三国志平話
麒麟がくる特集




はじめての三国志

menu

戦国時代 (日本)

戦国時代最初の天下人は織田信長ではなかった?

織田信長

 




 

戦国時代については、その始まりと終わりに諸説ありますが、もっとも早い終結を1568年と規定する説があります。

それは、織田信長(おだのぶなが)が室町将軍、足利義昭(あしかがよしあき)を奉じて京都に入った年なのですが、実際にはもっと早く、天下人だった人がいました。

その名を三好長慶(みよしちょうけい)といいます。

 

関連記事:戦国時代の農民の暮らしは超スパルタで戦闘的だった?

関連記事:これはヒドイ!戦国時代のサバイバル雑兵物語

 

 

三好長慶が天下人である理由とは?

三好長慶

画像:三好長慶Wikipedia

 

三好長慶は天下統一をしていないのに、どうして天下人なのか?

実は戦国時代、天下とは畿内一帯(きないいったい)を指す言葉としても使われました。

鎌倉幕府にしろ、室町幕府にしても、日本の端から端まで武力平定したわけではなく京都周辺、つまり畿内一体を平定してから

天皇より征夷大将軍に任じてもらい諸国の大名なり豪族なりに号令をかけてその上に君臨したのです。

九州から北関東まで、日本を縦断して従わない大名を平定したのは豊臣秀吉(とよとみひでよし)くらいでしょう。

 

三好氏の最大勢力は、山城、丹波、摂津(せっつ)和泉(いづみ)淡路(あわじ)阿波(あわ)、伊予、讃岐(さぬき)、大和、河内(かわち)等々、畿内と四国に跨る十一国に及び、

十分に天下人と呼べるのです。

 

 

織田信長も模倣した?三好長慶の経済センス

 

中世史家の天野忠幸(あまのただゆき)氏によると、三好長慶の政治は後の天下人織田信長にも大きな影響を与えているそうです。

それは以下のような点で信長の政治運営と類似性が見られます。

 

1:拠点を次々に移しては城下町を築いて家臣団を集中し万単位の兵力を保持し

足軽を活用するなどで農閑期も関係なく戦争を行った。

 

2:国単位の一斉検地を実施せず、堺や尼崎、兵庫などの主要な港湾に勢力を持つ

豪商や法華宗徒(ほけしゅうと)を保護した。

 

3:摂津、渡辺、淀、伏見など大坂から京都までの交通の要衝に拠点を持つ

領主を積極的に配下に加えた。

 

1568年、信長は上洛を果たすと、足利義昭から近江、摂津、和泉、河内からどこか一国を与えようと言われますが、それを辞退し、

大津と草津、堺に代官を置く事を望んで許されます。

 

信長はたかだか一国の領主より、尾張清洲、美濃岐阜、近江草津、近江大津、京~堺と尾張から京に伸びる大経済圏を構築しようとしたのです。

これなどは、土地より経済の大動脈に目をつけた三好長慶の先例に倣った可能性も無いとは言えないでしょう。

 

【戦国風雲児の意外な素顔】
織田信長スペシャル

 

室町幕府の権威をあてにしない専制政治

 

三好長慶は、足利将軍を利用しようとした信長とは違い専制政治を志向していたようです。

従来のように、足利将軍を奉じた大名がその権威を利用して天下に君臨するのと違い長慶は守護大名も任命しなければ、自身も室町幕府のポストに就か

ず最高権力者として裁判権や検断権を駆使しました。

もしかすると、長慶は室町幕府を廃して、新しい政治体制を構築するつもりでいたのかも知れません。

 

三好長慶の凋落

 

しかし、そんな三好長慶の畿内支配にも凋落の時が訪れます。

直接の原因は実弟の三好実休(みよしじっきゅう)、嫡男の義興(よしおき)の死であったようで、これによって覇気を失った長慶は1558年、かつて追放した

足利義輝(あしかがよしてる)六角義賢(ろっかくよしたか)の連合軍と京で交戦するもこれと和睦してしまいます。

長慶は、足利義輝を奉戴して権力を維持する道を選び、管領に次ぐ相伴衆(しょうばんしゅう)に任命されて幕府権力に取り込まれたのです。

以後、三好長慶が浮上する事はなく、永禄7年(1564年)河内で43年の生涯を閉じてしまうのです。

 

参考文献:最新研究が教えてくれる!あなたの知らない戦国史

 

戦国時代ライターkawauso編集長の独り言

 

三好長慶は管領細川晴元に仕えていた被官(ひかん)(部下)の三好元長(みよしもとなが)の子です。

しかし、この元長は晴元のライバルであった細川高国(ほそかわたかくに)を破って勢力を伸ばすもそれを危険視した主君の晴元に攻め滅ぼされました。

長慶は、あやうく難を逃れましたが、のし上がる為に恨みを隠して晴元に近づき功績を挙げて勢力基盤を築き、やがて晴元と敵対していた

畠山氏(はたけやまし)と密かに結び謀反を起こして晴元を近江に追い出し実権を握りました。

その後、足利義輝を霊山城に攻めて京都を掌握しています。

 

このように見ると、長慶もかなり波乱万丈な生き方をしていて、信長と共通した部分を見る事が出来ますね。

 

関連記事:名もなき雑兵が語る戦国のリアル【雑兵物語】

関連記事:戦国時代の合戦は現地集合!結構アバウトな連絡網、陣触

 

【信長を討った明智光秀の波乱の生涯】
麒麟がくる




kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 尼子晴久 尼子晴久(あまごはるひさ)とはどんな人?毛利家最大の敵として立ち…
  2. はてなマークな劉備と袁術 榊原康政の墓はどこにある?徳川四天王の墓がある善導寺へのアクセス…
  3. 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第九話「桶狭間に死す」の見…
  4. 小牧長久手の戦いの勝敗はどうなった?漫画・センゴクから見る小牧長…
  5. 明智光秀 麒麟がくる 明智光秀が主人公の大河ドラマ「麒麟がくる」の役どころは?
  6. 豊臣秀吉 戦国時代2 取次制度って何?違った角度から戦国時代を見てみよう!
  7. 豊臣秀吉 戦国時代 【センゴク】最前線拠点の城主と調略戦に明け暮れた秀吉のご褒美って…
  8. 足利義昭(あしかがよしあき)と織田信長の微妙な関係性はどうやって…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 項羽(はじめての三国志)
  2. 劉備 ゆるキャラ
  3. 裏切りそうな悪い顔をしている明智光秀
  4. まだ漢王朝で消耗しているの? お金と札
  5. キングダム53巻
  6. 小松帯刀

おすすめ記事

  1. 若い頃の劉備はチャラすぎ!劉備略年譜 若かりし劉備 チャライ★
  2. どうすれば蜀の二代目過保護な劉禅をしっかり教育できたの?
  3. 周瑜の名言から知る三国志の世界「人生れれば死あり。修短は命なり」 周瑜の魅力
  4. 【8月の見どころ】8/26公開予定:四川の孔明史跡(成都武侯祠・剣門蜀道・明月峡・都江堰)を調査してみた
  5. 黄祖(こうそ)とはどんな人?正当防衛なのに孫家に恨まれ続けて殺された人 孫策に攻撃される黄祖
  6. 【有料記事】三国志の軍隊のマニアックな規律を紹介 曹操軍

三國志雑学

  1. 龐統と的盧
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 曹操(後漢王朝)とローマ帝国
  2. 三国志大学を目指す曹操
  3. 明智光秀は鉄砲の名人 麒麟がくる
  4. 蜀の劉備
  5. 虎士(黒豹)
  6. 何皇后(毒蛇) 何進

おすすめ記事

呂蒙を慰める孫権 これぞ理想の主君!呂蒙の才を更に伸ばした孫権 【ネタバレ注意】キングダム541話 預言の地 レビュー&今後予想 【潼関の戦い】曹操軍の補給を担った杜畿(とき)を解説 織田信長 【センゴク】なんで西の覇者・毛利家は織田信長と敵対し続けたの? 袁術君 第8話:袁術くん「コンフォートゾーン」から抜け出す 六鞱(りくとう)とはどんな本?太公望が武王にマジギレ? 曹操から逃げ回る劉備 【三国志演義】は劉備を偽善者前提で見ると面白い 三国夢幻演義バナー 龍の少年 第4話:三国夢幻演義 龍の少年「地獄の淵で」配信中

はじさん企画

“if三国志" “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP