三国志平話
三顧の礼




はじめての三国志

menu

キングダムのネタバレ考察

キングダム582話ネタバレ予想vol2玉鳳隊と飛信隊の関係は史実?

 




 

大人気春秋戦国時代漫画キングダム、最近では、(しん)王賁(おうほん)の成長が著しいですが、この二つの部隊、飛信隊(ひしんたい)玉鳳隊(ぎょくほうたい)は平民と貴族階級と

身分が大きく違います。

これって、漫画だけの設定と思いきや、ただの偶然か原泰久(はらやすひさ)深慮遠謀(しんりょえんぼう)か?案外、実際の秦の軍制を反映している部分もあります。

そして、リアルな秦の軍制では飛信隊はかなり悲惨な境遇になってしまうのです。

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

 

関連記事:キングダム582話最新ネタバレ予想「亜花錦の狙いは何だ!」

関連記事:キングダム581話最新ネタバレ「見える景色」レビュー紹介

 

 

キングダム582話ネタバレ予想 秦には玉鳳隊も飛信隊も存在した?

 

史実の秦の軍制では、他国を攻略する軍隊は帝都治安兵力の役割でした。

咸陽には、近衛軍と帝都治安兵力が存在し近衛軍は皇帝を守り帝都治安兵力が外征に従事していました。

この帝都治安兵力は、地方軍から優秀な部隊を選別して組織された精鋭部隊でもちろん、最強の攻撃力を保有していたようです。

しかし、この帝都治安兵力だけで戦うのは不安なので地方から郡県治安兵力を補強して戦争を遂行していました。

 

これをキングダムに当てはめると、騎士階級だけで組織された玉鳳隊は帝都治安兵力のエリートで、農民から募集した飛信隊は

地方の郡県治安兵力という図式になると思います。

 

玉鳳隊や飛信隊という名前はついていませんが、史実の秦にも、選抜エリートの帝都治安兵力とそれを補強する大した事がない地方軍という

色分けが存在していたという事になるようです。

 

 

キングダム582話ネタバレ予想 玉鳳隊の弾除けだった飛信隊

 

王賁と信は、出会った当初、水と油の関係性でした。

エリート意識を隠さない王賁とそれに反発する平民の信という関係です。

話そのものは漫画の虚構ですが、それに似た関係は史実にもありました。

 

動員された地方の郡県治安兵力というのは、その戦意や能力において帝都治安部隊には劣るので、戦争においては常に前線に配備され、

真っ先に危険にさらされる弾除けとして活用されたのです。

 

これをキングダムに当てはめると、玉鳳隊は飛信隊の背後で待機し、飛信隊は、敵に真っ先に突撃し野戦でも城攻めでも、

多くの犠牲を出したかような図式が成立する事になります。

 

もちろん、このような状況では、地方軍は中央軍をこころよく思わないでしょうし中央軍は、もっとまじめに戦えよという意識で

地方軍を見下す事になります。

つまり、いがみ合う玉鳳隊と飛信隊という構図は、まったくの虚構でもないそう考えても間違いはないのではないでしょうか

 

【キングダムのネタバレ記事は毎週木曜午前1時更新】
キングダムネタバレ考察

 

キングダム582話ネタバレ予想 玉鳳隊と飛信隊は張り合えた?

 

しかし、地方軍に配属され前線に立つからと言って腐る必要はありません。

秦では信賞必罰が他の六国より徹底していて、地方軍の兵士であっても手柄を立てればすぐに中央軍に引き立てを受けて、

大将軍の地位に登るのも可能でした。

逆に、代々中央軍にいるからと己惚れていても、手柄がなければ降格処分もあり身分差は決して固定されたものではありませんでした。

秦帝国の躍進を支えた白起(はくき)にせよ、王翦(おうせん)にせよ、出自は明らかでなく、戦の手柄によってのし上がった人物なのです。

 

この点から考えると、史実の上での飛信隊的な存在の地方軍も、ひたすら卑屈になるのではなく、今に見てろという気概を持つ人もいたでしょう。

信にしても下僕の身分から大将軍を目指すのですが、これは虚構ではなく、当時の成功者達に照らしても普通に存在したのだろうと思います。

 

キングダム(春秋戦国時代)ライターkawausoの独り言

 

今回は、飛信隊と玉鳳隊のような関係性は実在したのか?というテーマで考えました。

結論から言いますと、それはあったと言えると思います。

秦には厳格な身分制と同時に成り上がりを認める流動性も存在していたので、元の身分は低くても、TOPを目指す事が出来たからです。

 

参考ブログ:古代中国の戦争

 

前回予想ネタバレ↓亜花錦は一体何を考えているのか?大胆予想

キングダム582話最新ネタバレ予想「亜花錦の狙いは何だ!」

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:キングダム581話ネタバレ予想vol2深読み「王賁遂に中二病を脱出!

関連記事:キングダム581話ネタバレ予想王賁vs堯雲&馬南慈の変則マッチ発生

 

キングダム582話ネタバレ予想 Youtube動画

 

【キングダムを100倍楽しむ歴史雑学】
キングダムを100倍楽しむ




 

kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. キングダム584話ネタバレ予想「王賁は本当に死ぬのか?」大予想
  2. キングダム最新566話「楊端和無双」ネタバレ&レビュー…
  3. キングダム579話ネタバレ予想vol2李牧は王翦の包囲殲滅に敗れ…
  4. キングダム 532話 ネタバレ予想:信が麻紘軍を率いて李牧と激突…
  5. キングダム580話最新ネタバレ「最強の瞬間」レビュー記事
  6. キングダムネタバレ予想 壁は大将軍になるのか?
  7. キングダム最新ネタバレ予想575話「王賁が亜光軍を継ぐ!」解説
  8. キングダム 533話 ネタバレ予想:桓騎が単独で鄴を落とす?

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 日本戦国時代の鎧
  2. 孫権に煽られて憤死する陸遜
  3. 孔明もコペルニクスに似ていた
  4. 長篠の戦いWikipedia
  5. カール・マルクス

おすすめ記事

  1. 【キングダム】驚愕!信の血筋はなんと皇帝に即位していた!
  2. 18話:菫卓を守った最強のボディーガード呂布
  3. 【お知らせ】はじめての三国志を常時SSL化しました。
  4. 戦国日本は多神教でキリスト教は相容れないは嘘だった?
  5. かわいそうな阿斗(あと)の壮絶な人生
  6. 曹髦(そうぼう)とはどんな人?曹植に匹敵する才能を持ち、曹操に見劣りしない武略を持っていた為に、殺害されてしまった皇帝 曹宇

三國志雑学

  1. 呉の孫堅
  2. 蔡琰
  3. 結婚を喜ぶ孫策
  4. 劉備玄徳が眩しい理由 三国志
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 2019年のご挨拶 あけましておめでとう 正月 曹操 荀彧
  2. 苦肉の策(笑)
  3. 幕末 帝国議会

おすすめ記事

【秦の宰相】一介の商人である呂不韋はどうやって秦の宰相まで出世出来たの? 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース38記事【3/6〜3/12】 まさにバーリトゥード!首絞め、刺殺、兜取り!何でもありだった。リアルな三国志の一騎打ちで馬超をフルボッコにした男がいた! 武田信繁(たけだのぶしげ)とはどんな人?武田信玄の片腕と呼ばれた名将 118話:孔明君のジャングル探検?南蛮討伐前哨戦 キングダム577話最新ネタバレ「赤の他人」レビュー 【三國志女性列伝】「私、失敗しないので」三国志時代にも存在したドクターX 辛憲英(しんけんえい) 【三国志の民話】情けない顔で帰ってくる周瑜に小喬ブチ切れ!

おすすめ記事

  1. 九州制覇へ向けて驀進するぜ!島津家棟梁・島津義久の九州制覇戦
  2. 島津斉興の家系図はどこに繋がる?鎌倉から幕末までを網羅
  3. おんな城主 直虎の予備知識を得よう!女城主・井伊直虎は今川家に呪われているらしい
  4. 篤姫の役割とは? 江戸時代の将軍の正室の役割を考える! 徳川家を守った篤姫
  5. 三国志ライターkawausoが魏を斬る!蜀が中華統一をする方法
  6. 【意外】日本人のほうが三国志を原文で読めるって知ってた? 李儒と三国志
  7. 佐久間象山、幕末の天才奇人はどうして暗殺された?
  8. どうして魏は最強なのに、天下を統一できなかったの? 三国志の英雄(魏 呉 蜀)

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP