キングダム
馬超


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

典韋の死因は?三国志でも有名な悪来の最期の勇姿

典韋にボコボコにされる成廉




 

三国志に登場する武官や文官たちには、姓と名の他に字(あざな)が記録されている者と、

まったく伝わっていない者に分かれます。

 

猛将と呼ばれる人物の中にも顔良(がんりょう)文醜(ぶんしゅう)

厳顔(げんがん)牛金(ぎゅうきん)馬岱(ばたい)などは字が不明です。

今回はその中でも曹操から絶大な信頼を得ていた「典韋 (てんい)」をご紹介いたします。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:張遼の愛馬の名前は?蒼天航路でも大活躍した黒捷

関連記事:合肥の英雄・張遼も曹操並の人材集めに必死だった!?

 

 

典韋が死亡した年

 

典韋の出身地は兗州の陳留郡ですが、何年に生まれたのかは伝わっていません。

ただし、死亡した年は記録されています「197年」のことです。

 

ちょうど袁術が寿春の地で皇帝を自称した年にあたります。

徐州には呂布も健在で、河北では巨大な勢力を持つ袁紹公孫瓚を滅ぼす寸前でした。

そして荊州では劉表が存在感を示しており、宛城の張繍(ちょうしゅう)をサポートしています。

その中心に曹操の勢力はありました。

 

まさに中原が群雄割拠の様相を呈していたときに、典韋は死亡することになるのです。

 

 

典韋の死因

 

曹操にいち早く降伏したのは宛城の張繍でした。

ここで曹操は張繍の叔父・張済(すでに戦死しています)の

未亡人である鄒氏との情事に没頭してしまうのです。

この不貞行為に怒り心頭の張繍は、軍師である賈詡(かく)に助言を求め、

曹操の隙を突いて夜襲を仕掛けます。

謀叛を起こしたわけです。

 

完全に油断していた曹操はなすすべなく敗れ、

曹操の退路を死守するために親衛隊長の典韋は殿を務めて命が果てるまで戦い抜きました。

最期は重傷を負いながらも敵兵を両脇に挟んで絞め殺しながら死亡しています。

 

日々の生活を工夫で楽しくする『三国志式ライフハック

 

 

息子の死よりも典韋の死を悲しむ

 

曹操は典韋の死闘のおかげもあり、命からがら脱出することに成功します。

この間に典韋だけでなく長子の曹昂や甥の曹安民も曹操を逃がすために犠牲となっていますが、

曹操がその死をもっとも悲しんだのが典韋でした。

 

曹操は典韋の遺骸を奪還させ、告別式を開き、曹操自身も参加しています。

また、その後もこの場所を進軍するたびに祭礼が行われるようになりました。

それだけ典韋は曹操に貢献していたことを示しています。

 

ちなみに典韋は「悪来」とも呼ばれますが、こちらは字ではありません。

剛力の士として知られた殷の紂王の配下・悪来の再来だと

曹操が感嘆したためにそう呼ばれているのです。

これは「三国志演義」の脚色になります。

 

典韋の武器と武勇

 

典韋は誰も持ち上げられない牙門旗を片手で持ち上げるほどの怪力の持ち主で、

重さ80斤の双戟を愛用していました。

三国志演義では、張繍は謀反を起こす前にこの武器を盗んでおり、

典韋は最終的に敵兵二人を双戟の代わりにして戦うという離れ技を演じています。

(片手で大人一人を持ち上げて振り回すのです。超人の域ですね)

 

呂布軍と戦った際には、部下に敵兵が近づいたら知らせるように指示し、

五歩手前に近づいた敵に次々と戟を投げつけて、百発百中の腕前で倒しています。

典韋は怪力だけでなく、手先も器用だったようです。

 

ちなみにゲーム・三國無双では手斧が武器で、

巨体にスキンヘッドというインパクトのある容姿になっています。

 

三国志ライターろひもとの独り言

 

三国志演義を出典とすると、

典韋は遠巻きに矢を射られて全身がハリネズミのようになっても敵を通さずに戦って死亡しています。

まるで義経を最期まで守った弁慶のようですね。

まさに忠義の士の鏡といえるでしょう。

 

ただしもともとの主君は曹操に殺された陳留郡太守・張邈だったようです。

その後、夏候惇が見出し、曹操のお気に入りになるわけですが、

その辺りの典韋の心情の変化や詳細が気になりますね。

やはり曹操の器量に惚れ込んだのでしょうか。

 

その他の武将たちの最期について興味がある方は、

はじめての三国志で検索してみてください。

関連した記事を見つけることができます。

 

はじめての三国志アンケートはこちら

関連記事:スーパーDr華佗が曹操に殺された意外な理由に涙・・

関連記事:曹操は郭嘉を後継者として考えていたのは本当なの?

 

—古代中国の暮らしぶりがよくわかる—

 




関連記事

  1. 【さんすま】三国大戦スマッシュ! 第5回 ついにあの武将が「覇王…
  2. 陳宮 下ヒの戦いで最期を曹操に惜しまれた陳宮、彼は曹操とどんな関係だっ…
  3. 劉邦と劉備 劉備と劉邦
  4. 董卓 董卓はやり手な覇王だった?あの始皇帝も恐れていた匈奴・羌族との深…
  5. 竹林の七賢 竹林の七賢とは何をしている人たちなの?成り立ちなどをわかりやすく…
  6. 二刀流の劉備 劉備は剣術を使うことができたのか正史・演義から調べてみた
  7. 賈詡 アドバイザー賈詡の張繍育成日記
  8. 陶淵明はどんな人?働きたくないでござる酒を愛したニート系詩人

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 蜀の劉琦
  2. 三国志ライター黒田レン
  3. 太史慈
  4. 陸遜
  5. 甄氏(しんし)
  6. 孔明 劉備の剣とハンコ
  7. 馬謖の陣形に笑う張コウ

おすすめ記事

  1. 『真・三國無双8』プロデューサー鈴木亮浩が絶賛する三国志×学園ラブコメ『劉備徳子は静かに暮らしたい(仲野えみこ/白泉社)』第2巻を販売開始。
  2. 左思(さし)ってどんな人?洛陽の紙価を高騰させたブサメン詩人 孫皓に対して戒めの手紙を書く陸抗(りくこう)
  3. 「十万本の矢」孫権・周瑜・張巡の変遷とパクリ歴史を紹介
  4. 衝撃の事実!三国時代に魏・呉・蜀なんて『国』は存在しなかった!? 三国志の英雄(魏 呉 蜀)
  5. 孫皎(そんこう)とはどんな人?孫氏一族の文武兼備な将軍。しかし関羽の呪いで 関羽の呪いでなくなる孫皎(そんこう)
  6. 【衝撃】武霊王がいなければ関羽は赤兎馬に乗っていなかった! 騎射の術に長けた騎馬兵士

三國志雑学

  1. 董卓
  2. 人材マニア 曹操
  3. 悩む司馬炎
  4. 周瑜と孫策
  5. 晋の陳寿


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 劉備 髀肉の嘆 ゆるキャラ
  2. 読書する劉備
  3. おんな城主 直虎
  4. キングダム54巻amazon
  5. 影の薄い孫権
  6. 三国夢幻演義バナー 龍の少年
  7. 陸遜
  8. 魏の夏侯淵

おすすめ記事

袁術の側室・馮氏(ふうし)の憐れな偽装死にも気づかなかった鈍感・袁術エピソード 梁習(りょうしゅう)とはどんな人?曹操も惚れた不安定な幷州を安定させた名官僚 はじめての三国志 画像準備中 楽毅の猛攻に神対応!籠城の天才、斉の田単(でんたん) なんで曹操は人妻が好きなのか?人妻と付き合いたがる男性の心理 スサノオノミコト(日本神話) 古代出雲王国の繁栄は黄巾の乱と関係があった! 胡亥 みんなが名乗りたがる最高の位!皇帝と王の違いについて分かりやすく解説 三国志大学 曹操 科挙とは何?中国の元祖公務員試験を知ろう 賈南風 賈南風(かなんぷう)とはどんな人?司馬衷の妃となって晋王朝を滅亡の淵に叩き込んだ悪女

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP