ログイン | 無料ユーザー登録


朝まで三国志
徐庶


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

『三国志』の時代、世界の歴史はどんな感じだったの?

曹操(後漢王朝)とローマ帝国


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

曹操とローマ人

 

私たちは中学生の頃、

日本の歴史を学ぶのに並行して

他の国の歴史も学んでいましたよね。

 

他の国と比較することによって

日本の歴史の特徴が浮かび上がるという点で

学びに効果的だということで

このような学習方法がとられているのですが、

多くの人は「他の国なんてどうでもいいわ」

と思っていたかもしれません。

 

しかし、

今現在『三国志』にハマっている皆さんにとっては

「あのときの知識が役だっているな」

と思うこともあるのではないでしょうか?

 

日本の歴史を学ぶ際に

もっとも引き合いに出されるのは

やっぱり中国の歴史です。

 

でも、大人になった今、

日本と中国の歴史だけに限らず、

他の国の歴史にも興味がわいてきたという人も多いはず。

 

そこで今回は、

三国志』に描かれている

後漢(ごかん)から三国時代にかけては

世界の歴史はどのように動いていたのかを

簡単にご紹介したいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:ストーンヘンジを5分で理解!世界遺産ストーンヘンジの謎に迫る

関連記事:【禁断の比較】最強は誰だ?世界の神々ランキングベスト9

 


 

日本では卑弥呼邪馬台国が栄えていた

日本では卑弥呼の邪馬台国が栄えていた

 

大昔、日本と中国の文明には

大きな差が開いていたということは

歴史を学んだ多くの人が既に知っていることでしょう。

 

しかし、三国時代にもなると、

中国の文明にちょっぴり追いついた日本の姿が垣間見えます。

 

『三国志』魏書(ぎしょ)によれば、

日本では卑弥呼(ひみこ)という女王が君臨する邪馬台国(やまたいこく)を中心に

小さな国が乱立していたそうな。

 

卑弥呼は占いによって

国の政治を執り行っていたということですから、

かつての(いん)の政治を彷彿とさせますね。

 


 

ヨーロッパのローマ帝国は五皇帝が乱立する混乱の時代に

帝政ローマ軍Wikipedia

(画像:帝政ローマ軍Wikipedia)

 

一方、遠くヨーロッパの地では

かの有名なローマ帝国が地中海を中心に君臨していました。

 

98年に即位した至高の皇帝・トラヤヌス帝から続いた

五賢帝時代はローマの華々しい時代でしたが、

180年にマルクス・アウレリウス・アントニヌス帝が

亡くなってからは雲行きが怪しくなっていきます。

 

その後、悪政をふるったコンモドゥスが

192年に暗殺されると

193年には5人もの皇帝が乱立する大パニックに。

 

更に不幸にも天然痘が流行して人口が著しく減少し、

各地で反乱が勃発する始末。

 

ついに軍人皇帝が君臨する波乱の時代に突入し、

ローマ帝国は分裂へと歩を進めていったのでした。

 

史上最大の軍事衝突 帝政ローマvs三国志
帝政ローマvs三国志

 

中央アジアではサーサーン朝ペルシアが興る

中央アジアではサーサーン朝ペルシアが興る

 

中央アジアにはローマ帝国と

地中海世界を巡って争っていた

アルサケス朝パルティアという王朝がありましたが、

『三国志』の時代には既に斜陽に差し掛かっていました。

 

ローマ帝国との度重なる戦いによって

国力が削がれていたアルサケス朝は、

サーサーン朝によってとって代わられます。

 

ちなみに、

アルサケス朝とサーサーン朝との間に

どのような戦いがあったのか、

そもそもサーサーン朝の起源は

一体どこにあるのかなどといったものは

未だに謎に包まれているそうです。


 

インドには2つの王朝が滅亡

インドには2つの王朝が滅亡

 

『三国志』の時代のインドには

北西部にはクシャーナ朝、

南部にはサータヴァーハナ朝がありました。

 

クシャーナ朝は

匈奴に住処を追われた大月氏を起源とする国、

2世紀半ばには仏教に帰依した

カニシカ王の統治によって最盛期を迎えました。

 

特に文化面ではガンダーラ美術が栄え、

史上初の仏像も生み出されています。

 

3世紀には魏とも交流を持っていたクシャーナ朝ですが、

サーサーン朝の侵入によって滅亡の憂き目に…。

 

一方、サータヴァーハナ朝の方は

ローマ帝国や東南アジアとの交易によって栄えており、

2世紀末にも領土を拡大するなどしていたのですが、

3世紀には中央の力が弱まり

周辺諸侯に押し負けて

内部崩壊してしまいました。


  

 

 

三国志ライターchopsticksの独り言

三国志ライターchopsticksの独り言

 

いかがでしたか?

『三国志』に描かれている時代には中国だけではなく

ヨーロッパや中央アジア、インドといった

大きな文明が起こった地域でも

大きな動乱期を迎えていたようですね。

 

後漢から三国時代という時代は

あまりにも遠い時代であるため、

世界的に見ても史料不足によって

その全貌が明らかになっていないことが多いようです。

 

そんな中、

『三国志』をはじめとして

たくさんの文字史料が残されている

中国史は異端な存在なのかもしれません。

 

そして、

その史料の多さこそが多くの人の心をつかむ

中国史の魅力の1つなのでしょう。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:モンゴルの漢族支配から生まれた名物料理「刀削麺」

関連記事:将軍ハンニバルとはどんな人?韓信と同時代にローマを震撼させた漫画みたいなスゴイ奴

 

■中国を代表する物語「水滸伝」を分かりやすく解説■はじめての水滸伝

 


 

chopsticks

chopsticks

投稿者の記事一覧

清朝考証学を勉強中。
銭大昕の史学考証が専門。
片田舎で隠者さながらの晴耕雨読の日々を満喫中。

好きな歴史人物:
諸葛亮、陶淵明、銭大昕

何か一言:
皆さんのお役に立てるような情報を発信できればと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 後継者争いで悩む孫権 【孫権晩年事件録】呂壹事件で孫権の謝罪を考察
  2. 司馬師と司馬懿は晋建国の功労者 司馬師とはどんな人?クーデターを成功させた晋建国の功労者
  3. 王平は四龍将 王平(おうへい)ってどんな人?馬稷の山登りを止めようとした蜀の武…
  4. 曹操に命乞いをする呂布と反対する劉備 劉備と呂布の関係って現代でも通用する?裏切られたら容赦はしない、…
  5. 蔣琬(しょうえん) 蒋琬の子孫はどのような人物たちだったのか!?
  6. 大喬・小喬は袁術の側室だった可能性が高い!その驚くべき理由とは!…
  7. 劉禅と孔明 劉禅の性格は?劉禅は暗愚な皇帝だったの?
  8. 曹操 【曹操孟徳の心に残る名言】法を制して自らこれを犯さば、何をもって…

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 曹叡
  2. 魏の諸将を恐れさせた楊沛(ようはい)
  3. 夏侯覇の妻は誰?
  4. 黄忠
  5. 秦の旗を掲げる兵士

おすすめ記事

  1. 楽進の傷だらけの人生は史実なの?全身傷だらけのタフガイの真相 傷だらけでも勇敢に戦う楽進
  2. 関平の実の親って誰!?関羽?関定? 羅貫中と関羽
  3. 北条早雲が残した名言から、現代の私たちが学べるコト 北条早雲
  4. 楊貴妃と玄宗が愛を育んだ温泉地華清池によかミカンが行ってみた 楊貴妃
  5. うち結婚しないから!自ら両耳と鼻を切り落とした夏侯令女が烈女すぎる
  6. 【衝撃の事実】三国志でよく使われていた弩が日本で流行らなかったのは日本人がガラパゴス脳だったから 弩(ど)を発射させる蜀兵士達

三國志雑学

  1. 蜀の姜維
  2. 曹操 五胡十六国
  3. 騎射の術に長けた騎馬兵士
  4. 孔明のテントがある野外のシーン


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “忘年会企画" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム" “はじめての三国志コメント機能" “読者の声"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. はじめての三国志 画像準備中
  2. 夏侯惇
  3. 趙雲
  4. 幕末 帝国議会
  5. 周瑜の魅力
  6. 泣いて馬謖を斬る諸葛亮
  7. チャーチル

おすすめ記事

太行山に入り山賊になる劉備三兄弟 【9月の見どころ】9月に公開予定:三国志平話の世界 三国志時代のセキュリティはどうなっていたの?何でもかんでも機密保持じゃい! キングダム52巻 キングダム580話最新ネタバレ予想、飛信隊覚醒には理由がある! 荀攸と曹操 荀攸は魏王就任に賛成していた?荀攸の思惑と魏王就任賛成の理由 甘寧 ゆるキャラ 三国志 あの甘寧が? 天下二分の計を唱えた三国志一の海賊王 【キングダム雑学】戦国七国はどんなお金を使っていたの? 橋本左内と吉田松陰、二人の天才が残した功績とは? はじめての三国志からのお知らせ バナー 「月刊はじめての三国志9月号」8月31日(土)に出版決定

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
架空戦記
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP