曹嵩とはどんな人?本当は曹操と仲が悪かった!




はじめての三国志コメント機能バナー115-11_bnr1枠なし

曹嵩

 

曹嵩(そうすう)は、曹操の父にあたる人物です。元々は夏侯氏(かこうし)でしたが、宦官の曹騰(そうとう)の養子となり莫大な財産を受け継ぎました。

 

曹操

 

そして、曹操が生まれる事になるのですが、魏を起こした曹操の父は、非常に史料が乏しく謎だらけなのです。

 

曹操に招かれウキウキする曹嵩

 

しかし、その少ない史料を調べて見ると従来とは異なる曹嵩と曹操の関係が見えてきたり、こなかったりしているのです。




夏侯氏の家に生まれ大宦官曹騰の養子になる

 

曹嵩は字を巨高(きょこう)と言い、元々は夏侯氏の出身で夏侯惇(かこうとん)の叔父であり、曹操は夏侯惇とは従兄弟にあたると言われています。性格は親孝行で、慎ましかったので宦官の曹騰が見込んで養子としました。

 

その後、官途に就き司隷校尉(しれいこうい)となり霊帝により大司農(だいしのう)大鴻臚(だいこうろ)に抜擢され、西暦187年、崔烈(さいれつ)と交代し三公の太尉となっていますが、翌年には辞任しています。

宋銭 お金と紙幣

 

キャリアを積み重ねているように見える曹嵩ですが、目立った事績は何もありません。また、この頃の官職は全て売官の対象なので、曹嵩が有能で顕職を歴任したとは考えにくく、売官ゲームに参加し官職を転売して利殖に勤しんでいただけなのかも知れません。




曹操との逸話

魏の曹操孟徳

 

曹操と曹嵩についての逸話はほとんど伝わってなく、これから紹介する曹瞞伝(そうまんでん)によるものが唯一です。

 

曹操は若い頃、鷹や狗での狩猟を好み、放蕩(ほうとう)三昧で節度がなく、口うるさい叔父がよく曹嵩に告げ口していた。

曹操は、口うるさい叔父を黙らせようと思い、道で叔父に遭うや表情を硬直させて口を歪めて動かなくなった。

叔父が怪しんで何をしている?と問うと、「いきなり悪風(おふう)に当たりました」と答えました。

驚いた叔父が曹操が中風(ちゅうぶ)に罹ったとして、曹嵩を呼んでくると曹操は平然と歩いている。

 

「お前、中風になったのではないのか?」と曹嵩が問うと、曹操は

「中風ではありません。叔父上は私が嫌いなので嘘をついたのでしょう」と答えた。

これから曹嵩は叔父の言を信用しなくなり、曹操は増々、放蕩三昧をするようになった。

 

 

曹操と曹嵩の逸話は、たったこれだけですが、息子の事を信じたい親バカでお人好しな曹嵩と抜け目のない嘘をつく、狡猾な少年曹操の対比が出ています。

 

覇を競う乱世に新たな秩序を打ち立てた曹操の生涯
曹操孟徳

 

曹嵩は金権政治家だったのか?

餓えた農民(水滸伝)

 

後漢末期、霊帝は足りない財源を朝廷の官職を売る、いわゆる売官をして荒稼ぎをして増やした事が知られています。この金権政治の風潮の中で、曹嵩も官職を買って荒稼ぎをしていたように思いますが、どうも話はそう単純ではないようです。

 

財宝を持ち歩いて移動してしまった曹嵩

 

それは何故か?実は霊帝に官職を与えられると、官人は辞退する事が許されなかったからです。どうしてもお金がない人は借金をして(霊帝はお金も貸しました)官職を買い赴任先で民から税を搾り取り、損を埋め合わせていました。

 

例えば、清廉(せいれん)で知られた河内(かだい)司馬直(しばちょく)は、清廉の故に300万銭の低価格で官職を売られましたが、その300万銭もないとして拒否。さらに赴任を強要されると、民に負担は掛けられないと激しく諫奏した上で孟津から川に身を投げて死んでいます。

 

つまり、収奪して民をイジメないと自分が破産するのが売官の反面の真実でした。

 

西洋が好きな霊帝

 

この背景を見ると曹嵩は、霊帝に大司農、大鴻臚に抜擢された上に、崔烈と交代で太尉になったとされているので、全て霊帝からの任命であり、太尉は銭1億銭と記録されています。

 

十常侍(宦官)

 

太尉については後漢書宦者列伝では、1億銭と宦官に賄賂を贈りゲットしたとありますが、それ以外の大司農、大鴻臚については何も書いていません。もしかして、太尉以外は霊帝による有難迷惑の押し付け売官だったかも知れません。

 

老齢で引退し礁に帰るが董卓の乱で瑯邪郡に逃れる

霊帝

 

太尉になってほどなく曹嵩は官を辞して故郷の礁に隠居します。あるいは、霊帝の売官ゲームに付き合いきれなくなったのかも知れません。元々、温厚で篤実以外に取り柄がない人なら、当時の腐敗した宮廷は苦痛でしかなかったと思います。

 

董卓

 

しかし、まもなく董卓が暴政を敷くと、戦乱を避けより安全な徐州の瑯邪郡(ろうやぐん)に一族で逃れます。当時の徐州は、陶謙が実力で統治していて洛陽に比較すればずっと安全だったのでしょう。

 

進軍する兵士a(モブ用)

 

その後、曹操が兗州牧(えんしゅうぼく)になり、曹嵩と家族を迎える為に泰山太守応劭(おうしょう)に命じて兵を出し、曹嵩の一族は瑯邪郡から泰山郡に移動して待機していました。

【次のページに続きます】




次のページへ >

1

2>

関連記事

  1. 李儒
  2. 亡くなる袁紹

    デザイン担当:よりぶりん

    曹操の北伐~袁氏の滅亡~

    官渡の戦いで袁紹軍を打ち負かした曹操ですが、戦いが終わ…

  3. 呂布に殺害される丁原(ていげん)
  4. 賢人に会いに行く王粲
  5. 絶世美女 貂蝉
  6. 陳宮

コメント

  • コメント (2)

  • トラックバックは利用できません。

    • kawauso編集長
    • 2020年 9月 22日

    板倉さん

    興味深い話を有難う御座います。
    張闓は闕宣の配下説はありそうですね。
    闕宣もかなりの乱暴者で、いよいよ陶謙にも見限られるくらいですから
    そして曹嵩が実は高密県を目指していて、王修の取り締まりで、そこまで行けずに
    瑯邪郡に留まっていた説も面白いですね。
    kawausoは、曹嵩は曹操を嫌っていたか、あまり信用してない説を取るので
    本当は、別の避難場所を目指していたという話がしっくりきます。

    • 板倉
    • 2020年 9月 21日

    You Tubeでお世話になってます。

    初平4年ですが、泰山は自称天子の闕宣と陶謙が手を結び荒らしてます。その荒らした場所は泰山郡の費県と華県。
    泰山太守応劭はこの騒ぎで動けなかったんじゃないかな?
    一方張闓は費県と莱蕪県もしくは費県と華県の間で曹嵩を殺害してます。
    ぽっと出の張闓は自称天子の闕宣の配下だった可能性がありますね。当の闕宣は陶謙に見限られて殺害され、その軍は陶謙に吸収されます。
    曹操が陶謙に怒りを見せるのは曹嵩殺害の件もあるが、管理下にある兗州泰山を自称天子の闕宣と組みして荒らしたからだと思う。
    この時期まだ漢臣の意識が強くある曹操は漢に弓引く闕宣と陶謙は逆賊と見なしていたんじゃないかな。(日本で言うところの朝敵かな?)

    ここからはかなり妄想が入りますが曹嵩は青州北海国高密県を目指していたんじゃないかな?
    あそこは夏侯嬰の末裔が孫姓となって支配している土地でして、多くの食客が高密県に集まったとされます。曹嵩も元は夏侯氏なので同族として匿ってもらうには打って付けだったと思う。
    ところ初平年間に王修が高密県令として食客の取締りを厳しくしたので曹嵩一行は高密県入りが出来ずにいた。この経緯で曹嵩一行は徐州瑯邪郡に足止めを食らっていたんだと思う。
    そして初平4年になってトップの記事のようになった。

    この高密入りの件はかなり妄想が入ってますので鵜呑みにしないでくださいね。

    ちなみに劉備配下の孫乾は高密の夏侯氏じゃないの?と裴松之の子の裴駰は言ってます。




はじめての三国志企画集

“はじめての三国志企画特集"

“はじめての三国志公式LINEアカウント"

“二宮の変

“三国志データベース"

“三国志人物事典

3冊同時発売




PAGE TOP