英雄の死因
if三国志




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

ボク皇帝の子孫です!人の名声を利用する借屍還魂とは?




孫子の兵法

 

三国志』で描かれる数々の戦では、

智謀家たちによる見事な駆け引きが繰り広げられます。

その駆け引きの源泉は兵法であると知り、

兵法の世界にのめり込んだという人も

少なくないのではないでしょうか。

 

兵法書として最も有名なのは『孫子(そんし)』だと思いますが、

実は中国では『孫子』よりも有名な兵法書があります。

それは、南朝宋の檀道済(たんどうせい)による『兵法三十六計』です。

 

『南斉書』に見える

「三十六計逃げるに如かず」の語源となったその書は、

正直なところ文章がそれほど上手ではなく、

戦術とは言い難いものが含まれているということで

人々に読まれなくなってしまった兵法書だったのですが、

日常生活において使える計略が多いということで

近年見直されるようになったとのこと。

 

実はそんな三十六計の中には、

それが計略であると知ってか知らずか

三国時代に活躍したあの人たちも

ちゃっかり用いていたものがあります。

それが「(しかばね)を借りて(たましい)(かえ)す」の計です。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【兵法書・六鞱(りくとう)】いにしえのカッチョイイ名言をビジネスに応用しよう!

関連記事:蜀討伐戦の驚きの真実!鄧艾は孫子の兵法書を応用していた!

 

 

借屍還魂って何?

借屍還魂って何?

 

『兵法三十六計』は

大まかに勝戦計・敵戦計・攻戦計・混戦計・併戦計・敗戦計

の6つの計略に分けられ、

それぞれに6つずつ細かい計略が記されている書物です。

 

「屍を借りて魂を還す」すなわち「借屍還魂」とは、

一筋縄ではいかない敵を相手取って戦う際に有効な

攻戦計の1つとして挙げられている戦法です

 

死んだ人や他人の大義名分を持ち出して、

自分の目的を達成する計略であると言われています。

 

この計略の名前は、

ある仙人が幽体離脱(ゆうたいりだつ)している間に

師匠が死んでしまったと勘違いした弟子に

体を焼かれて戻れなくなった際、

他の人の死体に魂を宿して復活したという話に

由来しているのだそうです。

 

 

自分にゆかりのあるっぽい人を使って自分をより大きく見せる

剣を持った劉備

 

なんとなく具体性に欠けるため、

幅広い解釈がなされる「借屍還魂」ですが、

戦の場でゲットした敵軍の捕虜を

味方として使うということだけではなく、

民衆心理を動かすことも「借屍還魂」であると

捉えられることがあります

 

三国時代でいえば、

孫堅(そんけん)が『孫子』を著した孫武(そんぶ)の子孫であると自称したり、

劉備(りゅうび)が自分は前漢景帝(けいてい)末裔(まつえい)だと自称したり

といったことが挙げられるでしょう。

名字が同じだという理由で

有名人を自分の先祖だと言ってみるということは

よくあった話だそう。

 

しかし、そのおかげで

孫堅劉備も人から一目置かれる存在になれたわけです。

特に劉備

漢王朝の血を引く者ということで、

漢王朝再興を謳って

自ら皇帝になることに成功しています。

 

もし劉備が前漢景帝の末裔を名乗っていなかったら

臣下のほとんどは付いてきてくれなかったはず。

人々の心を動かしたのは、

劉備の仁徳というよりも、

漢王朝の末裔というネームバリューだったのではないでしょうか。

 

関羽の弔い合戦「夷陵の戦い」を分析
夷陵の戦い

 

王朝末期の皇帝を傀儡化して自分のすごさをアピール

献帝

 

呉も蜀も自分の祖先をでっち上げて

わいわいやっていたのですが、

魏の曹操(そうそう)はそういった方法をとりませんでした。

 

このように言うと

曹操は実力によってのし上がった

と思われる人も多いかもしれませんが、

実は曹操も「借屍還魂」の計略を

別の形で使っていたと言われています

曹操がどのように

「借屍還魂」の計を使っていたのでしょうか?

 

曹操は後漢最後の皇帝となる献帝(けんてい)を自分の手元に置き、

献帝を傀儡のように操って

自分の思い通りに政治を動かしていました。

「曹操の命令なんて聞かない!」という者も

献帝の名を出されては従うしかありません。

 

そんなわけで曹操は

自ら皇帝に立ってどうこうするようなことはなく、

最期の時まで献帝の威を借りて

実質的に天下に君臨することに成功したというわけです。

 

しかし、皮肉なことに曹操が礎を築いた魏も

司馬昭(しばしょう)によって献帝と同じ憂き目を

味わうことになってしまいます。

因果応報(いんがおうほう)と言うべきなのでしょうね。

 

三国志ライターchopsticksの独り言

三国志ライターchopsticksの独り言

 

三国時代に覇権を争っていた英傑たちは

どいつもこいつも「虎の威を借る狐」だったわけです。

しかし、後に「三十六計」に組み込まれるような計略を

時代に先んじて用いて成功をおさめていたという点では、

やはり三人とも優れた人物だったのでしょう。

 

なりふり構わない感じがする「借屍還魂」ですが、

実は現代を生き抜く上でも役に立つ計略なのかもしれませんよ。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:諸葛亮孔明が残した兵法書はどれなの?便宜十六策の中身を一部紹介

関連記事:曹操って孫子の兵法書を編集した人だけど兵法を使って戦ったことあるの?

 

伝説の企画 朝まで三国志 最強のワルは誰だ

朝まで三国志1  

chopsticks

chopsticks

投稿者の記事一覧

清朝考証学を勉強中。
銭大昕の史学考証が専門。
片田舎で隠者さながらの晴耕雨読の日々を満喫中。

好きな歴史人物:
諸葛亮、陶淵明、銭大昕

何か一言:
皆さんのお役に立てるような情報を発信できればと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. はじさんが孫権を丸裸に!素顔は?身長は?孫権を徹底追及!
  2. 記録が乏しい孫堅の妻たち
  3. 張飛にお酒はだめだよ 劉備と呂布を仲たがいさせよ!駆虎呑狼の計
  4. 【3分でわかる】魏・蜀・呉はどうやって兵力を手に入れていたの?
  5. 宋姫 【後漢のラストエンペラー】献帝の妻・伏皇后が危険な橋を渡った理由…
  6. 幕末 魏呉蜀 書物 【笑林】上申書をコピペしてクビになった役人の話
  7. 陸遜 石兵八陣(八卦陣)は実在した?陸遜が夷陵の戦いで破れなかった八卦…
  8. 裏切りは許さぬ 曹操 呂伯奢一家殺害事件 曹操:「俺を裏切ることは許さない!」

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 孟嘗君
  2. 楽進の矢でが命を落とす成廉
  3. 三国夢幻演義バナー 龍の少年
  4. 西郷従道 幕末
  5. 寧宗
  6. はじめての三国志 画像準備中

おすすめ記事

  1. 孫権はなぜ孫策の子息を冷遇したの?それは孫権が袁術を愛していたから? 袁術と孫策
  2. 【kawausoミエル化計画】地味な劉表政権をミエルカしてみたよ!
  3. 李豊(りほう)とはどんな人?才能ある人物なのかそれともただのポンコツなのか
  4. 曹操には弱点はないの? 曹操の弱点(蟻)
  5. 司馬懿(しばい)ってどんな人?実は列伝が無い孔明のライバル 異議ありと叫ぶ司馬懿
  6. 後宮に入っても安泰じゃない?女の園の階級闘争とは 後宮にいる美女の階級事情

三國志雑学

  1. 曹仁
  2. 結婚を喜ぶ孫策
  3. 曹休
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 司馬懿
  2. キングダム53巻
  3. 後悔する孫権
  4. キングダムの政
  5. 呂布に暗殺される董卓

おすすめ記事

山頂に陣を敷いた馬謖 馬謖が山上に布陣しなければ第一次北伐は成功したの? 廃仏毀釈 鎌倉時代は仏像にリアルさを求めた!? 郭嘉の先見の明が凄すぎる!?孫策が暗殺されることを予想して進言した天才軍師 【歴史が変わった?】袁術が献帝を擁護していたらどうなってたの? 1185(いいはこ)になった?三国時代の幕府って何? 狂気!我が子を後継者にしなかった夫への報復!袁紹の愛人5人を切り刻んだ劉氏の怨念 【閲覧注意】寄生虫が原因の症状が怖すぎる!寄生虫で死んだ陳登(ちんとう)はじさん臨終図巻 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース12記事【10/23〜10/29】

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP