ログイン | 無料ユーザー登録


朝まで三国志
徐庶


はじめての三国志

menu

kawauso編集長ぼやき

kawauso編集長のぼやきVol.29「好きだからこそ」


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

 

あー、皆さん、こんばんわkawauso編集長だyo!

kawwausoはほぼ半日、椅子に座ってパソコンパチパチのデスクワークです。

どうして、そんな事が毎日出来るのかというとやはり歴史が好きだからなんだな

 

はじ三編集長のすねすね愚痴記事

関連記事:kawauso編集長のぼやきVol.28「ラヂオの時間」

関連記事:kawauso編集長のぼやきVol.27「真似は大事」

 


 

好きという原動力

 

kawausoは、いいオジサンだけど、今でも一番熱くなれる事は歴史です。

それは三国志も含むだけど、歴史の事を考えている時間が一番楽しい。

何か思いついたり、歴史の新しい事実を知ったりすると、夜中からでも起き出して、それを作品化しようとパソコンを立ち上げたりする。

その時間が無類に楽しい、歴史好きという趣味がなかったら、退屈をこじらせて、酒かパチンコに溺れていたかも知れないよ。

 


 

好きから伝えたいという意欲

 

kawausoの場合には、好きから伝えたいという方向にほぼ自動的に切り替わる。

ネット環境がない時には、原稿用紙やノートに発散していたもんだけど、こうして、ネット環境が整備されたお陰で不特定多数の人々に、

自分の伝えたい事をストレートに伝達できるようになった。

でも、好きという感情から伝えるというアクションには、難題が多い・・

 

自分の頭の中から、指を通してキーボードを叩く時には、面白さは、10分の1になっていると感じる。

これは、良い方であって、20分の1から、30分の1になる事だってある。

そもそも、自分が楽しいと思っても、それ以外の人はこれっぽっちも興味がない可能性だってある。

 

伝えたいという気持ちは、いつだって片思いから始まる。

しかも、伝えたい相手は一人ではない、色々な人だ。

表現する人は贅沢なものだけど、そうじゃないと生業にはならないから、それは(いばら)の道というものだろう。

 

はじ三編集長のすねすね愚痴記事
kawauso編集長のぼやき


 

全世界の好きな事を持っている人に幸あれ

 

昔、国民作家と言われた司馬遼太郎は、

私は自分の作品のファンでいてくれる3000人の為に書いていると言った。

戦後日本で一番売れた小説家の言葉としては、謙遜(けんそん)と思える程に少ないけどでも、3000人を様々な個性を持った多様な人々と考えると、

確かに3000人に本当に支持される人は、国民作家になれるのかも知れない。

 

司馬遼太郎も歴史が好きだった、学生時代に教室で史記を講談みたいに語っていたそうだ。

何となく、あの文体を見ていると分かる気がする。

歴史小説を書いていて一番楽しかったのは、多分、司馬遼太郎だろう。

 

必死になって史記の名シーンを覚えて、それを特に興味がない同級生の前でやったのだろうと思う。

それでも続けている間に好評になったのだから、好きな気持ちは偉大なもんだな。

 

今回は、というか、いつもまとまりがなく終わるけど、

全世界の好きな事を持っている人に幸あれ!!

 

※編集長のぼやき、次回の更新は11月1日の予定です。

 

はじ三編集長のすねすね愚痴記事

 

関連記事:kawauso編集長のぼやきVol.26「倒れない編集長」

関連記事:kawauso編集長のぼやきVol.25「ナラティブ」

 

■中国を代表する物語「水滸伝」を分かりやすく解説■はじめての水滸伝

 


 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. kawauso編集長のぼやきVol.7「記事では書けないネタ」
  2. kawauso編集長のぼやきVol.1「情報受け身社会」
  3. 朝まで三国志2017表情 kawausoさん04 哀 kawauso編集長のぼやきVol.14「三国志冬の時代」
  4. kawauso編集長のぼやきVol.15「怖いもの」
  5. kawauso編集長のぼやきVol.4「三国志はオモチャだ!」
  6. kawausoさん kawauso編集長のぼやきVol.6「天敵」
  7. kawauso編集長のぼやきVol.25「ナラティブ」
  8. kawauso kawauso編集長のぼやきVol.18「はじ三が有料記事出すっ…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. おんな城主 直虎
  2. 三国志のモブ 反乱
  3. 王昭儀
  4. 織田信長
  5. 周瑜の魅力
  6. 呉の勢力を率いる孫策
  7. 徳川慶喜(幕末)
  8. 京劇コスチューム趙雲

おすすめ記事

  1. 戦国時代の農民の暮らしは超スパルタで戦闘的だった? 餓えた農民(水滸伝)
  2. キングダム休載ネタバレ予想575話「王賁vs堯雲、亜花錦vs馬南慈」W一騎打ちか!
  3. 【月間まとめ】2016年5月の注目ニュース21選!
  4. はじめての三国志チャンネル 第1回目 – 自己紹介編 【001】
  5. キングダム615話ネタバレ予想vol2「王翦はどのように反撃する?」 馬で高速移動する王翦
  6. 周舒(しゅうじょ)とはどんな人?預言書に記されていた「漢に代わる者は当塗高」の見解を示した蜀の学者達

三國志雑学

  1. 法正と劉備
  2. 統
  3. 茶を飲む張角(太平道)


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 環夫人
  2. 孟嘗君
  3. 幕末 帝国議会
  4. 燃える本能寺
  5. 曹休
  6. 邪馬台国と卑弥呼軍
  7. 13人の妻達(曹操)

おすすめ記事

佐久間象山、幕末の天才奇人はどうして暗殺された? 最弱武将と対峙する張飛 張飛が長坂橋を落とした時、曹操はどうして攻撃しなかったの? 西郷どんが奄美大島に行った理由は?西郷隆盛の妻・愛加那との出会い 劉禅 【蜀の滅亡へのカウントダウン】こうして蜀の国は滅びへ至った キングダム560話岳嬰を一刀両断「信の間合い」ネタバレ&レビュー 孫権 三国志で一番の悪酔い君主は誰だ?【酒乱ランキング】 張角は歴史の表舞台に登場 黄巾の乱を起こした張本人・張角の素顔に迫る! 【これは悲しすぎる】今や忘れさられた袁術の墓

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“ながら三国志音声コンテンツ"
PAGE TOP