三国志平話
濡須口の戦い




はじめての三国志

menu

戦国時代 (日本)

明智光秀の逸話を紹介!




明智光秀

明智光秀

 

明智光秀(あけちみつひで)といえば武芸に秀でて才能のある織田信長(おだのぶなが)の家臣であり、本能寺(ほんのうじ)の変で信長を裏切り、自害させた悪人という印象を受けると思います。

今回は明智光秀の知られていない部分として、伝えられている人柄や才能について取り上げます。

 

関連記事:本能寺の変に黒幕はいなかった!衝撃の明智光秀単独犯説

関連記事:【織田信長が明智光秀に殺害される】謎に包まれた本能寺の変:黒幕は誰だ?

 

 

明智光秀は文武両道!

銃を構える明智光秀

 

明智光秀は学問と武芸ともに優れていたといわれています。

越前の戦国大名朝倉義景(あさくらよしかげ)の家臣になるきっかけとして、光秀が考えた一揆鎮圧のための作戦が的中したことが挙げられます。

光秀の特技が鉄砲で、当時はポルトガルから輸入されたばかりでした。

日本にあまり出回っていなかったのですが、数少ない鉄砲の名人として驚かせたという逸話が残っています。

足利義昭(あしかがよしあき)と織田信長の家臣になると、知識と交渉能力が高く評価され、連絡役として活動しました。

室町幕府滅亡後、織田信長の家臣となりますが、戦いで敗走したのは1回だけといわれています。

ただし、山崎の戦いは除きます。

 

1581年に、京で京都御馬揃(きょうとおうまそろ)えが行われ、信長から運営のすべてを任されました。

京都御馬揃えとは軍事パレードのことを指しますが、プレッシャーのかかる大仕事を成功させました。

1582年に、信長から家康饗応役(いえやすきょうおうやく)に任じられますが、饗応役を解かれ、中国地方の毛利攻めに行くことになりました。

 

 

明智光秀は愛妻家

煕子

煕子

 

明智光秀は愛妻家だったという逸話が残されています。光秀は牢人として美濃国に生まれました。

光秀には煕子(ひろこ)という妻がいましたが、光秀が貧しい頃から苦労して支えていました。

妻の煕子は婚約した頃に疱瘡(ほうそう)にかかりました。

疱瘡にかかると後遺症として失明したり、顔がただれたりすることがあります。

妻の煕子については疱瘡にかかった後遺症として顔に(あざ)が残りました。

煕子の父はそっくりな妹を代わりに送ろうとしました。

光秀はすぐに妹であると見破り、煕子と結婚すると宣言したといわれています。

戦国時代において、側室を持つことが普通でしたが、生涯側室を持たずに妻の煕子だけを愛したといわれています。

 

時代を超えて愛される中国四大奇書「はじめての西遊記はじめての西遊記

 

明智光秀は地元民に愛されていた

 

明智光秀は愛妻家でしたが、政治面でも光秀の優しい人柄を見ることができます。

良い政治を行っていたことで領民から支持されていました。

また、戦で亡くなったり、負傷したりした家臣に見舞状も送っています。

 

明智光秀は江戸時代まで生きていた?

江戸時代

 

明智光秀は山崎の戦いの後、農民らに殺害されたといわれています。

南光坊天海は天台宗の僧で、徳川家康の右腕として働いていました。

また、当時としては珍しく、天海は100歳以上生きたことで有名です。

光秀は農民らに殺害されたという説が有力ですが、首などの遺体が見つからなかったという点で確定した説ではありません。

光秀は生き延びて、南光坊天海となり、家康に仕えていたという説があります。

この説については、偶然生まれた年が近いこと(光秀1528年、天海1536年)や後に大奥を作った春日局(かすがのつぼね)が光秀の姪であることなど

共通点があるだけで、根拠としてあり得ない話となります。

 

戦国時代ライターオフィス樋口の独り言

戦国時代ライターオフィス樋口の独り言

 

今回は明智光秀の逸話について取り上げました。

この記事を通して、本能寺の変の悪人としてのイメージではなく、光秀の人柄が分かりました。

光秀は愛妻家で、生涯側室を持たなかったことが分かりました。

戦国時代において側室を持つことが普通でしたが、生涯側室を持たなかった戦国武将は少なかったといわれています。

明智光秀以外で、側室を持たなかった戦国武将では黒田官兵衛や山内一豊が挙げられます。

生涯側室を持たなかった戦国武将に注目したいと思います。

 

光秀の人柄は戦いで負傷したり死亡したりした家臣に見舞状を送る点で表われています。

歴史秘話ヒストリアでは、戦で死亡した家臣がいると泣いていた織田信長の姿が特集されていました。

戦国武将の意外な姿にも注目したいと思います。

 

関連記事:【センゴク】明智光秀へ「ありがとう」と感謝しなくてはならない大名達を紹介

関連記事:山崎の戦いってどんな戦いだったの?明智光秀VS羽柴秀吉が激突した戦

 

【記事の見落としゼロ】はじ三配信スケジュール
配信スケジュール

 




オフィス樋口

オフィス樋口

投稿者の記事一覧

自己紹介:フリーランスで予備校の講師をしています。
歴史が好きで、予備校では主に日本史を指導しています。
センター試験の点数を40点台から80点台に伸ばした実績があります。

好きな歴史人物:徳川慶喜(理由:多趣味であることが共通しているから)

関連記事

  1. 武田信玄のおびき寄せに乗った哀れな徳川家康
  2. 第六天魔王・織田信長は本当に天下統一がしたかったの?
  3. 豊臣秀吉 戦国時代2 豊臣秀吉の天下統一の第一弾「四国征伐」に向けて何をしたの?
  4. 尼子晴久 尼子晴久(あまごはるひさ)とはどんな人?毛利家最大の敵として立ち…
  5. 明智光秀は悪人だったのか?
  6. 毛利家を守るために小早川隆景の苦渋の決断とは?
  7. 関所撤廃って何?織田信長が行った教科書に記されていない政治
  8. 信長ジェラる?高松城水攻めからの甲州征伐の流れが完璧すぎる

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 蜀の劉琦

おすすめ記事

  1. キングダム 512話 ネタバレ予想:列尾危うし!王翦の次の秘策を徹底予想
  2. 中国で最初に車椅子を使ったのは諸葛孔明だった? 車椅子を発明した人から歴史まで徹底解説!
  3. 張飛に怒鳴られて落馬して死んだ武将、曹丕の粋な計らい等、三国志を彩る変わった武将たち
  4. 本格三国志小説『三国夢幻演義 龍の少年 第2話』6/24(土)配信決定!
  5. 辛憲英(しんけんえい)はどんな人?鍾会の滅亡を予言し自らの子供に注意を与えたママ
  6. 【11月の見どころ】11/23〜28日まで「戦国のパイオニア北条早雲」の特集

三國志雑学

  1. 孫策、陸遜、顧邵、他
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. バナー はじめての三国志コミュニティ300×250

おすすめ記事

【赤壁の戦いの裏側】劉備軍は周瑜に深く関わろうとしなかった! 三国時代の意識の高い役人たちが持ち歩いた七つ道具とは 江東の虎・孫堅が次世代の息子たちに残したものとは? 口は災いの元だと痛感できる廖立(りょうりつ)のエピソード 三国志にも麻薬常用者はいた?魏の何晏は中毒患者? 李広(りこう)とはどんな人?「飛将軍」と呼ばれた男は李信の子孫であった!? 王烈(おうれつ)を知っていたら三国志マニア?名声をもっていながら民衆として生きた名士 張紘(ちょうこう)とはどんな人?張昭と共に孫策・孫権を支えた補佐役

おすすめ記事

  1. 【月間まとめ】2016年5月の注目ニュース21選!
  2. 江川英龍とは?パンから銑鉄まで幕末のマルチ技術者を紹介
  3. 徐晃にとって曹操は人使いの荒いブラック社長?
  4. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十一話「さらば愛しき人よ」の見どころ紹介
  5. 読者の声(2018年12月15日〜12月29日)
  6. 【三国志の素朴な疑問】蜀が北伐を止められなかった理由とは?
  7. 司馬懿は屯田のおかげで曹魏を乗っ取れた?理由に迫る!
  8. 玉に瑕(きず)!アルハラ暴君・孫権

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP