呂布特集
姜維特集




はじめての三国志

menu

戦国時代 (日本)

戦国時代の合戦は現地集合!結構アバウトな連絡網、陣触

武田騎馬軍団 馬場信春

 



画像:応仁の乱Wikipedia

 

戦国時代の見せ場と言えば、何といっても合戦のシーンです。

数千、数万という人間が鎧兜(よろいかぶと)に身を固め、旗幟も鮮やかに騎馬で進軍するのを見ると戦国時代ファンでなくとも胸が躍るのではないでしょうか?

しかし、ドラマや映画で出てくるのは、行軍やこれから合戦!というシーンばかりで合戦がどのように決まるかは中々出てきませんよね?

そこで、はじめての三国志では、合戦がどうやって始まるのかを調べてみました。

 

関連記事:【そうだったの?】戦国時代は地球が寒くなった為に引き起こされた

関連記事:【リアル七人の侍】戦国時代、村はどうやって略奪から身を守った?

 

 

戦国時代の合戦は現地集合?

画像:耳川の戦いWikipedia

 

映画やドラマなどでは、軍隊が行進していくシーンがある事から、私達は何となく、合戦は、本拠地に集合してから全軍で押し出すイメージですが

実際には、現地集合であったようです。

 

戦国時代には城下町が形成され、そこに武家屋敷もあったのですが、すべての武士がそこに住んでいるのではなく、自分の領地を持ち

地方で自活する武士も大勢いた事から、一々、本拠地に集めるより、現地に向かってもらう方が合理的でした。

そこで、合戦が決定すると早馬が大名の領国の各地に飛ばされて、合戦の日時と場所を知らせます、これを陣触(じんぶれ)と呼んでいました。

陣触は基本的には書面で、「○○月〇日に××川の付近に陣を敷け」というような簡単な内容だったそうです。

 

それも日時と場所が最初から分かる事は(まれ)で、大体は、「そろそろ合戦があるから準備を怠るな」と陣触が来て、

それからおいおい、日時と出陣場所が決まるというのが普通だったとか、それも一度決まってから、変更になる事もザラであり、

一度でビシッと決まる事はあまり無かったようです。

お家存亡の危機なのに、なんだかアバウトですね。

 

 

やる気あるのか?陣触が届かないケースも

画像:毛利元就Wikipedia

 

また、この陣触、出したからと言って、領内の全ての武士に届くとは限らず、結構、連絡網から漏れる武士も出ていたそうです。

なんだか日本人らしくないTHEアバウトな連絡網です。

実例としては、1557年、中国の覇者、毛利元就(もうりもとなり)は、

 

「陣触については、惣家(そうか)(ちゅう)にもれなく触れるように注意せよ、毎年、触れ落としがあるように聞いている。

いつぞやも入江(いりえ)福原善五郎(ふくはらぜんごろう)等には、一向に触れなかったと言うではないか」

このような書状を出して、陣触の徹底を部下に呼び掛けています。

 

この福原善五郎という武士は、主家の戦なのに知らされず、すべて終わってからダチョウ倶楽部ばりに

「聞いてないよォーー」になってたんでしょうね。

こんな凡ミスで兵力不足で負けたら、洒落にならないですけど・・

 

【蒙古が海からやってきた】
アンゴルモア合戦記の特集

 

陣触に遅れると大変な事に・・

 

陣触が届かなかった場合はやむを得ないですが、陣触が届いていながら、約束の刻限に遅れると御陣不参(ごじんふさん)という厳しい罪になりました。

なにしろ、大名にとっては、この一戦に家の命運が懸かるのですから、それに間に合わない部下など洒落になりません。

年代は定かではありませんが、後北条氏の配下にあった、井田因幡守(いだいなばのかみ)という下級武士が御陣不参の罪を犯した時には

家督を氏直に譲り大御所になっていた北条氏政(ほうじょううじまさ)がカンカンになっていました。

 

事態の深刻さを知った井田が重臣の山角紀伊守定勝(やまずみきいのかみさだかつ)を通して()びを入れるも氏政は一切取りつくシマもなく、

困り果てた山角は、同じく重臣の遠山直景(とおやまなおかげ)に連絡、遠山は井田に書状を出し、

「まだ勘気(かんき)は解けていないが、明日も参府して山角と相談するので連絡を待つように」

として、引き続き弁明に当たっています。

 

この話がどうなったか分かりませんが、陣触は色々緩いわりには日時に遅れると大変な事になる、なかなか緊張感のあるものだったようです。

 

参考文献:日本軍事史 高橋典幸、山田邦明、保谷徹、一ノ瀬俊也

 

戦国時代ライターkawausoの独り言

 

合戦は現地集合、知らせは陣触という文書で到達し、日時は二転三転する事がザラおまけに連絡網から外れて、

陣触を知らない武士がいるアバウトぶりなのに、その割には、遅れると厳しい処分があったのが戦国時代の合戦の前段階でした。

このアバウトさとルーズさは時間に正確な現代日本人らしくありませんが、実は、時間に正確な日本人というのは明治に入って時間厳守の風潮が

生まれてからの事で、それ以前の日本人は、特別、時間厳守する民族ではなかったようですよ。

 

関連記事:戦国時代の騎馬隊は本当に弱かったの?その誤解を解く

関連記事:取次制度って何?違った角度から戦国時代を見てみよう!

 

愛と勇気で時代を切り開いた西郷どんを100倍楽しむ
西郷どん

 




kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 三国志ライター黒田レン 【おんな城主 直虎を見逃した方必見】第五話「亀之丞帰る」の見どこ…
  2. 信濃守護職就任と武田晴信の出家
  3. 上杉謙信 【センゴク】明智光秀へ「ありがとう」と感謝しなくてはならない大名…
  4. 織田信長 【織田信長が明智光秀に殺害される】謎に包まれた本能寺の変:黒幕は…
  5. 燃える本能寺 明智光秀のイメージどうして三日天下に終わった?
  6. 合肥の戦いの満寵 村上義清(むらかみよしきよ)とはどんな人?武田家キラーとしてその…
  7. 【センゴク】西の覇者毛利水軍vs織田水軍の戦い「木津川口の戦い」…
  8. 武田軍の西上作戦はなぜ失敗してしまったのか?武田信玄の病が関係し…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 趙雲
  2. 張良と劉邦
  3. 曹操と劉備
  4. 関羽と張飛と劉備
  5. 曹操 孔明をチェック
  6. よかミカンさん はじめての三国志ライター

おすすめ記事

  1. 陸遜は丞相として何年間活躍したのか?その驚くべき真実 陸遜
  2. もしも劉璋が有能だったら三国志でどのように動く? 劉璋(りゅうしょう)
  3. 小覇王・孫策のお母さん「呉夫人」は偉大すぎた 呉夫人
  4. 鍾会の蜀討伐案と羊祜の呉討伐案の違いってなに? 野望が膨らむ鍾会
  5. 司馬懿と諸葛孔明の文通は心理戦の一端だったの? 孔明 vs 司馬懿
  6. もし姜維が魏に残り続けていたら蜀はどうなった?魏では出世できた? 蒋琬と姜維と王平

三國志雑学

  1. 晋の陳寿
  2. 兵戸制
  3. 袁術の最後
  4. そろばんを叩く関羽
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 項羽(はじめての三国志)
  2. 曹昴
  3. 黄忠の様子を見に行く趙雲
  4. 黄月英
  5. キングダム52巻
  6. 本多忠勝

おすすめ記事

キングダム 【キングダム554話】「壁軍の攻防」ネタバレ&レビュー 織田信長 織田信長の妻は年上が多かった!意外に甘えん坊だった?信長 【劉備・曹操・孔明英雄亡き後】軍事面で活躍した人物は鍾会、鄧艾それとも諸葛誕!?正史三国志・魏書からご紹介 ドジっ子で周辺国を怒らせる平原君(へいげんくん) 平原君(へいげんくん)ってどんな人?欠点多いけど結果オーライ!人間臭い趙の英傑 これはヒドイ!流浪していた献帝の悲惨な生活 【新社会人必見】諸葛恪と孫権、上司に気に入られる技術 徳川慶喜とナポレオン三世の知られざる日仏交流史 愛馬に乗り敵を粉砕する張遼 泣いていると鬼ではなく、張遼がやってくる!?

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP