キングダム
馬超




はじめての三国志

menu

キングダムのネタバレ考察

キングダム585話ネタバレ予想外伝信の生まれ育った村はどんな感じ?

キングダム

 




 

大人気春秋戦国時代漫画キングダム、今回はストーリーを追うのではなくキングダムのリアルを追ってみたいと思います。

例えば信が漂と暮らしていた城戸村は、実際にはどんな感じだったんでしょう?

今回は、ネタが尽きたので、キングダムの時代のリアルな村について考えます。

 

参考文献:愛宕元著 中国の城郭都市 殷周から明清まで

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:飛信隊はどのような構成だったの?史実をもとに強さも考察

関連記事:キングダム585話ネタバレ予想堯雲を討ち取るのは羌瘣?その3つの理由

 

 

キングダム585話ネタバレ予想外伝 秦の時代の村、里

 

信が所属している秦帝国は、中国史上初めて郡県制を敷いた国です。

それは、土地を支配する貴族を置かずに役人に治めさせる政治体制を意味します。

地方の行政を統括する一番小さな行政単位を県といい、ここに県令(けんれい)という役人がいました。

県とは、「(けん)」の略字で何かと何かを(つな)ぐという意味です。

中央と地方を繋ぐ場所なので県という名称になったのです、分かりやすいですね。

 

 

キングダム585話ネタバレ予想外伝 信が住んでいた村とは?

 

※楕円で囲んだ部分は農地

 

秦の時代、最小の村の単位を里と言いました。

里とは、百軒程度の村人の家が集まった集落を意味しています。

この里が幾つか集まったものを亭といい、さらに、この亭が5つほど集まると郷という行政単位になり、この郷が4つ程集まると県になります。

 

つまり、里<亭<郷<県という順番に規模が大きくなっていくのです。

秦では人口拡大策を取っていて、一つの家に成人男子が二名いると軍事の賦課税が三倍になるというキツイ取り決めがありましたので、

秦では、長男以外は、成人次第で実家を出て行き、一家を構えたようです。

なので里に所属する家は大抵が核家族でした。

 

信が住んでいた城戸村は小さそうなので里に属すると思います。

そうなると百戸あっても、精々数百人の人口です。

 

【キングダムを100倍楽しむ歴史雑学】
キングダムを100倍楽しむ

 

キングダム585話ネタバレ予想外伝 農地は城壁の外

 

城戸村のような小さな里でも、周囲は城壁に覆われていました。

それぞれの家も、垣根を土壁で仕切っていたようです。

そして、当時の里は、ほぼすべての家庭が自給自足の農民なので、夜が明けると、城壁の外にある畑を耕しにいきました。

こうして陽がくれると畑から戻り、里の城門を閉じて眠るのです。

里にも貧富の差があり、金持ちは城壁を出てすぐそばの土地を持ち、貧乏人程に里から遠い場所の畑が割り振られました。

一番、価値が高いのが負郭之田(ふかくのた)と言い、城壁のすぐそばでした。

 

ところが、ここには里内に住めない貧困層の人々が住んでいて、富裕な人の田畑を耕して、収穫のいくらかを得て暮らしていました。

この人々は、昼は城壁の内側に入って日雇い仕事で収入を得ていましたが、夜は外に出されてしまうので、

山賊や流民がうようよするような乱世になると真っ先に狙われて殺されてしまう境遇でした。

 

キングダム585話ネタバレ予想外伝 大きな買い物は県で

まだ漢王朝で消耗しているの? お金と札

 

里にも最低限の設備、例えば酒場や座って品物を売る商人などはいましたがやはり、品揃えや質は悪かったので、大きな買い物は

県まで出向いて行います。

おそらく、信が王貞弟の反乱を見事に解決して政から家と土地を貰って秦の兵士になれる資格を得た時に、()を組む仲間を探したのは、

故郷の城戸村ではなく、最寄りの県ではないかと思います。

 

県では、専門の小さな市があり食料品や、武器や防具等を調達出来たからです。

また、市には定職につかないゴロツキ連中もいたので、伍を組むには、うってつけの場所であったのです。

 

キングダム(春秋戦国時代)ライターkawausoの独り言

 

いかがだったでしょうか?

漫画のキングダムを史実と照らし合わせるというのは荒唐無稽な部分もありますが子細を見てみると、割合史実に即している部分があったりします。

今後も、ネタが尽きたり新しい発見がありましたら、再び、秦の時代のリアルをここで紹介しようと思います。

 

前回記事:王翦は覚醒者を集めて、自分の王国を建国するつもりだ!!

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:キングダム584話最新ネタバレ「数十騎」レビュー記事

関連記事:秦の身分制はどうなっていたの?夏子、真って何?

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代

 




kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. キングダム52巻 キングダム579話最新ネタバレ「十二日目の朝」レビュー
  2. キングダム54巻amazon キングダム最新605話ネタバレ「王翦の予想」レビュー
  3. キングダム52巻 キングダム586話ネタバレ雑学兵士達の暇つぶしは?
  4. キングダム キングダム540話 ネタバレ予想「王翦がいよいよ閼与を攻める」
  5. キングダム563話「族王カタリ死す」ネタバレ&レビュー…
  6. キングダムネタバレ570話「バジオウ死す」レビュー解説
  7. キングダム 【キングダム553話】「ルーディン」ネタバレ&レビュー…
  8. キングダム593話ネタバレ雑学「趙峩龍の隔砂陣は本当にある?」

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. キングダム53巻
  2. 曹芳
  3. 合肥の戦いの満寵
  4. バナー はじめての三国志コミュニティ300×250
  5. 孔明 vs 司馬懿
  6. 董卓
  7. 出世した韓遂
  8. 張飛、劉備、曹操
  9. 城 銅雀台

おすすめ記事

  1. 司馬懿を追い落として魏の政権を握った者達はどんな国家を目指していたの? 何晏
  2. 荀彧がもらった空箱には一体どんな意味があったのか!? 空箱を受け取る荀彧
  3. 【西楚覇王項羽】彼の性格は○○で、○○の高さは誰にも負けない人物だった
  4. 橋本左内には写真が存在するの?
  5. 【歴代名馬史上最強戦】赤兎馬と騅ではどっちが凄い? 赤兎馬に乗った関羽に出会う周倉
  6. キングダム590話ネタバレ予想vol2「最終決戦で飛信隊に死者が出る?」 キングダム53巻

三國志雑学

  1. 陳登と劉備
  2. 曹操
  3. 姜維
  4. 孔子と儒教
  5. 董卓


“はじめての三国志コメント機能" “はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 孟嘗君
  2. 茶を飲む張角(太平道)
  3. ダムが完成した蜀
  4. 君たちはどう生きるか?劉禅
  5. 光武帝を解説する荀彧
  6. 夏侯覇の妻は誰?

おすすめ記事

キングダム 3巻 【キングダム】楊端和(ようたんわ)は実在した女将軍?史実を元に徹底解剖 呂布のラストウォー 呂布 方天画戟とはどんな武器?呂布が使ったものは12キロもあった! 再婚なんか当たり前?驚きの三国志の再婚事情とは? 伊達宗城の業績はこれだけある!?四賢候宗城のスゴさ 黒船(ミシシッピ号) ペリーとプチャーチン日本を研究した二人から日本人の弱点を探る 袁紹は董卓のおかげで群雄として名乗りを上げることができた!? キングダム54巻amazon キングダム608話ネタバレ予想「王翦が李牧と手を組まない5つの理由」 司馬懿と魏延 【防御力倍増!】三国志野戦陣営の造り方を解説

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム はじめての三国志コメント機能
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志コメント機能"
PAGE TOP