陳勝・呉広の乱とは何?秦国を滅ぼすきっかけを作った二人組


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

陳勝・呉広

 

陳勝(ちんしょう)と呉広(ごこう)は見事に兵士達の心をつかみ、反乱へ踏み切ります。相手は天下統一を果たした秦帝国。二人が握っていた軍勢はほんのわずかですが、秦帝国に果敢にも挑んでいきます。


張楚建国

三国志のモブ 反乱

 

陳勝と呉広は引率者の首を祭壇に掲げ、陳勝は将軍を名乗り、呉広は都尉(とい)を名乗ります。陳勝と呉広は反乱軍を率いて出陣。二人の軍勢は各地で連戦連勝し、向かう所敵なしであった。こうして陳という城下に近づく頃には、兵士の数は数万という大軍に膨れ上がり、その勢いで陳を占領。

 

陳を占領した二人の前に、陳の長老や部下達が彼らを王に就くよう進言します。陳勝と呉広はこの進言を受け入れ、王位につき、新たな国号を作成国号を張楚と名付け、陳を王都にします。


秦の首都咸陽へ向けて進撃

 

陳勝と呉広は陳に居た元項燕の部下であった周文を将軍に任命。彼を先頭に秦の軍勢と戦わせます。周文は迎撃に出て来た秦軍を幾度も破る快進撃を続け、ついに秦の函谷関を突破。こうして秦の都がある咸陽へ大手をかけます。しかしここで思いもよらない事が発生します。


秦の名将章邯の出現

章邯(しょうかん)

 

章邯(しょうかん)は役人として秦に仕えていました。しかし陳勝と呉広の反乱軍が函谷関を突破した事を知ると趙高へ進言します。

 

「現在始皇帝の墓で働いている罪人20万人を兵にして、勲功を稼げば罪を許せば如何でしょうか。」と策を伝えます。

 

この策を聞いた趙高は章邯の進言を許し、彼の思うままにさせます。章邯は始皇帝の墓に行き、20万人の罪人を集め

「君達にはこれから兵になってもらう。兵になって勲功を稼げば、君達の罪を許すと皇帝がおっしゃっている」と伝えます。

 

こうして即席の兵士20万に武器を与え、周文の率いる反乱軍の迎撃へ出陣します。


張楚の名将周文VS秦の名将章邯

 

周文は秦の軍勢が迎撃に出てくると陣を敷きます。章邯は周文の陣へ猛攻をかけます。周文の軍勢も激しく章邯の軍勢を迎撃します。こうして激闘を続ける事数時間、ついに章邯の軍勢が周文の軍勢を破ります。周文は敗走すると、態勢を立て直し、再び澠池(べんち)で章邯軍を待ち受けます。しかし周文の軍勢は章邯軍に完膚なきまで敗北。周文は澠池の地で自害します。章邯は見事に張楚の主力軍を破り、一気に張楚の首都目掛けて進軍を開始します。

【次のページに続きます】

次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 樊噲 樊カイ(はんかい)
  2. 担がれる劉邦
  3. 劉邦と項羽
  4. 項羽
  5. 担がれる劉邦

コメント

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“二宮の変

“三国志データベース"

“三国志人物事典

“はじめての三国志公式LINEアカウント"




PAGE TOP