よかミカンの三国志入門
三顧の礼




はじめての三国志

menu

戦国時代 (日本)

明智光秀の旗や家紋は桔梗の花?

明智光秀は鉄砲の名人 麒麟がくる




明智光秀は鉄砲の名人 麒麟がくる

 

今回は明智光秀の家紋である桔梗の花について取り上げます。明智光秀といえば桔梗の花の家紋が有名で、大河ドラマなどで桔梗の花の旗を見たことがあると思います。大河ドラマなどでよく見かけることはあると思いますが、史料で実際に桔梗の花が使われていたという記録はありません。

 

この記事の前半では、明智光秀の家紋が桔梗の花として定着した経緯について取り上げます。

後半では、桔梗の花を家紋に使った歴史上の人物について取り上げます。

 

関連記事:本能寺の変に黒幕はいなかった!衝撃の明智光秀単独犯説

関連記事:【センゴク】想定外!織田信長を討った明智光秀の誤算ってなに?

 

 

なぜ明智光秀の家紋は桔梗の花になった?桔梗の花で正しい?

明智光秀 麒麟がくる

 

家紋に桔梗の花が使われる要因として、青紫色をしていることから日本人にとって爽やかで寂しげな色が受け入れ安いことが挙げられます。

明智光秀の家紋も桔梗の花で、大河ドラマやゲームでも見ることが多いと思います。しかし、史料に明智光秀の旗が桔梗の花だったとは書かれていません。

 

なぜ、明智光秀の家紋として桔梗の花が定着したのでしょうか。光秀は1528年に美濃国の明智に生まれました。光秀が生まれた当時、美濃国の戦国大名は土岐氏で、土岐氏の家紋が桔梗の花でした。

 

土岐氏は200年にわたって岐阜の守護大名でしたが、油売りの商人だった斎藤道三が下剋上で土岐氏を倒すと、光秀は斎藤道三の家臣となりました。明智光秀は土岐氏の一族だったといわれ、道三の家臣になってからも一族として桔梗の花を使うようになったといわれています。水色で桔梗の花の家紋はかなり目立ったことで、明智光秀の家紋が水色の桔梗の花として定着したといわれています。

 

 

家紋に桔梗の花を使った歴史上の人物

 

家紋に桔梗の花を使った歴史上の人物がいます。ここでは、有名な歴史上の人物で何人か取り上げます。

 

坂本龍馬 幕末

 

その1人目は坂本龍馬です。坂本龍馬の家紋は桔梗の花で有名です。大政奉還後、33歳という若さで暗殺されていることから縁起が悪いといわれています。

 

2人目は加藤清正です。加藤清正の家紋には蛇の目紋と桔梗紋の2種類があります。蛇は神聖なもので、お守りの役目を果たていたといわれています。加藤清正は甲冑にも蛇を使っていました。

 

もうひとつ使用していた桔梗の花の家紋は、秀吉から与えられたもので、使っていたといわれています。桔梗紋を使うようになりましたが、加藤清正は死亡しました。清正の死亡については不明な点が残されいて、毒殺されたという説も残されています。

 

真田丸 武田信玄

 

3人目は武田信玄の家臣山県昌景です。山県昌景も桔梗の花を家紋にしていました。山県昌景といえば、武田信玄の家臣で、赤備えの部隊が有名です。赤備えは昌景の兄の飯富虎昌の部隊でしたが、信玄の嫡男の義信が謀反を起こしたことにより、虎昌は自害しました。兄虎昌の死亡により山県昌景が赤備えを引き継ぎました。

 

山県昌景は武田信玄の死後に跡を継いだ武田勝頼の家臣となりますが、長篠の戦いで織田・徳川連合軍の鉄砲を受け死亡しました。

 

戦国時代ライターオフィス樋口の独り言

幕末ライター オフィス樋口

 

今回は明智光秀の家紋について取り上げました。明智光秀の家紋といえば桔梗の花が定着していますが、実際に使っていたという記録がないことから2020年の大河ドラマの放送を契機に今後の研究に注目したいと思います。

 

家紋に桔梗の花が使われる背景として、戦勝を重ねることができることや魔よけの意味があるという言い伝えがあります。このような言い伝えがあったことから多くの戦国武将や歴史上の人物が使ってきました。

 

しかし、本能寺の変で明智光秀が使用していた家紋であること、33歳の若さで暗殺された坂本龍馬、謎の死を遂げた加藤清正、山県昌景の長篠の戦いでの壮絶な戦死など悲劇の家紋や縁起の悪い家紋としての印象が強く残るようになりました。大河ドラマの放送を通して桔梗の花の家紋に対するイメージが変わるのか注目したいと思います。

 

関連記事:【新事実】織田信長は本能寺の変がなくてもオワコンだった!

関連記事: 織田信長にとって最強の敵は武田信玄や上杉謙信でもなく本願寺顕如だった!

 

【信長を討った明智光秀の波乱の生涯】
麒麟がくる

 




オフィス樋口

オフィス樋口

投稿者の記事一覧

自己紹介:フリーランスで予備校の講師をしています。
歴史が好きで、予備校では主に日本史を指導しています。
センター試験の点数を40点台から80点台に伸ばした実績があります。

好きな歴史人物:徳川慶喜(理由:多趣味であることが共通しているから)

関連記事

  1. 戦国時代合戦、足軽は武将に勝てたの?
  2. 反信長包囲網に参加した諸将の動きを徹底紹介!
  3. 今川家のポンコツではなかった今川義元の前半生に迫る!
  4. 明智光秀 麒麟がくる 明智光秀の生い立ちを辿ってみよう
  5. 豊臣秀吉 戦国時代 これが久秀の碁!熊野山に立て籠もる湯浅氏を退却させた、曲者部隊の…
  6. 豊臣秀吉 戦国時代 【センゴク】羽柴秀吉はどうやって関白に就任することができたの?
  7. 【リアル七人の侍】戦国時代、村はどうやって略奪から身を守った?
  8. 信濃守護職就任と武田晴信の出家

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 薩長同盟が結ばれるシーン 坂本龍馬と西郷隆盛と桂小五郎

おすすめ記事

  1. 孟獲(もうかく)はインテリ男子?南蛮征伐は孔明と孟獲のヤラセだった件
  2. 始皇帝はどんな人?不老不死を求めた中国史上初の皇帝の人生を解説
  3. 朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ(笑) 第9部
  4. 高杉晋作の死因は感染症結核だった!
  5. 献帝死亡説を利用した?劉備が漢中王に即位したのは孔明と法正の入れ知恵の可能性が浮上!
  6. 【李傕・郭汜祭り 3日目】殺されてしまった悲劇の樊稠(はんちゅう)

三國志雑学

  1. ボロボロになった馬超
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

おすすめ記事

陶淵明が描いたユートピア「桃花源記」の世界とは? 董襲(とうしゅう)とはどんな人?孫家の仇敵・黄祖討伐戦で活躍した武勇の士 西郷どんの師、赤山靱負(あかやまゆきえ)が切腹になるのは見せしめ? 張飛に怒鳴られて落馬して死んだ武将、曹丕の粋な計らい等、三国志を彩る変わった武将たち 【徐庶ママ酷すぎ】息子の評価が軽くグレるレベル 秀吉の下に天下を代表する軍師が揃うきっかけってなに? 6倍の敵に対して一歩も退かずに渡り合った名将・高橋紹運がヤバイ! 【ネオ三国志】第10話:呂布の籠城戦VS曹操の水攻め【蒼天航路】

おすすめ記事

  1. 張遼はどんな最後を迎えた?張遼の死因と年齢を解説
  2. キングダム 楚の宰相、春申君の最後が残念すぎる
  3. 【お知らせ】はじめての三国志メモリーズに3名の猛将を追加しました
  4. はじめての三国志 4コマ劇場 「楽進と張遼の息子による父親の武勇伝自慢」
  5. 【三國志曹操伝 ONLINE プレイ攻略2】兗州攻略とあの名将たちが仲間に!!面白すぎて仕事放棄中!!
  6. 【中華版聖闘士○矢】集まれ!光武帝と雲台二十八将を全員紹介
  7. 第6話:三国夢幻演義 龍の少年「変遷」配信中
  8. 【地図付き】地味だけど結構重要だった!諸葛亮の南中遠征

はじさん企画

袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志"
“水滸伝"

“三国志人物事典"

PAGE TOP