三国志平話
英雄の墓特集




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

【劉琦から学ぶ】諸葛亮へした一生のお願いとは?

蜀の劉琦




曹操にお願い

 

突然ですが!!

皆さんは「一緒のお願い」って言葉使ったことありますか。

レンは一生のお願いを何度も何度も使いまくって、一生のお願いの言葉の定義が分からないほど使っています。

 

しかし今回紹介する人はレンとは違って自分の命がかかっていたため一緒のお願いを使ったそうです。

さて今回紹介するのは劉琦(りゅうき)です。

 

劉琦は一生のお願いを諸葛亮(しょかつりょう)にしますが、彼の一生のお願いこそ本当の使い処と言えるので、劉琦の一生のお願いの使い処をこれを見て学んでみてはいかがでしょうか。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:諸葛孔明が10万本の矢を調達・生産したことに魯粛は驚いたのか?

関連記事:司馬懿と諸葛孔明の文通は心理戦の一端だったの?

 

 

どうして一生のお願いを使うことに??

蜀の劉琦

 

そもそも劉琦はどうして一生のお願いを使う羽目になったのでしょうか。

それは自分の命に危険を感じていたからです。

なぜ自分の命に危険を感じていたのか。

 

それは劉琦が劉表(りゅうひょう)の後継者の位から引きずり降ろされ、父から疎まれてしまったからです。

そして劉琦の代わりに劉表の後継者に挙げられたのは、自分の弟である劉琮(りゅうそう)です。

どうして劉表は劉琦を疎み、劉琮を後継者にしようと考えたのでしょうか。

 

劉琦の父・劉表ははじめ劉琦を後継者にしようと考えていましたが、側室の蔡氏から「劉琮を後継者にしてくれないかしら」と何度も言われていた事がきっかけで、劉琮を可愛がり、彼を後継者にしようと考えることになったのです。

更に劉表の重臣・蔡瑁(さいぼう)達も劉琮を後継者にしようと劉表へ働き掛け、劉琦の立場はどんどん悪くなっていきます。

 

そして劉琦は蔡瑁らが劉琮を後継者にするために自分を殺害しようとするかもしれないと考え、日夜不安でしょうがない日々を過ごしていました。

そんな劉琦に希望の光が差し込んできました。

 

 

劉琦の希望の光・諸葛亮

劉琦の希望の光・諸葛亮

 

劉琦は劉備(りゅうび)軍師として仕え始めた諸葛亮(しょかつりょう)が知識も豊富で知恵のある人物であることを知ります。

そして劉琦はもしかしたらこの劉備軍師・諸葛亮からアドバイスを聞けば、自分の不安も晴れるかもしれないと考えます。

 

劉琦は諸葛亮からアドバイスを聞くため何度もお願いしますが、諸葛亮から拒否られてしまいます。

しかし劉琦は自分の命がかかっているため、めげずに何度もお願いしますが、結果は変わりませんでした。

 

【はじめての三国志平話】
三国志平話

 

劉琦の一世一代の奇策とは!?

諸葛亮孔明

 

劉琦は諸葛亮にアドバイスをもらおうと何度もしつこくお願いしますが、諸葛亮から拒否られてしまいます。

そこで劉琦はある秘策を諸葛亮へ用いることにします。

劉琦は諸葛亮と自宅の裏庭にある高いやぐらへ誘い始めます。

諸葛亮は劉琦の誘いを不審に思いますが、おとなしく従ってやぐらを登っていきます。

 

劉琦は諸葛亮と一緒にやぐらを登りきるとそこで「孔明先生。今日は日ごろ迷惑ばかりかけているのでここで一緒に飲みましょう」と言って酒とつまみを持ってこさせるのでした。

諸葛亮は劉琦の誘いに乗ってつまみと一緒に酒をたしなみ始めます。

劉琦は諸葛亮が酒を飲みながら話に花を咲かせながら盛り上がっている所を見計らって、やぐらの梯子を取り外してしまいます。

 

一生のお願いです

諸葛亮孔明

 

劉琦はやぐらの梯子が取り外されたことを確認すると諸葛亮へ「孔明先生。一生のお願いです。私は弟から命を狙われそうなんですけど、どうすればこの危機を回避することができますか」と頭を下げてお願いします。

諸葛亮はため息を軽くついた後「弟君から命を狙われるのは弟君の近くにいるからでしょう。

だったら近くにいなければいいんじゃないですか。

 

あなた様が弟君の近くに居なければ、弟君もあなたの命を狙う理由が無くなると思いますよ」とアドバイス。

劉琦は諸葛亮のアドバイスを聞いて手をたたいて喜び、梯子をすぐに持ってこさせ、二人の宴会は終わりを告げるのでした。

さて劉琦は諸葛亮のアドバイスを聞いて喜んだ後、どうしたのでしょうか。

 

三国志ライター黒田レンの独り言

三国志ライター黒田レンの独り言

 

劉琦はすぐに諸葛亮のアドバイス通り、父や弟の元から離れる事を決意。

劉琦は父・劉表へ「最近、江夏太守の黄祖が亡くなり、江夏太守の座が空いているので、私が江夏太守になりたいんですけどいいでしょうか」と進言。

劉表は劉琦の願いを聞き入れて江夏太守に任命します。

こうして劉琦は諸葛亮のアドバイス通り、父と弟の元から離れることに成功します。

 

そして劉琦が江夏太守になった事で自分の命を守りぬく事に成功するのでした。

レンみたく困ったらすぐに一生のお願いを使うのではなく、劉琦のように自分の命の危機が迫ってきた時にみなさんも「一生のお願い」を使ってくださいね。

 

参考文献 正史三国志蜀書など

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:天下の奇才!?諸葛孔明とはどのような人物だったのか

関連記事:【危篤の孔明そっちのけ!】始まっていた五丈原の権力争い

 

【三顧の礼は孔明の脳内イメージだった?】
三顧の礼特集バナー

 




黒田廉(くろだれん)

黒田廉(くろだれん)

投稿者の記事一覧

横山三国志を読んだことがきっかけで三国志が好きになりました。
その後の日本史・中国史を学びました。
またいろいろな歴史小説を読んでおります。
現在はまっている歴史小説は宮城谷昌光氏の劉邦です。

歴史人物:

張遼、孟嘗君、張作霖など

何か一言:

今年も頑張ってはじさん盛り上げていくにゃー!!

関連記事

  1. 曹操と夏侯惇 【素朴な疑問】三国志時代はどうやって兵士を集めていたの?
  2. 蜀の外交官・鄧芝 石川五右衛門か!自ら釜茹でになろうとして孫権に止められた鄧芝
  3. 劉備と関平たち 関平には兄弟がいた!?正史三国志と『演義』とで異なる兄弟構成
  4. 三国志の時代のライター陽燧(ようすい)が中々便利!
  5. 黄蓋 弱きを助け強きを挫く!異民族をも信服させた黄蓋の魅力とは
  6. 【三国志平話】まるでベルばら!劉備と歌を交わしながら趙雲登場
  7. 曹純 曹仁の弟である曹純は相当強かった?英雄記をもとに曹純の趣味や戦績…
  8. 幕末 魏呉蜀 書物 四部分類って何?中国で醸成された目録学をご紹介

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 腐れ儒者気質な孔融
  2. キングダム53巻
  3. 武田騎馬軍団 馬場信春
  4. 大政奉還した徳川慶喜
  5. 暴れまわる異民族に困る梁習
  6. 曹操と黄巾賊

おすすめ記事

  1. 桂小五郎と幾松幕末を彩る世紀の恋の真実 木戸孝允
  2. 張燕(ちょうえん)とはどんな人?百万人の盗賊頭にのし上がり呂布とまともに戦った燕
  3. 【史記】には解説書が3つ三家注って何?
  4. はじめてのプロ野球(三国志風)日本球界が誇るレジェンド選手達
  5. 覆水盆に返らず…?朱買臣とかいう変人と妻の関係がもう滅茶苦茶 劉邦時代の農民
  6. 岩倉使節団とは何?大久保利通がイギリスに行った理由 対立する西郷隆盛と大久保利通

三國志雑学

  1. 荀攸
  2. 真田丸
  3. 苛ついている曹操
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 担がれる劉邦
  2. 金栗四三 いだてん
  3. 桂小五郎(木戸孝允)
  4. 燃える本能寺

おすすめ記事

孔明君のジャングル探検 李恢ってどんな人?北伐を物資面で支えた南中統治のスペシャリスト 悪来と呼ばれた典韋 【初代親衛隊長】呂布軍を打ち破るきっかけを作った典韋(てんい) kawauso編集長のぼやきVol.26「倒れない編集長」 うち結婚しないから!自ら両耳と鼻を切り落とした夏侯令女が烈女すぎる 劉備と郭嘉 もし郭嘉が劉備軍の軍師だったらどうなる?呂布や袁術も討伐できた!? 孫権に煽られて憤死する陸遜 陸遜の死後、一族はどうなったの?呉の滅亡後、晋の散騎常侍に仕えた一族達 曹操(後漢王朝)とローマ帝国 漢代のシルクロードではどんなお宝が行き来してた?シルクロードは誰が開通した? 馬騰 馬騰|北方異民族と戦う西の豪傑達にもっと光をを与えてみた

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP