呂布特集
姜維特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

『三国志』の時代、世界の歴史はどんな感じだったの?

曹操(後漢王朝)とローマ帝国




曹操とローマ人

 

私たちは中学生の頃、

日本の歴史を学ぶのに並行して

他の国の歴史も学んでいましたよね。

 

他の国と比較することによって

日本の歴史の特徴が浮かび上がるという点で

学びに効果的だということで

このような学習方法がとられているのですが、

多くの人は「他の国なんてどうでもいいわ」

と思っていたかもしれません。

 

しかし、

今現在『三国志』にハマっている皆さんにとっては

「あのときの知識が役だっているな」

と思うこともあるのではないでしょうか?

 

日本の歴史を学ぶ際に

もっとも引き合いに出されるのは

やっぱり中国の歴史です。

 

でも、大人になった今、

日本と中国の歴史だけに限らず、

他の国の歴史にも興味がわいてきたという人も多いはず。

 

そこで今回は、

三国志』に描かれている

後漢(ごかん)から三国時代にかけては

世界の歴史はどのように動いていたのかを

簡単にご紹介したいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:ストーンヘンジを5分で理解!世界遺産ストーンヘンジの謎に迫る

関連記事:【禁断の比較】最強は誰だ?世界の神々ランキングベスト9

 

 

日本では卑弥呼邪馬台国が栄えていた

日本では卑弥呼の邪馬台国が栄えていた

 

大昔、日本と中国の文明には

大きな差が開いていたということは

歴史を学んだ多くの人が既に知っていることでしょう。

 

しかし、三国時代にもなると、

中国の文明にちょっぴり追いついた日本の姿が垣間見えます。

 

『三国志』魏書(ぎしょ)によれば、

日本では卑弥呼(ひみこ)という女王が君臨する邪馬台国(やまたいこく)を中心に

小さな国が乱立していたそうな。

 

卑弥呼は占いによって

国の政治を執り行っていたということですから、

かつての(いん)の政治を彷彿とさせますね。

 

 

ヨーロッパのローマ帝国は五皇帝が乱立する混乱の時代に

帝政ローマ軍Wikipedia

(画像:帝政ローマ軍Wikipedia)

 

一方、遠くヨーロッパの地では

かの有名なローマ帝国が地中海を中心に君臨していました。

 

98年に即位した至高の皇帝・トラヤヌス帝から続いた

五賢帝時代はローマの華々しい時代でしたが、

180年にマルクス・アウレリウス・アントニヌス帝が

亡くなってからは雲行きが怪しくなっていきます。

 

その後、悪政をふるったコンモドゥスが

192年に暗殺されると

193年には5人もの皇帝が乱立する大パニックに。

 

更に不幸にも天然痘が流行して人口が著しく減少し、

各地で反乱が勃発する始末。

 

ついに軍人皇帝が君臨する波乱の時代に突入し、

ローマ帝国は分裂へと歩を進めていったのでした。

 

史上最大の軍事衝突 帝政ローマvs三国志
帝政ローマvs三国志

 

中央アジアではサーサーン朝ペルシアが興る

中央アジアではサーサーン朝ペルシアが興る

 

中央アジアにはローマ帝国と

地中海世界を巡って争っていた

アルサケス朝パルティアという王朝がありましたが、

『三国志』の時代には既に斜陽に差し掛かっていました。

 

ローマ帝国との度重なる戦いによって

国力が削がれていたアルサケス朝は、

サーサーン朝によってとって代わられます。

 

ちなみに、

アルサケス朝とサーサーン朝との間に

どのような戦いがあったのか、

そもそもサーサーン朝の起源は

一体どこにあるのかなどといったものは

未だに謎に包まれているそうです。

 

インドには2つの王朝が滅亡

インドには2つの王朝が滅亡

 

『三国志』の時代のインドには

北西部にはクシャーナ朝、

南部にはサータヴァーハナ朝がありました。

 

クシャーナ朝は

匈奴に住処を追われた大月氏を起源とする国、

2世紀半ばには仏教に帰依した

カニシカ王の統治によって最盛期を迎えました。

 

特に文化面ではガンダーラ美術が栄え、

史上初の仏像も生み出されています。

 

3世紀には魏とも交流を持っていたクシャーナ朝ですが、

サーサーン朝の侵入によって滅亡の憂き目に…。

 

一方、サータヴァーハナ朝の方は

ローマ帝国や東南アジアとの交易によって栄えており、

2世紀末にも領土を拡大するなどしていたのですが、

3世紀には中央の力が弱まり

周辺諸侯に押し負けて

内部崩壊してしまいました。

 

三国志ライターchopsticksの独り言

三国志ライターchopsticksの独り言

 

いかがでしたか?

『三国志』に描かれている時代には中国だけではなく

ヨーロッパや中央アジア、インドといった

大きな文明が起こった地域でも

大きな動乱期を迎えていたようですね。

 

後漢から三国時代という時代は

あまりにも遠い時代であるため、

世界的に見ても史料不足によって

その全貌が明らかになっていないことが多いようです。

 

そんな中、

『三国志』をはじめとして

たくさんの文字史料が残されている

中国史は異端な存在なのかもしれません。

 

そして、

その史料の多さこそが多くの人の心をつかむ

中国史の魅力の1つなのでしょう。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:モンゴルの漢族支配から生まれた名物料理「刀削麺」

関連記事:将軍ハンニバルとはどんな人?韓信と同時代にローマを震撼させた漫画みたいなスゴイ奴

 

■中国を代表する物語「水滸伝」を分かりやすく解説■はじめての水滸伝

 




chopsticks

chopsticks

投稿者の記事一覧

清朝考証学を勉強中。
銭大昕の史学考証が専門。
片田舎で隠者さながらの晴耕雨読の日々を満喫中。

好きな歴史人物:
諸葛亮、陶淵明、銭大昕

何か一言:
皆さんのお役に立てるような情報を発信できればと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 最弱武将と対峙する張飛 張飛に怒鳴られて落馬して死んだ武将、曹丕の粋な計らい等、三国志を…
  2. 郭嘉 郭嘉の嫁さんが誰なのかついに判明!???
  3. 劉備 婿 劉備暗殺計画|甘露寺の婚儀と錦嚢の計 その1
  4. 【曹魏クロニクル】220年~239年までの魏の歴史を紹介
  5. 烏桓族 曹操、生涯最大の苦戦 白狼山の戦い|烏桓討伐編
  6. 周倉 周倉にはモデルとなった人物がいた!?漢の高祖・劉邦に関係が?
  7. 色仕掛けだって立派な兵法、連環の計発動!!
  8. 周瑜 周郎 周瑜は絶対音感を持つミュージシャンだった!?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 郭嘉
  2. 織田信長
  3. 兵士と禰衡
  4. 陸遜
  5. キングダム53巻
  6. はじめての三国志編集長 kawauso
  7. 官渡の戦い 曹操 勝利
  8. 株式会社三国志で働く劉備と孔明

おすすめ記事

  1. 曹操の後継者問題で判断に迷ったのは儒教と文学に原因があった? 曹操
  2. 【水滸伝】こいつらが憎っくき悪役達だ!! こいつらが悪役達だ!
  3. 実は、かなりの極悪人徐州牧の陶謙(とうけん) 陶謙
  4. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十八話 「あるいは裏切りという名の鶴」の見どころ紹介 おんな城主 直虎
  5. 西郷隆盛は本当にやっせんぼだったの?
  6. 【キングダムを更に楽しむ】六国で秦を倒せるような国はあったの? キングダム

三國志雑学

  1. 3000人の配下で孔明の庵を包囲する武闘派な劉備
  2. 王基に感謝する司馬昭
  3. 呂蒙のお見舞いにかけつける陸遜
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 祝融
  2. ヨイショをする曹操
  3. そんろは 孫魯班
  4. 苦肉の策(笑)
  5. 黒田官兵衛
  6. 孔明 劉備の剣とハンコ
  7. 曹操 孔明をチェック

おすすめ記事

読者の声バナー(はじめての三国志) 読者の声(2018年12月5日〜12月14日) 張遼 カカロットーーーー! 2分で分かる合肥の戦い その4 張遼の猛攻 関羽が好きすぎる曹操 41話:いつかは去りゆくと知っていながら関羽を厚遇した曹操 曹操から逃げ回る劉備 【三国志演義】は劉備を偽善者前提で見ると面白い 三国志時代の笑い話は腹がよじれるほどシュールだった!? 幕末極悪な尊攘派志士と正義の新選組 藤堂平助とはどんな人?御陵衛士時代や美貌について 織田信長 織田信長はクリスマスプレゼントを貰うために戦を止めた実話がある!? 孫権に煽られて憤死する陸遜 【孫呉決定版】周瑜・陸遜それとも呂蒙!?正史三国志・呉書で一番軍略に優れていた人物とは?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP