キングダム
南蛮征伐




はじめての三国志

menu

戦国時代 (日本)

明智光秀の逸話を紹介!

明智光秀と煕子(麒麟がくる)




明智光秀

明智光秀

 

明智光秀(あけちみつひで)といえば武芸に秀でて才能のある織田信長(おだのぶなが)の家臣であり、本能寺(ほんのうじ)の変で信長を裏切り、自害させた悪人という印象を受けると思います。

今回は明智光秀の知られていない部分として、伝えられている人柄や才能について取り上げます。

 

関連記事:本能寺の変に黒幕はいなかった!衝撃の明智光秀単独犯説

関連記事:【織田信長が明智光秀に殺害される】謎に包まれた本能寺の変:黒幕は誰だ?

 

 

明智光秀は文武両道!

銃を構える明智光秀

 

明智光秀は学問と武芸ともに優れていたといわれています。

越前の戦国大名朝倉義景(あさくらよしかげ)の家臣になるきっかけとして、光秀が考えた一揆鎮圧のための作戦が的中したことが挙げられます。

光秀の特技が鉄砲で、当時はポルトガルから輸入されたばかりでした。

日本にあまり出回っていなかったのですが、数少ない鉄砲の名人として驚かせたという逸話が残っています。

足利義昭(あしかがよしあき)と織田信長の家臣になると、知識と交渉能力が高く評価され、連絡役として活動しました。

室町幕府滅亡後、織田信長の家臣となりますが、戦いで敗走したのは1回だけといわれています。

ただし、山崎の戦いは除きます。

 

1581年に、京で京都御馬揃(きょうとおうまそろ)えが行われ、信長から運営のすべてを任されました。

京都御馬揃えとは軍事パレードのことを指しますが、プレッシャーのかかる大仕事を成功させました。

1582年に、信長から家康饗応役(いえやすきょうおうやく)に任じられますが、饗応役を解かれ、中国地方の毛利攻めに行くことになりました。

 

 

明智光秀は愛妻家

煕子

煕子

 

明智光秀は愛妻家だったという逸話が残されています。光秀は牢人として美濃国に生まれました。

光秀には煕子(ひろこ)という妻がいましたが、光秀が貧しい頃から苦労して支えていました。

妻の煕子は婚約した頃に疱瘡(ほうそう)にかかりました。

疱瘡にかかると後遺症として失明したり、顔がただれたりすることがあります。

妻の煕子については疱瘡にかかった後遺症として顔に(あざ)が残りました。

煕子の父はそっくりな妹を代わりに送ろうとしました。

光秀はすぐに妹であると見破り、煕子と結婚すると宣言したといわれています。

戦国時代において、側室を持つことが普通でしたが、生涯側室を持たずに妻の煕子だけを愛したといわれています。

 

時代を超えて愛される中国四大奇書「はじめての西遊記はじめての西遊記

 

明智光秀は地元民に愛されていた

 

明智光秀は愛妻家でしたが、政治面でも光秀の優しい人柄を見ることができます。

良い政治を行っていたことで領民から支持されていました。

また、戦で亡くなったり、負傷したりした家臣に見舞状も送っています。

 

明智光秀は江戸時代まで生きていた?

江戸時代

 

明智光秀は山崎の戦いの後、農民らに殺害されたといわれています。

南光坊天海は天台宗の僧で、徳川家康の右腕として働いていました。

また、当時としては珍しく、天海は100歳以上生きたことで有名です。

光秀は農民らに殺害されたという説が有力ですが、首などの遺体が見つからなかったという点で確定した説ではありません。

光秀は生き延びて、南光坊天海となり、家康に仕えていたという説があります。

この説については、偶然生まれた年が近いこと(光秀1528年、天海1536年)や後に大奥を作った春日局(かすがのつぼね)が光秀の姪であることなど

共通点があるだけで、根拠としてあり得ない話となります。

 

戦国時代ライターオフィス樋口の独り言

戦国時代ライターオフィス樋口の独り言

 

今回は明智光秀の逸話について取り上げました。

この記事を通して、本能寺の変の悪人としてのイメージではなく、光秀の人柄が分かりました。

光秀は愛妻家で、生涯側室を持たなかったことが分かりました。

戦国時代において側室を持つことが普通でしたが、生涯側室を持たなかった戦国武将は少なかったといわれています。

明智光秀以外で、側室を持たなかった戦国武将では黒田官兵衛や山内一豊が挙げられます。

生涯側室を持たなかった戦国武将に注目したいと思います。

 

光秀の人柄は戦いで負傷したり死亡したりした家臣に見舞状を送る点で表われています。

歴史秘話ヒストリアでは、戦で死亡した家臣がいると泣いていた織田信長の姿が特集されていました。

戦国武将の意外な姿にも注目したいと思います。

 

関連記事:【センゴク】明智光秀へ「ありがとう」と感謝しなくてはならない大名達を紹介

関連記事:山崎の戦いってどんな戦いだったの?明智光秀VS羽柴秀吉が激突した戦

 

【記事の見落としゼロ】はじ三配信スケジュール
配信スケジュール

 




オフィス樋口

オフィス樋口

投稿者の記事一覧

自己紹介:フリーランスで予備校の講師をしています。
歴史が好きで、予備校では主に日本史を指導しています。
センター試験の点数を40点台から80点台に伸ばした実績があります。

好きな歴史人物:徳川慶喜(理由:多趣味であることが共通しているから)

関連記事

  1. 明智光秀は鉄砲の名人 麒麟がくる 明智光秀の居城だった坂本城とは?本能寺の変後の坂本城も紹介
  2. 織田信長 戦国時代最大のミステリー・本能寺の変の謎に迫る!!
  3. 豊臣秀吉 戦国時代 「刀狩り」とは何?豊臣秀吉が行った有名な政策とその目的とは?
  4. 徳川家康 明智光秀は天海となって徳川幕府に参加していた!その理由とは?
  5. 武田信玄はどんな人柄だったのか?
  6. 楽しみながら戦国時代のエピソードを学べる歴史マンガ3選
  7. 明智光秀が剣を持って戦っているシーン 明智光秀は剣術の達人だった?鉄砲射撃術が得意な光秀の剣の腕に迫る…
  8. 黒田官兵衛 秀吉&官兵衛、大助かり、湿地帯の高松城は簡単に水攻めできた?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 羊コと会話で盛り上がる辛憲英 羊祜
  2. kawauso編集長 はじめての三国志主宰・おとぼけ
  3. 残忍な曹丕
  4. 曹操に憧れる荀彧
  5. 島津斉彬
  6. 龐統
  7. 孔子と儒教
  8. 張コウ 張郃

おすすめ記事

  1. 戦国策【魏策】人の心の裏表を把握せよの巻 「魏」の旗を持った兵士
  2. 第15話:袁術くん「セルフコンパッション」を魯粛から学ぶ 袁術を励ます魯粛
  3. kawauso編集長のぼやきVol.4「三国志はオモチャだ!」
  4. 今まで有難う趙雲!劉禅や姜維の感謝の言葉に感涙 趙雲
  5. 【母は偉大なり】三国志の英雄を支えた偉大な母たちを紹介!
  6. 袁術が天下を獲るためにみんなで考えよう【第3回】 袁術

三國志雑学

  1. 陸遜
  2. 虎形棺座
  3. 蒼天航路
  4. 楊貴妃
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 本多忠勝
  2. 鄧禹と兵士
  3. 魯粛と周瑜が詐欺を決行

おすすめ記事

甘寧と凌統 よく皖城で共闘できたね?三国志史上最凶に仲が悪かった甘寧と凌統 武田騎馬軍団 馬場信春 武田信玄の騎馬隊は弱かった?真実を検証 科挙の難易度は東大どころじゃないってホント? 孔明を持ち上げる魏延 どうして魏延は叛いた?外様将軍の悲劇 【戦国時代と三国時代の類似点】権力者に抵抗して戦い抜いた曹髦と織田信孝 【難問】三国志好きは解きたくなる!なぞなぞ・クイズ集 張飛が使う蛇矛 張飛の武器は蛇矛じゃなかった?蛇矛は三国志の時代の武器だった? キングダム52巻 キングダム578話ネタバレ予想王翦の神出鬼没には法則があった?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“水滸伝"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集郭嘉"
PAGE TOP