よかミカンの三国志入門
夷陵の戦い




はじめての三国志

menu

執筆者:黒田廉

陳勝・呉広の乱とは何?秦国を滅ぼすきっかけを作った二人組

この記事の所要時間: 451




陳勝・呉広

 

陳勝(ちんしょう)と呉広(ごこう)は見事に兵士達の心をつかみ、反乱へ踏み切ります。

相手は天下統一を果たした秦帝国。

二人が握っていた軍勢はほんのわずかですが、秦帝国に果敢にも挑んでいきます。

 

関連記事:キングダムと三国志の違いって何?時代を追ってみる

関連記事:三国志を楽しむならキングダムや春秋戦国時代のことも知っておくべき!

関連記事:漢の400年は、たった8年の激しい戦いから生まれた?三国志の前哨戦、楚漢戦争!




張楚建国

 

陳勝と呉広は引率者の首を祭壇に掲げ、陳勝は将軍を名乗り、

呉広は都尉(とい)を名乗ります。

陳勝と呉広は反乱軍を率いて出陣。

二人の軍勢は各地で連戦連勝し、向かう所敵なしであった。

こうして陳という城下に近づく頃には、兵士の数は数万という大軍に

膨れ上がり、その勢いで陳を占領。

陳を占領した二人の前に、陳の長老や部下達が彼らを王に就くよう進言します。

陳勝と呉広はこの進言を受け入れ、王位につき、新たな国号を作成

国号を張楚と名付け、陳を王都にします。



秦の首都咸陽へ向けて進撃

 

陳勝と呉広は陳に居た元項燕の部下であった周文を将軍に任命。

彼を先頭に秦の軍勢と戦わせます。

周文は迎撃に出て来た秦軍を幾度も破る快進撃を続け、ついに秦の函谷関を突破。

こうして秦の都がある咸陽へ大手をかけます。

しかしここで思いもよらない事が発生します。

 

秦の名将章邯の出現

photo credit: 08012011-4 via photopin (license)

photo credit: 08012011-4 via photopin (license)

 

章邯(しょうかん)は役人として秦に仕えていました。

しかし陳勝と呉広の反乱軍が函谷関を突破した事を知ると趙高へ進言します。

「現在始皇帝の墓で働いている罪人20万人を兵にして、勲功を稼げば罪を許せば

如何でしょうか。」と策を伝えます。

この策を聞いた趙高は章邯の進言を許し、彼の思うままにさせます。

章邯は始皇帝の墓に行き、20万人の罪人を集め

「君達にはこれから兵になってもらう。兵になって勲功を稼げば、

君達の罪を許すと皇帝がおっしゃっている」と伝えます。

こうして即席の兵士20万に武器を与え、周文の率いる反乱軍の

迎撃へ出陣します。

 

関連記事:秦の為に戦い秦人に恨まれた名将 章邯(しょうかん)

関連記事:黥布(げいふ)とはどんな人?中国初!?顔に入れ墨を入れ歴史に名を刻んだ王

関連記事:始皇帝が眺めていた星空から星座が分かる。凄い!ギリシャ神話にも劣らない中国の星座

関連記事:【キングダム好き必見】漫画をより面白く読める!始皇帝と秦帝国の秘密をまとめてみました

 

張楚の名将周文VS秦の名将章邯

photo credit: Memento Mori via photopin (license)

photo credit: Memento Mori via photopin (license)

 

周文は秦の軍勢が迎撃に出てくると陣を敷きます。

章邯は周文の陣へ猛攻をかけます。

周文の軍勢も激しく章邯の軍勢を迎撃します。

こうして激闘を続ける事数時間、ついに章邯の軍勢が

周文の軍勢を破ります。

周文は敗走すると、態勢を立て直し、再び澠池(べんち)で

章邯軍を待ち受けます。

しかし周文の軍勢は章邯軍に完膚なきまで敗北。

周文は澠池の地で自害します。

章邯は見事に張楚の主力軍を破り、一気に張楚の首都目掛けて進軍を開始します。

【次のページに続きます】




ページ:

1

2

関連記事

  1. 超ネガティブな戦国武将・毛利隆元の偉大なる父を持ってしまった苦悩…
  2. 蘇秦(そしん)とはどんな人?秦の圧力を跳ね返す為、六国を結び付け…
  3. 【キングダム】李牧(りぼく)とはどんな人?趙国最後の守護神・三大…
  4. 伍子胥(ごししょ)とはどんな人?復讐の鬼となり、楚を滅亡寸前まで…
  5. 李意其(りいき)とはどんな人?「劉備は夷陵の戦いに敗れて亡くなる…
  6. 天才軍師・黒田官兵衛の最後の戦いまで神ってる
  7. 高平陵の変は名士代表・司馬懿と反名士・曹爽の対立だった!?
  8. 【二人の歴史家】姜維の評価をした孫盛と裴松之が下した剣閣戦の評価…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 李広(りこう)とはどんな人?「飛将軍」と呼ばれた男は李信の子孫であった!?
  2. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第33話「嫌われ政次の一生」の見どころをご紹介
  3. 毌丘倹(かんきゅうけん)とはどんな人?朝鮮半島に進出し倭も吸収合併を目論んでいた?
  4. 【三国志の華佗を越える名医の名言】扁鵲が死人を生き返らせた時に用いた名言
  5. 若し頃の劉備は暗殺されそうになったり、カッコ悪かったりと散々だった!?
  6. 五人で国を創るとしたら誰を選ぶ?三国志この五人でしょコーナー

三國志雑学

“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

月刊はじめての三国志2018年2月号 (桃園出版 三国舎)を出版しました 蜀が好きな皆さんへ!五分で分かる桃園の三兄弟の逸話を紹介 三国志の英雄も楽しんだ?日本とは少し違う三国志時代の蝉取り 【はじめての孫子】第6回:勝つために最も大切なことは智謀でも勇気でもなく、緻密な計算 沮授(そじゅ)とはどんな人?袁紹に献策するも採用されなかった悲運のアドバイザー 三国志ロワイヤル-みんなのサンロワ-とはどんなアプリゲーム? ペリーとはどんな人?日本開国の動機は有名過ぎる兄を超える為だった! 大阪冬の陣では後藤又兵衛はどんな活躍をしたの?

おすすめ記事

  1. 劉瞱(りゅうよう)ってどんな人?王族出身の名門参謀でもあり魏の重臣
  2. びっくり!三国時代の文化は日本に近かった?
  3. よく皖城で共闘できたね?三国志史上最凶に仲が悪かった甘寧と凌統
  4. 「文永の役」を超簡単にわかりやすく説明!アンゴルモア元寇合戦記がさらに楽しめる!
  5. 新制度導入はこんなに大変!胡服騎射を導入するために苦労を重ねた武霊王
  6. 武田晴信の領地経営と甲州法度をざっくりと分かりやすく紹介!
  7. 島津斉彬と天璋院篤姫は実際どんな関係だったの?
  8. 袁紹の評価が残念な6つの理由

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"
PAGE TOP