よかミカンの三国志入門
潼関の戦い特集




はじめての三国志

menu

春秋戦国時代

阿斗は阿呆で胡亥は馬鹿?秦の二代目皇帝はとんでもないヤツだった!?




桃園製作所

 

「うちは二代目社長だから…」

なんて愚痴(ぐち)る社会人を見たことはありませんか?

 

二代目社長は会社を潰すなんて話は

まことしやかに(ささや)かれ続けていますが、

やはりハングリー精神で一から積み上げてきた一代目より

全て出来上がった後に何の苦労もせず君臨できてしまう二代目は

何かと弱いのかもしれません。

 

そんな例は歴史を紐解けばごまんとありますよね。

 

たとえば、我らが愛する『三国志』に出てくる

劉備(りゅうび)の息子である蜀の二代目皇帝・劉禅(りゅうぜん)だったり

源頼朝(みなもとのよりとも)の息子である鎌倉幕府の二代目将軍・源頼家(みなもとのよりいえ)だったり…。

 

まぁただただ「時の人」によって

悪く描かれただけの人もたくさんいると思いますが。

 

そんな風に後世に至るまで暗君扱いされた人の中には

あの始皇帝(しこうてい)の息子である

秦の二代目皇帝・胡亥(こがい)の姿もあります。

 

果たして胡亥はどのような人物だったのでしょうか?

 

その実像に迫ってみましょう。

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

 

関連記事:始皇帝の息子、胡亥(こがい)ってどんな大馬鹿野郎だったの?

関連記事:始皇帝はどんな人?不老不死を求めた中国史上初の皇帝の人生を解説

 

 

末っ子でありながら皇帝になった胡亥

末っ子でありながら皇帝になった胡亥

 

多くの人は「跡継ぎ」といえば

長男を思い浮かべると思います。

 

しかし、秦の二代目皇帝である胡亥は

なんと始皇帝の末っ子でした。

 

このパターンは(いん)紂王(ちゅうおう)と同じですね。

 

しかし、殷の紂王は末っ子でありながら

兄を凌ぐ文武の才を持っていたということで

跡継ぎに選ばれたのですが、

胡亥については特別優れたところが

あったわけではないようです。

 

ただ、

父である始皇帝が崩御した際に

父の重臣であった李斯(りし)趙高(ちょうこう)の2人にプッシュされたことで

二代目の皇帝に選ばれたに過ぎませんでした。

 

 

怪しい男・趙高の囁き

怪しい男・趙高の囁き

 

末っ子でありながら突然

二代目皇帝に選ばれた胡亥。

 

丞相の李斯の後押しもあったとはいえ、

「なんで?」と疑問に思う人はたくさんいました。

 

胡亥に特別な何かがあったわけでは

ありませんでしたからね。

 

皇帝に即位した当時

20歳そこそこだった胡亥も

「なんで俺?」と

きっと戸惑っていたことでしょう。

 

そんな胡亥の耳元で囁いたのは

幼少期から胡亥に教育係としてついていた趙高です。

 

「胡亥さまの即位を良く思っていないご兄弟が

たくさんいるようです。

このままでは政をするのに差し支えが出てしまいます。」

 

この言葉を受けた胡亥は

男兄弟に限らず女兄弟までもを処刑しまくり、

かえって人々を恐怖に陥れてしまったのでした。

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代  

胡亥の即位は趙高の思惑通り

胡亥の即位は趙高の思惑通り

 

実は胡亥が二代目皇帝として即位できたのは

趙高による工作があったと言われています。

 

始皇帝は死に際に遺書を残していたのですが、

その内容を李斯を抱き込んで

本来は長男である扶蘇が

二代目皇帝として指名されていたはずなのに、

あろうことか扶蘇に自害を迫り、

後継者に胡亥を選ぶという内容に書き換えてしまったのだとか。

 

しかし、

趙高がこのような工作をしたのは

今まで教育係として

胡亥を可愛がってきたからではありませんでした。

 

趙高は胡亥を利用して好き放題

政治を操りたかっただけだったのです…。

 

傀儡皇帝・胡亥

傀儡皇帝・胡亥

 

「皇帝なんて俺にはつとまらないよ~」

と及び腰の胡亥をうまいこと

宮中に押し込んで贅沢三昧させた趙高は

思惑通りに政治をほしいままに操りました。

 

贅の限りを尽くした阿房宮の建設や

蒙恬をはじめ目の上の瘤といえる存在の処刑…。

 

そんな政治を続けていれば

当然人々からの不満が募ります。

 

その結果、陳勝(ちんしょう)呉広(ごこう)の乱が勃発し、

それに便乗して興った劉邦(りゅうほう)が都・咸陽(かんよう)に迫ると

胡亥と趙高は互いに殺意を抱くように。

 

最終的には趙高が謀反を起こし、

秦の二代目皇帝・胡亥は殺されてしまったのでした。

 

三国志ライターchopsticksの独り言

三国志ライターchopsticksの独り言

 

胡亥と趙高に関しては

鹿を馬と呼ばせるという「馬鹿」の語源となった故事や

阿斗すなわち劉禅同様、

「阿保」の語源となったと言われる阿房宮(あぼうきゅう)の建設など

話題に事欠きません。

 

しかし、そのすべては趙高によるものであり、

胡亥が暗君であったかと言えば微妙なところです。

 

ただ幼いときに

趙高という魔物に目をつけられたが故に

不幸にも暗君となってしまった胡亥には

同情せざるを得ませんね…。

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:蒙毅(もうき)ってどんな人?趙高に恨まれて悲劇の最期を迎える文官

関連記事:馬鹿の語源はキングダムの趙高の実験から生まれた?

 

【劉邦 vs 項羽】
楚漢戦争

 




chopsticks

chopsticks

投稿者の記事一覧

清朝考証学を勉強中。
銭大昕の史学考証が専門。
片田舎で隠者さながらの晴耕雨読の日々を満喫中。

好きな歴史人物:
諸葛亮、陶淵明、銭大昕

何か一言:
皆さんのお役に立てるような情報を発信できればと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. ネタバレ注意!政の配下となった李斯の最期が残念すぎる
  2. 張儀(ちょうぎ)とはどんな人?合従策に対抗した外交策を立て歴史に…
  3. 狐偃(こえん)とはどんな人?晋の文公を覇者の地位までのし上げた宿…
  4. キングダムに乗り遅れた人必見!!戦国時代をざっくりと紹介しちゃい…
  5. キングダムの羌瘣(きょうかい)は実在したの?飛信隊の美女にはモデ…
  6. 【キングダム】羌瘣は戦死するの?それとも結婚?どんな最期を遂げる…
  7. 蘇秦(そしん)とはどんな人?秦の圧力を跳ね返す為、六国を結び付け…
  8. 廉頗(れんぱ)とはどんな人?悲劇のレジェンド元趙三大天[キングダ…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 聖徳太子の地球儀

おすすめ記事

  1. お酌上手になって株を上げよう!古代中国のお酒のマナーを紹介!
  2. 宿命のライバル?何度も激闘を繰り広げた姜維と鄧艾
  3. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第38話「井伊を共に去りぬ」の見どころ紹介
  4. 蠱惑的な美女・貂蝉あなたは天使?それとも悪魔?
  5. 鄧芝(とうし)ってどんな人?|敵国孫権に愛された蜀の名使者
  6. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第36話「井伊家最後の日」の見どころ紹介

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 蜀の劉琦

おすすめ記事

雨の中進軍する曹真 【三国志と梅雨】じめじめ季節のお役立ち情報も紹介 正史三国志と三国志演義の張遼はどこまで違う?張遼の最強称号を斬る! 天才軍師・諸葛亮孔明抜きの劉備はどこまで健闘できるの? 張燕(ちょうえん)とはどんな人?百万人の盗賊頭にのし上がり呂布とまともに戦った燕 三国時代やキングダムの時代にもお風呂はあったの? 【シミルボン】あちこちにスローガンが一杯?賑やかな三国志時代の壁 国淵(こくえん)とはどんな人?三国志時代にも名探偵は存在した!魏のシャーロック・ホームズ 三国志の武器ってどういうの?三国志に登場する伝説の武器も紹介!

おすすめ記事

  1. 2分で分かる合肥の戦い その3 曹操の秘策と張遼・李典・楽進
  2. 明智光秀の逸話を紹介!
  3. 胡昭(こしょう)とはどんな人?司馬懿の命の恩人で曹操の招きに応じながらすぐに辞職した男
  4. 【春秋時代の覇者から学ぶ】桓公・勾践・呉起から学ぶ!明日から使えるリーダー力
  5. 【新事実】夷陵の敗戦は荊州出身者への忖度の結果だった!
  6. 曹真が余計な事をするから邪馬台国の場所が特定出来なくなった?
  7. 三国志で映画にしてほしいシーンベスト10 羅憲
  8. 【龍帥の翼】張良が黄石公からもらった三略とはどんな書物なの?【留侯世家異伝】

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

PAGE TOP