法正特集
官渡の戦い




はじめての三国志

menu

キングダムのネタバレ考察

キングダム586話ネタバレ雑学兵士達の暇つぶしは?

 




 

大人気春秋戦国時代漫画キングダム、しかし、YJが2週間お休みなので、最近はレビュー記事を書いているんだか、歴史のウンチクを語っているのか

その比率が怪しくなってきましたが、今回もキングダムのリアルな歴史を語ります。

例えば、戦場で戦争がない時、キングダムの兵士達は何をしていたのでしょうか?

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:キングダム586話合併号SP不謹慎!王賁死す当時のリアルな葬式は?

関連記事:キングダム586話YJ合併号スペシャル春秋戦国時代の数学って?

 

 

キングダム586話のネタバレ雑学 古代のサッカー

 

キングダムの時代にも、敵と対峙していても戦闘がないという事はありました。

一番の典型は、籠城している敵を包囲している時でしょう。

まったく無警戒というわけにはいきませんが、ひたすら城を包囲しているだけだと暇で仕方がありませんから、暇つぶしが発生しました。

 

史記の白起王翦(はくきおうせんでん)によると、紀元前224年、王翦は楚の項燕(こうえん)将軍の軍を函谷関(かんこくかん)で阻止して疲労させ、一方で自分が預けられた六十万の兵士には、

食事と休養をたっぷり与えました。

そして、頃合いを見て兵士が陣内でどんな遊びをしているか尋ねると、暇すぎて石を投げたり、跳んだりはねたりしているという答えが返ってきます。

 

跳んだり跳ねたりと言っても子供じゃないんですから、何の意味もなく跳んだり跳ねたりしていたわけではないでしょう。

この時に秦の兵士がやっていた遊びが蹴鞠、すなわち古代のサッカーです。

 

【キングダムのネタバレ記事は毎週木曜午前1時更新】
キングダムネタバレ考察

 

キングダム586話のネタバレ雑学 キングダムの時代に始まる蹴鞠

 

荊楚歳時記(けいそさいじき)には、

劉向(りゅうこう)の別録に言う、蹴鞠は黄帝の造る所にして以て武を練る、もと兵勢なり

或いはいう、戦国に起こると・・

 

このように記述されており、蹴鞠は神話の時代に黄帝が造ったもので、軍事訓練の一環として始まったとも、

或いは、春秋戦国時代に起きたとも言うと書いています。

蹴鞠と言うと日本の平安貴族の優雅な遊びをイメージしますがあれとは違います。

何故なら、この時代の蹴鞠は軍事訓練だったからで、フィールドを走り回るサッカーのような競技だったのです。

 

キングダム586話のネタバレ雑学 蹴鞠のルールとは?

 

では、当時の蹴鞠はどんなものだったのでしょうか?

それによると蹴鞠に使うボールに関しては動物の革製でその中に毛をつめています。

しかし、蹴鞠のルールは時代によりまちまちでよく分かりません。

ただ、2人で行うゲームを白打(はくだ)、3人で行うものを官場(かんば)と言い蹴鞠のゲームを員社と呼び、お金を賭けたそうです。

 

お金を賭けるという事は明確で公平なルールがあり、勝敗は一目でわかるようにされていたという事でしょう。

現在、白打で検索すると武術の一種であるという解説が出てきますが、鞠を使うとは書かれていないので

それとは違うと考えてよさそうです。

 

キングダム586話のネタバレ雑学 穴を掘って半地下で行う

四角錘台

画像:四角錘台Wikipedia

 

キングダムの時代の蹴鞠を考える上で特徴的なのは競技場です。

漢の時代の蹴鞠の会場は窟室と呼ばれ、穴を掘って半地下に造りました。

どうして、半地下にしたかと言いますと、鞠は蹴ると無限に転がって行くので穴を掘って仕切らないと面倒になるからだそうです。

ここから考えると、キングダムの時代の蹴鞠は、鞠を蹴って走るサッカーに近いものだったのではないかと推測されます。

実際、キングダムの時代から150年程後の前漢後期に、匈奴と戦っていた漢の霍去病(かくきょへい)は窟室を造って蹴鞠を度々催しています。

 

キングダム586話のネタバレ雑学 古代の蹴鞠の妙技

 

このキングダムネタのタネ本である中国社会風俗史の著者、尚秉和(しょうへいわ)は、20世紀の初頭に、学友だった安徽省(あんきしょう)出身の

(ちん)という男が蹴鞠の名手だったと語っていて、それによると陳は直径6センチ程度の鞠を生きているかのように扱い

首の周囲、肘の下、股の下を吸いついているかのように動かしたかと思えば体はまるで動かさずに鞠を高く蹴り上げ、再び足の甲でキャッチして、

全く落とさなかったと語っています。

直径6センチでは、サッカーボールよりも遥かに小さくテニスボールよりは、少し大きい程度です。

これを自在に操るんですから、陳さんの技術はサッカー選手並みですね。

 

キングダム(春秋戦国)ライターkawausoの独り言

 

キングダムの世界での暇つぶしについて書いてみました。

蹴鞠は具体的なルールが伝わっていませんが、半地下の球場を考えると鞠を蹴りながら走り回るかなりアグレッシブなスポーツだったのは、

間違いないかと思います。

キングダム本編で蹴鞠が登場するといいな・・

 

前回記事:ぶっちゃけ王賁が死んだら、リアルな葬儀はどうなるの?

 

キングダムファン向け:キングダムに関する全記事一覧

関連記事:キングダム586話ネタバレ予想vol2今後覚醒しそうなキャラは?

関連記事:キングダム586話最新ネタバレ予想王賁覚醒の為に関常は死ぬ!

 

【キングダムを100倍楽しむ歴史雑学】
キングダムを100倍楽しむ




kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. キングダム593話ネタバレ予想「松左の死について原泰久は何を考え…
  2. 【ネタバレ注意】キングダム545話「直感」レビュー&今…
  3. キングダムネタバレ最新575話「総大将の不在」レビュー記事
  4. キングダム53巻 キングダム594話ネタバレ雑学「趙峩龍の戦術元ネタを暴露」
  5. キングダム539話 ネタバレ予想「亜花錦は飛信隊と合流する?」
  6. キングダム538話 ネタバレ予想「王賁が馬南慈を討ち取る秘策」
  7. キングダム579話最新ネタバレ予想「飛信隊の覚醒スイッチは○○だ…
  8. キングダムネタバレ572話「カタリの仇」レビュー解説

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 呉お正月企画、お酒にまつわる逸話07 孫権
  2. 劉璋(りゅうしょう)
  3. キングダム53巻
  4. 孔明もコペルニクスに似ていた
  5. 程普
  6. チェストと叫ぶ西郷隆盛

おすすめ記事

  1. 山県昌景(やまがたまさかげ)とはどんな人?武田家四名臣の一人・赤備えを率いた戦国武将
  2. 袁紹が死んでも息子たちが協力していれば曹操を倒せたの? 袁尚と対立する袁譚
  3. 姜維は北伐の失敗で衛将軍に降格したのに何で大将軍に復帰出来たの?【前半】 降参する姜維
  4. 【ネタバレあり】映画ドラゴンブレイドを三国志ライターkawausoが徹底的に斬る!!
  5. 【センゴク】織田信長って本当は優しく思いやりのある性格だった! 織田信長
  6. 【そもそも論】どうして袁紹や袁術には力があったの?

三國志雑学

  1. 甘寧 裏切る ゆるキャラ
  2. キレる劉備になだめる黄権
“はじめての三国志150万PV" はじめての三国志コミュニティ総合トピック
“広告募集"

はじめての三国志 書籍情報

朝まで三国志 三国志最強のワルは誰だ (桃園出版 三国舎)

著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 苛ついている曹操
  2. 弩(ど)を発射させる蜀兵士達
  3. 黒田官兵衛
  4. 郭嘉の本

おすすめ記事

豊臣秀吉 戦国時代 山崎の戦いってどんな戦いだったの?明智光秀VS羽柴秀吉が激突した戦 曹操を殴る孫権 【第二次濡須口の戦い】曹操軍オールスターが登場する大会戦 【薩摩vs大英帝国】薩英戦争は勘違いから始まったってホント? 【光武帝の伝説の戦い】劉秀の評判がこんなにも高い秘密はここにあった! 島津斉彬の急死は暗殺だったの?弟の久光が黒幕? 【キングダム】趙の悼襄王(とうじょうおう)って本当にヤバイ人なの? 劉禅 【優劣対決】戦国武将小早川秀秋 VS 蜀の二代目皇帝劉禅一体どちらが優れていたのか。PART3 【週間まとめ】はじめての三国志ニュース24記事【5/22〜5/28】

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP