魏延
馬超




はじめての三国志

menu

三国志の雑学

孔融梨を譲る!いちばん小さな梨を取った孔融の兄弟愛

孔融




腐れ儒者気質な孔融

 

三国志の中ではなんとなく腐れ儒者属性でいまいちパッとしない孔融(こうゆう)

彼は儒教的な観点からすると立派な人なので、

戦乱の時代には迂遠すぎて使えない人っぽく見えてしまいます。

 

本日は、そんな孔融さんのちょっといい話のご紹介です。

美しい兄弟愛を表す逸話として語り継がれている

孔融譲梨(孔融梨を譲る)」の故事です。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:劉備が徐州を譲り受けるきっかけとなったのは陳登と孔融のエピソードがあった!

関連記事:【日中変人学者対決】孔融VS藤原頼長

 

 

小さいほうの梨を取った孔融

 

孔融が梨を譲った話は、

世説新語箋疏(せせつしんごせんそ)』の注釈に引用されている

『続漢書(しょっかんじょ)』に載っているそうです。

 

 

孔融が四歳の時、兄と一緒に梨を食べたところ、

孔融は小さいほうの梨を取った。

どうして小さいほうを取るのかとたずねられると、こう答えた。

「自分は小さいので、小さいほうを取るのが当然です」

 

 

幼い頃は欲望のままに大きいほうを取りそうなものなのに、

ちゃんと状況を読み取って自らの欲望に打ち克(か)ち小さいほうを取った天才児、

ってとこですね。

 

これだけだと、

わずか四歳にして年長者を敬うという儒教的徳目を身につけた天才児、

というだけなのですが、

現在ではこの話にもう一つ要素が加わって語り伝えられております。

 

 

いちばん小さい梨を取った孔融

 

「孔融譲梨」の故事は、

さきほどご紹介した “お兄さんに大きいほうを譲った”という話の後に、

現在では下記のような要素も加えて語り継がれています。

 

 

孔融の答えを聞いた人は、さらにこう尋ねた。

「君には弟がいるが、どうして君が一番小さい梨を取ったんだい?」

「弟は幼いので、兄である自分が弟に譲ってあげるのが当然です」

上の兄をうやまう心と下の弟を思いやる心の両方を持っている孔融を、

人々は立派な子供だと思い褒めたたえましたとさ。めでたしめでたし。

 

よかミカンが贈る「黒三国志入門」
よかミカンのブラック三国志入門

 

これは美談なのか?

孔融と禰衡

 

「孔融譲梨」は、果たして美談なのでしょうか。

私はどうもおかしな話だと思っています。

弟は幼いので、兄である自分が弟に譲ってあげるのが当然です」と言うのは、

自分に大きい梨を譲ってくれなかったお兄ちゃんを批判していることにもなりますよね。

なんだかおかしな話です。

 

そもそも、たった四歳の子供に

自分が大きい梨を取っちゃいけないんだ!

なんて考えさせるなんて、

かわいそうじゃないですか。

もっとのびのびと育ててあげたいです。

 

孔融は儒教的な教育を受けながら、

どんなプレッシャーを受けて過ごしていたんでしょうね。

 

三国志ライター よかミカンの独り言

三国志ライター よかミカンさん

 

孔融がお兄ちゃんに大きい方の梨を食べてもらったのは、

体の大きさが違うからまあ合理的だと思います。

 

弟に大きい方をあげたのも、

弟は幼すぎて自制心も何もないから大きいのをあげないとおさまらないだろうと思って

自分が我慢して弟に大きいのをあげる、というのは、

下に小さい兄弟がいる子供ならまあ考えそうなことです。

 

で、そういう判断と行動をした孔融を、

賢くて思いやりと自制心のあるすばらしい子供だとたたえるのも

まあもっともなことだと思います。

孔融は賢くて思いやりのあるいい子でした、めでたしめでたし、

で終わりでいいじゃないかと思ってしまいます。

 

日本向けに中国関連の情報を配信している

Record Chinaのホームページに興味深い記事がありました。

タイトルは【「孔融が梨を譲る」の故事、バツにされた小学生の解答めぐり論議―中国

2012年4月27日に配信されています。

冒頭の部分だけ抜粋してみましょう。

 

 

2012年4月25日、シンガポール華字紙・聯合早報によると、

「孔融が梨を譲る」という故事について、

上海の小学校で「あなたが孔融ならどうしますか?」という宿題が出され、

ある生徒が「自分が孔融なら梨を譲らない」と書いたところ、

先生からバツにされたことがネット上で話題となっている。

 

 

もしも日本の義務教育の道徳科の授業で、

自分なら梨を譲らないって答えた子供に

それは間違いであるなんてことを教師が言ってしまったら、

一体どんな問題になるか、

考えてみるのも一興かもしれません。

 

はじめての三国志全記事一覧はこちら

関連記事:元祖そこまで言って委員会!孔融と禰衡の議論がカオス

関連記事:孔融(こうゆう)とはどんな人?孔子の子孫だが、曹操を批判して身を亡ぼした学者

 

まだ漢王朝で消耗してるの?

まだ漢王朝で消耗しているの  

 




よかミカン

よかミカン

投稿者の記事一覧

三国志好きが高じて会社を辞めて中国に留学したことのある夢見がちな成人です。

個人のサイトで三国志のおバカ小説を書いております。

三国志小説『ショッケンひにほゆ』

【劉備も関羽も張飛も出てこない! 三国志 蜀の北伐最前線おバカ日記】

何か一言:
皆様にたくさん三国志を読んで頂きたいという思いから わざとうさんくさい記事ばかりを書いています。

妄想は妄想、偏見は偏見、とはっきり分かるように書くことが私の良心です。

読んで下さった方が こんなわけないだろうと思ってつい三国志を読み返してしまうような記事を書きたいです!

関連記事

  1. 三国志の徐州争奪戦が何だかややこしい!仁義なき徐州争奪戦を分かり…
  2. 甄氏(しんし) 一体なぜ?顔も性格も美しすぎる甄氏が壮絶な死を遂げたわけ
  3. 関羽 関羽の名言にはどんなモノがあるの?
  4. 顧夫人とはどんな人?小覇王・孫策の娘の謎に満ちた生涯
  5. 劉備 【夷陵の戦い】なぜ劉備は陸遜にフルボッコされたの?大敗北を考察
  6. シリア 関羽 劉備も関羽もイスラム教徒?中東シリアで流れる三国志アニメ
  7. 曹操 【曹操孟徳の心に残る名言】法を制して自らこれを犯さば、何をもって…
  8. 于禁 【衝撃の事実】于禁は三国志のアニメで女の子として登場している!?…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 曹操
  2. 孫権に煽られて憤死する陸遜
  3. 料理人
  4. 劉備
  5. スサノオノミコト(日本神話)
  6. 江藤新平 幕末
  7. 蜀軍に勝利する木鹿大王(南蛮族)

おすすめ記事

  1. 魏延と趙雲を正史で比較すると魏延が優秀だと判明!? 魏延
  2. 象さんが最初に日本に来たのはいつ?【はじ三ヒストリア】
  3. 古墳時代の海外交易「船が陸を渡る」壮大な航海を解説 丸木舟(弥生時代)
  4. 1940年、幻の東京オリンピックとは?なんで中止になったの? 幻の1940年の東京五輪 いだてん
  5. 【郭嘉伝】ファン大ショック!郭嘉の功積はだいぶ盛られていた? 郭嘉
  6. 三国時代のトレンドファッションは? 大喬と小喬

三國志雑学

  1. 于禁と曹操
  2. 馬謖に魏打倒を叩き込む諸葛亮孔明
  3. 司馬懿と曹操
  4. 関帝廟 関羽
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 許攸 兵糧のありか教えますひひひ
  2. キングダム53巻
  3. 韓当(かんとう)
  4. 孫策、陸遜、顧邵、他
  5. 陸遜

おすすめ記事

【シミルボン】三国志入門編、刺史と州牧はどう違うの? 孔子の弟子であり文学が得意な子夏 諸子百家(しょしひゃっか)ってなに?知るともっと三国志が理解できる? 大久保利通の身長は?幕末時代の身長が高かった偉人たち4選 三国志:前半戦のまとめその2(董卓君臨から官渡の戦いまで) 袁術 第12話:袁術くん「傾聴」を孫堅から学ぶ 孔明 王朗はいかにして「噛ませ犬」になったのか 孔明と司馬懿 【衝撃の事実】死せる孔明、生ける仲達を走らせるは司馬懿の芝居だった!?英雄の波瀾万丈な人生に迫る! おんな城主 直虎 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第22話「虎と龍」の見どころ紹介

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集郭嘉"
PAGE TOP