はじめての列子
麒麟がくる特集




はじめての三国志

menu

アンゴルモア 元寇合戦記

鎌倉時代の警察の役割を果たした「守護」を分かりやすく解説

東京五輪でテロ対策をしている警察や警察犬 いだてん




東京五輪でテロ対策をしている警察や警察犬 いだてん

 

鎌倉時代、警察の役割を果たしたのは守護でしたが、これは源頼朝のアイデアだったそうです。そのため、頼朝の支配下にあった関東では、他の地域と比べると早くから守護が設置されていました。ちなみに、鎌倉時代は守護人奉行、後の室町時代では守護職と呼ばれていました。守護が置かれなくなったのは、室町幕府が滅亡し、織豊政権が成立してからのことでした。

 

守護の仕事の内容には、大犯三カ条というものがありました。

大番催促、謀反人の逮捕、殺害人の逮捕という三カ条です。

 

大番催促というのは、京都の「大番役」という役所に、配下の御家人を選任し管理するというものです。

謀反人の逮捕、殺害人の逮捕という仕事内容は、現在の警察とはあまり変わらないイメージかもしれません。

 

また、鎌倉時代において守護は警察権しか認められず、あまり権限は強くない役職でした。「守護が力をつけすぎて幕府を脅かすような存在になっては困る…」というように、頼朝が考えたのでしょうか。

 

関連記事:【アンゴルモア元寇合戦記】元寇とは?鎌倉時代の防衛戦争

関連記事:【アンゴルモア元寇合戦記】鎌倉時代の文学はどんなもの?

 

 

「守護」と「地頭」の違い

鎌倉時代の侍

 

鎌倉時代の役職として、守護と地頭をセットにして覚えた人もいるでしょう。

では、この2つにはいったいどのような違いがあるのでしょうか。

 

守護が警察の役割を果たしていたのに対し、地頭は年貢の徴収や荘園の管理を行っていました。地頭の仕事のなかには、荘園の治安維持というのもありましたが、守護と比べると、仕事をする地域の範囲は狭かったとされています。

 

ちなみに、守護も地頭も幕府からそれぞれ任命されていましたが、両者のあいだには直接の上下関係はありませんでした。そのため、ちょっとしたことがきっかけで、守護と地頭のあいだでトラブルが起こる…なんてこともあったようです。

 

あるいは、地頭と荘園領主のあいだでトラブルが起こる可能性もありました。

そこで考えられたのが、「地頭請」というシステムでした。このシステムによって、地頭は年貢を荘園領主に納入した後、残った分から自分の取り分を取ってもよいことになりました。

 

また、あまり知られてはいませんが、女性も地頭になることができました。しかし、女性が守護になることはできなかったのです。

女性が地頭になった場合は、自ら年貢の徴収に赴くというわけではなく、責任者というポジションになっていました。守護の場合は、大番役の監督が女性には難しい、とされていたため就任することができなかったようです。

 

 

鎌倉時代中期以降は、北条氏の守護職独占が続いた

 

鎌倉時代中期以降、警察権を担った守護は北条氏が就任するようになりました。

 

当然、このことに不満を持つ他の御家人たちも多く、鎌倉幕府滅亡の原因のひとつになりました。1200年頃には北条氏が守護である国は2国しかなく、他の氏が守護の国は36国ありました。しかし、鎌倉幕府が滅亡した1333年には、北条氏が守護に就いていた国は全部で38国もありました。ちなみに同年、他の氏が守護を就任していた国はたったの15国でした。これには、他の御家人たちの不満が爆発するのも納得です。ある一族が警察権を持つ役職を独占してしまったら…現代から考えても、恐ろしいことだといえるでしょう。

 

また、室町時代になると守護の権限はだんだんと強くなっていきました。そして、後の戦国時代になると守護大名が登場するのです。守護大名出身の一族には、日本史を勉強した人なら誰もがその名前を耳にしたことがあるであろう、武田氏や今川氏、島津氏などがいます。

大きな歴史の流れのなかで見ていくと、鎌倉時代には警察権しか持っていなかった守護が、時代が進むにつれて強大な権力を持つようになっていったということが分かります。

 

関連記事:【アンゴルモア元寇合戦記】鎌倉時代の文化的特徴とは?

関連記事:アンゴルモア元寇合戦記 鎌倉時代の服装は?

 

【蒙古が海からやってきた】
アンゴルモア合戦記の特集

 




関連記事

  1. 「文永の役」を超簡単にわかりやすく説明!アンゴルモア元寇合戦記が…
  2. 宋銭 お金と紙幣 鎌倉時代に使われていた貨幣とは?
  3. 鎌倉時代 服装 男女 武家文化は力強く堅実だった
  4. 源義経 鎌倉時代 【鎌倉時代の豆知識】源義経と木曽義仲はイケメンだったらしい
  5. 平清盛 鎌倉幕府 「遊び」は鎌倉時代、必要不可欠なモノだった!
  6. アンゴルモア元寇合戦記一巻ネタバレレビュー
  7. 鎌倉時代の侍 鎌倉時代の武士は何を食べてたの?当時の食べ物を紹介
  8. 今更勉強しにくい鎌倉時代ってどんな時代なの?アンゴルモア 元寇合…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 日本に目指さした孫権
  2. kawausoとおとぼけ
  3. 魯粛
  4. 関羽に惚れる曹操
  5. はじめての三国志からのお知らせ バナー

おすすめ記事

  1. 【出身州別】三国志キャラの性格診断 第四回:幽州(ゆうしゅう)、益州(えきしゅう)、交州(こうしゅう)編
  2. 三国志の英雄で上司にするなら誰にしたい!? 袁家をイジメる董卓
  3. 卑弥呼の謎!曹爽と卑弥呼には関係があった!?
  4. 山県昌景(やまがたまさかげ)とはどんな人?武田家四名臣の一人・赤備えを率いた戦国武将
  5. 中岡慎太郎の陸援隊とはどんな組織?
  6. 【はじめての方へ】難しい三国志サイトに飽きたら、黙ってココをCLICK!!

三國志雑学

  1. 異議ありと叫ぶ司馬懿
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 竹 f

おすすめ記事

【李傕・郭汜祭り 5日目】董卓の仇も討てず、気弱な李傕郭汜の上司 牛輔(ぎゅうほ) 黄権(こうけん)ってどんな人?劉備から絶大な信頼を得ていた人物 【マイナー武将ここがすごい】建安七子・王粲の才能がヤバイってほんと!? ヤンキー曹操 治世の能臣乱世の奸雄:曹操に人気がない理由は? 郝昭(かくしょう)は陳倉城で孔明を撃退した 郝昭(かくしょう)ってどんな人?陳倉城で孔明を撃退した「孔明キラー」 劉備勝ちまくり!仮想三国志 架空戦記の走り? 『反三国志演義』を知っていますか? 真・三國無双8 新キャラクターを大予想!西晋の新武将は、この二人で決まり!! 【子龍一身これ胆なり】趙雲はどのような活躍をして劉備に褒められることになったの?

はじさん企画

“if三国志" “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP