ログイン | 無料ユーザー登録


法正特集
徐庶


はじめての三国志

menu

三国志の雑学

曹操の徐州大虐殺 ―きっかけは曹操の父親だった。その父親とは?-

ブチ切れる曹操


はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

ブチギレる曹操

 

曹操(そうそう)とは三国志の中で有名な人物で、悪名としては、特に徐州大虐殺(じょしゅうだいぎゃくさつ)が知られています。

そして、曹操徐州大虐殺のきっかけは曹操の父親であると言われています。

今回は、徐州大虐殺のきっかけになった曹操の父親について取り上げます。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:衝撃!徐州大虐殺には袁紹が参加?父を見殺しにした曹操

関連記事:曹操の徐州大虐殺の真相には諸説あり?

 


 

徐州大虐殺とは

三国志のモブ

 

曹操は20歳で推挙され、出世しました。

出世後、徹底的に法を遵守するなど有能な政治家として知られるようになりました。

軍事面では、黄巾の乱を鎮めたことでも有名です。

 

黄巾の乱を鎮めたことが評価され、皇帝直属の軍隊を指揮する西園八校尉(さいえんはっこうい)に任命されました。

曹操は出世しますが、曹操の父親である曹嵩(そうすう)が徐州の兵に殺される事件が起こりました。

 

この事件に対して曹操は徐州を侵攻することを決めました。

この時の曹操は父親の曹嵩が殺されたので怒り狂っていたと言われています。

曹操は兵士だけでなく住民も虐殺しました。

 

史料によれば、死者の数が数万程度で、死体で川がせき止められたと書かれています

虐殺の結果、徐州は壊滅的なダメージを受けました。

 


 

曹嵩はどこの出身?

曹嵩はどこの出身?

 

曹操の徐州大虐殺のきっかけとなった曹嵩について取り上げます。

三国志演義(さんごくしえんぎ)によれば、夏侯惇(かこうとん)と曹操は血縁関係にあるので曹嵩の出身は夏侯氏であると言われています。

 

しかし、曹嵩の出身については疑問点が残されています。

陳寿(ちんじゅ)の魏志と武帝紀によれば曹嵩がどこの出身かは書かれていません。

正確に言えば、曹嵩の出身は明確に出来ないと書かれています

 

曹嵩の出身についてなぜ史料では明確にできないと書かれているのでしょうか。

曹嵩の出身に関する史料で記録が残っているものについては、三国志演義陳寿の三国志を補足した裴松之(はいしょうし)の書物だけで他の史料では一切出ません。

 

史料の信憑性(しんぴょうせい)と仮に曹嵩の出身が夏侯氏であればどのようなことが起こるのでしょうか。

このことは次の節で取り上げます。

 

覇を競う乱世に新たな秩序を打ち立てた曹操の生涯
曹操孟徳


 

史料の信憑性とタブー

史料の信憑性とタブー

 

曹嵩に関する史料については嘘と真実が混ざっているため信憑性に乏しいと評価されています。

もし、曹嵩の出身が真実で夏侯氏だとすれば、当時の中国においてタブーを侵していることになります。

ここではそのタブーについて取り上げます。

 

中国では妻は必ず異姓から迎え入れ、養子は必ず同族から迎え入れる慣習がありました。

曹嵩の場合、養子として迎え入れるならば同族の曹氏でなければなりません。

出身が夏侯氏であると異姓養子を迎え入れたことになり、タブーを侵したことになります。

 

曹操が出世して政治の中枢にいるときに異性養子を解禁したと言われています

当時、戦乱が相次いで起こっていて血筋が途絶えるのを避けるために解禁したと言われていますが、

当時タブーとされていたい異性養子という曹操自身のマイナスの部分を消したかったと言われています。


  

 

 

三国志ライターオフィス樋口の独り言

三国志ライターオフィス樋口の独り言

 

曹操の祖先は秦の末期から前漢にかけて活躍した曹参(そうしん)であると言われています。

曹参の子孫には曹操の祖父で、曹嵩の父である曹騰(そうとう)がいます。

曹操の父と祖父との間には直接的な血のつながりはありません。

直接的な血のつながりがない理由として曹騰(そうとう)宦官(かんがん)であるという記録が史料に残されています。

 

宦官とは去勢した家臣のことです。

宦官になると子孫を残すことができないことから養子を迎え入れます。

曹騰については夏侯氏から養子として曹嵩を迎え入れています。

 

今回は曹操の父・曹嵩について取り上げました。

曹嵩については記録を残すことができないと書かれている史料や、信憑性の面で評価されていない史料があり、

未だ曹嵩の出身について謎が残されています。

曹嵩の謎を解くことで曹操の政治面での評価が変わるかもしれません。

今後の研究に注目したいと思います。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:【疑問】どうして徐州人は曹操の支配を受け入れたのか?

関連記事:【出身州別】三国志キャラの性格診断 第二回 冀州(きしゅう)、兗州(えんしゅう)、徐州(じょしゅう)編

 

【魏のマイナー武将列伝】
魏のマイナー武将列伝

 


 

オフィス樋口

オフィス樋口

投稿者の記事一覧

自己紹介:フリーランスで予備校の講師をしています。
歴史が好きで、予備校では主に日本史を指導しています。
センター試験の点数を40点台から80点台に伸ばした実績があります。

好きな歴史人物:徳川慶喜(理由:多趣味であることが共通しているから)

関連記事

  1. 関羽千里行 ゆるキャラ 関羽千里行って有名だけど何なの?
  2. 関羽が殺されキレる劉備 劉備の養子・劉封(りゅうほう)はなぜ殺されねばならなかったの?
  3. 黄巾の乱に巻き込まれる若し頃の程昱(ていいく) 儒者に騙されるな!黄巾の乱は義挙だった?
  4. 夏侯覇の妻は誰? 夏侯覇の生涯は充実していた!三国志演義での扱いが酷すぎるが史実は…
  5. 姜維の地位を落とす文官 姜維の評判はどうなの?正史注釈者や魏志春秋著者や正史著者から見た…
  6. 呉蜀と魏に二股をかけている孫権 関羽のワガママ死は孫権の無節操が原因だった?
  7. 曹休と曹丕を可愛がる曹操 曹丕は幼い頃から父・曹操に戦へ連れて行かれてあの激戦も参加してい…
  8. 李儒と董卓 極悪人の董卓の参謀・李儒は董卓以上の悪人だったの?

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 織田信長
  2. キングダム
  3. 孔明
  4. 小松帯刀
  5. 鄧艾
  6. 逃げる秦王政を追いかける荊軻

おすすめ記事

  1. 【怪しげな宗教団体】どうして多くの民衆が太平道に参加したの? 太平道の祖・張角(黄巾賊)
  2. 諸葛孔明が目指した軍師・管仲は、結構性格が悪い 管仲
  3. 張繍とはどんな人?実はかなりの出世頭で人たらしだった? 張繍
  4. 91話:張飛の大手柄 蜀将の厳顔を味方にする
  5. 江藤新平と大久保利通、明治時代の権力闘争 幕末 帝国議会
  6. 邪馬台国最期の戦い(後編)邪馬台国滅亡と神武降臨(神武天皇) 大和朝廷を建国したカムヤマト

三國志雑学

  1. 袁術と袁紹の喧嘩
  2. 魏の旗をバックに戦争をする郭淮は魏の将軍
  3. 劉禅を説得する張嶷
  4. 司馬懿


“ながら三国志音声コンテンツ開始" “はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 騎馬兵にあこがれる歩兵
  2. 馬謖に魏打倒を叩き込む諸葛亮孔明
  3. 幕末 魏呉蜀 書物

おすすめ記事

海上での戦いの孫権 【夏休みや旅行の移動時間にいかが】キングダムや三国志よりもすごい!?春秋時代のTOP3と言われた宰相達をご紹介 司馬懿と公孫淵 【軍師連盟】司馬懿は電光石火の行軍が得意だった? 異議ありと叫ぶ司馬懿 司馬懿(しばい)ってどんな人?実は列伝が無い孔明のライバル 秦の旗を掲げる兵士 戦国策【秦策】王者を操り野心を抑制するの巻 【空海KU-KAI】空海が修行した長安青龍寺によかミカンが行ってみた 激務をちょっと忘れられるホッと一息の「ユルめ記事」2016年総集編 三国志大学を目指す曹操 ええっ?曹操は歴史の先生として宮廷で採用されていた!? 皇帝に就任した曹丕 もしも、曹丕が禅譲を要求せず後漢王朝が存続したら?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志

ながら三国志音声コンテンツ
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP