キングダム
姜維特集




はじめての三国志

menu

戦国時代 (日本)

明智光秀はどんな顔をしていたのか?イケメン男子だったの?

明智光秀 麒麟がくる



燃える本能寺

 

主君、織田信長(おだのぶなが)を討ったとして悪逆な武将と言う悪名を背負った明智光秀(あけちみつひで)

さぞかし、残忍狡猾な顔をしていたかと思いきや、現在まで伝わる肖像画の光秀はいかにも線が細く、文化を愛好しそうな

若き貴公子というイメージです。

そのような事から、江戸時代には暴君信長に虐められた光秀がそれに耐えられずに私怨から信長を討ったという言説が説得力を持ちました。

しかし、この肖像画が間違いなく光秀であるという確証はまだないようです。

では、本当の光秀はどんな顔をしていたのでしょうか?

 

関連記事:明智光秀の年齢は信長より若かった!

関連記事:明智光秀の旗や家紋は桔梗の花?

 

 

自称光秀の遺児が描いた本徳寺の光秀像

明智光秀 wikipedia

画像:明智光秀 wikipedia

 

こちらの肖像画は歴史教科書などでも有名な大阪府岸和田本徳寺にある光秀像です。

話によると、こちらの肖像画は光秀の遺児とされる南国梵桂(なんごくぼんけい)という人物の筆によるものだそうであり

元々、貝塚の鳥羽庄海雲寺(とばのしょうかいうんじ)にあったのですが、慶長十八年(1613年)に妙心寺の蘭秀宗薫(らんしゅうそうくん)がやってきて肖像画に

 

輝雲道琇善定門(きうんどうしゅうぜんじょうもん)

 

という戒名(かいみょう)を書き加えたと言われています。

 

その後、肖像画は海雲寺の後継にあたる本徳寺に移って現在に至っています。

ところで、こちらの肖像画が明智光秀だと言われている根拠ですが、それは、

輝雲道琇善定門という戒名の中に、「光」と「秀」という漢字が入っているからという安直なモノ・・

実は、光秀の遺児と言われる南国梵桂も履歴のハッキリしない人であり、本当に光秀の遺児であるかどうか証拠もないのです。

 

さらにこの肖像画では、光秀の着ている帷子(かたびら)の柄が家紋とされる桔梗紋や

替紋である丸の内にたちばな)ではなく笹紋(ささもん)になっていて、本当は光秀ではない可能性さえ残されているのです。

 

参考文献:明智光秀残虐と謀略一級史料で読み解く

 

 

本当の光秀は千葉真一みたいな顔だった!

京都市右京区京北慈眼寺光秀木座像

慈眼寺光秀木座像イラスト

 

明智光秀の肖像画は、先ほど挙げた大阪岸和田本徳寺にある一枚しかありません。

しかし、明智光秀の木像というのは複数存在しているのです。

その中の一つで、もっとも古い物が京都市右京区京北の慈眼寺にある光秀木座像です。

こちらの木像は、元々、光秀が建立した密厳寺(みつがんじ)にあったものが、1912年に寺が廃寺になる時、現在の慈眼寺に移されたそうです。

 

こちらの木座像は、作者不詳ですが安土桃山から江戸初期に造られたもので光秀の徳を慕った村人が世間の目を憚りつつも、

木像を黒塗りにして桔梗紋を隠し刀なども取り外し、目立たなくして信仰していたという話です。

つまり、時期的に光秀を目撃した人が木像を造った可能性が高く、そうであればこそ木像を支配者層に光秀と見破られないように

村人が黒く塗ったとも考えられます。

 

一見しても、本徳寺の女性的な色白な光秀とは似ても似つかず、太い眉と憤怒相(ふんぬそう)を取る険しい顔つきと、四角い顔、がっちりした体つきが、

血で血を洗う戦国時代を生きてきた名将光秀に相応しい感じがします。

どことなく、千葉真一(ちばしんいち)の若い頃みたいな感じにも見えないでしょうか?

 

敵は本能寺にあり、コオオオォォーーー!!

 

なーんて言えば、ギャグになりますけど、頼もしい感じですね。

 

【信長を討った明智光秀の波乱の生涯】
麒麟がくる

 

日光東照宮にも光秀と思われる木像が・・

 

日光東照宮陽明門随身像

画像:日光東照宮陽明門随身像wiki

 

明智光秀の像と言えば、光秀とは関係なさそうな日光東照宮にもあります。

これは、公に光秀と言われてはいませんが、光秀なんじゃないの?という都市伝説的な話になっているのです。

 

それが、こちらの日光東照宮の陽明門に鎮座する随身像(ずいしんぞう)です。

こちらは平安時代の右大臣の姿を模したものと考えられていますが、衣服の家紋が桔梗紋にも見える事から随身像は光秀ではないかと噂されています。

そこから家康のブレーン、天海僧正(てんかいそうじょう)が本当は明智光秀ではないかという憶測が出てくるようですね。

しかし、よく見ると随身像の家紋は桔梗ではなく木瓜紋(もっこうもん)の方が、近いと考えられています。

うーん、木瓜の紋で右大臣なら、これは織田信長の木像と考えた方がまだ自然かも知れませんね。

 

戦国時代ライターkawauso編集長の独り言

 

本当の光秀の顔はどっちなのか?

kawausoは慈眼寺の明智光秀が本当の顔に近いような気がします。

たった一人で信長を討つ事を決意し、見事に実行した胆力は慈眼寺の木座像の方が説得力があるからです。

 

関連記事:明智光秀に死を覚悟させた丹波の赤鬼赤井直正

関連記事:明智光秀のイメージどうして三日天下に終わった?

 

【戦国風雲児の意外な素顔】
織田信長スペシャル

 




kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 馬に乗って戦う若き織田信長 織田信長の桶狭間の勝利は勘違いで起きた!
  2. 島津家久(しまづいえひさ)とはどんな人?最大の戦果を挙げ続けた島…
  3. 北条早雲の死因、戦国長寿大名の最期とは?
  4. 合戦シーン 【そうだったの?】戦国時代は地球が寒くなった為に引き起こされた
  5. 馬にまたがって戦う明智光秀 明智光秀の魅力がビンビン伝わる!麒麟がくるの主人公の魅力を紹介
  6. 豊臣秀吉 戦国時代 【はじめてのセンゴク】播磨における予想外の展開と上月城の悲しい最…
  7. はてなマークな劉備と袁術 榊原康政の墓はどこにある?徳川四天王の墓がある善導寺へのアクセス…
  8. 織田信長 織田信長は実はいい人?冷酷残忍ではなく心優しいおっちゃんだった

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. ホウ徳(龐徳)
  2. 服部半蔵
  3. 岳飛伝(一) amazon
  4. 古代エジプトのグライダー
  5. 魔王曹操
  6. 宋江、史進、李逵、魯智深、林冲、武松、楊志(水滸伝)
  7. 若い頃の曹操について語る袁準
  8. 株式会社三国志で働く劉備と孔明

おすすめ記事

  1. 明智光秀はキリスト教嫌いだった?南蛮文化が流行していた織田家の関係も? セミナリオ(教会)
  2. 【知りたくなかった!】本当は書くほどの内容でもない赤壁の戦い 呉蜀赤壁の戦い
  3. 【三国志のエチケット】口臭は人間関係もビジネスも台無しにする?
  4. 呂不韋の成功哲学!自ら立てた計画とは? 呂不韋
  5. 陳宮は曹操をどうして裏切ったの?曹操に認められた軍師の謎に迫る 曹操を裏切る陳宮
  6. よかミカンって、何者?

三國志雑学

  1. 結婚を喜ぶ孫策
  2. 土いじりをする劉備
  3. 荀彧(はじめての三国志)
  4. 魏の旗をバックに戦争をする郭淮は魏の将軍
  5. 関羽
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 趙雲子龍
  2. 陸遜
  3. 徳川家を守った篤姫
  4. キングダム
  5. 呂布に殺害される丁原(ていげん)
  6. タングート族
  7. 貂蝉と呂布

おすすめ記事

魯粛 【新事実】天下三分の計を実現させた立役者は魯粛であった 邪馬台国と卑弥呼軍 邪馬台国滅亡の謎に迫る!なぜ滅びたの? ニギハヤヒ(日本神話) 【日本神話の逆襲】ニギハヤヒは出雲王国復興の為に邪馬台国を滅ぼした! 【第10回 幻想少女】天敵・趙雲攻略が見えた。エース貂蝉の活躍(ネタばれ注意!) キングダム563話「族王カタリ死す」ネタバレ&レビュー 張昭、孫権、孫策、周瑜 【え!狩猟の話じゃないの?】曹操の狩りの誘いにビビる孫権 HMR隊長 石川克世 いつまでやるの?またまた『赤兎馬=カバ説』を検証してみる。第2弾【HMR】 奮闘する黄蓋 黄蓋は苦肉の策だけではない!レッドクリフでも大活躍した黄蓋の逸話

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“西遊記"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集郭嘉"
PAGE TOP