キングダム
姜維特集




はじめての三国志

menu

戦国時代 (日本)

【明智光秀と妻木煕子】光秀を瀕死から救った看病物語

明智光秀と煕子(麒麟がくる)

 




 

明智光秀(あけちみつひで)煕子(ひろこ)には、多くの夫婦美談が残されています。

異説もありますが、光秀は側室を置かなかったとも言われ二人の仲の良さが窺えます。

しかし、例えば煕子が嫁入り直前に疱瘡に罹り顔にあばたが残ったのを光秀が構わずに妻にしたとか、貧窮した光秀の為に自分の黒髪を売って

連歌会に参加する費用を造ったというのは二人の仲の良さを強調した後世の創作だと考えられています。

そう聞くとガッカリしますが、一方で、史実の中にも二人の仲の良さを窺わせる話もあるのです。

今回は瀕死の光秀を命に引き替えて看病した煕子についての話を紹介しましょう。

 

※この記事は、明智光秀残虐と謀略一級史料で読み解くを参考に

ブログ主の感想を交えて書いています。

 

関連記事:明智光秀が初陣?で籠城した田中城とは?米田文書は信用できる?

関連記事:信長の野望の明智光秀の評価は?逸話を基に紹介

 

 

転戦で疲労した光秀は倒れ曲直瀬道三邸で静養する

明智光秀 麒麟がくる

 

天正4年(1576年)は、光秀が多忙を極めた年だったようです。

明智光秀の軍勢は、そもそもが便利屋軍団で信長の命令によってあちこち転戦した上に天王寺や越前で本願寺勢と戦い苦戦し、

丹波では赤井直正(あかいなおまさ)に破れて敗走する衝撃もあり蓄積された疲労が限界を迎え、五月二十三日に発病します。

戦えなくなった光秀は、やむなく帰京、医師であった曲直瀬道三正盛(まなせどうさんまさもり)邸で療養します。

 

惟日(明智惟任日向守)もってのほか所労帰陣、在京也

兼見卿記(かねみきょうき)

 

もってのほかの所労(疲労)ですから、ただ事ではありません。

同時代の言継卿記(ことつぐきょうき)によると、光秀の病状は非常に深刻で死亡説まで流れたそうですが、治療に努めると同時に

信長も見舞いの使者を送るなどした事で、徐々に回復し七月十四日に吉田兼見が坂本城に来た時には面会できる程に回復していました。

しかし、その代わりに光秀の妻、煕子が病気で倒れてしまったのです。

 

 

夫、光秀を看病していた煕子

 

西教寺塔頭実成坊過去帳(さいおんじたっちゅうじっせいぼうかこちょう)によると、煕子は光秀が病臥している間、兼見の吉田神社や雄琴の大中寺に祈祷(きとう)を依頼し、

必死の看病を続けていたそうです。

その甲斐あり、光秀が回復すると安心した為か緊張の糸が切れてしまい病に伏し天正四年(1576年)十一月七日に死去しています。

もっとも、こちらには異説もあり、後世の軍記物である明智軍記では天正十年(1582年)に坂本城が落城した時に死んだという説もあります。

しかし、夫の戦死にあわせて坂本城で自刃して死ぬというのは武士の妻らしいテンプレな感じもあり、実際には1576年説が正しいように思えます。

 

【信長を討った明智光秀の波乱の生涯】
麒麟がくる

 

煕子を看病していた光秀

明智光秀 wikipedia

画像:明智光秀 wikipedia

 

同時期の兼見卿記を読むと、在京の煕子を看病する為に光秀が在京していた事が裏付けられるそうです。

つまり、光秀は非常に多忙にも関わらず、煕子の看病の為に京に留まっていました。

瀕死の自分を看病してくれた妻の愛に応えようとしたのでしょうか?

 

しかし、光秀は妻の最期まで看取る事はなかったようで命令により、信貴山城(しぎさんじょう)に立て籠もった松永久秀(まつながひさひで)の討伐に赴き

それが終るや今度はリベンジ戦の為に赤井直正を攻略する為に丹波に入っています。

妻の死を前に悲しんでばかりもいられない戦国大名明智光秀のつらい心情が伝わってくるような話です。

 

戦国時代ライターkawauso編集長の独り言

 

光秀には、さらに肉親の死が続きます。

天正九年(1581年)八月七日または八日、光秀の妹、御ツマキが死去するのです。

この女性は、信長に仕えた女房衆の一員であり、光秀の立場や考えを信長に直接代弁できるポジションにいた人でもありました。

 

実際に御ツマキの死去にあたり、同時代の多聞院日記(たもんいんにっき)、八月二十一日には

 

「去七日、八日の比歟、惟任ノ妹ノ御ツマキ死了、

信長一段ノキヨシ也、向州比類無く力落」

 

このようにあり、信長がこの御妻木に対しキヨシ也としています。

キヨシの意味には、凶事、御旨(お言葉)、気良し(気立てが良い)等ありますがいずれにせよ、信長に何らかの感想を持たせる女性だったようです。

この後、光秀は対中国の毛利攻めの仕事を羽柴秀吉(はしばひでよし)に奪われるなど、信長に対する影響力の顕著な低下がみられるようになります。

 

関連記事:明智光秀の出世の糸口「本圀寺の変」って何?

関連記事:【本能寺の変の真相】明智光秀の子孫が漫画で明かす

 

【戦国風雲児の意外な素顔】
織田信長スペシャル

 




kawauso

kawauso

投稿者の記事一覧

三度の飯の次位に歴史が大好き

10歳の頃に横山光輝「三国志」を読んで衝撃を受け
まずは中国歴史オタクになる。
以来、日本史、世界史、中東、欧州など
世界中の歴史に興味を持ち、
時代の幅も紀元前から20世紀までと広い。
最近は故郷沖縄の歴史に中毒中、、

好きな歴史人物:

西郷隆盛、勝海舟、劉邦、韓信、、etc

何か一言:

歴史は現在進行形、常に最新のジャンルです。

関連記事

  1. 明智光秀と煕子(麒麟がくる) 明智光秀の逸話を紹介!
  2. 豊臣秀吉 戦国時代2 豊臣秀吉の小田原征伐はギリギリの勝利だった?
  3. おんな城主 直虎 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十二話「おんな城主直虎」…
  4. 上杉謙信 【センゴク】明智光秀へ「ありがとう」と感謝しなくてはならない大名…
  5. 豊臣秀吉 戦国時代 金ケ崎の退却戦ってなに?秀吉の名前が一躍知れ渡ることになる退却戦…
  6. おんな城主 直虎 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第十話「走れ竜宮小僧」の見…
  7. 織田信長 これぞ日本版・四面楚歌!織田信長はトップに立った時から敵ばかりだ…
  8. 亡くなる上杉謙信 上杉謙信の墓はどこにある?林泉寺と林泉寺へのアクセス方法と歴史雑…

google検索フォーム

過去記事を検索できます

ピックアップ記事

  1. 馬に乗って戦う若き織田信長
  2. 犯人探しをする名探偵国淵
  3. 張遼 カカロットーーーー!
  4. 黄蓋
  5. 「燕」の旗を持った兵士
  6. はじめての三国志 画像準備中
  7. はじめての三国志 画像準備中
  8. 難斗米(なしめ)
  9. 一騎打ちをする太史慈と孫策

おすすめ記事

  1. 張紘(ちょうこう)とはどんな人?張昭と共に孫策・孫権を支えた補佐役 張紘が病死したという手紙を読み涙する孫権
  2. 郭淮(かくわい)ってどんな人?蜀軍との戦いに明け暮れた魏の重鎮の司令官 魏の旗をバックに戦争をする郭淮は魏の将軍
  3. ゾトアオとはどんな人?人間を超越している異民族の首領【後編】 阿会喃(あかいなん)と猛獲
  4. 三国時代の料理と酒って何を食べてたの?英雄たちの宴が気になる 英雄たちの宴(三国志)
  5. 成り上がり?ネズミが李斯の運命を変えた! ネズミで人生を変えた李斯
  6. 井伊直弼と いいなおとら との関係性と共通性を紹介 おんな城主 直虎

三國志雑学

  1. 五虎大将軍の関羽
  2. 周倉
  3. スーパーDr華佗
“はじめての三国志150万PV" “はじめての三国志Youtubeチャンネル" “広告募集" “誤字・脱字・誤植などの報告フォーム"

はじめての三国志 書籍情報


著:kawauso 価格480円
※Kindle読み放題対応

ピックアップ記事

  1. 賈詡(賈ク)
  2. 明智光秀 麒麟がくる
  3. マッハで逃げる袁術に捕まってしまう華歆(華キン)

おすすめ記事

関羽と関索 関羽の死後、その一族はどうなったの?龐会に一族を抹殺される悲運な一族 呂布VS劉備三兄弟 【初心者向け】反董卓連合軍はどこに布陣していたの? 異議ありと叫ぶ司馬懿 司馬懿の人柄は?計算高い策士だった? 【三国志あるある】懐かしい!と思った人は40代!昭和では当たり前だった三国志事情 アンゴルモア元寇合戦記二巻ネタバレレビュー 歳をとっても元気な孔明 諸葛亮がもし延命していたら三国志はどうなる?第五次北伐後の孔明の戦略 曹操 妻が13人もいた曹操が一番愛した女性は誰だったの? おんな城主 直虎 【おんな城主・井伊直虎を見逃した方へ】第19話 「罪と罰」の見どころ紹介

はじさん企画

“if三国志" 英雄の死因 “三国志とお金" “はじめての漢王朝" “はじめての列子" “はじめての諸子百家" “龍の少年" “読者の声" 袁術祭り
李傕祭り
帝政ローマ
広告募集
まだ漢王朝で消耗してるの?
HMR
ライフハック
君主論

ビジネス三国志
春秋戦国時代
日常生活
曹操vs信長
架空戦記
ライセンシー
北伐
呂布vs項羽
英雄の武器 編集長日記
はじめての三国志TV
“曹操孟徳" “黄巾賊" “赤壁の戦い" “THE一騎打ち" “夷陵の戦い" “kawausoのぼやき記事" “よかミカンのブラック三国志" 英雄の墓特集 誤字・脱字・誤植などの報告フォーム
“邪馬台国"

“三国志人物事典"

“はじめての三国志PR募集法正"
PAGE TOP