呂布特集
官渡の戦い




はじめての三国志

menu

執筆者:kawauso

戦国策【魏策】人の心の裏表を把握せよの巻

「魏」の旗を持った兵士




戦国七雄の地図

 

戦国の七雄の中で最も多くの国と国境を接しているのが()です。

北には(ちょう)、南には(かん)()、更に西には7国中最強の(しん)、東には東帝・(せい)が陣取っており、その圧力は凄まじかったことでしょう。

そんな魏が生き残るには単純な軍事力ではなく、他の国に負けないほどの内政や外交の手腕が必要でした。

 

そんなプレッシャーが半端ない魏を支えたのは他でも無い遊説家(ゆうぜいか)たち。

 

今回は『戦国策(せんごくさく)』より魏での遊説家たちの活躍をいくつかご紹介しましょう。

 

関連記事:キングダム(春秋戦国時代)には核兵器は存在した?葵丘の盟とオバマ大統領の広島訪問

関連記事:『鼎の軽重を問う』とは誰の言葉?五分でわかる春秋戦国時代のことわざ

 

 

我が子の肉を食えるということは…

料理人

 

魏の楽羊(がくよう)という武将が中山を攻めました。

しかし、中山には楽羊の子どもが人質に取られており、中山の主君も楽羊が攻めて来たことを知って楽羊の子を殺害。

 

あろうことか楽羊の子の肉を煮てスープを作り楽羊に送り付けたのでした。

しかし、楽羊は眉ひとつ動かさず、我が子のスープと知りながら平然と飲み干して見せたのです。

 

このことによって敵を震え上がらせて味方の士気を上げた楽羊はついに中山を滅ぼしたのでした。

 

魏の君主である文侯(ぶんこう)

「楽羊が自分のために我が子の肉を食べてくれた」

と大絶賛。

 

しかし、

側近の堵師賛(としさん)

「我が子の肉を食うことができるということは誰を食わないでいることができるのでしょうね。」

讒言(ざんげん)

 

堵師賛の言葉を聞いた文侯は楽羊に心を許すことができなくなってしまったのでした。

目障りだった中山を滅ぼしたのに、側近の讒言によって疑われることになった楽羊は不憫(ふびん)ですね。

 

 

音に敏感でいてはねぇ…

周瑜

 

楽羊のエピソードに見るように人の言葉にフラフラ左右されてしまう魏の文侯については、次のようなエピソードも残されています。

ある日、魏の文侯は師として慕う田子方(でんしほう)と一緒にお酒を飲み交わしていました。

 

その際、場を盛り上げるために楽器を演奏させていたのですが、音楽を聴いていた文侯が

 

「鐘の音が合っていない。

左の鐘の音がちょっと高い。」

とつぶやきました。

 

そのつぶやきを聞いた田子方は大笑い。

 

なぜ笑うのかと文侯が問うと、田子方は次のように答えました。

 

「私は君というものは明であれば楽官(がくかん)の和を楽しみ、不明であれば音楽の和を楽しむと聞いています。

今あなた様は音に詳しくていらっしゃいます。

そのため、私はあなたが官に(うと)いのではないかと思ったのです。」

 

文侯はこの言葉を聞いて

「なるほど、(もっと)もです。謹んでお(さと)しを承りました。」

と答えました。

 

師匠とはいえ今や臣下の一人である田子方の言葉を素直に聞き入れた文侯。

この素直さがあったからこそ文侯は魏を戦国時代初の覇国へと押し上げることができたのでしょう。

 

—熱き『キングダム』の原点がココに—

春秋戦国時代  

老いた妾はどう振る舞う?

 

戦国時代、諸国に連衡策(れんこうさく)を説いてまわり、秦の領土拡大に貢献した宰相張儀(ちょうぎ)

 

しかし、秦で自分と不仲の武王が即位すると張儀誅殺(ちゅうさつ)されることを恐れて出奔し、魏を頼ったのでした。

 

「やり手の張儀が魏に来てくれた!」

と比較的歓迎ムードだったのですが、説客の張丑(ちょうちゅう)だけは猛反対。

 

魏の襄王(じょうおう)に次のように諫言しました。

 

「襄王様も年老いた(めかけ)がどのように振る舞うかよくご存知でしょう。

子どもが成長して美貌が衰えてしまえば後はただただお家大事の一念のみ。

私が襄王様に仕えるさまもちょうど老いた妾が正妻に仕えるさまと同じなのです。」

 

これを聞いた襄王は張儀を魏に入れることを取りやめたのでした。

 

自分が魏のことを本気で想っているということを老いた妾にたとえて伝え、うまいこと張儀を魏に入れることを防いだ張丑。

 

しかし、後に張儀は魏に迎えられて宰相になっています。

一度は張儀を退けることに成功している張丑ですが、どうやら張儀の方が一枚上手だったようですね。

 

三国志ライターchopsticksの独り言

三国志ライターchopsticksの独り言

 

いかがでしたか?

魏策では遊説家たちの活躍が他国よりも生き生きと描かれているような気がします。

おそらくそれは魏という国が遊説家に他国以上に頼っていたからでしょう。

魏策を読むとその当時遊説家たちが信頼され必要とされた理由が垣間見える気がしますね。

 

関連記事:検索 春秋戦国 諸子百家って何?春秋戦国時代に花開いた思想の数々をご紹介

関連記事:衝撃の事実!忍者のルーツは春秋戦国時代の中国にあった?(HMR)

 

古代中国・超科学の世界に挑戦する HMR

HMR  

 




chopsticks

chopsticks

投稿者の記事一覧

清朝考証学を勉強中。
銭大昕の史学考証が専門。
片田舎で隠者さながらの晴耕雨読の日々を満喫中。

好きな歴史人物:
諸葛亮、陶淵明、銭大昕

何か一言:
皆さんのお役に立てるような情報を発信できればと思っています。
どうぞよろしくお願いいたします。

関連記事

  1. 曹丕 【火鼠の皮衣】曹丕、とんだ赤っ恥!燃えない布などあり得ない(キ…
  2. 水時計 三国志時代の便利すぎる水時計と元祖ブタの貯金箱を紹介!実は知られ…
  3. 李儒と三国志 キングダムファンなら絶対読むべき!三国志も面白い!
  4. 象さんが最初に日本に来たのはいつ?【はじ三ヒストリア】
  5. 楊貴妃 【キングダム】始皇帝に皇后がいない?その理由について考えてみた
  6. 嬴政(始皇帝) 【衝撃】秦の始皇帝陵は実は完成していなかった!壮大な地下宮殿と兵…
  7. 孔融と禰衡 【日中変人学者対決】孔融VS藤原頼長
  8. 陳蘭 自称皇帝、袁術のトホホな部下列伝 Part.5

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 三国夢幻演義バナー 龍の少年
  2. 「燕」の旗を持った兵士
  3. 劉禅と董允
  4. 龐統
  5. 関羽と関索
  6. 蒋琬と姜維と王平
  7. 周昭が諸葛瑾をベタ褒め

おすすめ記事

  1. ペリーと黒船常識。ウソ?ホント?
  2. 徳川三傑の一人・井伊直政(いいなおまさ)ってどんな人? 井伊直政
  3. 沮授はなぜか話を聞いてもらえない…主君に恵まれなかった人生
  4. 島津久光(しまづ ひさみつ)とはどんな人?西郷隆盛の生涯のライバル?
  5. 【架空戦記】時空を超えた最強対決!人中の鬼人・呂布VS楚の覇王・項羽
  6. 武田信玄の功績とは?百年を見据えた甲斐の虎 武田信玄

三國志雑学

  1. 魯粛
  2. 劉邦と張良と陳平
  3. 笑う曹操
  4. 最弱武将と対峙する張飛
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 織田信長
  2. 曹操&袁紹花嫁泥棒
  3. 皇帝に直言する季布とヒヤヒヤする周辺
  4. 于吉と張角
  5. 義理の親子の契りを結ぶ曹豹と呂布
  6. 羌瘣
  7. 幻の1940年の東京五輪 いだてん

おすすめ記事

胡烈(これつ)とはどんな人?姜維と鍾会の夢を打ち砕いた晋の将軍【晋の将軍列伝】 卑弥呼 邪馬台国ってどんな国だったの?まさに神っていた邪馬台国 呂蒙 呂蒙(りょもう)ってどんな人?男子三日会わざれば刮目して見よ 騎射の術に長けた騎馬兵士 羽林騎(うりんき)とは何?董卓を輩出した近衛部隊を分かりやすく解説 司馬懿から頼まれる孫礼 孫礼(そんれい)とはどんな人?境界事件を解決したにも関わらず理不尽な罰を受ける これは凄い!巨大な関羽像が荊州に現れる!実は二千年前から巨大像が好きだった中国人 岳飛(南宋の軍人) 宋とはどんな国?簡単にざっくりと歴史を解説するよ! 田中角栄 【角栄ブームを斬る】田中角栄の裏の顔!原発利権で国土を汚したダーティーな男

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集
“西遊記"

“三国志人物事典"

PAGE TOP