

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。


はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

3冊同時発売

“脱税の歴史

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"

ASMR

PAGE TOP