呂布特集
馬超




はじめての三国志

menu

戦国時代 (日本)

明智光秀の逸話を紹介!

明智光秀と煕子(麒麟がくる)




明智光秀

明智光秀

 

明智光秀(あけちみつひで)といえば武芸に秀でて才能のある織田信長(おだのぶなが)の家臣であり、本能寺(ほんのうじ)の変で信長を裏切り、自害させた悪人という印象を受けると思います。

今回は明智光秀の知られていない部分として、伝えられている人柄や才能について取り上げます。

 

関連記事:本能寺の変に黒幕はいなかった!衝撃の明智光秀単独犯説

関連記事:【織田信長が明智光秀に殺害される】謎に包まれた本能寺の変:黒幕は誰だ?

 

 

明智光秀は文武両道!

銃を構える明智光秀

 

明智光秀は学問と武芸ともに優れていたといわれています。

越前の戦国大名朝倉義景(あさくらよしかげ)の家臣になるきっかけとして、光秀が考えた一揆鎮圧のための作戦が的中したことが挙げられます。

光秀の特技が鉄砲で、当時はポルトガルから輸入されたばかりでした。

日本にあまり出回っていなかったのですが、数少ない鉄砲の名人として驚かせたという逸話が残っています。

足利義昭(あしかがよしあき)と織田信長の家臣になると、知識と交渉能力が高く評価され、連絡役として活動しました。

室町幕府滅亡後、織田信長の家臣となりますが、戦いで敗走したのは1回だけといわれています。

ただし、山崎の戦いは除きます。

 

1581年に、京で京都御馬揃(きょうとおうまそろ)えが行われ、信長から運営のすべてを任されました。

京都御馬揃えとは軍事パレードのことを指しますが、プレッシャーのかかる大仕事を成功させました。

1582年に、信長から家康饗応役(いえやすきょうおうやく)に任じられますが、饗応役を解かれ、中国地方の毛利攻めに行くことになりました。

 

 

明智光秀は愛妻家

煕子

煕子

 

明智光秀は愛妻家だったという逸話が残されています。光秀は牢人として美濃国に生まれました。

光秀には煕子(ひろこ)という妻がいましたが、光秀が貧しい頃から苦労して支えていました。

妻の煕子は婚約した頃に疱瘡(ほうそう)にかかりました。

疱瘡にかかると後遺症として失明したり、顔がただれたりすることがあります。

妻の煕子については疱瘡にかかった後遺症として顔に(あざ)が残りました。

煕子の父はそっくりな妹を代わりに送ろうとしました。

光秀はすぐに妹であると見破り、煕子と結婚すると宣言したといわれています。

戦国時代において、側室を持つことが普通でしたが、生涯側室を持たずに妻の煕子だけを愛したといわれています。

 

時代を超えて愛される中国四大奇書「はじめての西遊記はじめての西遊記

 

明智光秀は地元民に愛されていた

 

明智光秀は愛妻家でしたが、政治面でも光秀の優しい人柄を見ることができます。

良い政治を行っていたことで領民から支持されていました。

また、戦で亡くなったり、負傷したりした家臣に見舞状も送っています。

 

明智光秀は江戸時代まで生きていた?

江戸時代

 

明智光秀は山崎の戦いの後、農民らに殺害されたといわれています。

南光坊天海は天台宗の僧で、徳川家康の右腕として働いていました。

また、当時としては珍しく、天海は100歳以上生きたことで有名です。

光秀は農民らに殺害されたという説が有力ですが、首などの遺体が見つからなかったという点で確定した説ではありません。

光秀は生き延びて、南光坊天海となり、家康に仕えていたという説があります。

この説については、偶然生まれた年が近いこと(光秀1528年、天海1536年)や後に大奥を作った春日局(かすがのつぼね)が光秀の姪であることなど

共通点があるだけで、根拠としてあり得ない話となります。

 

戦国時代ライターオフィス樋口の独り言

戦国時代ライターオフィス樋口の独り言

 

今回は明智光秀の逸話について取り上げました。

この記事を通して、本能寺の変の悪人としてのイメージではなく、光秀の人柄が分かりました。

光秀は愛妻家で、生涯側室を持たなかったことが分かりました。

戦国時代において側室を持つことが普通でしたが、生涯側室を持たなかった戦国武将は少なかったといわれています。

明智光秀以外で、側室を持たなかった戦国武将では黒田官兵衛や山内一豊が挙げられます。

生涯側室を持たなかった戦国武将に注目したいと思います。

 

光秀の人柄は戦いで負傷したり死亡したりした家臣に見舞状を送る点で表われています。

歴史秘話ヒストリアでは、戦で死亡した家臣がいると泣いていた織田信長の姿が特集されていました。

戦国武将の意外な姿にも注目したいと思います。

 

関連記事:【センゴク】明智光秀へ「ありがとう」と感謝しなくてはならない大名達を紹介

関連記事:山崎の戦いってどんな戦いだったの?明智光秀VS羽柴秀吉が激突した戦

 

【記事の見落としゼロ】はじ三配信スケジュール
配信スケジュール

 




オフィス樋口

オフィス樋口

投稿者の記事一覧

自己紹介:フリーランスで予備校の講師をしています。
歴史が好きで、予備校では主に日本史を指導しています。
センター試験の点数を40点台から80点台に伸ばした実績があります。

好きな歴史人物:徳川慶喜(理由:多趣味であることが共通しているから)

関連記事

  1. 明智光秀 麒麟がくる 【明智光秀の都市伝説】実は死んでいない明智光秀
  2. 今川義元 今川家のポンコツではなかった今川義元の前半生に迫る!
  3. 明智光秀 麒麟がくる 明智光秀は農民を大事にしていたのに○○された!?
  4. 武田信玄 徳川家康との対決と信長包囲網構築へ
  5. 火縄銃を気に入る織田信長 織田信長はいつから種子島銃を戦で使ったの?種子島銃の出現から導入…
  6. 織田信長 アゴと信長にあだ名を付けられた柴田勝家の秀吉包囲網がスッゲー
  7. 豊臣秀頼 wikipedia引用 豊臣秀頼(とよとみひでより)は本当に豊臣秀吉の息子なの?
  8. 裏切りそうな悪い顔をしている明智光秀 明智光秀はなぜ織田信長を暗殺したの?江戸時代の歴史家から考察

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 関帝廟 関羽
  2. 荀攸
  3. 周瑜 周郎
  4. 斎藤一 新選組
  5. 徐庶の初陣
  6. キングダム54巻amazon
  7. 朝まで三国志2017 ka、周瑜、陸遜、郭嘉、荀、法正、孔明、司馬懿、袁術

おすすめ記事

  1. 連環の計って、どんな作戦? 連幹の計 呂布 貂蝉
  2. 【キングダム ネタバレ】王翦の部下は麻紘と亜光ではなかった?
  3. 諸葛亮には弟子はいない?孔明の後を継ぐことになった者たちを語ってみる 蒋琬(しょうえん)
  4. 李豊(りほう)とはどんな人?才能ある人物なのかそれともただのポンコツなのか
  5. 鄒氏|その美貌ゆえに破滅した悲劇の女性 鄒氏
  6. 【センゴク】織田信長は長年、本願寺に苦しめられた理由とは? 織田信長

三國志雑学

  1. 皇帝になることを決意する孫権
  2. 呂布に暗殺される董卓
  3. 愛馬に乗る張遼
  4. 大船団を率いて呉を攻める王濬(おうしゅん)


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. キングダム53巻
  2. はじめての三国志
  3. 連幹の計 呂布 貂蝉
  4. 袁術をバカにする曹操と呂布
  5. 関羽の呪いで殺される呂蒙
  6. 陸遜

おすすめ記事

スサノオノミコト(日本神話) スサノオは朝鮮半島から来た!?三韓と出雲の連合構想とは 【キングダム時代考証】漫画の描写は嘘?ホント?キングダムの史実による歴史考証 凌統 三国志細かすぎる知識シリーズ皆が持っていた手版 【第3回 幻霊物語~爆裂三国バトル~】三国志好きならニヤリとする数々のイベントを紹介! はじめての三国志からのお知らせ バナー 【お知らせ】はじめての三国志メモリーズに魏延を追加しました 劉邦をなだめる陳平と張良 意外と知らない楚漢戦争時代の戦い!命からがら逃げれた滎陽城篭城戦 三国夢幻演義バナー 龍の少年 【三国夢幻演義 龍の少年】深いい解説その11「導きの先」 幕末 魏呉蜀 書物 中国の歴史書は二十一史?それとも二十四史どんなことが書いてあるの?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP