ログイン | 無料ユーザー登録


朝まで三国志
三国志の死因


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

典韋と弁慶の共通点を探してみたら意外な事実が判明!?

典韋にボコボコにされる成廉


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

典韋

典韋

 

曹操(そうそう)のガードマン・典韋(てんい)

彼は曹操のために自らの命を捨ててまで曹操を守りきった

セコムを超える守備力を持った人だと言えるでしょう。

 

さて日本にも君主を命懸けで守った人物が歴史上何人もいますが、

その中でも一番有名なのは武蔵坊弁慶(むさしぼうべんけい)でしょう。

彼もまた源義経(みなもとのよしつね)を守るために自らの身を犠牲にしたガードマンと言える人で、

二人には多くの共通点がありましたので紹介しましょう。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:典韋の死因は?三国志でも有名な悪来の最期の勇姿

関連記事:【初代親衛隊長】呂布軍を打ち破るきっかけを作った典韋(てんい)

 


 

典韋と弁慶の共通点その1:ゴリゴリマッチョの肉体!!

ゴリゴリマッチョの肉体

 

典韋と弁慶の共通点その1としてはゴリゴリマッチョな肉体を持っていることでしょう

典韋は正史三国志によると筋力は人並み外れて優れ、飲み食いは人の二倍だったと有ります。

典韋は人並み外れて筋力に優れ、人の二倍以上食べていた事から

80斤(48キロ)もの重さのある戟を片手で軽々と振って戦っていたそうです。

 

このことから典韋がゴリゴリマッチョの人物だということがお分かりになると思います。

武蔵坊弁慶もゴリゴリまっちょな人物であったと言えるでしょう。

その証左として彼が持っていた鉄杖ですが、

大錫杖と小錫杖があるのですが大き杖はなんと90キロオーバーの代物らしいのです。

 

それを弁慶は使っていたそうなのです。

90キロ以上の重さがある杖を弁慶が使っていたそうですが、

これだけ重たいものを動かせる弁慶であれば

ゴリゴリマッチョの肉体を持った人物と言えるのではないのでしょうか。

 


 

典韋と弁慶の共通点その2:忠義心の塊

忠義心の塊な典韋

 

典韋と弁慶の共通点その2としては両者共に忠義心の塊と言える人物だったことです

典韋は降伏した張繍(ちょうしゅう)軍の奇襲攻撃を受けた際、

曹操を守るため、敵軍に包囲されながらも孤軍奮闘し、曹操を逃がす時間を稼ぎます。

 

弁慶も主君義経を守るために己の身を犠牲にして一人で奮闘した後に亡くなってしまいます。

二人共逃げてもいい状況なのに逃げようとせず、

君主のために命を投げ出すことのできる忠義心の塊ともいえる人物でした。

 

【蒙古が海からやってきた】
アンゴルモア合戦記の特集


 

典韋と弁慶の共通点その3:ふたりの死に様

典韋と弁慶の共通点その3:ふたりの死に様

 

典韋と弁慶の共通点その3としてはふたりの死に様です。

典韋は曹操を逃すために少ない部下と一緒に戦いますが、

最後は大量の弓矢を己の身に突き刺して亡くなってしまいます。

 

弁慶も義経を守るために一人で敵兵を薙ぎ倒しつつも、

最期の時は敵兵の大量の弓矢をその身に受けて亡くなったそうです。

そして弁慶の最後は後世に残り「弁慶の立ち往生」と呼ばれて語り継がれることになります。

 

典韋の壮烈な死も曹操や曹操の配下の諸将たちに語り継がれた事でしょう。

典韋と弁慶は死んだ時の状況もそっくりであったと言えるのではないのでしょうか。


  

 

 

典韋と弁慶の共通点その3:キャラ化されると可愛らしくなる

 

典韋と弁慶の共通点その3としてはマンガだとちょっと可愛らしい部分がある点です。

典韋と弁慶はゴリゴリマッチョでいかついイメージがあると思いますが、

マンガのキャラクターで描かれるとちょっと可愛らしい部分出てくるのです。

 

例えば典韋はキャラ化されると恋姫無双や一騎当千に登場しているようにかわいいキャラクターに変化。

また弁慶も某パズルゲームでキャラ化すると美少女へ変身し、

とっても可愛いキャラクターとして登場します。

 

キャラ化されると史実のようなゴリゴリマッチョの二人も

かなりかわいいキャラクターとして登場しているのが共通点の一つと言えるのではないのでしょうか。

 

三国志ライター黒田レンのひとりごと

三国志ライター黒田レンのひとりごと

 

典韋と弁慶の共通点を今回は紹介しました。

典韋と弁慶の共通点が多く、もしかしたら典韋の生まれ変わった姿が弁慶なのかもしれません。

もし典韋の生まれ変わりであったならば、弁慶との類似点との説明も付くのではないのでしょうか。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:孫権のガードマン周泰は鉄人武将だった!?

関連記事:【三国志ファン必見】これが魏の軍隊だ!

 

伝説の企画 朝まで三国志 最強の軍師は誰だ

朝まで三国志2  
 


 

黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 三国志の英雄たちの詩を調べたら司馬懿ヒドすぎワロタwww
  2. 関羽の青銅像 特別展 三国志が開催!海外初となる出土品の展示や期間は?
  3. 孔明 三国志 Three kingdomsの諸葛亮がイケメンすぎる!
  4. 楽進にクリソツな二世将軍楽綝の最期はかなり悲惨だった!?
  5. 蜀の姜維 姜維が剣閣で最期の鉄壁の守りを見せる!!
  6. 于禁、曹操、青州兵 史実の于禁はどんな評価されていたの?現代に通じる于禁の話
  7. 張コウ 張郃 張郃(ちょうこう)ってどんな人?3度も死にそうになるが、何度も甦…
  8. 徐晃と夏侯淵 夏侯淵が定軍山で戦死した原因は兵力不足だった?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 王平は四龍将
  2. 蜀の姜維
  3. 朝まで三国志2017表情 kawausoさん01 無
  4. 尹夫人と曹操
  5. 黄巾の乱に巻き込まれる若し頃の程昱(ていいく)
  6. 晋の陳寿
  7. 羌瘣
  8. 孔融と禰衡

おすすめ記事

  1. 土方歳三の趣味は俳句、どんな句を詠んでいた? 新選組の土方歳三
  2. 伍子胥(ごししょ)とはどんな人?復讐の鬼となり、楚を滅亡寸前まで追い詰めた呉の名将【誓い編】 はじめての三国志 画像準備中
  3. 子産(しさん)とはどんな人?超弱国を強国にした春秋時代の名宰相 管仲
  4. kawauso編集長のぼやきVol.26「倒れない編集長」
  5. 三国志の魏、呉、蜀で頭の良い軍師は誰だ?ランキング化するよ!
  6. 三国時代の経済ってどうなってたの? まだ漢王朝で消耗しているの? お金と札

三國志雑学

  1. 曹仁
  2. 皇帝いっぱい
  3. 魯粛と周瑜
  4. 司馬懿


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 特集バナー コミュニティのお知らせ 300×250
  2. 幕末70-8_天皇(シルエット)
  3. 呂不韋
  4. 子供時代の桃園三兄弟
  5. 紀霊
  6. 桓騎 キングダム

おすすめ記事

「斉」の旗を持った兵士 戦国策【斉策】滅亡寸前の国を知恵で蘇らせるの巻 日本の猛暑に疲弊している海外のマラソン選手 いだてん 東京オリンピックの暑さ対策としての打ち水は効果あるのか? 酒癖が悪い孫権 なぜ孫権は暴君と化してしまったのか? kawauso編集長、おとぼけさん、コーノさん、廉さん 【はじさん編集部】第2話 三国志なんか読むな!(泣)新橋の夜に吠える はじ三の犬達 武田信玄の死と勝頼の武田家継承の謎 孔子と凄く仲が悪かった隠者とはどんな人達? 孫呉討伐戦の総大将に就任した杜預 孫呉を滅亡させた晋の将軍は誰だったの?杜預それとも王濬? 鄧禹 何顒(かぎょう)とはどんな人?党錮の生き残りで袁術に嫉妬された人

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP