キングダム
潼関の戦い特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

『三国志』の時代、世界の歴史はどんな感じだったの?

この記事の所要時間: 329




曹操とローマ人

 

私たちは中学生の頃、

日本の歴史を学ぶのに並行して

他の国の歴史も学んでいましたよね。

 

他の国と比較することによって

日本の歴史の特徴が浮かび上がるという点で

学びに効果的だということで

このような学習方法がとられているのですが、

多くの人は「他の国なんてどうでもいいわ」

と思っていたかもしれません。

 

しかし、

今現在『三国志』にハマっている皆さんにとっては

「あのときの知識が役だっているな」

と思うこともあるのではないでしょうか?

 

日本の歴史を学ぶ際に

もっとも引き合いに出されるのは

やっぱり中国の歴史です。

 

でも、大人になった今、

日本と中国の歴史だけに限らず、

他の国の歴史にも興味がわいてきたという人も多いはず。

 

そこで今回は、

三国志』に描かれている

後漢(ごかん)から三国時代にかけては

世界の歴史はどのように動いていたのかを

簡単にご紹介したいと思います。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:ストーンヘンジを5分で理解!世界遺産ストーンヘンジの謎に迫る

関連記事:【禁断の比較】最強は誰だ?世界の神々ランキングベスト9

 

 

日本では卑弥呼の邪馬台国が栄えていた

日本では卑弥呼の邪馬台国が栄えていた

 

大昔、日本と中国の文明には

大きな差が開いていたということは

歴史を学んだ多くの人が既に知っていることでしょう。

 

しかし、三国時代にもなると、

中国の文明にちょっぴり追いついた日本の姿が垣間見えます。

 

『三国志』魏書(ぎしょ)によれば、

日本では卑弥呼(ひみこ)という女王が君臨する邪馬台国(やまたいこく)を中心に

小さな国が乱立していたそうな。

 

卑弥呼は占いによって

国の政治を執り行っていたということですから、

かつての(いん)の政治を彷彿とさせますね。

 

 

ヨーロッパのローマ帝国は五皇帝が乱立する混乱の時代に

帝政ローマ軍Wikipedia

(画像:帝政ローマ軍Wikipedia)

 

一方、遠くヨーロッパの地では

かの有名なローマ帝国が地中海を中心に君臨していました。

 

98年に即位した至高の皇帝・トラヤヌス帝から続いた

五賢帝時代はローマの華々しい時代でしたが、

180年にマルクス・アウレリウス・アントニヌス帝が

亡くなってからは雲行きが怪しくなっていきます。

 

その後、悪政をふるったコンモドゥスが

192年に暗殺されると

193年には5人もの皇帝が乱立する大パニックに。

 

更に不幸にも天然痘が流行して人口が著しく減少し、

各地で反乱が勃発する始末。

 

ついに軍人皇帝が君臨する波乱の時代に突入し、

ローマ帝国は分裂へと歩を進めていったのでした。

 

史上最大の軍事衝突 帝政ローマvs三国志
帝政ローマvs三国志

 

中央アジアではサーサーン朝ペルシアが興る

中央アジアではサーサーン朝ペルシアが興る

 

中央アジアにはローマ帝国と

地中海世界を巡って争っていた

アルサケス朝パルティアという王朝がありましたが、

『三国志』の時代には既に斜陽に差し掛かっていました。

 

ローマ帝国との度重なる戦いによって

国力が削がれていたアルサケス朝は、

サーサーン朝によってとって代わられます。

 

ちなみに、

アルサケス朝とサーサーン朝との間に

どのような戦いがあったのか、

そもそもサーサーン朝の起源は

一体どこにあるのかなどといったものは

未だに謎に包まれているそうです。

 

インドには2つの王朝が滅亡

インドには2つの王朝が滅亡

 

『三国志』の時代のインドには

北西部にはクシャーナ朝、

南部にはサータヴァーハナ朝がありました。

 

クシャーナ朝は

匈奴に住処を追われた大月氏を起源とする国、

2世紀半ばには仏教に帰依した

カニシカ王の統治によって最盛期を迎えました。

 

特に文化面ではガンダーラ美術が栄え、

史上初の仏像も生み出されています。

 

3世紀には魏とも交流を持っていたクシャーナ朝ですが、

サーサーン朝の侵入によって滅亡の憂き目に…。

 

一方、サータヴァーハナ朝の方は

ローマ帝国や東南アジアとの交易によって栄えており、

2世紀末にも領土を拡大するなどしていたのですが、

3世紀には中央の力が弱まり

周辺諸侯に押し負けて

内部崩壊してしまいました。

 

三国志ライターchopsticksの独り言

三国志ライターchopsticksの独り言

 

いかがでしたか?

『三国志』に描かれている時代には中国だけではなく

ヨーロッパや中央アジア、インドといった

大きな文明が起こった地域でも

大きな動乱期を迎えていたようですね。

 

後漢から三国時代という時代は

あまりにも遠い時代であるため、

世界的に見ても史料不足によって

その全貌が明らかになっていないことが多いようです。

 

そんな中、

『三国志』をはじめとして

たくさんの文字史料が残されている

中国史は異端な存在なのかもしれません。

 

そして、

その史料の多さこそが多くの人の心をつかむ

中国史の魅力の1つなのでしょう。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:モンゴルの漢族支配から生まれた名物料理「刀削麺」

関連記事:将軍ハンニバルとはどんな人?韓信と同時代にローマを震撼させた漫画みたいなスゴイ奴

 

■中国を代表する物語「水滸伝」を分かりやすく解説■はじめての水滸伝

 




chopsticks

chopsticks

投稿者の記事一覧

清朝考証学を勉強中。
銭大昕の史学考証が専門。
片田舎で隠者さながらの晴耕雨読の日々を満喫中。

好きな歴史人物:
諸葛亮、陶淵明、銭大昕

何か一言:
皆さんのお役に立てるような情報を発信できればと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 【架空戦記】帝政ローマ軍と三国志軍が戦ったらどっちが勝つの?軍隊…
  2. 【三国志とお金】曹洪のサイドビジネス三国時代の金融業はアコギだっ…
  3. びっくり!五丈原の戦いの戦費、現在で換算すると、なんと○○円!
  4. 曹操孟徳と織田信長の共通点!あなたはいくつ当てはまる?
  5. 【諸葛亮孔明に学ぶ学習方法】夏休みの宿題にも応用できる?
  6. 【三国志の矛盾】二帝並尊をなぜ諸葛亮孔明は認めたの?
  7. 三国志の主人公の劉備の魅力について、これでもかというほど語るよ
  8. 【第二次濡須口の戦い】曹操軍オールスターが登場する大会戦

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 孫策涙目になるほどのフルボッコ!?小覇王をコテンパにした陳登
  2. 鄒氏|その美貌ゆえに破滅した悲劇の女性
  3. スサノオは朝鮮半島から来た!?三韓と出雲の連合構想とは
  4. 【キングダム559話】「右翼の行方」ネタバレ&レビュー
  5. キングダム 527話 ネタバレ予想:話槍と鉄槌
  6. 三国時代やキングダムの時代にもお風呂はあったの?

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 新選組の土方歳三

おすすめ記事

[ビジネス三国志]自分用のキャッチコピーを造り人脈を広げる kawauso編集長のぼやきVol.25「ナラティブ」 西郷隆盛は本当にやっせんぼだったの? 孫静(そんせい)とはどんな人?兄貴、孫堅とはゼッコーモン!ひたすら故郷を守った孫一族 劉備も曹操もハッキヨイ!三国志の時代にも流行していた相撲 キングダム564話フィゴ王トアクを瞬殺!「落日」ネタバレ&レビュー 関羽が打った囲碁って、どんなものだったの? 羅憲 劉備は何で蜀を建国しようと思ったの?三国志演義で人気を占める蜀の秘密に迫る

おすすめ記事

  1. 篤姫の役割とは? 江戸時代の将軍の正室の役割を考える!
  2. 2017年はじめてのストライキは、エイプリルフール企画でした!
  3. 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース13記事【9/18〜9/24】
  4. 城とは違う?勝敗を左右した塢(う)とはどんな砦なのか?
  5. 乱世の女は強かった!女城主直虎以外の女傑を紹介 大喬
  6. 【出師の表】本当は全く泣けない実用文だった!
  7. キングダム 514話 ネタバレ予想:王翦の進路変更の理由とは?
  8. 趙儼(ちょうげん)とはどんな人?三国志時代の調整力を備えた魏の文官

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP