魏延
姜維特集




はじめての三国志

menu

はじめての変

曹操のお屋敷はガラスでキラキラだった?西域趣味の曹操が金髪美女とアモーレ・ミ―オ!

曹操のガラス




曹操 ガラス

 

剣と魔法RPGなどでは、宮殿やお城というと壁面に大きな窓ガラスが飾られ、

光がサンサンと入り込んでくるというイメージがあります。

しかし、実際には中世の末期まではヨーロッパでも窓ガラスは高価であり、

かなり大きな城でも窓は防犯と費用の面から、鎧扉(よろいど)であり、

ガラスは使われず昼でも光が入らず、室内はジメジメしてうす暗かったようです。




中世ヨーロッパに無いなら中国にだって窓ガラスは無いの?

郭嘉

 

三国志の時代から1000年以上後の中世ヨーロッパでも窓ガラスがないなら

当然、中国の三国時代にだって、高価な窓ガラスは無いと言う事でしょうか?

曹操(そうそう)郭嘉(かくか)は、昼でも薄暗い宮殿の中でロウソクを灯しながら、

天下統一へのジメジメ謀議を行ったのでしょうか?

 

それは暗い!余りに暗過ぎるし、ジメジメしすぎるでしょう!!




窓ガラスが出土した古代都市、ポンペイのフォルムの大浴場

カール・ブリューロフ作、「ポンペイ最後の日」wiki

 

しかし、往々にして真実は固定概念を覆すものです。

紀元79年、イタリアのヴェスビオ火山の大噴火で一瞬にして火砕流に飲まれ

当時の姿を残したまま遺跡なり18世紀に偶然発見された古代ローマの都市ポンペイにて市民が使用したフォルムという大浴場が発掘されました。

このフォルムの大浴場の天井には、何と板ガラスが使用されていました。

北ヨーロッパは寒い時期が長く、大浴場は換気の際に風呂の温度を

下げない工夫が必要でそれには、開閉が簡単な窓ガラスが最適でした。

さらにプラス、明るく開放的な風呂空間を実現するには、光は通しても、

風は通さない窓ガラスが向いていたのです。

テルマエロマエ

 

お風呂大好き民族の国、ローマでは風呂にも娯楽が求められたのです。

 

曹操 ガラス

 

日本で銭湯のタイルに富士山が描かれるようなものでしょうか?

 

気になる当時の板ガラスの透明度ですが、光はもちろん問題なく入りますが

不純物と厚さの関係で、窓の外の風景はぼんやり映る程度であるようです。

それでも薄暗い浴場に慣れたポンペイの人々は風呂に入りながら、

窓の向こうが見えるという趣向に大満足したようです。

 

関連記事:テルマエ・ロマエのルシウスもびっくり!?後漢の甘英、ローマを目指す!

関連記事:【衝撃の事実】ドラゴンブレイドは虚構ではない!二千年前に遭遇していたローマ軍と漢軍

関連記事:【架空戦記】帝政ローマ軍と三国志軍が戦ったらどっちが勝つの?軍隊の編成や武器なども徹底解説

関連記事:【キングダム&300ファン感涙】架空戦記第2弾ギリシャ最強スパルタVS中華最強秦のガチ対決!!

 

当時の板ガラスの製造方法とは

 

当時の板ガラスの製造方法について、簡単ですが説明します。

まず、砂地に穴を掘り、それを正方形ないし長方形の板ガラスの形にします。

そこに石英、ソーダ灰、それに石灰を混ぜ合わせて火でドロドロに溶かした

ガラスの元を流し込みます。

後は、これをゆっくりと時間をかけて冷やせば完成という事になります。

もっとも、当時、板ガラスは分厚く大変に高価でしたから、貴族や公共の建物

或いは金持ち位しか窓ガラスを嵌められなかったようです。

 

宙吹きガラスの発明で、ガラスの値は下がり庶民にも浸透する

photo credit: joie de vivre via photopin (license)

photo credit: joie de vivre via photopin (license)

 

しかし、紀元前1世紀頃アレキサンドラの職人が鉄の筒に溶けたガラスを

くっつけて息を吹いてみたところ、ガラスが風船のように膨らんだ事から、

画期的な宙吹きガラスの製法が確立していきます。

 

宙吹きガラスは、現在でも使われるほどに製造法が簡単であり、ガラスは薄く

原料も少なくて済みまた透明度も格段に高い上に色々な形に加工できたので、

ガラスの値段はぐんと下がり庶民でも手に入るようになったと言われています。

 

【次のページに続きます】




ページ:

1

2

関連記事

  1. 孔明の罠 諸葛亮孔明が残した兵法書はどれなの?便宜十六策の中身を一部紹介
  2. 賈ク 賈詡のせいで董卓死後、中華が戦乱に陥った!?
  3. 11話:パンドラの箱を開けた漢王朝
  4. 黒田官兵衛 諸葛亮は黒田官兵衛より内政が優れている!異論は認めないよ?
  5. 劉備玄徳が眩しい理由 三国志 滅びゆくものへの郷愁劉備という生き方
  6. 劉寵と袁術 マイナーですまん!袁術に滅ぼされた陳王 劉寵(りゅうちょう)
  7. 曹操 【疑問】どうして徐州人は曹操の支配を受け入れたのか?
  8. 兵力なし、金なし、でも奮闘して評価を上げた曹操がスゴイ

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. キングダム52巻
  2. 曹仁
  3. 過労死する諸葛孔明
  4. 曹操 詩

おすすめ記事

  1. 【キングダムネタバレ予想】フィゴ王ダントがロゾを瞬殺する?!
  2. 愛されすぎてことわざになった人・張飛(ちょうひ)編 張飛と劉備
  3. 郭解(かくかい)とはどんな人?悪いことの全てをやり尽くした遊侠人
  4. 豊臣秀吉の天下統一の第一弾「四国征伐」に向けて何をしたの? 豊臣秀吉 戦国時代2
  5. 【蜀の運命を決めた人物】呉の大都督となった阿蒙ちゃんの決断が歴史を変えた!? 呂蒙
  6. 曹操には弱点はないの? 曹操の弱点(蟻)

三國志雑学

  1. 疫病が流行った村
  2. 馬謖に地理を伝える諸葛亮孔明
  3. 周泰(しゅうたい)の全身の傷を解説する孫権
  4. ホウ徳
  5. 馬良と孔明
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 馬超の兜にフォーカス
  2. ゆるい許褚
  3. 井伊直政
  4. キングダム52巻
  5. はじめての三国志
  6. 劉璋と劉備

おすすめ記事

劉備 呂布 裏切り 劉備と呂布を仲たがいさせよ!二虎競食の計 ジョン万次郎とはどんな人?誰よりも早く明治を予言した男 曹操を好きになってはいけない6つの理由 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース17記事【10/24〜10/30】 荊州争奪戦 荊州争奪戦、荊州がどうしても欲しいんです 孫呉(孫権・黄蓋・陸孫・周瑜・周泰)  沢山の人材を発掘した呉の孫権 織田信長 【センゴク】金ヶ崎の退口は何で起こったの?信長の最大の危機 本当は好きなんでしょ?一騎当千の最低男、呂布の最強伝説

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集郭嘉"
PAGE TOP