よかミカンの三国志入門
潼関の戦い特集




はじめての三国志

menu

kawauso編集長ぼやき

【最終話】kawauso編集長のぼやきVol.33「北京でサービスを考える」

はじめての三国志編集長kawauso
この記事の所要時間: 23




はじめての三国志編集長kawauso

 

あー、お久しぶりです、kawauso編集長です。

最近、サービス疲れって言葉を聴きますよね。

最近、北京(ぺきん)に出張した編集長が北京で感じたサービスを考えますよ。

 

はじ三編集長のすねすね愚痴記事

 

関連記事:kawauso編集長のぼやきVol.32「本格レストラン」

関連記事:kawauso編集長のぼやきVol.31「モノマネの本質」

 

 

サービスの概念がない北京

サービスの概念がない北京

 

北京には、一流ホテルを除くとサービスという考えは浸透してないです。

ファストフードチェーン店とおぼしき場所で鍋料理を注文しても取り皿やレンゲを添える事はありません。

必要なら給仕の人を呼んで「持ってきて」と言うと不愉快そうに嫌々持ってきます。

 

日本だと普通にあるコップの水が減ると注いでくれるサービスもないです。

水のサーバーがどこかにあって「ご自由にどうぞ」でおしまいでした。

料理を持ってくると、サービスは終わりというのが北京の普通なのです。

北京料理

 

初日に、王府井の夜市で屋台的な店で夕食をとりましたが、中国語が分からないので、カウンターで適当に注文し黙って座っていると、

「早く料理を取りに来い(意訳)」的に怒鳴られました。

そこはセルフだったという事ですが、怒鳴らんでもいいでしょうに

 

それが不快か?というとそうでもないです。

だって、北京ではそれが普通で、中国語も分からないで、ぼーっと座っている外国人の私が悪いからです。

もちろん、それで腹を立てるお客もいません。

 

 

懐かしい、昔の日本もそうだった

沖縄

 

サービス概念がないのに、あまり腹が立たないのは、北京の人々に何の悪気もないからでしょう。

こちらが過剰にサービスを求めているからなんかサービス悪いなと思うだけなのです。

 

編集長が子供の頃は、沖縄でもサービスなんぞない店は普通に存在していました。

 

客とため口は当たり前で、水を頼むとピッチャーごと持ってきて置く。

日によって料理の味が変わる。

同じ料理でも時々具材が変わる。

テーブルの拭き方が適当、器やコップが欠けている。

もちろん、そんな風でも文句をいう客なんていなかったです。

そんなもんだと思っていましたからね。

 

サービスが劇的に良くなったのは、編集長が大人になってからだと思います。

ここ20年くらいの風潮じゃないですかね?

最近の飲食店のサービスは良すぎて、昔の人であるkawausoは、かえって恐縮するくらいです。

 

kawausoは飯を食えば早々に出て行く人間なので、親しい友人を迎えるようなサービスは余計です。

次に来るかどうかも分からないのに不特定多数のお客に、質の高いサービスを強いられるサービス業の人は大変でしょう。

kawauso編集長と黒田レン

 

kawausoは特にサービスを必要とはしません。

料理が美味しければ、それが最高のサービスです。

 

はじ三編集長のすねすね愚痴記事
kawauso編集長のぼやき

 

北京にはチップの習慣はない

貨幣

 

そういえば、北京ではチップというものはありませんでした。

チップの習慣がある国では、チップを貰えるからサービスを良くするという打算が働く側面があります。

逆に言うと世界標準では、「サービスは個別有料ですよ」という概念が一般的なのでしょう。

そう考えると、北京でサービスらしきものがないのはチップもないので理に適います。

 

日本の過剰サービスは無料です、それが一円にもならないなら、よほど親切心がある人以外には、業務を煩雑にする面倒な付帯業務です。

 

日本には水と安全とサービスは無料みたいな概念がありますが、相手に通常業務以上の事をさせるのですから、

サービス料が発生しても無理からぬと思います。

客として居丈高に振る舞う人は、食事料に10%上乗せして支払いし質の高いサービスを受ける。

そうでない人は、それなりサービスで文句を言わない。

そういう色分けをしないとサービス疲れという問題は解消しないでしょうね。

 

※kawauso編集長のぼやきは、今回で終了です。

本日まで、読んで頂き有難う御座いました  kawauso

 

はじ三編集長のすねすね愚痴記事

 

関連記事:kawauso編集長のぼやきVol.30「環境マネジメント」

関連記事:kawauso編集長のぼやきVol.29「好きだからこそ」

 

【昔の人の二次創作 民話の中の三国志】
民間伝承の三国志




kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. kawauso編集長のぼやきVol.3「諦めるとは」
  2. kawauso編集長のぼやきVol.4「三国志はオモチャだ!」
  3. kawauso編集長のぼやきVol.30「環境マネジメント」
  4. kawauso編集長のぼやきVol.7「記事では書けないネタ」
  5. kawauso編集長のぼやきVol.29「好きだからこそ」
  6. kawauso編集長のぼやきVol.21「陰謀論」
  7. kawauso編集長のぼやきVol.5「kawausoのアイデア…
  8. kawauso編集長のぼやきVol.18「はじ三が有料記事出すっ…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

おすすめ記事

  1. 霊帝が名君だったら三国志はどうなった?本当に無能だったの?
  2. キングダムファンなら絶対読むべき!三国志も面白い! 李儒と三国志
  3. 劉備も茶を求めた?中国茶の歴史
  4. 本格三国志小説『三国夢幻演義 龍の少年 第2話』6/24(土)配信決定!
  5. そんな!諸葛亮は曹操を目指していた?似てる二人を解説
  6. もし大政奉還が成功していたら日本はどうなった?

三國志雑学

“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

『李傕・郭汜祭り』の電子書籍出版のお知らせ ペリーは蒸気船の父!アメリカ海軍近代化プロジェクトX 徐晃の武器は本当にゲームで使っている武器なの?? 【お知らせ】はじめての三国志メモリーズに3名の猛将を追加しました 日本人にとっての『三国志』の原点……吉川英治『三国志』 驚愕!蜀漢の塩の精製が意外にハイテクだった! キングダム 510話 ネタバレ予想:李牧が王翦に仕掛けた罠とは何なの? 愛加那(あいかな)と西郷どんの子供達の人生とは?

おすすめ記事

  1. お由羅騒動とは何?かんたんに分かりやすく解説
  2. 集まれ曹操の25人の息子たち・その1
  3. 86話:張松という男が劉備の運命を左右する 
  4. 1800年前に呂布がビーフバーガーを食べていた?気になる漢時代の食生活
  5. 楽進を見出した曹操の人物観察力がスゴイ!!
  6. 孔明だけじゃなかった!?呉にも天下三分の計を唱えた人物がいたってホント?
  7. 【魏の忠臣】王基が司馬家兄弟に噛み付いたのは魏の国家のためだった
  8. 無理ゲーを打開する曹操が凄い!曹操を苦しめた歴代武将

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP