はじめての列子
麒麟がくる特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

こち亀の両さんか!三国志の美女は一本眉だった?




貂蝉

貂蝉(ちょうせん)

 

女性について語られる際には

いつの時代もその美しさが話題になります。

三国志』にも

美しいということで語り継がれる美女たちはたくさんいますよね。

貂蝉(ちょうせん)大喬(だいきょう)小喬(しょうきょう)姉妹、甄夫人(しんふじん)などなど…。

 

彼女たちの美しさに思いを馳せつつ、

ふとした瞬間にこんなことを考えてしまうという

人もいるのではないでしょうか。

「でも、昔の美人って

今の美人とは全然違うのでは…。」

 

たしかに、平安時代や江戸時代の美人画を見ても

「美人だな」と思う人は少ないでしょう。

オカメ顔もうりざね顔も

現代の人々にとって美の基準とはなり得ませんよね…。

やっぱり『三国志』に出てくる美人もその例に漏れず

そんなに美しくなかったのでしょうか…?

 

今回は三国時代の美女の基準について

解き明かしていきたいと思います。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:え?まるでバカ殿?三国志時代の愛されメイクを紹介。どんな風にお化粧してたの?

関連記事:おデブは一日にしてならず董卓を肥満させた儒教の教えとは?

 

 

曹植が詠った美女

曹植が詠った美女

 

三国時代の美女について知るには

その当時の詩文を学ぶのが近道でしょう。

というわけで、

七歩の才を持つと評されている

曹植(そうしょく)の「美女篇」を読んでみましょう。

 

美女妖且閑 美女妖にして且つ閑なり

採桑岐路間 桑を岐路の間に採る

柔條紛冉冉 柔條紛として冉冉(ぜんぜん)たり

落葉何翩翩 落葉何ぞ翩翩(へんぺん)たる

攘袖見素手 袖を(はら)いて素手を(あらわ)せば

皓腕約金環 皓腕(こうわん)金環を約す

頭上金爵釵 頭上には金爵の(さい)

腰佩翠琅干 腰には()翠琅干(すいろうかん)

明珠交玉体 明珠玉体に交わり

珊瑚間木難 珊瑚木難に(まじ)わる

羅衣何飄飄 羅衣何ぞ飄飄たる

軽裾髄風還 軽裾(けいきょ)風に(したが)いて還る

顧盼遺光彩 顧盼(こへん)は光彩を遺し

長嘯気若蘭 長嘯すれば気は蘭のごとし

行徒用息駕 行徒は(もっ)て駕を(やす)

休者以忘餐 休者は以て餐を忘る

 

美女はなまめかしくしとやかだ。

桑の実を分かれ道で採っている。

柔らかい枝が入り乱れて広がっている。

その袖をはらって白い手をあらわにすれば、

やはり白い腕には金の腕輪が結ばれている。

頭の上には金のかんざし。

腰には翡翠(ひすい)の帯の玉。

光り輝く宝石は玉のように美しい体にまとわり、

珊瑚(さんご)は真珠にまじわる。

薄絹はなんと美しく舞うことだろう。

軽い裾は風にしたがって翻る。

振り返る美しい目元は光を残し、

歌を歌えば蘭のような香りが漂う。

行く人は車を止めて見とれてしまい、

休む人は食事をも忘れてしまう。

 

 

色が白くてしなやかなことが美しさの条件

大喬

 

「素手」や「皓腕」という言葉が見えることから

曹植は色が白いということを

美の条件と考えていたようですね。

 

その当時は顔におしろいを

塗ることが化粧の基本でしたが、

体もおしろいを塗った顔に負けないくらい

白いことが尊ばれたのでしょう。

 

また、曹植が「腰」に注目しているという点も

注目すべきポイントです。

腰というのはくびれていないと

注目されることの無い部位ですよね。

 

そのため、曹植が詠った美女は

腰が美しくくびれていたということが考えられます。

そして、腰がくびれているということは

腰のあたりが細かったという証拠。

 

このことから類推するに、

その当時の美女の体型は

わりとスレンダーであったということが考えられます。

 

また、曹植は美女の体全体のことを

「玉体」という言葉で表現していますが、

これは丸い体という意味ではなく、

やはり宝石のように張りが合って滑らかな体のこと。

 

色が白いということも

スレンダーであるということも

現代の美女の条件として挙げられるものですよね。

その他、曹植は流し目の美しさや

良い香りがするということを上げていますが、

これも現代の美女に当てはまる特徴と言えるでしょう。

 

三国時代の美女は

現代の美女とそれほど変わらない

容姿をしていたのかもしれませんね。

 

古代中国・超科学の世界に挑戦する HMR

HMR  

曹操が一本眉を流行らせた!?

 

「三国時代の美女はやっぱり美女なんだ~」

と胸をなでおろした人も多いでしょう。

ところが、彼女たちはもしかしたら

こち亀の両津勘吉(りょうつかんきち)のような

一本眉をしていたのかもしれないそうです…。

 

なんと、曹植のパパ・曹操(そうそう)

魏の女性たちに眉墨で左右の眉をつなげるように

命令していたのだとか

 

もしかしたら曹植が歌い上げた美女の眉毛も

立派な一本眉をお持ちだったのかもしれません…。

 

三国志ライターchopsticksの独り言

三国志ライターchopsticksの独り言

 

一本眉にしていたのは

魏の女性たちだけだとは思いますが、

曹植が歌い上げた美しい美女も

一本眉だったのかもしれないと思うと

何だか残念な気持ちになってしまいますね。

 

はじめての三国志:全記事一覧はこちら

関連記事:【無残な最期を遂げた鄒氏】残酷な死を迎えた三国志の美女

関連記事:曹操のお屋敷はガラスでキラキラだった?西域趣味の曹操が金髪美女とアモーレ・ミ―オ!

 

関羽の弔い合戦「夷陵の戦い」を分析
夷陵の戦い

 




chopsticks

chopsticks

投稿者の記事一覧

清朝考証学を勉強中。
銭大昕の史学考証が専門。
片田舎で隠者さながらの晴耕雨読の日々を満喫中。

好きな歴史人物:
諸葛亮、陶淵明、銭大昕

何か一言:
皆さんのお役に立てるような情報を発信できればと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 楽進を見出した曹操の人物観察力がスゴイ!!
  2. 蜀の劉備 【三顧の礼】諸葛亮の天下三分の計「隆中対」を読む
  3. 陸遜の逸話を紹介!さらに陸遜のことが好きになる!
  4. 曹操&袁紹花嫁泥棒 白馬の王子がいっぱい?三国志女さらい列伝
  5. 釣った人材が次々逃げる!ダメ釣り人袁術
  6. 関羽 関索 謎多き登場人物、関索って何者?
  7. キングダムと三国志 信と曹操のはてな(疑問) キングダムと三国志の違いって何?時代を追ってみる
  8. 関羽廟だけじゃない!結構な人気がある張飛廟を徹底紹介!

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 孫子の兵法 曹操
  2. 関羽を油断させる陸遜
  3. 残忍な曹丕

おすすめ記事

  1. キングダムネタバレ最新575話「総大将の不在」レビュー記事
  2. 【諸葛亮孔明の心に残る名言】「好尚同じからずと雖も公義をもって相取る」
  3. 【八陣図】三国志の戦術マニア必見!少ない兵力を多く見せる必殺疎陣とは何?
  4. 劉雄鳴とはどんな人?仙人だけど世渡りが下手な関中軍閥 劉雄鳴は三国志の仙人
  5. どうして劉備は呂布を胡散臭いと思ったの?
  6. 漢女って何?身体は女、心は漢?たまにネットの海で見かける漢女 石亭の戦いで曹休が反応してドキッとする周魴(しゅうほう)

三國志雑学

  1. 周瑜と孫策
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. お酒が強い篤姫
  2. 豊臣秀吉 戦国時代2
  3. 大政奉還した徳川慶喜
  4. 爽やかな荀彧
  5. 張魯

おすすめ記事

【週間まとめ】はじめての三国志ニュース34記事【1/9〜1/15】 曹操 【曹操孟徳の心に残る名言】法を制して自らこれを犯さば、何をもって下を帥いん もう見てられない!王朗と諸葛亮の舌戦が学芸会レベル 魏の名将文鴦はダメ親父に足を引っ張られ人生台無し? 三国志偏差値を一気に上昇させる!マニアックなコアファン向け参考文献 孫策に攻撃される黄祖 三国志演義の一騎打ちは爽快極まりない個人と個人のぶつかり合いだった! 【シミルボン】異議ありまくり!三国志の時代の裁判風景 十常侍ってなんぞや?

はじさん企画

“if三国志" “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP