キングダム
姜維特集




はじめての三国志

menu

戦国時代 (日本)

明智光秀の旗や家紋は桔梗の花?

明智光秀は鉄砲の名人 麒麟がくる




明智光秀は鉄砲の名人 麒麟がくる

 

今回は明智光秀の家紋である桔梗の花について取り上げます。明智光秀といえば桔梗の花の家紋が有名で、大河ドラマなどで桔梗の花の旗を見たことがあると思います。大河ドラマなどでよく見かけることはあると思いますが、史料で実際に桔梗の花が使われていたという記録はありません。

 

この記事の前半では、明智光秀の家紋が桔梗の花として定着した経緯について取り上げます。

後半では、桔梗の花を家紋に使った歴史上の人物について取り上げます。

 

関連記事:本能寺の変に黒幕はいなかった!衝撃の明智光秀単独犯説

関連記事:【センゴク】想定外!織田信長を討った明智光秀の誤算ってなに?

 

 

なぜ明智光秀の家紋は桔梗の花になった?桔梗の花で正しい?

明智光秀 麒麟がくる

 

家紋に桔梗の花が使われる要因として、青紫色をしていることから日本人にとって爽やかで寂しげな色が受け入れ安いことが挙げられます。

明智光秀の家紋も桔梗の花で、大河ドラマやゲームでも見ることが多いと思います。しかし、史料に明智光秀の旗が桔梗の花だったとは書かれていません。

 

なぜ、明智光秀の家紋として桔梗の花が定着したのでしょうか。光秀は1528年に美濃国の明智に生まれました。光秀が生まれた当時、美濃国の戦国大名は土岐氏で、土岐氏の家紋が桔梗の花でした。

 

土岐氏は200年にわたって岐阜の守護大名でしたが、油売りの商人だった斎藤道三が下剋上で土岐氏を倒すと、光秀は斎藤道三の家臣となりました。明智光秀は土岐氏の一族だったといわれ、道三の家臣になってからも一族として桔梗の花を使うようになったといわれています。水色で桔梗の花の家紋はかなり目立ったことで、明智光秀の家紋が水色の桔梗の花として定着したといわれています。

 

 

家紋に桔梗の花を使った歴史上の人物

 

家紋に桔梗の花を使った歴史上の人物がいます。ここでは、有名な歴史上の人物で何人か取り上げます。

 

坂本龍馬 幕末

 

その1人目は坂本龍馬です。坂本龍馬の家紋は桔梗の花で有名です。大政奉還後、33歳という若さで暗殺されていることから縁起が悪いといわれています。

 

2人目は加藤清正です。加藤清正の家紋には蛇の目紋と桔梗紋の2種類があります。蛇は神聖なもので、お守りの役目を果たていたといわれています。加藤清正は甲冑にも蛇を使っていました。

 

もうひとつ使用していた桔梗の花の家紋は、秀吉から与えられたもので、使っていたといわれています。桔梗紋を使うようになりましたが、加藤清正は死亡しました。清正の死亡については不明な点が残されいて、毒殺されたという説も残されています。

 

真田丸 武田信玄

 

3人目は武田信玄の家臣山県昌景です。山県昌景も桔梗の花を家紋にしていました。山県昌景といえば、武田信玄の家臣で、赤備えの部隊が有名です。赤備えは昌景の兄の飯富虎昌の部隊でしたが、信玄の嫡男の義信が謀反を起こしたことにより、虎昌は自害しました。兄虎昌の死亡により山県昌景が赤備えを引き継ぎました。

 

山県昌景は武田信玄の死後に跡を継いだ武田勝頼の家臣となりますが、長篠の戦いで織田・徳川連合軍の鉄砲を受け死亡しました。

 

戦国時代ライターオフィス樋口の独り言

幕末ライター オフィス樋口

 

今回は明智光秀の家紋について取り上げました。明智光秀の家紋といえば桔梗の花が定着していますが、実際に使っていたという記録がないことから2020年の大河ドラマの放送を契機に今後の研究に注目したいと思います。

 

家紋に桔梗の花が使われる背景として、戦勝を重ねることができることや魔よけの意味があるという言い伝えがあります。このような言い伝えがあったことから多くの戦国武将や歴史上の人物が使ってきました。

 

しかし、本能寺の変で明智光秀が使用していた家紋であること、33歳の若さで暗殺された坂本龍馬、謎の死を遂げた加藤清正、山県昌景の長篠の戦いでの壮絶な戦死など悲劇の家紋や縁起の悪い家紋としての印象が強く残るようになりました。大河ドラマの放送を通して桔梗の花の家紋に対するイメージが変わるのか注目したいと思います。

 

関連記事:【新事実】織田信長は本能寺の変がなくてもオワコンだった!

関連記事: 織田信長にとって最強の敵は武田信玄や上杉謙信でもなく本願寺顕如だった!

 

【信長を討った明智光秀の波乱の生涯】
麒麟がくる

 




オフィス樋口

オフィス樋口

投稿者の記事一覧

自己紹介:フリーランスで予備校の講師をしています。
歴史が好きで、予備校では主に日本史を指導しています。
センター試験の点数を40点台から80点台に伸ばした実績があります。

好きな歴史人物:徳川慶喜(理由:多趣味であることが共通しているから)

関連記事

  1. 豊臣秀吉 戦国時代 これが久秀の碁!熊野山に立て籠もる湯浅氏を退却させた、曲者部隊の…
  2. 織田信長 関所撤廃って何?織田信長が行った教科書に記されていない政治
  3. 燃える本能寺 明智光秀の手紙から本能寺の変の真相に迫れるか?
  4. 真田丸 武田信玄 【初めての戦国史】武田家を継いだ晴信に新たな試練が訪れる
  5. 豊臣秀吉 戦国時代2 豊臣秀吉の小田原征伐はギリギリの勝利だった?
  6. 豊臣秀吉 戦国時代 「刀狩り」とは何?豊臣秀吉が行った有名な政策とその目的とは?
  7. 真田丸 武田信玄 【センゴク】新事実かも!武田滅亡の原因は信玄のせいだった?
  8. ピストルを乱射する坂本龍馬 明智光秀と坂本龍馬は祖先と子孫の関係だった?長宗我部元親との関係…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 織田信長
  2. 信(キングダム風)
  3. 荀攸
  4. 織田信長
  5. 郭嘉の本
  6. キングダム
  7. 趙匡胤は北宋の初代皇帝
  8. 藏覇(臧覇)と劉備と曹操

おすすめ記事

  1. 費禕(ひい)ってどんな人?諸葛亮亡き後の蜀を支えた四相の1人 費禕
  2. 孫堅さえ生きていれば…袁術、惜しい人を亡くす 袁術の最後
  3. 44話:複雑な官渡の戦いを時系列で紹介 官渡の戦い
  4. 金環三結とはどんな人?三洞元帥の語源は古代インド神話だった? 戦う金環三結 三洞元帥(南蛮討伐)
  5. キングダム578話最新ネタバレ「明日までに」レビュー解説 キングダム52巻
  6. 明智光秀は琵琶湖の城の城主だった!明智光秀が琵琶湖の城主になった経緯 明智光秀 麒麟がくる

三國志雑学

  1. 陳宮
  2. 愛馬に乗り敵を粉砕する張遼
  3. 周泰(しゅうたい)の全身の傷を解説する孫権
  4. 魯粛
  5. 三国志時代のひざまくら
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 袁術と孫策
  2. 荀彧と曹操
  3. 孫権 弔い出陣
  4. 孔子と儒教
  5. 魏延、姜維、王平、楊儀
  6. はじめての三国志 画像準備中
  7. 関羽

おすすめ記事

司馬懿の名言から分かる!曹爽との権力争いを分かりやすく紹介!「駑馬、短豆を恋う」 落書きをする宋江(水滸伝の主人公) 宋江ってどんな人?水滸伝の主人公であり中途半端ヤ〇ザの微妙な最期 曹植 曹植も詠んだ詠史詩の魅力とは? 【見逃した方向け】情熱大陸に出演した原先生の苦痛の漫画人生 キングダム45 オルド将軍は実在するの?やっぱり最期は龐煖にバッサリ? 秦朗(しんろう)の人たらし術がハンパない!秦宜禄のバカ息子の意外な才能 【8月の見どころ】8/26公開予定:四川の孔明史跡(成都武侯祠・剣門蜀道・明月峡・都江堰)を調査してみた はじめての三国志 コンテンツ品質向上に向けてアンケートご協力のお願い

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集法正"
PAGE TOP